大きな体とハートの持ち主、メインクーンの特徴や性格について

大きな体とハートの持ち主、メインクーンの特徴や性格について

「ジェントル・ジャイアント(穏やかな巨人)」と呼ばれるメインクーン。大型の猫として知られています。ふわふわの毛が可愛いらしく、温和な性格でとても飼いやすい猫でもあります。そんなメインクーンの性格や特徴について紹介します。


メインクーンの歴史

アメリカ・ニューイングランド地方のメイン州が原産地で、メイン州公認の「州猫」として認定されています。アメリカにおける最古で最大の品種だと言われています。原産地であるメイン州と、見た目や狩りの習性がアライグマ(ラクーン)に似ていることから、「メイン州のラクーン」ということで「メインクーン」と名付けられました。

そのルーツは、アメリカに元々いた短毛の猫とヨーロッパからやってきた長毛の猫が交配して生まれたという説が有力だそうです。他にも猫とアライグマとの間に生まれた猫であるとか、マリー・アントワネットがアメリカに亡命を試みた際(亡命は失敗に終わりました)、飼っていた愛猫がメイン州にたどり着き、他の猫と交配して生まれたなんていう説もあるそうです。

19世紀にはすでにキャットショーが開催されており、1861年にメインクーンも登場します。1895年にはベストキャットに選ばれたものの、現在のような人気はありませんでした。その後、メインクーン協会や愛好団体が設立され、1985年にはCFA( THE CAT FANCIER'S ASSOCIATION,INC )に猫種として認定されました。

メインクーンの特徴

メインクーンの大きさや体重

「穏やかな巨人」と呼ばれるとおり、ペットとして飼われる猫の中で最も大きな品種だと言われています。成猫になると、体長は100cm前後、体重はオスで6〜9kg、メスで4〜6kgです。10kgを超える子も結構いるようです。

こちらは2010年に「世界で一番体長の長い猫」としてギネス認定されたメインクーンのStewieくんです。体長が123cm、体重15.8kgの巨大猫です。

メインクーンの体の特徴

体つきは体長が長く、がっしりしていて筋肉質です。肩幅が広く、頭の形も幅広で丸みのあるくさび形をしています。

脚はやや短めで太め、しっぽの付け根は幅広で長毛に覆われ、大きな体をより大きく見せています。

耳は大きめで、タクトと呼ばれる耳の中の飾り毛が豊富に生えており先端は尖っています。この特徴的な耳がヤマネコを思わせます。

寒さの厳しい北アメリカにルーツを持つため、分厚い被毛を持つ長毛種です。被毛は、短い下毛と長い上毛のダブルコートで、耐水性があります。とくに首の周りと腹部はふさふさとした長い毛で覆われています。毛の量は多いですが、抜け毛は少なめです。

メインクーンは通常の猫に比べてゆっくりと成長し、3〜5歳で成猫となると言われています。

メインクーンの毛色、目の色

メインクーンの毛色はブラウンタビーやシルバータビーがよく知られていますが、他にもブラック、ホワイト、レッドなどがあり、そのパターンによって30種類以上もあると言われており、その全てが公認されています。

目の色は「グリーン」「ゴールド」「ブルー」などがあり、左右で目の色が違う「オッドアイ」の場合もあります。

メインクーンの性格

大柄でワイルドな外見とは違い、とても温和で穏やか、優しい性格です。人懐っこく、人と過ごすのが好きですが、あまりベタベタされるのは好みません。

環境適応能力が強く、協調性もあるので、小さい子供や犬とも相性のよい猫です。やや犬よりの性格だと言われることもあり、飼い主には忠実で、しつけもしやすいです。

知的で頭がよく、そのため人と対等であると考え、マイペースで頑固な一面もあります。好奇心旺盛で遊び好き、猫にはめずらしく、水遊びが好きな猫でもあります。

鳴き声もあまり上げず、とても飼いやすい猫で、初心者にもおすすめの猫種です。

メインクーンのかかりやすい病気

猫の平均寿命は15歳前後、メインクーンは14歳前後と言われており、一般の猫とさほど変わりません。

気をつけるべき病気として「肥大性心筋症」「脊髄性筋萎縮症」「多発性囊胞腎」「股関節異形成症」があります。

肥大性心筋症

心臓の病気で、死につながる可能性のある怖い病気です。中年期以降の猫、オスの猫によく見られ、発症すると心不全や手足の麻痺を引き起こします。後ろ足を痛がったり、呼吸が荒い、起き上がれないなどの症状が見られます。

