ペットと一緒に楽しめる!伊豆のおすすめ宿と観光スポット

ペットと一緒に楽しめる!伊豆のおすすめ宿と観光スポット


犬も一緒に泊まれる宿やホテルってあるの?

旅行先のホテルであまりペット連れの人を見かけないけれど、連れて行ってもいいの?と思う方もいらっしゃるでしょう。他の観光客に白い目で見られたり、犬が部屋を汚してしまったりすることが不安で、なかなか旅行に行けない飼い主さんもいるかもしれません。しかし、ペットを歓迎してくれるホテルを選べば、周りに迷惑をかけてしまう心配もなく楽しく旅行ができるはずです。

犬同伴でもOKな宿には、大きく「ペット連れ専用の宿」と「ペット連れ宿泊可の宿」の2種類があります。客室や食堂など、犬が立ち入りできる場所が多いところほど、ペット連れの宿泊を歓迎してくれていることが多いです。その点、「ペット連れ宿泊可の宿」はペットを連れていないお客さんへの配慮が必要なので、犬が立ち入りできない場所が多い傾向にあると言えます。犬を連れて旅行に行くのが初めての方には、「ペット連れ専用の宿」をおすすめします。

ペットと一緒に泊まれるのは、比較的小さいホテルやペンションです。特に、個人経営で広い自宅をリノベーションして営業しているような宿は、アットホームなところが多いのでおすすめです。オーナーさんが犬を飼っているホテルでは、犬連れの宿泊客に非常に優しく、ペットの具合が万が一悪くなっても助けてくれることが多いです。上手に宿を探せば、何度もリピートしたくなるようなホテルは実はたくさんあります。

ほかにも客室が離れになっているタイプの温泉宿は、犬が吠えても周りに迷惑をかける心配がないので、ペット同伴可になっている場合が多いです。コテージ風の部屋であれば、外でトイレをする犬も心配ありませんよね。
一方、夜間の外出制限を設けているホテルの場合は、毎回フロントに行ってスタッフの方に鍵を開けてもらわなければいけないので、不便ということもあります。

キャンプ場は犬を連れて入場できる場合がほとんどです。広々とした芝生の上でペットと一緒にフリスビーやボール投げを楽しんだり、海や川が近いロケーションであれば、水遊びをするのも楽しいですよ。冬場は閉まってしまうキャンプ場が多いですが、追加料金を払ってバンガローなどを利用すれば、冬でも犬を連れて自然を満喫できますね!

ペット連れ専用の宿ではペット同伴でカフェやレストランなどを利用できるだけでなく、ドッグランやドッグプールなど、本格的な犬向けスポーツ施設を用意しているところもあります。愛犬と思い切り旅行を楽しみたい方は、このような施設があるホテルをチェックしてみてください。宿に併設されていなくても、近隣に犬と遊べる施設があるホテルもありますよ。

伊豆で愛犬と楽しめる、観光スポット

伊豆は、他の観光地と比べてペット連れの観光客に優しい土地です。何をすればいいか迷ってしまうほど、犬を連れて出かけられる場所がたくさんあります。「ワンちゃん連れと言えば伊豆」というほど認知度も上がっており、お気に入りのペンションを定宿にしている方もいるなど、1年を通して何度も行きたくなる観光スポットになっているようです。駐車場やペット同伴OKの施設が多いことは、伊豆の大きな魅力になっています。ここでは、犬を連れて行ける伊豆の観光スポットをご紹介していきます。

・伊豆オルゴール館
オルゴール館は通常ペット禁止のところが多いです。細かい模様や仕掛けのあるオルゴールがたくさん棚にならんでいるので、当然ですよね。ですが伊豆オルゴール館は、小型犬は抱っこしていれば入場できます。ペットと一緒に入れるのはうれしいですね。オルゴールの温かい音色で、ワンちゃんも飼い主さんもぜひ癒やされてくださいね。

・伊豆シャボテン公園
伊豆シャボテン公園は、どんな犬を連れていても入ることができます。道の駅が併設されていることから、いつ訪れてもにぎやかで他のワンちゃんとの交流も楽しめます。チンパンジーのショーを一緒に鑑賞したり、世界中のサボテンを見られる温室を回ったり、犬と一緒に満喫できるところがたくさんあります。おみやげ屋さんもペット立ち入り可なので、犬と一緒にゆっくり買い物ができますよ。

・大室山
シャボテン公園から大室山リフトで山頂まで登るのも、犬を連れた旅行客の定番コースになっています。お散歩が好きなワンちゃんは、山頂で思う存分体を動かしてくださいね。

