ペットと一緒に旅行が楽しめる!箱根のおすすめ宿と観光スポット

ペットと一緒に旅行が楽しめる!箱根のおすすめ宿と観光スポット


箱根でペットと宿泊できるおすすめ宿

箱根には、リーズナブルから一流まで幅の広い価格帯の宿泊施設が色々あります。ご自分やペットに合った宿を見つけて、素敵な旅にしてください。

・ハイアットリージェンシー箱根リゾート&スパ
自然豊かで温泉地としても人気の箱根強羅にあり、日本で初めてのスパリゾートホテルとしても有名です。こちらのホテルでは、ドックフレンドリールームに泊まるプランが用意されており、愛犬と快適に過ごせるためのルームサービスのクオリティが高い評判です。

客室1部屋には3匹まで利用でき、10kg以上の犬であれば2匹まで、30kg以上の犬は2匹になります。2匹以上で利用する場合は、2匹目から1匹ごとに追加料金がかかります。お出かけの際には、専用スタッフに預けることができるのが嬉しいです。

・箱根ハイランドホテル
ドックフレンドリールームにて愛犬と共に宿泊できます。2014年に新設されたばかりの森のレジデンスは、コテージ風でとても素敵です。
ドッグランで沢山遊んだ後は、ゆっくりとバスタイムを過ごすのもおすすめです。テラスのバスには犬用の湯船もあり、箱根の大自然を愛犬と共に眺めながらバスタイムを満喫できます。

同伴料金として、1匹につき5000円、2匹目以降は1匹ごとに2500円が加算されます。頭数の制限は特になく、大型犬でも可能です。ドックフレンドリールームであれば、予約後ディナーの部屋食が可能なので、愛犬と一緒にお食事を楽しめるのが魅力です。

・大箱根1の湯
箱根仙石原にある閑静な別荘地内にある、リーズナブルで、気軽で便利に泊まれる、をコンセプトに掲げている歴史ある老舗の温泉旅館です。
ドッグランで思いっきり遊べたり、レストランに同伴も可能だったりと、片時も愛犬と離れたくない飼い主にとってはとてもありがたい宿です。
箱根の自然に囲まれた別荘地で愛犬とのんびり過ごしたい方におすすめです。

同伴料金は1匹2000円で、本館は中型犬まで別棟は大型犬まで、ロビーやレストラン全て同伴が可能です。

箱根でペットと楽しめるおすすめ観光スポット

都心からのアクセスも良く、日帰りでも十分に楽しむことができる人気の温泉地である箱根には、ペットと楽しく過ごせるおすすめの観光スポットがあります。色々訪れてみて、ペットとの素敵な思い出を作ってください。

・駒ヶ岳ロープウェイ
愛犬と一緒に乗車可能なロープウェイで、箱根園駅から山頂までの全長1800mの空中散歩を約7分間体験することができます。お天気に恵まれると、駒ヶ岳山頂から富士山や駿河湾の絶景を愛犬と共に満喫できるのでおすすめです。

・成川美術館
美術館好きの飼い主さんにおすすめしたい、愛犬も同伴可能な美術館です。抱っこかキャリーバックに入れれば、現代日本画をメインに集められた作品の数々を愛犬とゆったりと堪能できるのが嬉しいです。展望ラウンジからは、芦ノ湖の絶景を眺められるのでぜひ訪れてみてください。

・芦ノ湖遊覧船
芦ノ湖遊覧には、ぐるっと1周りする周遊船と4つの港をめぐる定期船があり、ペットと乗船可能なのははこね丸・あしのこ丸・十国丸です。それぞれの室内ではケージがバギーに入れ床置き、デッキにおいては抱っこが可能となっています。愛犬と一緒に船の旅が楽しめるのでおすすめです。

・富士芦ノ湖パノラマパーク
約8万㎡の広大な芝生広場で、リードさえ付ければ園内どこにでも移動することが可能です。ドッグランでは、開放感が魅力の広々とした空間で、リードなしで思いっきり走る回ることができるので最高です。

・箱根強羅公園
春と秋の季節になると、140種類1000株ものバラの見頃を迎えるローズガーデンです。園内は、リードを着用すれば愛犬と散歩が楽しめます。一部入れないエリアもあるので注意してください。

ペットと旅行に出かける際の注意点

以前は、ペットだけを留守番させて旅行に行くことに後ろめたさや罪悪感を感じ、旅行自体を諦めてしまっていた人も多いかもしれません。最近ではペットと一緒に旅行を楽しめる宿泊施設や観光地が増え、愛犬との旅行を楽しまれている人も多くなってきています。初めてペットとお出かけしようとしている人に注意点をご紹介します。

