電車で犬を連れて旅行するときにかかる料金って?

電車で犬を連れて旅行するときにかかる料金って?


犬と一緒に電車に乗車できる?

盲導犬や介助犬は電車に乗ることができますが、一般の犬は乗車できるのか疑問に思いませんか?車がない、または車では行きにくい場所に愛犬と出かけたいときに電車が利用できれば愛犬の活動範囲も広がるため、電車に愛犬を乗せたいと思っている飼い主は多いです。犬は日本の法律上は「物」扱いになっており、「手回り品(物)」として扱うのであれば、電車に乗せることが可能になりますが、それでも細かな条件が付けられています。

小型犬なら大抵の場合は、専用のケースやカバンに入れることで、手回り品扱いになり電車内に持ち込むことができます。JRの場合は「縦・横・高さの合計が約90cm、長さが70cm以内のケースに入れる」ことと「ケースと犬の重さを合わせて10kg以下」なら乗車することが可能です。

ペットカートはサイズの時点で許容範囲を超えているので、使うことができません。そしてペットバギーやペットバギーに乗せていたとしても、そのほとんど中が見えない状態でないと乗車を拒否されることもあります。

鉄道会社によってはメッシュカバーを使っているドッグスリングは、フタやファスナーでしっかりと閉じているわけではないため、「愛犬が絶対に車内に出ない状態」とはいえないため、使用不可となっているところがあるので注意が必要です。

西武鉄道や小田急など都内の私鉄会社も同じ条件のところが多いですが、京王電鉄や都営地下鉄の場合は重さが30kg以内と若干基準が異なります。主要都市の鉄道会社もJRと同じ条件のところが多いですが、鉄道会社によって異なる場合があるので事前に確認しておくことをおすすめします。

また夜間特急や夜行列車の場合は、犬の鳴き声が他の乗客の迷惑になるからと、犬と一緒に乗車することを拒否される場合があります。こちらも鉄道会社によって基準がまちまちなので、夜行列車に愛犬を乗せようと考えているときは、確認しておく必要があります。

犬にかかる電車の乗車料金

愛犬を電車に乗せるとき、料金はどうなっているのかわからない飼い主は多いです。盲導犬や介助犬・聴導犬はハンディキャップを持つ人の随伴をする場合は「身体障害者補助犬法」という法律で、無料とされていて手回り品として扱われないのです。しかし一般の飼い犬の場合は料金を取る鉄道会社と、料金を取らない鉄道会社に分かれています。

2018年7月現在、JRや阪急・阪神電車や近畿日本鉄道、名古屋鉄道などは手回り品ひとつにつき280円の料金を取っています。しかし東急電鉄や京王電鉄、新京成電鉄、東武鉄道などは無料です。料金は切符を購入することで支払う形になります。

愛犬の乗車料金は有料の場合、2018年7月現在はどの鉄道会社も280円で設定しているようですが、料金は変わることもあるので事前に各社のHPで調べ、電話などで問い合わせて当日までに料金の確認をしておきましょう。

切符の購入方法も鉄道会社によって異なります。JRでは普通電車・新幹線共に券売機で手回り品の切符を購入することができません。JRで手回り品の切符を購入する場合は、乗車当日に駅の窓口で手回り品を駅員に見せて切符を購入する形になります。窓口で手回り品用の切符を購入するときは、「犬を電車に乗せたいので、手回り品用の切符をください」と言えば購入することが可能です。

阪急電鉄の場合は、駅の券売機で手回り品の切符を購入する形になっています。乗車当日は、時間ぎりぎりに駅に付いてしまう場合もあるので犬の乗車について確認したときに、手回り品の切符購入方法も確認するようにしましょう。購入した手回り品用の切符は、バッグに付けたり、提示を求められたときにすぐに取り出すことのできる場所に入れておく必要があります。

犬と電車に乗るときのルールとマナー

愛犬を電車に乗せることができても、目的地に到着するまでは気を抜けません。犬好きな人が同じ車両に乗っていたときに、ゲージの中の犬に気付くと「触らせてほしい」と言われることがありますが、断りましょう。基本的には人の少ない時間や、人の少ない車両を選んで乗ることになります。電車は公共のものなので、乗車する人の中にはアレルギーを持っている人や、犬が嫌いな人もいるので、周囲に対して配慮が必要です。

