困った時の頼れる存在!ペットシッターを利用してみよう♪

困った時の頼れる存在!ペットシッターを利用してみよう♪

旅行や用事でしばらく家を留守を留守にする時、飼い主の皆さんはどこにペットを預けていますか?ペットシッターは、飼い主とのトラブルやちゃんとお世話してくれるかなど心配されている方もまだまだ多いようです。ペットシッターについて詳しくご紹介いたします!


ペットシッターとは?

旅行や用事があってペットのお世話をできない時、ペットを預かってくれる『ペットホテル』はよく知られていますよね。この『ペットホテル』は、動物病院やペットショップなどが経営しているもので、飼い主の方にとっては安心して預けておける場所となっています。

しかし、ペットにとってはどうでしょうか?普段、自分が生活している場所でお世話してもらえるとしたら、そちらの方がペットにとってより良い環境だと思いませんか?これを叶えてくれるのが『ペットシッター』のサービスなのです。

環境の変化はペットにとって最大のストレス

信頼安心できる『ペットホテル』を利用されている飼い主の方もいると思いますが、例えば、初めての環境だったり、体調がすぐれないとき、また知らない動物が近くにいたりすることで、ストレスを感じやすくなっているときなどは、普段安心して利用している『ペットホテル』でもペットにとってはとてもつらい場所となってしまうかもしれません。

また、『ペッットホテル』の環境はその施設によって違います。普段お家の中を駆け回っているペットが長い時間狭いケージ入れられてしまうと、目には見えませんが心身ともに負担が掛かっていると想像がつきます。

その根拠に、ペットホテルに預けられたペットが、おしっこをしない、食事をしないなど普段と違う様子が見られるケースがよくあります。

自分がお世話をしてあげることができない時、飼い主が帰宅するまでの間、普段の環境で安心してペットに生活させてあげることができるのが『ペットシッター』のサービスなのです。

ペットシッターに頼めるお世話について

ペットシッターは、基本的には家族がいない時のお世話の代行してくれるサービスなので、ごはんやお水の交換、おトイレの世話に遊びや散歩など、その子の普段の生活に合わせたお世話をしてくれます。

そのため、事前のカウンセリングでその子の普段の生活のことや注意点など、細かく相談することができるシステムを取っていることころがほどんどです。

こうなると、人間のベビーシッターのサービスとほとんど変わりないですね。ペットシッターとはそれだけペットのことを飼い主の家族の一員として考え、より負担のない普段の生活に合わせてお世話をしてくれる預け方なのです。

どんな時、シッターさんに預ける?

それではペットシッターに預けるケースは、どんな時が多いのでしょうか?

『ペットホテル』は部屋数にも限りがあり、急な用事や出張の場合など満室で入れないケースもありますが、お家でお世話をすることになっているペットシッターについては、そのお宅でのお世話になりますのでペットショップよりもたくさんの数のペットを対応できます。

