ペットと新幹線に乗りたい! 乗車のルールとマナー

ペットと新幹線に乗りたい! 乗車のルールとマナー


愛犬を新幹線に乗車させる方法

旅行や帰省などで新幹線を利用するとき、家族同様の愛犬も一緒にと考える方も少なくないでしょう。基本的には、愛犬を新幹線に乗車させことはできます。ただ、大きさや重量に、以下のような制限があります。

・長さ70cm以内で、縦と横と高さの合計が90cm程度のケースに入れたもの
・ケースとペットを合わせた重量が10kg以内のもの

猛獣やへびなどを除いた小動物なら、手回り品として新幹線に一緒に乗せることは可能です。大型犬はもちろんのこと、中型犬でも、大きさや重量によっては乗車できません。

ペットを手回り品として乗車させるには、手回り品料金として280円が必要で、駅の改札口などで駅員に見せたあと、普通手回り品切符を購入することになります。

上記の条件に当てはまるペットを乗車させる場合、ペットは全身をケースの中に入れてから乗せ、ケースの中から出してはいけません。抱っこのままや、バックなどに入れて顔だけを出した状態、リードをつけただけの状態、そしてドッグスリングでは全身が入っていても利用できません。

また、条件に当てはまっても、落ち着きがなく、鳴きやまないなど、他の乗客に迷惑をかける恐れがある場合や、車内が混雑している場合は、乗車を断られることがあります。それなら、ペットのケースを置くために、別に指定席や自由席の切符を購入すればよいのでは、と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、それは規定により禁止されています。あくまで手回り品としての扱いになります。

ただ、身体障害者補助犬法に定める盲導犬、介助犬、聴導犬を、法の定める表示に従って、使用する身体障害者の方本人が同伴して乗車する場合は、上述したルールを免除されます。

乗車中の注意点

家族同様の愛犬ですが、すべての方が犬好きというわけではありません。中には犬が苦手な方もいます。そうでなくても、鳴きやまないなどして、他の乗客に迷惑をかけないように注意することが大切です。

また、ペットの乗車は、あくまで手回り品としてなので、膝の上か足元、自席のテーブルの上などに置くようにして、通路など通行の邪魔になるような場所に置かないようにしましょう。

ちなみに、指定席の切符を購入する場合は、以下のようなことに気をつけて購入するとよいでしょう。

●空いている列車に乗る

帰省ラッシュ時などの混雑する時期や、事前予約の場合には無理ですが、当日にみどりの窓口で購入する際は、空いている列車や車両を確認して、購入するとよいでしょう。

●愛犬の睡眠サイクルを利用して移動する

愛犬の睡眠サイクルを利用して、よく眠る時間帯の列車の切符を購入するようにすると、乗車している間中ぐっすり眠っていてくれて助かります。

●デッキに近い席をとる

普段はあまり鳴かないペットでも、環境の変化で急に鳴いたり吠えたりしてしまうことがあります。そんなときでも、デッキに近い席なら、すぐに移動できるので便利です。

●車両の1番前の席をとる

車両の1番前の席は、足元のスペースが他の席より広くなっています。他の席よりはゆったりと使えてよいでしょう。

●自由席をとるのも悪くない

指定席を購入して、もしも犬嫌いの方と隣り合わせてしまったら、逃げ場がありません。あえて自由席をとって、自由に席を替われるようにするのも悪くないでしょう。ただ、自由席の場合は、座れなかった方が、車両の1番前と1番後ろの通路部分に立っていることもあるので、気をつけましょう。

乗車前に準備すること

●移動用のケースを用意する

まずは、愛犬の全身がすっぽり入るケースを用意することです。普段移動の際に使っているものをそのまま使えればいいのですが、普段はスリングを使っている方は使うことができません。また布製のケースを使っている方も、使えない場合があります。

布製のケースの場合は、ペットの全身がすっぽり入って、規定内のサイズで丈夫な作りになっているものは使えるので、近くのみどりの窓口などに問い合わせるようにしてください。

バギータイプのカートを使っている方は、ケースとカートか分離できるものに限り利用することができます。分離できないと、手回り品としてサイズを超えてしまうので、使うことができません。

