秋の夜長におすすめ。犬の名演技が光る映画5選

秋の夜長におすすめ。犬の名演技が光る映画5選

肌寒くなる秋は、あたたかい家でのんびり映画鑑賞するのもいいですよね。秋の夜長に見ていただきたい、犬の名演技が光るおすすめ映画を5作品ご紹介します。


『HACHI約束の犬』(2009年・アメリカ)

言わずと知れた、名作映画『ハチ公物語』(1987年・日本)のハリウッド版リメイク作品です。ハチ役の秋田犬のあまりのかわいさと演技力の高さで、海外でも秋田犬は大人気となるきっかけとなりました。

プロデューサーのヴィッキー・シゲクニ・ウォンは原作の『ハチ公物語』に大きな感銘を受け、自身でも秋田犬を飼い、“ハチコー”と名付けるほどでした。しかし、2002年にハチコーが亡くなったのをきっかけに、『ハチ公物語』の映画を製作しようと決意したと言います。

ハチ役の秋田犬は、一頭が演技しているのではないのをご存知でしょうか?実は、フォレスト、レイラ、チーコという3頭が、得意な表情を生かしてシーンごとに演じ分けているんですよ。

主演のリチャード・ギアは大の愛犬家で有名ですが、彼のハチを見つめる視線のやさしさや、慈愛に満ちた表情は、リアリティをもって見る人を共感させてくれます。

『マリと子犬の物語』(2007年・日本)

2004年に新潟で発生した新潟中越地震の際に実際にあったエピソードをもとにした映画作品です。地震で家族と別れてしまった母犬のマリと、その3頭の子犬たちの物語です。

災害時、真っ先に救助されるのは人間だけで、動物たちは置き去りにされてしまいます。人命を優先するのは当然のことです。しかし、ペットを飼っている人にすれば、家族を置き去りにしているようなもので、「もちうちの子が同じ状況になったらどうしよう…」と想像すると、思わず胸が締め付けられます。

複数の犬、ましてや子犬の演技指導はむずかしく、長時間の撮影もできません。そんな中で犬たちの演技は自然で、必死に子犬を守ろうとするマリの姿には、涙が止まりません。

『マイ・ドッグ・スキップ』(2000年・アメリカ)

原作は、ミシシッピー州出身の作家ウィリー・モリスの少年時代の体験をつづった自伝小説です。内向的でいじめられっ子だった少年ウィリーは、ある日、ジャック・ラッセル・テリアの子犬(名前はスキップ)を飼ってもらいます。

ジャック・ラッセル・テリアと言えば、明るくて活発な性格で有名ですよね。スキップもまさにそんな特徴がたっぷりの元気いっぱいな子で、引っ込み思案なウィリーに自信を持たせてくれ、人の輪をつないでくれます。

犬との出会いによって少年が成長していく姿を描いた、どこか懐かしくなる名作映画です。子ども時代に犬を飼っていた経験がある人には、特に見ていただきたい作品です。

『マーリー世界一おバカな犬が教えてくれたこと』(2008年・アメリカ)

新婚の夫婦が、“子育ての練習”として、一頭のラブラドール・レトリバーを飼い始めます。マーリーと名付けられたその子が、もうめちゃくちゃに大暴れしてくれます(笑)

犬を飼っている人であれば、誰でも「あるある」とうなづいてしまうような、犬の困った行動をフルコースでやってくれるのがマーリーです(笑)全く悪気がなく、天真爛漫で、家族への愛に満ち溢れたマーリーのことを、だれも怒れないのでした。全力で楽しんでいるマーリーの姿に癒され、心が温まります。

わざとらしく涙を誘うわけでない、飼い主と犬との関係をリアルに描こうとする自然な演出で、逆に泣かされてしまいます。犬を飼っている人も、これから飼いたいと思っている人にも、“犬と生活することの喜びや幸福感とはこういうもの”というのを教えてくれる作品です。

『アイ・アム・レジェンド』(2007年・アメリカ)

いわゆる“ゾンビ系”の映画なのですが、ウィル・スミス演じるロバート・ネビル博士が相棒として連れているメスのシェパード(名前はサマンサ、通称サム)の演技力が高すぎて、公開当時話題を呼んだ作品です。

謎のウイルスによって人類のほとんどがいなくなり、廃墟となったニューヨークの街。ウイルスに侵された怪物から逃れながら、博士はウイルスの研究をしながら、愛犬のサムと暮らしていました。博士にとってサムは、常に寄り添い、博士の危機にはそっとサポートしてくれる、まさに相棒と呼べる存在でした。しかし、博士を守るために怪物に襲われたサムは、命を落としてしまいます。

サムの博士への強い信頼と、大事な人を必死で守ろうとする愛情と勇気に、思わず涙があふれてしまう作品です。これを見れば、きっとあなたもシェパードが好きになるはずですよ!

