超大型犬ボルゾイ!超大型犬だけど飼いやすい。

超大型犬ボルゾイ!超大型犬だけど飼いやすい。

体が大きくてシャープなボルゾイ。とても上品で、かっこいいですよね!飼ってみたいけれど、超大型犬だから飼育できるか不安…。暴れたらどうしよう…。そんな不安などで、飼うのをためらっている方もいらっしゃると思います。そこで、ボルゾイの性格や飼育法、注意すべき病気などについてご紹介していきたいと思います!


ボルゾイってどんな犬種?

すらりとした立ち居振る舞いのボルゾイ。精悍な立ち姿は見惚れてしまいますね!ではまず、ボルゾイの歴史や性格を見てみましょう!

ボルゾイの歴史

ボルゾイはもともとあまり大きくなく、ウサギ狩りをする犬種でした。13世紀初頭に王侯貴族が狼狩りをするために改良し、超大型犬へと姿を変えました。狼狩りを行うハウンドドッグとなり、2~3頭で1組となって狼の狩りをしていました。
貴族の間でのみ飼育されている高級犬だったボルゾイは、ロシア革命で迫害を受けました。ボルゾイを復活させたのは、ロシアから他国(アメリカやイギリス)に送られていた、ボルゾイの末裔たちです。
昔は「ロシアン・グレイハウンド」と呼ばれていましたが、今はボルゾイで定着し、ドッグレースなどで大いに活躍しています。

性格はおとなしい?それとも暴れん坊?

ボルゾイは貴族から飼育されていた犬種です。室内で飼育している場合、とても落ち着きがあり優雅で、飼い主が座っていれば近くにすり寄って一緒に時間を過ぎします。
基本的に好奇心が強く、遊び好きです。外で沢山遊んであげましょう!しかししっかりとしつけをしておかなければ、小型の動物やほかの犬に対して狩猟本能で飛びついて行ってしまうことがあります。

骨格や体高について

ボルゾイは、体の線がしなやかで流線型の骨格です。口先が長い頭蓋骨で、たれ耳の毛長犬になります。細身に見えますが、しっかりとした骨格と筋肉を持っています。歩いている姿はとても優雅ですが、走り始めるととても早くあごがとても強いのも特徴です。
体高はオスが75~85㎝、メスが68~78㎝と、とても大きくなります。

ボルゾイの飼い方は?何を準備するの?

いざボルゾイを飼うにあたって、どんなものが必要なのでしょうか?飼育の前に買いそろえておくべきものを、しっかりと把握しておきましょう!

ボルゾイを迎える前に!これは飼いそろえておきましょう!

室内で飼う場合は、ケージとペットシーツが必要になります。首輪やリード、エサ入れなどは飼育するボルゾイのことを想像しながらワクワクしつつ揃えてあげましょう!
そのほかにも毛並みを整えるためのブラシは必需品です!毛のてえ入れをしっかりして、いつでもふわふわでつやつやの毛並みを保ってあげましょう。

お散歩はしっかりと行ってあげましょう!

ボルゾイはお散歩が必須です。毎日1~2時間のお散歩をしてあげましょう!可能ならば、ドッグランに連れて行ってのびのびと走らせてあげるのもよいですね!しかし逃走した場合、足が速いので短時間で遠くまで行ってしまいます。跳躍力もあり、1mくらいの壁ならば飛び越えてしまいます。
しっかりとしつけをしておきましょう!

ボルゾイのしつけ方法

優雅なボルゾイですが、どのようにしつけを行えばよいのでしょうか?しっかりとしつけて、いろいろなところに一緒に出向きましょう!

