立ち姿が凛々しい!ド―ベルマンってどんな犬?

立ち姿が凛々しい!ド―ベルマンってどんな犬?

真っ黒で短い毛並みのド―ベルマン!とってもかっこいいですよね!少し怖いイメージを持つ方もいらっしゃるかもしれませんが、ド―ベルマンはどのような犬種なのでしょうか?


ド―ベルマンってどんな犬種?特徴は?

ド―ベルマンといえばピンと経った耳と、全体的な黒くて短いかっこいい犬種ですね!まずはド―ベルマンの性格や特徴を押さえておきましょう!

ド―ベルマンの歴史

ド―ベルマンの歴史はまだ浅く、1980年代ドイツの「カール・フリードリヒ・ルイス・ド―ベルマン氏」が開発した犬種です。ド―ベルマン氏は税金の徴収係を仕事にしていました。職業柄身の危険を感じて、見ただけで周囲を威圧感を与える犬を開発した結果ド―ベルマンが誕生しました。
ド―ベルマンますぐに話題となり、1899年に犬種クラブが設立し、翌1900年にはケネルクラブに公認となりました。

ド―ベルマンの特徴

一見細身に見えますが、犬のサラブレッドとも言われるほど無駄のない体格をしています。くさび形の頭部や直線的な口吻のラインなどが、外見的な大きな特徴です。被毛は短髪でなめらか、固い毛になります。被毛色はブラックブラウンが主流になります。

どんな性格?

外見は少し怖い印象かもしれませんが、とても利口で警戒心の強い性格です。飼い主以外には、強い警戒心を見せます。心を許した飼い主等には、愛情深く甘えん坊な一面を見せます。
もともと用心棒として開発された犬種なので、番犬としてとても適しています。

ド―ベルマンのしつけのポイント

ド―ベルマンを飼うにあたって、しつけをどうすべきか悩む方も多くいると思います。いくつかしつけのポイントを押さえていきましょう!

しつけは早めに始めましょう!

ド―ベルマンはとても賢く、学習能力も高い犬種です。主従関係に忠実なため、しつけを早めに始めてしっかりとした主従関係を築きましょう!主従関係がしっかりとすれば、教えたことをどんどん覚えていきます。
しかししつけが曖昧になってしまうと、飼い主の言うことを聞かないわがままな性格に育ってしまう可能性があります。
しつけのはしっかりとけじめをつけて行いましょう!

「待て」を覚えさせましょう!

ド―ベルマンは、警戒心の強さゆえに攻撃的になってしまう場面があります。吠えてはいけない場面で吠えたり問題行動を取ってしまった場合、しっかりと目を見て低い声で「いけない!」と叱って、自分は今してはいけないことをしたのだと自覚させましょう。時と場合によっては、口を押さえたり体を抑え込むこともあるかもしれません。
かわいそうだと思うかもしれませんが、長い愛犬との人生を穏やかに歩んでいくためしっかりとしつけましょう。

噛みつき癖には早めの対応を!

ド―ベルマンの噛みつきは、ほかの犬種よりも可能性としては高い傾向があります。これも、ド―ベルマンの警戒心の高さが故の行動が原因の場合と、歯の抜け代わりの時期とがあります。どちらにしても人をかんでしまうことはよくありません。子犬のうちに、噛んではいけないものをしつけておきましょう。手足などを噛まれた場合は、目を見て「ダメ!」と低い声で叱ります。逆に、缶でいいおもちゃなどをかんでいる時は、ほめたり一緒に遊んであげましょう!噛んででいいものといけないものを教え込むことで、噛み癖を解消していきましょう!

お散歩で引っ張られないためには?