出発前
・狂犬病や混合ワクチンの予防接種を必ず済ませてから旅行に出かけます。宿泊施設によっては、証明書の提示をリクエストしてくる場合があります。
・トイトレが完了してから旅行に出かけるようにしてください。出先では普段と異なるトイレで用を足さないといけないので、しつけができていると安心です。
・普段からケージなどに慣れさせておくことが大切です。車内や人の多いところではケージに入れる必要が出てくるので、日頃からケージに慣れさせておくと落ち着いて過ごすことができます。

旅行の準備
・狂犬病、ワクチンの予防接種証明書、 リード、食べ慣れている ドッグフードや おやつ、 飲み水や水入れ 、ケージ 、お散歩グッズなどです。
旅先ではペットも落ち着かないので食べ慣れた食べ物を用意して安心させてあげてください。慣れない場所では粗相してしまうことも有り得るのでオムツなどを準備しておくと安心です。汚れても良いタオルがあると、足を拭いたり粗相したりなど便利なのでおすすめです。

旅行中
・ペット同伴大歓迎の施設を選ぶようにして、ペットも飼い主も余計な気を使わず心底楽しめるようにしましょう。いくらペット同伴可能とは言っても、他の動物や飼い主がいるので、お互いが不愉快の思いをしないようにマナーやルールを守って楽しく過ごしましょう。
・不慣れな場所は、ペットにとっては不安なので1人にはせず、飼い主が常に寄り添って安心して過ごせるようにしましょう。
・帰路でも、ペットの様子をしっかりと確認し、休憩をこまめにしながら気分転換しながら帰りましょう。

まとめ

初めてのペットとの旅行というのは、楽しみな反面、飼い主にとってもペットにとってもドキドキ緊張してしまうかもしれません。しかし、予めしっかりと準備しておけば飼い主も安心でき、さほど心配する必要はありません。

普段できない非日常体験を愛するペットとすることで、素晴らしい思い出を沢山作って楽しんでください。そして旅行から無事に帰ってきた後も、しっかりとペットの様子を気にかけてあげましょう。旅疲れが出てしまうかもしれないので、しばらくはゆっくり過ごすのが良いですね。

楽天トラベル

ペットと泊まれる宿をお探しの方はこちら

楽天トラベル

外部サイトへ移動します

この記事のライター

最新の投稿


ラブラドール・レトリバーの購入前に抑えておくポイント

ラブラドール・レトリバーの購入前に抑えておくポイント

大型犬ラブラドール・レトリバーは、カナダのニューファンドランド島が原産地です。盲導犬や警察犬として有名ですが、また室内犬として一家のコンパニオンアニマルとして、つねに人気ランクが上位の犬種でもあります。日本でも人気の犬種ですが、とくに、海外では高い人気があります。


ラブラドール・レトリバーのシャンプーと被毛のお手入れ、飼い方について

ラブラドール・レトリバーのシャンプーと被毛のお手入れ、飼い方について

屋内で人間と暮らすことが多くなったこともあり、ラブラドール・レトリバーは、シャンプーをして身ぎれいにすることも家族としてのマナーの一つになりました。ラブラドール・レトリバーの被毛は短毛ですが、ダブルコートで上毛と下毛で覆われていて冬の寒さもしっかり護ってくれています。


ラブラドール・レトリバーのかかりやすい病気って?

ラブラドール・レトリバーのかかりやすい病気って?

ラブラドール・レトリバーは、心身ともにバランスのとれている丈夫な犬といわれています。とはいえ、いくつか遺伝的にかかりやすい病気もあります。股関節や耳関連などがラブラドール・レトリバーの場合、特に注意しなければならないチェックポイントです。


ミニハスキー!?アラスカンクリーカイの性格や特徴、飼い方について

ミニハスキー!?アラスカンクリーカイの性格や特徴、飼い方について

日本ではあまり耳にすることのない「アラスカン・クリー・カイ」。「ミニハスキー」と言われるように外見は、サイズの小さいハスキーで、比較的新しい犬種です。アメリカでは人気があります。アラスカン・クリー・カイの性格や特徴など、その魅力を紹介します。


ミックス犬が可愛すぎる。人気のミックス犬おすすめの種類10選

ミックス犬が可愛すぎる。人気のミックス犬おすすめの種類10選

純血種同士を組み合わせたミックス犬はご存知ですか?じわじわと人気が出てきているミックス犬について種類とそのなかでも人気のあるおすすめのミックス犬を特徴なども合わせて紹介していきたいと思います。純血種もいいですが、ミックス犬もまたかわいい魅力ありますよ!犬を飼いたいけど種類を迷ってる人は特に必見です。