猫好きなら訪れたい 京都のおすすめ猫スポット

猫好きなら訪れたい 京都のおすすめ猫スポット


近年猫であふれる哲学の道

京都府左京区にある「若王子神社~法然院下~銀閣寺」のルートは水路沿いにあり、「哲学の道」と呼ばれています。「日本の道百選」にも選ばれるほどの素敵な景観で、その昔哲学者の西田幾多郎が散策しながら思索したということでこの名前が付けられています。
もともと桜や紅葉の名所として知られている場所で、観光客も多い場所でしたが、昔は猫がいるという話はありませんでした。近年地域のボランティアが「地域猫」をこの哲学の道で世話をしているため、哲学の道で猫の姿を見かけることが多くなったそうです。

猫の住み家となっているのは熊野若王子神社近くにある閉店した喫茶店「喫茶若王子」で、お店の前にあるゴンドラなどでのんびり日向ぼっこをして眠っている猫の姿を見ることもできるのです。お店は解体されておらず、店舗前の装飾品もそのままなので、猫が雨風をしのぐにはピッタリな場所となっています。
この哲学の道にいる猫たちは、地域のボランティア団体に餌などの世話をしてもらっているので、人に慣れていて近くに寄ってくることが多いです。ボランティアの人たちによって去勢されているので、片耳の先端をカットされている「さくら猫」が多いことに気付く人もいるのではないでしょうか。

約2キロある哲学の道は、途中にカフェなどもあるのでお店に入りながらのんびり風景や猫の姿を楽しみながら歩くことで、周囲の風景に溶け込んでいる猫たちの姿を見て疲れ切った心が癒されるという人も多いです。
しかし猫に会いに行く人は多いものの交通の便はよいとはいえないので、銀閣寺周辺から哲学の道へ行き平安神宮へ向かうといったルートなどを考えて観光するとスムーズに移動することができます。

◇アクセス:阪急電車嵐山線・松尾大社から徒歩約15分
市バス梅宮大社前から徒歩約3分

猫神社として有名!梅宮大社

京都市左京区にある「梅宮大社」は、猫好きな人の間では「猫神社」として有名な神社で、京都では「梅の花の名所」として知られており観光で訪れる人も多いです。
橘諸兄の母である橘三千代が酒解神である大山祇(おおやまつみ)と酒解子神の木花咲耶姫(このはなのさくやびめ)を祀った神社で、酒造安全と子孫繁栄のご利益があるといわれています。

そんな梅宮大社と猫がどういうつながりがあるのかと疑問に思う人がいるかもしれませんが、猫と神社の歴史は実はつながりがないのです。境内に猫がいる、というだけなので御守りや御朱印に猫が絡んでいるというものではありません。
梅宮大社で猫を見ることができるようになったのは、とあることがきっかけで宮司さんが雑種のオス猫を飼うようになり、その後神社の中に入ってきた野良猫を飼うようになったそうです。飼っている猫は避妊手術を受けさせているそうですが、病気などの事情で避妊できない猫が生んだ子どもは、希望者やペットショップに譲っているそうです。

境内では10匹以上の猫の姿を見ることができますが、猫嫌いな人が参拝することも考慮して、宮司さん自らが猫の吐しゃ物やフンなどはきちんと片付け、マーキングした場所にも消臭スプレーを行うなど対策を徹底しているので、臭いなどは気になりません。
自由きままにのびのびと境内を動いている猫の姿に癒される人は多いですが勝手に猫に餌をやったり、無理やり抱き上げて一緒に写真を撮ったりするようなことはせず、きちんとマナーを守って猫を愛でるようにしましょう。

境内は無料ですが、神苑の参拝には大人550円、子ども350円の参拝料金が必要です。

□梅宮大社
◇住所:都府京都市右京区梅津フケノ川町30
◇アクセス:JR京都駅から市バスで35分
◇参拝料:境内は無料/神苑:大人550円・子ども350円
◇H P:http://www.umenomiya.or.jp/index2.html

京都ならでは!?町家猫カフェのキャットアパートメント

京都市上京区にある「キャットアパートメントコーヒー」は、大正時代に建設された築100年という歴史の京町家を利用した猫カフェです。
町猫たちは猫カフェ内で自由きままに暮らしていて、猫の気分によっては膝に乗ってきてくれることもあります。人間が触りたいから触る、のではなく「猫の気分」を優先して決めるスタイルをとっています。

そのため自分の意思でなでたり抱っこしたりするということはできませんが、他のカフェと比べるとストレスが少ないせいか、とても生き生きとした表情を見せてくれます。
写真撮影は可能ですが、フラッシュはNGなどお店独自のルールがあるので撮影前に確認しておきましょう。

ドリンクパックやスイーツパックなどもありますが、お店オリジナルの雑貨やクリエイターが作成した雑貨の販売もしています。お店にいる猫をモチーフにしたグッズが人気で、ここでしか手に入らないグッズもあるので、気になる人はチェックしてみましょう。
人気のある猫カフェなので満席になることが多くお店のTwitterなどで混雑情報を提供していますが、予約制や整理券のシステムはなく先着順となるため行く前は空席情報を確認しておく必要があります。

またお店には駐車場がなく、近隣に駐輪場などもないため公共交通機関を利用してお店に行く形になっています。周囲への無断駐車が発覚した場合には、見つけ次第退場という扱いになりますし、お店だけでなく近隣住民の迷惑にもなるので気を付けましょう。
町猫へのおやつや爪とぎなどのプレゼントは受け取ってもらえますが、プレゼントしたおやつはその場ですぐ与えることはできず、持参したものを与えることもできません。

最近は職場などでの香水や柔軟剤の香りで苦情が出ることが多いですが、猫は人工的な香りが嫌いなので香水や柔軟剤の香りがする場合は入場を断られることがあります。
毎日柔軟剤や香水をつけている人は身体に香りの成分がしみついてしまうことがあり、そのときつけていなくても香りがすることがあります。人間にはわからなくても猫に香りがわかってしまい嫌われてしまうことがあるので注意しましょう。

◇住所:京都市上京区一条通り大宮東入る下石橋南半町54-1
◇営業時間:平日12:00-20:00 (18時40分受付終了)
      休日12:00-19:00 (17時半受付終了)
◇定休日:月曜日・火曜日・その他不定休
◇アクセス:地下鉄烏丸線・今出川駅から徒歩15分
        京都駅から9番バス・四条駅 烏丸駅から12番バス
        いずれも一条戻橋 晴明神社前から徒歩3分
◇H P:http://www.cat-apartment-coffee.com/

まとめ

楽天トラベル

ペットと泊まれる宿をお探しの方はこちら

楽天トラベル

外部サイトへ移動します

この記事のライター