ド―ベルマンは力が強いため、引っ張り癖があると瞬時に引っ張られて大人の力でも制御不可能となってしまうことがあります。
散歩中に引っ張られると、紐を引っ張り返すことがほとんどだと思います。理想としては、リードの輪になっている部分には手を通しません。手首に紐を巻き付けるようにして散歩していると、万が一引っ張られたときに力負けしたらそのままずるずると引きずられてケガをする原因になります。リードは手に持ち、もう片方の手で首輪の付け根当たりの首輪に近い位置のリードを握るようにしましょう。
引っ張られたら、首輪に近い持ちてを引き返します。このとき「ダメ!」等の家族で統一した掛け声をかけながら紐を引くことがポイントです。首輪のところを引かれると、犬は首が締まります。行けないことをしたという自覚を持たせましょう!

お散歩や毛の手入れは?

体を動かすことが大好きです!

ド―ベルマンは、体を動かすことが大好きです。お散歩はたっぷりと、1日2回、1時間を目安に行いましょう!思い切り体を動かすと、とても喜びます。自転車で並走しての走りながらの散歩や、ドッグランに出向いて沢山身体を動かしてあげましょう!体を動かすと、ストレスの発散にもつながります。

毛のお手入れ

毛が短いため、あまり長い時間毛の手入れをする必要はありません。基本的には室内で飼育する犬種になるので、毎日お手入れをしてあげましょう。お散歩後などの運動後のタイミングでブラッシングをしてあげてください。ド―ベルマンは皮膚トラブルにかかりやすい傾向がるので、毎日のブラッシングで皮膚に異常がないか確認してあげましょう!

ド―ベルマンのあれこれ

断耳は絶対に必要?

ド―ベルマンと言ったら、ピンと立った耳と短いしっぽを思い浮かべがちです。しかし本来の姿は、耳はたれ耳で尻尾もほかの犬種同様に長い犬種になります。短い耳や尻尾は「断耳」や「断尾」と言って、外科的手術で切断しているため耳が立っていたり尻尾が短いということになります。
本来断耳や断尾は、闘犬や狩猟犬が敵から食いちぎられないようにと施されていたものです。現代では絶対に必要なことではありません。

体の大きさについて

ド―ベルマンの大きさは、高体がオスが68~72㎝メスが63~68㎝、体重がオスは40~45㎏メスが32~35㎏の中型犬になります。ボディは引き締まって足が長いため、大型犬のように見えますが、分類は中型犬になります。

ヨーロピアンタイプとアメリカンタイプ

ド―ベルマンは、2種類に分類されます。1つ目はヨーロピアンタイプと言って、使役犬として活躍する種類です。体もがっちりとしていて大きくなるため、大型犬の部類に入ります。
もう1つは、アメリカンタイプです。こちらはヨーロピアンタイプよりも小柄で、人懐こい精確なためしつけがしやすいのが特徴です。家庭犬やショードッグとして活躍しています。
現在ではヨーロピアンタイプが減少傾向で、アメリカンタイプとの混血が増えています。

飼ってみて、初めて知る面が沢山!

世間的なイメージでは、少し怖かったり警察犬としての勇敢な姿だったが印象的なド―ベルマン。しかし家庭で家族として迎え入れると、想像しているド―ベルマンの硬いイメージを払しょくするようなかわいらしい一面や甘える表情も見せてくれます。家族にしか見せないド―ベルマンの表情にきっと心を奪われてしまうでしょう。
しつけをしっかりと行い、沢山甘えさせてあげましょう!きっとまだ見ぬかわいらしい一面を見せてくれるはずです!

楽天トラベル

ペットと泊まれる宿をお探しの方はこちら

楽天トラベル

外部サイトへ移動します

この記事のライター

関連するキーワード


ドーバルマン 警察犬 特徴

関連する投稿


大型犬を飼いたい!飼う前に知っておきたい大型犬の特徴5選

大型犬を飼いたい!飼う前に知っておきたい大型犬の特徴5選

伴侶として頼りになる聡明な犬、走るために生まれてきたような流線型のボディが美しい犬、豪奢な毛に覆われゆっくりとした動きで癒してくれる犬など、大型犬には小型犬とは全く違う魅力が詰まっています。そんな大型犬と楽しいドッグライフを送るために、飼う前に知っておきたい特徴を5つピックアップしてみました。


とても神秘的な容姿!スフィンクスってどんな猫?