●車内で愛犬が快適に過ごせるためのグッズを用意する

乗車中はペットをケースから出すことはできないので、乗車時間が長いと特に、愛犬もストレスがたまって興奮したり吠え始めたりすることがあるかもしれません。車内で愛犬が快適に過ごすためのグッズを用意しておくことも大切です。以下に例をあげるので、ご参考にしてください。

・おやつ
普段から愛用しているもので、長持ちのするものがよいです。

・トイレシーツ
何があるか分からないので、いつもより多めに用意するようにしましょう。

・使用済みのトイレシーツを入れるビニル袋(臭いがもれないもの)
薄手のビニル袋などだと、使用済みのトイレシーツを入れておくと臭いがもれてしまうことがあります。ジップロックなど、臭いがもれないものを使うようにしましょう。

・おもちゃ
長旅で愛犬が退屈してしまわないため、普段から使っているおもちゃも持参したほうがよいです。ただ、興奮してしまうようなものではなく、遊んでいると安心して静かに過ごせるようなおもちゃにしてください。

・給水器
乗車中は、愛犬をケースから出すことはできません。給水器には、ケースの隙間から飲ませられるようなものを選んでください。

・消臭スプレー
トイレシーツを使うと、どうしても臭いが気になります。周囲の人に不快な思いをさせないよう、消臭スプレーを用意しておきましょう。

・ケースをすっぽり覆うことのできる大判の布
乗車中、愛犬が眠っていると過ごしやすいものです。眠りやすいように大判の布をすっぽりとかぶせて暗くしてあげるのもおすすめです。

まとめ

家族同然に愛するペットなので、どこに行くのでも連れていきたいと思う方は少なくないでしょう。ただ、誰もが動物好きなわけではないので、苦手な方がいることも考慮して、ルールを守りマナーに気をつけて、周囲に迷惑をかけないようすることは大切です。

また、新幹線にペット同伴で乗車する際は、時間にはゆとりをもって行動し、できるだけ混雑時を避けるようにしましょう。

楽天トラベル

ペットと泊まれる宿をお探しの方はこちら

楽天トラベル

外部サイトへ移動します

この記事のライター

最新の投稿


秋の夜長におすすめ。犬の名演技が光る映画5選

秋の夜長におすすめ。犬の名演技が光る映画5選

肌寒くなる秋は、あたたかい家でのんびり映画鑑賞するのもいいですよね。秋の夜長に見ていただきたい、犬の名演技が光るおすすめ映画を5作品ご紹介します。


犬に好かれるコツや方法。犬から嫌われない人の共通点まとめ

犬に好かれるコツや方法。犬から嫌われない人の共通点まとめ

特に意識していなくても、なぜか犬に好かれて初対面でも仲良くなれる人がいますよね。このように犬に好かれる人は、嫌われる人とどこが違うのでしょうか?今回は、犬に好かれる人に見られる共通の条件についてご紹介いたします。


サマーカットで起こり得るトラブル。きちんと知って対処しよう!

サマーカットで起こり得るトラブル。きちんと知って対処しよう!

今や当たり前となったサマーカット。トリマーとして受けることが多い注文ですが、犬にとっては必ずしも良いことばかりではありません。そこで今回は、サマーカットのメリットとデメリットを踏まえながら起こり得るリスクへの対処方法について解説したいと思います。


心からの供養…愛犬が亡くなった後に必要な手続きと葬儀の種類は?

心からの供養…愛犬が亡くなった後に必要な手続きと葬儀の種類は?

動物は人より年を取るのが早く、ほとんどが早くに亡くなってしまいます。家族にたくさんの癒しを与えてくれた愛犬が亡くなったら、飼い主ができる最後の感謝の気持ちを伝える方法として、虹の橋を渡れるよう心からの供養を行いましょう。今回は、愛犬が亡くなったら何をするべきか、また、葬儀の種類をご紹介いたします。


愛犬のブラッシングの必要性とやり方のポイントを教えます!

愛犬のブラッシングの必要性とやり方のポイントを教えます!

犬も人間のようにブラッシングって必要?「ドッグショーに出場しなかったら特に必要じゃない。」と思うかもしれませんが…必要です!その必要な理由と、ブラッシングのやり方や簡単にできちゃうポイントを紹介!初めての方でも、愛犬のブラッシングが楽しくなるはず。