猫と一緒に旅行! 電車に一緒に乗る際の注意点

猫と一緒に旅行! 電車に一緒に乗る際の注意点


猫と同乗する場合の運賃は?

動物病院に行くときや、引越しなどで猫を電車に乗せなければならないときや、旅行に猫を連れて行くために、猫を電車に乗せたいという人は多いです。「動物は無料だろう」と思っている人がいますが、鉄道会社によっては猫も乗車可能で運賃を取られることがあります。

猫を乗車させる場合には「手回り品」の扱いになり、ペット用のキャリーバッグやケージなどに入れないと乗車することができません。鉄道会社によりケージやキャリーバッグの大きさや重さに制限があるため、猫を乗車させる場合は事前にサイズや重さを確認しておく必要があります。

例えばJRの場合はこのように設定されています。

・長さが70cm以内
・縦横高さの合計が90cm
・重さ10㎏以内

さらにペットカートやバギーはサイズ制限を超えるため、ケース部分とカードを分離できるもの以外は利用できない決まりになっています。料金に関してはJRや阪急電鉄、近畿日本鉄道、西日本鉄道といった私鉄では手回り品として1個につき280円がかかりますが、都内近郊の地下鉄や私鉄の場合は無料のことが多いです。

【主要な鉄道会社の料金】
・JR:手回り品1個につき280円
・東京メトロ:無料
・都営地下鉄:無料
・小田急電鉄:無料
・近畿日本鉄道:手回り品1個につき280円
・南海電鉄:手回り品1個につき280円
・京阪電車:手回り品1個につき280円
・阪急電車:手回り品1個につき(2個まで)280円

鉄道会社によってはペットの持ち込みを禁止している場合もあるので、持ち込める条件や料金は乗車前にきちんと確認しておきましょう。

電車に乗る前に準備しておくこと

猫と一緒に電車に乗るときには、ただキャリーバッグなどに猫を入れるだけでなく、次のようなものを用意しておく必要があります。

・リードやハーネス
キャリーバッグに入れているといっても、何かのはずみで逃げ出してしまうこともあるので、逃走防止のためにリードやハーネスを用意しておきます。ただ猫は骨格上首輪が抜けることがあるので、リードを使うのであればリードを装着できる金具付きのベストにつけるとよいです。

・水やフード
猫も暑ければ脱水症状に陥ることがあるので、移動時間が長い場合には水分補給をしてあげる必要があります。長距離移動の場合は猫もお腹を空かせるので、フードを与えてあげます。しかし乗り物酔いをしてしまう猫の場合は、フードは移動中に与えるのは避けましょう。

・酔い止め
あらかじめ電車に酔いやすいというのがわかっているのであれば、獣医さんに頼んで猫用の酔い止めを用意しておきます。動物病院によっては、乗車前に酔い止めの注射を打ってもらえることもあります。

・タオル
ケージの中などで猫が粗相したときなどに役に立ちます。

・猫用のポータブルトイレやペットシーツ
長時間の移動のときは、ポータブルトイレで用を済ませるようにすると安心できます。ペットシーツの場合はキャリーバッグにあらかじめ敷いておくとよいです。長距離移動になる場合には、途中下車したときにペットシーツが汚れている場合は交換してあげましょう。

・おもちゃ
初めて電車に乗るときなどは、猫はとても不安で鳴きやまないといったことが起こることもあります。移動中、猫が安心できるようお気に入りのおもちゃなどを一緒に入れてあげると、猫も落ち着きやすいようです。

・あらかじめケージやバッグに慣れさせる
あまりにも急な場合は仕方ないと思いがちですが、電車に乗る予定がなくてもケージやキャリーバッグに入る練習をしておくことで、電車での移動がしやすくなります。リビングなどにキャリーバッグやケージを開けたままの状態で起きておき、猫が自由に出入りしやすいようにしておくと安全だと認識し猫が入りやすくなります。

・ポータブルトイレに慣れさせる
猫は繊細な生き物で、トイレが変わってしまうと排せつを我慢してしまう場合があります。電車での移動が長時間になる場合などは、これが原因で粗相をしてしまうこともあります。猫が移動中に粗相しないためにも、家にいるときにたまにポータブルトイレを使わせることで、外出中でも排せつするようになります。

・乗車前に餌やりを終わらせる
電車酔いを抑えるという目的のためにも、乗車の2~3時間前に餌やりを終わらせます。ただ猫はお腹がすきすぎると胃液を吐いてしまうので、移動中は猫が空腹にならないよう気を付けましょう。

乗車中の注意点

猫と一緒に電車に乗るときは通勤時間などのラッシュ時間を極力避け、座る場合はキャリーバッグは膝の上に置き、なるべく動かさないようしっかりと両手で抱えます。

・猫をかまいすぎない
猫と一緒に電車に乗ったとき、飼い主が猫を気にしてしまい必要以上にかまってしまうことがあります。いつもと違う状況で猫も不安になっていますが、飼い主が不安に思っている態度を猫も感じ取ってしまうことがあるので、乗車中はときどき猫の様子を見る程度にしておいたほうがよいです。

・キャリーバッグやケージは乗車中に開けない
猫が心配になって乗車中にキャリーバッグに手を入れたり、猫の顔を出してしまう人がいますが、公共の場ですので猫アレルギーの人がいる場合もあり、最悪の場合ちょっとした隙間から猫が脱走してしまうことがあります。
周囲の乗客に迷惑をかけるだけでなく猫が事故に遭う可能性もありますし、猫の顔を出したりするのは手回り品の規約違反になるのでやめましょう。

・温度管理
ケージやキャリーバッグの中は意外に温度が高くなることもあるので、猫が快適に過ごすことができるよう乗車時の気温によっては暑さ対策グッズや防寒グッズなどを使用することも大切なことです。

・鳴き声がやまないときは1度降りるか移動する
猫の鳴き声がやまないときは、周囲の乗客に迷惑をかけないために時間がある場合はいったん電車を降りて猫を落ち着かせましょう。
いつもと違う環境で猫が不安になっている場合は、車両を移動したりデッキに移動するといった周囲への気配りも大切です。

まとめ

猫を電車に乗せるときは、手回り品扱いになるのでケージの大きさや重さなどの規定があり、料金を取られることもあります。規定は鉄道会社により異なるため、事前に問い合わせておく必要があります。
普段から猫が落ち着いて電車に乗ることができるよう、キャリーバッグに入る練習や、ポータブルトイレに慣れさせるといったことも行っておくことで移動が楽になります。
乗車時は、周囲に猫アレルギーの人がいる可能性もあり、猫の鳴き声などで周囲に迷惑をかけないよう配慮しましょう。

楽天トラベル

ペットと泊まれる宿をお探しの方はこちら

楽天トラベル

外部サイトへ移動します

この記事のライター