とても神秘的な容姿!スフィンクスってどんな猫?

数ある猫の種類でも、とても神秘的な容姿の猫であるスフィンクス。性格や飼育法、特徴についてまとめました!


犬と仲良くなりたい人は必見!犬に好かれる人の特徴5選

犬と仲良くなりたい人は必見!犬に好かれる人の特徴5選

不思議と犬に好かれる人はいませんか?私には寄ってこないのに、なぜいつもあの人だけ…。実は、犬に好かれる人たちにはある共通点があったのです。ここでは、そんな人たちに共通する特徴について紹介します。


いつも吠えられるのはなぜ?犬に嫌われる人の特徴

いつも吠えられるのはなぜ?犬に嫌われる人の特徴

道を歩いていると、いつも近所の犬に吠えられる、触ろうとすると牙をむかれる、そんな経験ばかりしている人はいませんか?ほかの人には尻尾を振っているのに、なぜ自分にだけ...そう思っているあなた、実は犬に嫌われる人にはいくつかの共通点があるのです。ここでは、犬に嫌われる人の特徴について紹介します。


どのコが好み?飼いやすさは?うさぎの種類によって違う性格と特徴

どのコが好み?飼いやすさは?うさぎの種類によって違う性格と特徴

大きな耳とまん丸で大きいつぶらな瞳が愛くるしいうさぎ。一言でうさぎと言っても様々な種類と性格があります。人間と同じように個体差もありますが、種類や性別などによって変わる性格や特徴などうさぎの魅力を知って、自分の生活スタイルと照らし合わせ飼いたいうさぎ、自分に飼いやすいうさぎを選んでみてください。


最新の投稿


犬に好かれるコツや方法。犬から嫌われない人の共通点まとめ

犬に好かれるコツや方法。犬から嫌われない人の共通点まとめ

特に意識していなくても、なぜか犬に好かれて初対面でも仲良くなれる人がいますよね。このように犬に好かれる人は、嫌われる人とどこが違うのでしょうか?今回は、犬に好かれる人に見られる共通の条件についてご紹介いたします。


サマーカットで起こり得るトラブル。きちんと知って対処しよう!

サマーカットで起こり得るトラブル。きちんと知って対処しよう!

今や当たり前となったサマーカット。トリマーとして受けることが多い注文ですが、犬にとっては必ずしも良いことばかりではありません。そこで今回は、サマーカットのメリットとデメリットを踏まえながら起こり得るリスクへの対処方法について解説したいと思います。


心からの供養…愛犬が亡くなった後に必要な手続きと葬儀の種類は?

心からの供養…愛犬が亡くなった後に必要な手続きと葬儀の種類は?

動物は人より年を取るのが早く、ほとんどが早くに亡くなってしまいます。家族にたくさんの癒しを与えてくれた愛犬が亡くなったら、飼い主ができる最後の感謝の気持ちを伝える方法として、虹の橋を渡れるよう心からの供養を行いましょう。今回は、愛犬が亡くなったら何をするべきか、また、葬儀の種類をご紹介いたします。


愛犬のブラッシングの必要性とやり方のポイントを教えます!

愛犬のブラッシングの必要性とやり方のポイントを教えます!

犬も人間のようにブラッシングって必要?「ドッグショーに出場しなかったら特に必要じゃない。」と思うかもしれませんが…必要です!その必要な理由と、ブラッシングのやり方や簡単にできちゃうポイントを紹介!初めての方でも、愛犬のブラッシングが楽しくなるはず。


立ち姿が凛々しい!ド―ベルマンってどんな犬?

立ち姿が凛々しい!ド―ベルマンってどんな犬?

真っ黒で短い毛並みのド―ベルマン!とってもかっこいいですよね!少し怖いイメージを持つ方もいらっしゃるかもしれませんが、ド―ベルマンはどのような犬種なのでしょうか?