犬は泳ぐのが得意? 泳ぎの教え方と注意点

犬は泳ぐのが得意? 泳ぎの教え方と注意点


泳ぎが得意な犬種と苦手な犬種がある

犬は、猫と比べて水に対する抵抗が少なく、夏に飼い主さんと一緒に海やプールで楽しく泳いでいるイメージがありますが、泳ぎが得意な犬種と苦手な犬種がいるのは、ご存知でしたか?

狩猟犬、特に鳥猟犬は水に入ることが多かったため、泳ぎが上手な犬種が多いです。例えば、ゴールデン・レトリバーやラブラドール・レトリバーはもともと漁師が撃ち落とした鳥を水の中に取りに行く役割を果たしていました。そのため、水の中で遊ぶことが好きで、水場に連れて行ってあげるととても喜びます。

ニューファンドランドも同様に漁師の仕事を手伝っていたので、体の形が泳ぎに適しています。水難救助犬としても活躍する犬種で、泳ぎが得意です。スタンダード・プードルも、歴史的に鳥を回収する作業を任されてきました。独特な形の尻尾は、水中にいても飼い主に見えるようにする目印だったという説もあります。ただし、ペット用に開発されたトイ・プードルは、上手に泳ぐことができません。

一方、狩猟犬としてのバックグラウンドがなく、泳ぐ必要のない陸地で進化してきた犬種や、ペットとして室内で飼われることを前提に生まれた犬種は、泳ぎが苦手であることが多いです。

例えばチワワやマルチーズは、個体差はありますが水が苦手な傾向があります。また、パグやブルドッグ、フレンチ・ブルドッグなどの短頭種も、うまく呼吸ができず、水に入れると溺れてしまうリスクが高いです。

胴体が長く足が短いダックス・フンドは、体型が泳ぎに向いていないため、上手にバランスをとって浮くことができない犬が多いです。他にも、水に入る習慣がなかった日本の柴犬や秋田犬、紀州犬などは、泳ぎが苦手な犬種として知られています。

犬に泳ぎを教える方法

個体差があるので、泳ぎが得意といわれている犬種でも上手に泳げないこともあります。泳ぐことが苦手な様子がある犬には、実際に海やプールに連れて行く前に自宅で練習させてあげましょう。この準備をしないと、せっかくのレジャーが犬にとって怖い思い出になってしまいます。

シャワーの音を聞いただけで逃げ出そうとする場合は、過去にシャンプーをされたときに嫌な思いをし、それがトラウマになっている可能性があります。このように、水を怖がっている犬の場合は、最初のトレーニングが肝心です。

まずは、シャワーや洗面器で胴体に少しずつ水をかけ、ちょっとでも我慢できたらおやつをあげます。すると、水に触れるといいことがあるということを覚えさせることができます。これを繰り返して体が濡れてもあたふたしなくなったら、次は浅めの水に入る練習に移ります。

胸が浸かる程度の高さに水をためて、おもちゃで遊んだり、落ち着いていられたらおやつをあげたりしましょう。このように、水そのものに対する恐怖心やトラウマを取り除いてあげる努力が大切です。

ある程度水に慣らすことができたら、いよいよ泳ぎの練習をします。自宅のバスタブや、子ども用の小さいプールなどが最適な練習場所です。冷たい水だとびっくりしてしまうかもしれないので、人肌程度の水を30〜50センチ程度に調整します。

用意ができたら、犬を背後から抱きかかえてゆっくりと水面に近づけてみましょう。自然に手足が動き始めるはずです。そのままそっと水に入れると自然と体が水に浮きます。犬が水を掻いている間は、胴体を話さずに支えてあげてください。

足をバタバタさせるときに水がたくさん飛んでしまいますし、飼い主さんも一緒に水に入ったほうがやりやすいので、濡れても構わない服装になっておきましょう。

犬に泳ぎを教えるときに注意したい点

泳ぎが苦手でも練習して水に慣れられれば、一緒に水遊びを楽しめます。ただし、泳ぎを教えるときに注意しなければいけないこともあります。

まず、心臓病や糖尿病、てんかんなどを患っている犬の場合、水の温度で体がショックを受けたり、問題なく泳げているように見えても突然意識を失い、溺れてしまったりするリスクがあります。水遊びは避け、泳ぐ場合は飼い主さんがぴったりそばにいてあげるようにしましょう。

