【感動】涙なしには見られない、泣ける犬動画

【感動】涙なしには見られない、泣ける犬動画


目を背けてはいけない、虐待を受けた犬たち

人間から残虐な虐待を受けたうえに無残にも捨てられてしまった可哀想な3匹の犬たちが、優しい人間によって救助される様子が映し出された動画をご紹介します。

長時間かけてやっと救出された3匹の犬たちの体の皮膚には、エアガンから発射されたBB弾が埋まっており、見るにも絶えない状態でした。激しい虐待を長期間に渡って受けていたと思われるため、初めは犬たちが人間に対して必要以上の警戒心を抱いていました。そのため、救助にはかなり苦戦したようです。
保護された3匹の犬たちは、必要な治療をきちんと受け、汚れた体を清潔にしてもらい、十分な食事が与えられました。日に日に体力も回復していき、少しずつ少しずつ人間への警戒心が薄れ、救助した人間を信頼してなつくようになりました。人間に怯えきっていた犬たちが、救助され、再度徐々に人間への信頼を取り戻していく様子に、動画を閲覧した世界中の人々が心打たれています。残念ながら3匹のうち1匹は亡くなってしまいましたが、残りの2匹は今でも元気に過ごしていて、安心した生活を送っているそうです。

ルーマニアにある動物保護施設で撮影された動画

保護される以前に、元飼い主によって長期間に渡って想像を絶するようなひどい虐待を受け続けてきた1匹の小型犬がいました。施設に保護された後、少しずつ職員を信頼するようになり、初めて人間の愛情に触れるという感動的なシーンがとても印象的な動画です。

施設の職員が犬を撫でようとすると、また虐待されると勘違いする犬は恐怖に怯えながら何とも言えない声をあげて叫び続けています。残虐な虐待ですっかり人間不信に陥ってしまっているのです。悲痛な叫び声は聞いていて非常に辛いのですが、粘り強く愛情を与え続けた職員の熱い想いが犬に後に伝わると、犬が少しずつ心を開いていこうとする様子が見られます。心無い人間によって痛めつけられ不信を抱いていた犬が、優しい人間からたっぷりの愛情を初めて受けたというワンちゃんの動画を、涙なくして見ることは不可能なのではないでしょうか。

感動の再会!

海兵隊である飼い主が、任務を終え派遣先から無事に帰還した際の愛犬との感動の再会シーンの動画

海兵隊に所属している飼い主が任務のため約7ヶ月間もの長い間、家を留守にしていました。帰還後久しぶりの家族との再会を喜びあった後そのまま庭にいる、長いあいだ寂しい思いをさせてしまった愛犬の元に向かいます。人間と違って詳しい事情がわからず突然飼い主の姿が見えなくなりただただ不安な毎日を過ごし、ひたすら待ち続けていた愛犬とサプライズの再会がとても感動的です。7ヶ月という長い期間ではありましたが、飼い主のことを少しも忘れている様子はなく、飼い主の気配を感じると大ジャンプで歓迎しています。喜びが止まらず大興奮の愛犬の様子から、飼い主への愛情の深さや信頼が感じられる微笑ましい動画です。

ある日突然迷子になってしまった愛犬と、飼い主である少年の感動の再会シーンの動画

ある日突然、飼い主の少年にとっては親友でもある愛犬が姿を消してしまいました。悲しく、寂しい日々を約8ヶ月ほど過ごしていた頃、愛犬を見たという情報が入りました。少年の母親がその目撃情報があった現場に向かうと愛犬と無事に再会できたのです。帰宅後、母親が少年にプレゼントがあるよ愛犬の姿を見せると、驚きと嬉しさで感極まって大声で泣き叫び愛犬との久しぶりの感動の再会を喜びあいます。愛犬も尻尾を振りっぱなしで、本当に嬉しいのが見ていてとてもよくわかります。少年と愛犬の喜ぶ合う姿を見ていると涙が止まりません。ハンカチ必須の感動的な動画です。

犬と人間の絆に涙!

死を目前に控えた飼い主が、最後に愛犬との再会を望み夢が叶うという感動の動画

かつて車上生活を共にしていた飼い主が、ガンを患い医師からまさかの余命宣告を受けてしまいます。飼い主は病院に運ばれて入院してしまったため、残念ながら愛犬とは引き裂かれてしまいます。死を悟り自分には先がないことを感じた飼い主は、人生最後のお願いとして愛犬との再会を心から望みました。病院関係者とボランティアの協力によって、ついにその願いが叶えられる日がおとずれました。もちろん愛犬は詳しい事情も知ることはありません。ある日突然、入院によって飼い主と数ヶ月も離れ離れになってしまいましたが、再会した途端、車で生活していた時のようにピッタリと飼い主の体に寄り添い、じっと見つめていました。愛犬が飼い主の手や顔を優しく舐めている様子から、かつてこの二人が強い絆で結ばれていた様子がよくわかる動画です。

老犬となった愛犬の関節痛を少しでも和らげてやりたいと、優しい飼い主のとった驚きの行動に感動の涙が止まらない動画

犬の年齢で19才というと、人間で例えると約96才にあたります。その老犬が、重い関節の痛みに毎日悩まされ続け、普段からろくに睡眠がとれず非常につらい状態でした。愛犬の辛さを少しでも和らげてやりたいと毎晩一緒に湖に通い、できる限り一緒に湖の中に入って浮いていたのです。水の中だと浮力のおかげで関節の痛みが少し和らぐため、短時間ですが痛みから解放され愛犬は寝ることができたのです。目を閉じて自分の体の全てを飼い主に託している様子から、飼い主への深い愛情や強い信頼感が感じられます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?涙なしには見ることのできない、泣ける犬の動画をいくつかご紹介しました。どれもティッシュやタオルなしで見ることはできない動画ばかりです。

普段は悲しいことや辛いことなどがあっても、いちいち泣いてなんかいられませんよね。我慢することが多く、つい泣くことを忘れている人も多いでしょう。こうした動画を見て、心から泣いてみるのもいいかもしれません。不思議と気持ちがとてもスッキリとし、心がすっと軽くなるものです。ストレス発散にもつながります。

そして、犬たちから教えてもらった無償の愛の深さや命の尊さについても、もう一度考える良い機会になればと思います。是非、休日などにご家族や友人、恋人など大切な人と一緒に見てみてください。

楽天トラベル

ペットと泊まれる宿をお探しの方はこちら

楽天トラベル

外部サイトへ移動します

この記事のライター