・伊豆ぐらんぱる公園
こちらでは、伊豆の海を見渡しながらアトラクションを楽しむことができます。ゴーカートは犬と一緒に乗っても大丈夫なので、ワンちゃん連れにおすすめです。また、伊豆高原旅の駅「ぐらんぱるぽーと」にはドッグランが併設されているほか、テラス席でペットと一緒に食事ができるのもうれしいですね。

愛犬と旅行する時の注意点

行きたい観光スポットと泊まりたいホテルが見つかったら、以下に挙げる点に注意して、もう一度よく確認してみましょう。

まず、「ペット連れ宿泊可の宿」の場合は、ペット同伴可の場合でも、部屋や旅行プランによっては犬が泊まれない場合もあります。利用したい部屋やプランがペット連れでも泊まれるのか、必ず確認してから予約するようにしてください。

宿泊できる犬のサイズ(小・中・大型)・体重・1室に泊まれる頭数を制限している宿泊施設もあるので要注意です。また、トイレのしつけが完璧でない犬や、無駄吠えしてしまう犬、ヒート中の犬は断られてしまうこともあるので、宿泊条件をホテルに問い合わせてみましょう。

ペット同伴可の宿泊施設の多くは、ペットの宿泊料金をサイズや体重、頭数によって計算し、上乗せしています。もともとの旅行プランの料金には含まれていないことがほとんどなので、気をつけてください。また、狂犬病予防、混合ワクチンなどの接種証明書の提出を義務付けている宿では、事前にメールで送るか当日持参しないと、入場すらできない場合もあります。

食事付きのプランであれば、部屋で給仕してくれるのか、食堂に行くのか、食堂はペット同伴OKかも確認しましょう。食堂に連れて行けない場合、犬は部屋でお留守番させなくてはいけません。食堂自体が犬同伴可であっても、他の犬とケンカしてしまってはゆっくり食事ができないので、犬の性格によっては部屋で食べられるプランのほうがいいかもしれませんね。食事なしのプランの場合は、近隣のドッグカフェの場所なども調べておきましょう。

まとめ

最近では犬と一緒に泊まれる宿の選択肢が広がり、ペットを連れて入場できる観光施設も増えてきています。旅行に行きたいけれど犬を連れて行くのは気が引ける……という飼い主さんも、ぜひここでご紹介したポイントを参考に、ワンちゃんを連れて旅行に出かけてみてください。

楽天トラベル

ペットと泊まれる宿をお探しの方はこちら

楽天トラベル

外部サイトへ移動します

この記事のライター

最新の投稿


秋の夜長におすすめ。犬の名演技が光る映画5選

秋の夜長におすすめ。犬の名演技が光る映画5選

肌寒くなる秋は、あたたかい家でのんびり映画鑑賞するのもいいですよね。秋の夜長に見ていただきたい、犬の名演技が光るおすすめ映画を5作品ご紹介します。


犬に好かれるコツや方法。犬から嫌われない人の共通点まとめ

犬に好かれるコツや方法。犬から嫌われない人の共通点まとめ

特に意識していなくても、なぜか犬に好かれて初対面でも仲良くなれる人がいますよね。このように犬に好かれる人は、嫌われる人とどこが違うのでしょうか?今回は、犬に好かれる人に見られる共通の条件についてご紹介いたします。


サマーカットで起こり得るトラブル。きちんと知って対処しよう!

サマーカットで起こり得るトラブル。きちんと知って対処しよう!

今や当たり前となったサマーカット。トリマーとして受けることが多い注文ですが、犬にとっては必ずしも良いことばかりではありません。そこで今回は、サマーカットのメリットとデメリットを踏まえながら起こり得るリスクへの対処方法について解説したいと思います。


心からの供養…愛犬が亡くなった後に必要な手続きと葬儀の種類は?

心からの供養…愛犬が亡くなった後に必要な手続きと葬儀の種類は?

動物は人より年を取るのが早く、ほとんどが早くに亡くなってしまいます。家族にたくさんの癒しを与えてくれた愛犬が亡くなったら、飼い主ができる最後の感謝の気持ちを伝える方法として、虹の橋を渡れるよう心からの供養を行いましょう。今回は、愛犬が亡くなったら何をするべきか、また、葬儀の種類をご紹介いたします。


愛犬のブラッシングの必要性とやり方のポイントを教えます!

愛犬のブラッシングの必要性とやり方のポイントを教えます!

犬も人間のようにブラッシングって必要?「ドッグショーに出場しなかったら特に必要じゃない。」と思うかもしれませんが…必要です!その必要な理由と、ブラッシングのやり方や簡単にできちゃうポイントを紹介!初めての方でも、愛犬のブラッシングが楽しくなるはず。