また、大きな手術を受けたあとの犬は、興奮させすぎないことが1番です。あまり泳がせずに、浮き輪などで水面でもリラックスさせる程度に留めておきましょう。妊娠中の犬も、同じように激しい運動を避けるようにしてください。

犬も人間と同じように、長い間冷たい水にずっと浸かっていると、必要以上に体温が低くなってしまうことがあります。急に元気がなくなっておとなしくなったり、ブルブル震え始めたりしたら、要注意です。そのまま放っておくと、低体温症になり、命にかかわることもあります。

健康状態がよい犬でも、たくさん泳ぐと疲れてしまいます。水場で遊んだあとは、充分に休ませてあげてください。小型犬や痩せている犬は、体の芯まで冷え切るのが早いので、長時間冷たいプールに入るのは避けます。歯茎の色を見れば、冷えすぎていないかをチェックできます。水遊びの途中でときどき確認してあげましょう。

また、水辺なので忘れてしまいがちな問題として意外と多いヤケドにも注意しましょう。犬の毛に水がたまったままで直射日光を浴びると、その水滴が虫眼鏡のような役割をして、皮膚に強力な光を集めてしまいます。虫眼鏡で画用紙に光を集めると、小さく集まった光が紙を焦がしていくのは、理科の実験で見たことがあると思います。それと全く同じ状況が、犬の皮膚の上で起こってしまうのです。体に水滴がついたまま直射日光を浴びると、結果的に皮膚に点々とヤケドの跡が残ってしまうことがあります。

プールサイドで泳ぎ疲れた犬が昼寝をしているのは、よく見る光景ですが、実はここにも危険が潜んでいます。人間と違い体が毛で覆われているので、プールの水が蒸発するときに生まれる蒸気が毛の隙間に滞り、全身が高温のスチームで蒸されている状態になってしまうのです。水遊びのあとは水気をよく切り、日陰に連れて行ってあげてください

まとめ

犬と水遊びをするのは楽しいですが、思いもよらないトラブルが起こる可能性もあります。水が嫌いな犬はこの記事でご紹介した方法を参考に、自宅でじっくりトレーニングさせてあげましょう。泳ぎが好きな犬も健康管理にはしっかり注意して、楽しい夏の思い出づくりをしてくださいね。

楽天トラベル

ペットと泊まれる宿をお探しの方はこちら

楽天トラベル

外部サイトへ移動します

この記事のライター

最新の投稿


秋の夜長におすすめ。犬の名演技が光る映画5選

秋の夜長におすすめ。犬の名演技が光る映画5選

肌寒くなる秋は、あたたかい家でのんびり映画鑑賞するのもいいですよね。秋の夜長に見ていただきたい、犬の名演技が光るおすすめ映画を5作品ご紹介します。


犬に好かれるコツや方法。犬から嫌われない人の共通点まとめ

犬に好かれるコツや方法。犬から嫌われない人の共通点まとめ

特に意識していなくても、なぜか犬に好かれて初対面でも仲良くなれる人がいますよね。このように犬に好かれる人は、嫌われる人とどこが違うのでしょうか?今回は、犬に好かれる人に見られる共通の条件についてご紹介いたします。


サマーカットで起こり得るトラブル。きちんと知って対処しよう!

サマーカットで起こり得るトラブル。きちんと知って対処しよう!

今や当たり前となったサマーカット。トリマーとして受けることが多い注文ですが、犬にとっては必ずしも良いことばかりではありません。そこで今回は、サマーカットのメリットとデメリットを踏まえながら起こり得るリスクへの対処方法について解説したいと思います。


心からの供養…愛犬が亡くなった後に必要な手続きと葬儀の種類は?

心からの供養…愛犬が亡くなった後に必要な手続きと葬儀の種類は?

動物は人より年を取るのが早く、ほとんどが早くに亡くなってしまいます。家族にたくさんの癒しを与えてくれた愛犬が亡くなったら、飼い主ができる最後の感謝の気持ちを伝える方法として、虹の橋を渡れるよう心からの供養を行いましょう。今回は、愛犬が亡くなったら何をするべきか、また、葬儀の種類をご紹介いたします。


愛犬のブラッシングの必要性とやり方のポイントを教えます!

愛犬のブラッシングの必要性とやり方のポイントを教えます!

犬も人間のようにブラッシングって必要?「ドッグショーに出場しなかったら特に必要じゃない。」と思うかもしれませんが…必要です!その必要な理由と、ブラッシングのやり方や簡単にできちゃうポイントを紹介!初めての方でも、愛犬のブラッシングが楽しくなるはず。