そのため、混みあっている時期は時間がずれたりすることもありますが、急な場合でも予約できるところが多くなっています。

ホテルに預ける程でもないけどペットの面倒が見れない時など、散歩だけのコースや泊りなども設けているところもあり、飼い主が困った時に気軽にお願いすることができます。

こんなときに安心して頼めるサービスです

・ペットの体調がすぐれない時

・長期の旅行に出かける時

・急な用事や出張で家を空ける時

・飼い主が病気や怪我をしてしまってお世話ができない時

・仕事が忙しく、お世話ができない時

ペットシッターを利用するメリットとデメリット

ここまでペットシッターについてご説明しましたが、シッターさんとはいえ家族以外の人が自分の不在中に家の中に入ることに抵抗を感じている方が多いのも現実です。

そこで、ペットシッターを利用する際に飼い主が一番気になるメリットとデメリットについて簡単にまとめてみました。

ペットシッターを利用する際は、これらのメリットとデメリットを理解した上で、事前の打ち合わせで注意できるとことはよく話しておきましょう。

【メリット】

・自宅で普段と同じ生活を送る事ができる。

・散歩や食事、遊びなど飼い主の要望をカウンセリングで聞いて実行してもらえる。

・急な予約でも対応してもらえることが多い。



【デメリット】

・家族以外にカギを預けるのが心配

・動物によっては、経験の少ないシッターさんもいる

・ペットホテルに比べると割高になってしまう

利用前に大事なカウンセリング

先ほど、メリットとデメリットを上げてみましたが、このデメリットについては、カウンセリングの際によく話し合い、不安があれば取り除いておきましょう。

鍵を預けることについては、シッターさんもお客である飼い主からの評判を落とさないために、気を使われている会社が多いですので、入っていい部屋を限定したり、室内で注意してほしいことなどあったら事前に伝えておきましょう。

ペットもいろいろな種類がいますので、動物によって経験が少ない方もいます。しかし、そこは動物を扱うプロ、事前のカウンセリングでちゃんと必要なことを伝えておけば、問題なく対応してもらえるとがほとんどですので心配はないでしょう。

飼い主の自宅で行われる打ち合わせでは、契約書を交わしカウンセリングもありますので、必要なことはしっかりと事前に話をしておくとコミュニケーション不足によるトラブルを避けることにもつながります。

やっぱり高いの?ペットシッターの相場

ペットシッターの相場は、一時間当たり小型犬2500円~3000円、中型犬2800円~3500円、大型犬3000円~5000円と幅があり、大きさや体重によって値段設定しているところも多いです。

時間や金額によっては、24時間預かってもらえるペットホテルなど割安な方を選択した方がよい場合もあります。

しかし、ペットの体調がすぐれなくて自宅で過ごさせたいときや、ちょっとしたお出かけ、数時間のお世話だけお願いすればいい場合など、ペットや飼い主の都合や利用時間、サービスの内容によって比較検討して預け先を選ぶとよいでしょう。



■一時間預けた場合の金額の相場

・小型犬2500円~3000円

・中型犬2800円~3500円

・大型犬3000円~5000円

・猫2000円~3000円

・小動物1000円~2000円(ウサギやハムスターなど)
いいシッターさんを探すには

よいペットシッターのサービスを探すときに一番の目安となるのが口コミですが、ペットシッターに関する口コミサイトなど参考にできるサイトはまだまだ少ないのが現実です。

1つの判断の目安として、ホームページの料金表示が明瞭で分かりやすいところ、またサービスに対しての利用料金が相場からかけ離れていない良心的な金額設定のところなどをチェックして、飼い主である利用者やペットのことを考えて経営してくれているかどうかを見てみましょう。

それでも、シッターさんとの相性は実際に会ってみないと分からないところですので、最終的には事前の打ち合わせや契約段階でその方の人柄などを見ることも大事なポイントです。

家族の一員である大事なペットを預けるには、シッターさん選びはとっても大切なことです。


ペットシッターの料金相場ってどのくらい?
http://breeder-one.jp/blogs/post-67
参照元:株式会社Breeder-ONE(2016年11月著者調べ)

ペットシッターの料金はどのくらいなの? – あなたの街のペットホテル・ペットシッター
http://inulog.net/hoteldb/101.html
参照元:株式会社plusbox(2016年11月著者調べ)

長くペットを飼い続けるために

ペットシッターについていかがでしたでしょうか?

共に生活する上で、飼い主の仕事や生活が極端に制限されてしまうと、どんなに大切なぺっとでも一緒に長く生活していくことが困難になってきてしまいます。

そんな時、ペットシッターという一つの選択肢を持ておくことで、もしもの時でも困ることなく飼い主もペットも生活を送ることができます。

飼い主がペットを飼う際には、ペットを預けなければいけない時ことも考えて、日頃より預け先について調べておいたり、周りのペットを飼っている友達の話を聞いて情報収集しておくことも大切です。

楽天トラベル

ペットと泊まれる宿をお探しの方はこちら

楽天トラベル

外部サイトへ移動します

この記事のライター

関連するキーワード


ペット 旅行