まとめ

王道の感動映画の『HACHI 約束の犬』から、犬が登場する映画としては珍しいテーマの『アイ・アム・レジェンド』までご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。どの作品も、ストーリーだけでなく、登場する犬たちが素晴らしく、本当に自然体な演技が光っています。犬好きには涙なしでは見られません…。見た後は、つい犬を抱きしめたくなる気持ちにさせてくれます。

肌寒くなった秋には、家の中でゆっくり過ごすのもいいですよね。愛犬と寄り添って一緒に映画を見れば、心も体も温まりますよ。

楽天トラベル

ペットと泊まれる宿をお探しの方はこちら

楽天トラベル

外部サイトへ移動します

この記事のライター

関連するキーワード


映画

関連する投稿


犬に好かれるコツや方法。犬から嫌われない人の共通点まとめ

犬に好かれるコツや方法。犬から嫌われない人の共通点まとめ

特に意識していなくても、なぜか犬に好かれて初対面でも仲良くなれる人がいますよね。このように犬に好かれる人は、嫌われる人とどこが違うのでしょうか?今回は、犬に好かれる人に見られる共通の条件についてご紹介いたします。


個性的で飼いやすい!イタリアングレーハウンドについてご紹介!

個性的で飼いやすい!イタリアングレーハウンドについてご紹介!

足が長くて、いかにもスポーティーなイタリアングレーハウンドですが、日常生活は落ち着いていて飼いやすい犬種です。1歳と7歳のイタグレを飼っている私が、個性的な魅力をお伝えします!


犬の毛色いくつ知ってる? 「虎」「胡麻」オシャレな呼び名がいっぱい!

犬の毛色いくつ知ってる? 「虎」「胡麻」オシャレな呼び名がいっぱい!

世界には数え切れない程の犬種がいて、公認されているものでおよそ190種、公認されていない犬種を含めると相当な種類になるそうです。そして、犬の数だけ毛色もある!今回は犬の個性や特徴でもある「犬の毛色」をピックアップしてまとめてみました。


気まぐれなペキニーズの性格や飼い方、お値段等を解説します!

気まぐれなペキニーズの性格や飼い方、お値段等を解説します!

「ペキニーズ」って犬の名前はよく聞いたり、テレビのペット番組なんかで見かけたことはあっても、実際の飼ってみないと、どんな性格をしてるかなんてわかりませんよね?そこでここでは、「まるで猫みたい!」という飼い主さんも多い、このペキニーズの性格や飼い方のコツ、実際の子犬のお値段相場なんかについて紹介したいと思います。


ブサカワなんて言わないで☆ 癒しの眼!パグの価格や選び方のポイント

ブサカワなんて言わないで☆ 癒しの眼!パグの価格や選び方のポイント

国内でも人気が上昇中の癒し犬、パグ!ずんぐりむっくりでひょこひょこ歩く姿が何とも愛らしいですよね。「ただいま~!」と玄関を開けた瞬間、グフグフしながら駆け寄ってくるパグ。心がほっこりする瞬間でもありますね。今回はそんな愛嬌たっぷりのパグの価格と選び方のポイントについてご紹介します。


最新の投稿


犬に好かれるコツや方法。犬から嫌われない人の共通点まとめ

犬に好かれるコツや方法。犬から嫌われない人の共通点まとめ

特に意識していなくても、なぜか犬に好かれて初対面でも仲良くなれる人がいますよね。このように犬に好かれる人は、嫌われる人とどこが違うのでしょうか?今回は、犬に好かれる人に見られる共通の条件についてご紹介いたします。


サマーカットで起こり得るトラブル。きちんと知って対処しよう!

サマーカットで起こり得るトラブル。きちんと知って対処しよう!

今や当たり前となったサマーカット。トリマーとして受けることが多い注文ですが、犬にとっては必ずしも良いことばかりではありません。そこで今回は、サマーカットのメリットとデメリットを踏まえながら起こり得るリスクへの対処方法について解説したいと思います。


心からの供養…愛犬が亡くなった後に必要な手続きと葬儀の種類は?

心からの供養…愛犬が亡くなった後に必要な手続きと葬儀の種類は?

動物は人より年を取るのが早く、ほとんどが早くに亡くなってしまいます。家族にたくさんの癒しを与えてくれた愛犬が亡くなったら、飼い主ができる最後の感謝の気持ちを伝える方法として、虹の橋を渡れるよう心からの供養を行いましょう。今回は、愛犬が亡くなったら何をするべきか、また、葬儀の種類をご紹介いたします。


愛犬のブラッシングの必要性とやり方のポイントを教えます!

愛犬のブラッシングの必要性とやり方のポイントを教えます!

犬も人間のようにブラッシングって必要?「ドッグショーに出場しなかったら特に必要じゃない。」と思うかもしれませんが…必要です!その必要な理由と、ブラッシングのやり方や簡単にできちゃうポイントを紹介!初めての方でも、愛犬のブラッシングが楽しくなるはず。


立ち姿が凛々しい!ド―ベルマンってどんな犬?

立ち姿が凛々しい!ド―ベルマンってどんな犬?

真っ黒で短い毛並みのド―ベルマン!とってもかっこいいですよね!少し怖いイメージを持つ方もいらっしゃるかもしれませんが、ド―ベルマンはどのような犬種なのでしょうか?