愛犬をキャリーやバッグに入れずに抱っこした状態で乗車せずに、犬や動物嫌いな人がいることも考えきちんとキャリーやバッグなどに入れて乗車しましょう。

愛犬の入っているゲージは膝の上に置くか、足元に置き手荷物棚に置いてはいけません。愛犬が落ち着かないのであれば、車両の隅で手の届く範囲にゲージを置きます。また直射日光が当たるような場所や冷暖房が直撃するような場所に置くと、ゲージ内の温度が上が過ぎたり、冷えすぎたりして愛犬が体調を崩すことがあるので気を付けましょう。

普段大人しい犬でも、慣れない環境に連れて行かれると外に出たがることもあり、興奮して吠えてしまうことが多いです。いきなり長距離移動をするのではなく、普段から1駅の往復でもよいので短距離で電車に慣れさせることをおすすめします。犬が吠え始めたときに声をかけると余計に興奮して吠えてしまうことが多い傾向にあるので、吠え始まったら一度下車してホームで犬を落ち着かせることが大切です。

また犬も人間のように電車に酔ってしまうこともあるので、獣医さんに相談しておくことも必要です。酔いやすいと前持ってわかっているの出れば、犬用の酔い止めを処方してもらうこともできます。普段電車に酔うことのない犬でも、その日の体調によっては乗り物酔いしてしまうこともあるので乗車前に食べ物をあげるのは避けたほうがよいです。長距離の場合はトイレに行きたくなることもあるので、事前にトイレを済ませ、水分補給のために途中で下車するといった配慮も必要になってきます。

まとめ

愛犬を電車に乗せることはできますが、ゲージや重さの基準、また料金や切符の購入場所は鉄道会社によって異なるので、事前に確認しておきましょう。電車内にはアレルギーを持っている人や、犬が嫌いな人がいる場合もあるので、周囲への配慮が必要です。きちんとルールを守って乗車することで、他人に不快感をあたえず、愛犬にも負担になりにくいです。普段から短距離で電車に慣らしておくことで、愛犬と一緒に出かける範囲が広まっていきます。マナーやルールをしっかりと守って、愛犬と一緒に楽しいお出かけを楽しみましょう。

楽天トラベル

ペットと泊まれる宿をお探しの方はこちら

楽天トラベル

外部サイトへ移動します

この記事のライター

最新の投稿


秋の夜長におすすめ。犬の名演技が光る映画5選

秋の夜長におすすめ。犬の名演技が光る映画5選

肌寒くなる秋は、あたたかい家でのんびり映画鑑賞するのもいいですよね。秋の夜長に見ていただきたい、犬の名演技が光るおすすめ映画を5作品ご紹介します。


犬に好かれるコツや方法。犬から嫌われない人の共通点まとめ

犬に好かれるコツや方法。犬から嫌われない人の共通点まとめ

特に意識していなくても、なぜか犬に好かれて初対面でも仲良くなれる人がいますよね。このように犬に好かれる人は、嫌われる人とどこが違うのでしょうか?今回は、犬に好かれる人に見られる共通の条件についてご紹介いたします。


サマーカットで起こり得るトラブル。きちんと知って対処しよう!

サマーカットで起こり得るトラブル。きちんと知って対処しよう!

今や当たり前となったサマーカット。トリマーとして受けることが多い注文ですが、犬にとっては必ずしも良いことばかりではありません。そこで今回は、サマーカットのメリットとデメリットを踏まえながら起こり得るリスクへの対処方法について解説したいと思います。


心からの供養…愛犬が亡くなった後に必要な手続きと葬儀の種類は?

心からの供養…愛犬が亡くなった後に必要な手続きと葬儀の種類は?

動物は人より年を取るのが早く、ほとんどが早くに亡くなってしまいます。家族にたくさんの癒しを与えてくれた愛犬が亡くなったら、飼い主ができる最後の感謝の気持ちを伝える方法として、虹の橋を渡れるよう心からの供養を行いましょう。今回は、愛犬が亡くなったら何をするべきか、また、葬儀の種類をご紹介いたします。


愛犬のブラッシングの必要性とやり方のポイントを教えます!

愛犬のブラッシングの必要性とやり方のポイントを教えます!

犬も人間のようにブラッシングって必要?「ドッグショーに出場しなかったら特に必要じゃない。」と思うかもしれませんが…必要です!その必要な理由と、ブラッシングのやり方や簡単にできちゃうポイントを紹介!初めての方でも、愛犬のブラッシングが楽しくなるはず。