自分で考える犬種!しつけは根気をもって愛情たっぷりに行いましょう

ボルゾイは狩猟で飼い主と離れて行動していたため、飼い主からの指示を待つだけでなく自分で行動できる、とても賢くて自立心をもっている犬種です。体が大きいため、万が一暴れた場合は、手が付けられなくなる可能性もあります。自立心が強いがために頑固でしつけがしにくいというイメージを持たれることもありますが、決してわがままで気の強いといった犬種ではありません。根気をもって、愛情たっぷりにしつけをしてあげてください。
プロの訓練士に預けるという選択肢もあります。その時の状況に応じて、しつけの方法を定めていきましょう。

たくさん褒めて伸ばしましょう!

ボルゾイはあまり派手に喜ぶことは少ない犬種ですが、飼い主にそっと寄り添う癒し系超大型わんこです。本来とても心優しく、繊細な心を持っています。しつけの際は、怒鳴ったりするのではなく、ほめて伸ばしてあげましょう。飼い主に褒められると、もっと喜んでほしいと思い、たくさん学習してくれます。

気を付けたい病気

愛犬が病気に苦しむ姿は、どの飼い主さんも見たくないし病気をさせたくない気持ちは同じです。ボルゾイはどのような病気にかかりやすいのか、しっかり把握しておきましょう!

目の病気に注意しましょう!

ボルゾイは純血統種では遺伝性の病気にかかりにくい犬種です。しかし目の病気にはかかりやすい傾向があります。網膜不全症という先天的な網膜の形成不全の病気は、別名ボルゾイ網膜症と呼ばれるくらいに発症しやすい病気です。そのほかにも、進行性網膜萎縮症(PRA)も発症しやすい犬種です。
白内障も発症しやすく、片目だけ白内障にかかる事もあります。目やにや涙が出ている等、いつもと違うと感じた場合は、早急に病院を受診しましょう!

皮膚病にも要注意!

ダニや細菌の感染による皮膚トラブルにも注意が必要です。ある個所を異常に痒がったりなめている場合は、すぐにチェックしてあげましょう。
また人間と同じで脱毛症にもなります。過度なストレスを受けた場合や病的なもの、または生理現象だったり季節の変わり目にごっそりと毛は抜けることもあります。素人では判断が難しいため、気になる毛抜けがある場合は病院を受診してください。

大型犬がかかりやすい病気にも注意しましょう!

大型犬がかかりやすい病気は、いくつあります。
股関節形成不全症や胃捻転、腸捻転、拡張型心筋症などにも注意が必要です。また甲状腺機能不全症などの内分泌系の疾患にも注意が必要です。早期発見、早期治療を心がげましょう!

風雅で気品あふれるボルゾイ!たくさんかわいがってあげましょう

ボルゾイは、決して愛嬌を振りますタイプの犬種ではありません。しかし飼い主や家族にはとても心優しく、そして子ども好きな一面も持っています。羽目を外してしまわないようにしつけをしっかりして、子どもと一緒に遊ぶのもとても喜びます。
体は大きいですが繊細なため、優しく接してあげてください。そうするとボルゾイも優しく育ち、学習能力もぐんと上がります。
愛情深く、心と心でつながっていけるような関係が築けるよう育てましょう!

楽天トラベル

ペットと泊まれる宿をお探しの方はこちら

楽天トラベル

外部サイトへ移動します

この記事のライター

関連するキーワード


ボルゾイ 飼い方 大型犬

関連する投稿


大きな体とハートの持ち主、メインクーンの特徴や性格について

大きな体とハートの持ち主、メインクーンの特徴や性格について

「ジェントル・ジャイアント(穏やかな巨人)」と呼ばれるメインクーン。大型の猫として知られています。ふわふわの毛が可愛いらしく、温和な性格でとても飼いやすい猫でもあります。そんなメインクーンの性格や特徴について紹介します。


飼いやすい猫?アメリカンショートヘアの魅力!性格、かかりやすい病気は?

飼いやすい猫?アメリカンショートヘアの魅力!性格、かかりやすい病気は?

「アメショ」といわれて親しまれる、丸顔に渦巻き柄で不満顔の猫。初めて猫と暮らす人にも飼いやすいアメリカンショートヘア。性格と特徴、飼う時に特に注意すること、おすすめのフード、アメショに会える猫カフェなど、アメリカンショートヘアに関することをまとめました。


気まぐれなペキニーズの性格や飼い方、お値段等を解説します!

気まぐれなペキニーズの性格や飼い方、お値段等を解説します!

「ペキニーズ」って犬の名前はよく聞いたり、テレビのペット番組なんかで見かけたことはあっても、実際の飼ってみないと、どんな性格をしてるかなんてわかりませんよね?そこでここでは、「まるで猫みたい!」という飼い主さんも多い、このペキニーズの性格や飼い方のコツ、実際の子犬のお値段相場なんかについて紹介したいと思います。


ロシアン・ブルーの特徴と性格 室内飼いにとってもオススメな理由

ロシアン・ブルーの特徴と性格 室内飼いにとってもオススメな理由

ロシアン・ブルーってどんな猫なの?ペットショップでよく見かけるけど……。ロシアン・ブルーの愛らしい姿に魅了されて、家族に迎えたいと思ったこともあるのではないでしょうか?そこで気になる、性格や特徴についてご紹介します!みなさん、知れば知るほど、ロシアン・ブルーにはまること間違いなしですよ☆


ラブラドール・レトリバーを飼う前に!歴史や毛色、ミックス犬を紹介!

ラブラドール・レトリバーを飼う前に!歴史や毛色、ミックス犬を紹介!

愛らしく賢い、ラブラドール・レトリバー。飼育する前に歴史や毛色の種類を知って、基本的なラブラドールの知識を身に着けてみてはいかがでしょうか?ラブラドールの成犬時の大きさや、性別での性格の違い、ラブラドールと他犬種のミックス犬に関してもご紹介したいと思います!


最新の投稿


秋の夜長におすすめ。犬の名演技が光る映画5選

秋の夜長におすすめ。犬の名演技が光る映画5選

肌寒くなる秋は、あたたかい家でのんびり映画鑑賞するのもいいですよね。秋の夜長に見ていただきたい、犬の名演技が光るおすすめ映画を5作品ご紹介します。


犬に好かれるコツや方法。犬から嫌われない人の共通点まとめ

犬に好かれるコツや方法。犬から嫌われない人の共通点まとめ

特に意識していなくても、なぜか犬に好かれて初対面でも仲良くなれる人がいますよね。このように犬に好かれる人は、嫌われる人とどこが違うのでしょうか?今回は、犬に好かれる人に見られる共通の条件についてご紹介いたします。


サマーカットで起こり得るトラブル。きちんと知って対処しよう!

サマーカットで起こり得るトラブル。きちんと知って対処しよう!

今や当たり前となったサマーカット。トリマーとして受けることが多い注文ですが、犬にとっては必ずしも良いことばかりではありません。そこで今回は、サマーカットのメリットとデメリットを踏まえながら起こり得るリスクへの対処方法について解説したいと思います。


心からの供養…愛犬が亡くなった後に必要な手続きと葬儀の種類は?

心からの供養…愛犬が亡くなった後に必要な手続きと葬儀の種類は?

動物は人より年を取るのが早く、ほとんどが早くに亡くなってしまいます。家族にたくさんの癒しを与えてくれた愛犬が亡くなったら、飼い主ができる最後の感謝の気持ちを伝える方法として、虹の橋を渡れるよう心からの供養を行いましょう。今回は、愛犬が亡くなったら何をするべきか、また、葬儀の種類をご紹介いたします。


愛犬のブラッシングの必要性とやり方のポイントを教えます!

愛犬のブラッシングの必要性とやり方のポイントを教えます!

犬も人間のようにブラッシングって必要?「ドッグショーに出場しなかったら特に必要じゃない。」と思うかもしれませんが…必要です!その必要な理由と、ブラッシングのやり方や簡単にできちゃうポイントを紹介!初めての方でも、愛犬のブラッシングが楽しくなるはず。