脊髄性筋萎縮症

脊髄の神経が消失することにより起こる病気です。生後3〜4ヶ月で発症し、筋肉や筋力の低下につながります。かすかに震えたり、ジャンプができないといった症状が見られます。

多発性囊胞腎

腎臓に囊胞がたくさんできる先天性腎疾患です。高齢の猫に発症しやすく、発症すると腎臓機能に負担がかかり、腎機能障害を引き起こします。

股関節異形成症

腰の関節の奇形で、痛みを伴うため歩きにくくなります。大型種によく見られる病気です。

いずれの病気も遺伝性の病気なので、定期的に健康診断を受けることが大切です。

また、メインクーンは大食漢で体が大きいので、運動不足にならないよう気をつけましょう。

メインクーンの値段

メインクーンは人気があり、専門のブリーダーも多く、比較的入手しやすい猫種です。

ペットショップで購入すると15〜20万前後、ブリーダーから優良な血統や理想的とされているブリードタイプの子を購入する場合は20〜30万前後になります。

ヤマネコを思わせる風貌をもち、ゴージャスで気品があり、どっしりとした存在感のあるメインクーン。性格は穏やかで優しいのでとても飼いやすく、おすすめの猫です。

楽天トラベル

ペットと泊まれる宿をお探しの方はこちら

楽天トラベル

外部サイトへ移動します

この記事のライター

関連するキーワード


メインクイーン 飼い方

関連する投稿


超大型犬ボルゾイ!超大型犬だけど飼いやすい。

超大型犬ボルゾイ!超大型犬だけど飼いやすい。

体が大きくてシャープなボルゾイ。とても上品で、かっこいいですよね!飼ってみたいけれど、超大型犬だから飼育できるか不安…。暴れたらどうしよう…。そんな不安などで、飼うのをためらっている方もいらっしゃると思います。そこで、ボルゾイの性格や飼育法、注意すべき病気などについてご紹介していきたいと思います!


飼いやすい猫?アメリカンショートヘアの魅力!性格、かかりやすい病気は?

飼いやすい猫?アメリカンショートヘアの魅力!性格、かかりやすい病気は?

「アメショ」といわれて親しまれる、丸顔に渦巻き柄で不満顔の猫。初めて猫と暮らす人にも飼いやすいアメリカンショートヘア。性格と特徴、飼う時に特に注意すること、おすすめのフード、アメショに会える猫カフェなど、アメリカンショートヘアに関することをまとめました。


気まぐれなペキニーズの性格や飼い方、お値段等を解説します!

気まぐれなペキニーズの性格や飼い方、お値段等を解説します!

「ペキニーズ」って犬の名前はよく聞いたり、テレビのペット番組なんかで見かけたことはあっても、実際の飼ってみないと、どんな性格をしてるかなんてわかりませんよね?そこでここでは、「まるで猫みたい!」という飼い主さんも多い、このペキニーズの性格や飼い方のコツ、実際の子犬のお値段相場なんかについて紹介したいと思います。


ロシアン・ブルーの特徴と性格 室内飼いにとってもオススメな理由

ロシアン・ブルーの特徴と性格 室内飼いにとってもオススメな理由

ロシアン・ブルーってどんな猫なの?ペットショップでよく見かけるけど……。ロシアン・ブルーの愛らしい姿に魅了されて、家族に迎えたいと思ったこともあるのではないでしょうか?そこで気になる、性格や特徴についてご紹介します!みなさん、知れば知るほど、ロシアン・ブルーにはまること間違いなしですよ☆


ラグドールの特徴と性格 まるでぬいぐるみ!抱っこ大好き猫について

ラグドールの特徴と性格 まるでぬいぐるみ!抱っこ大好き猫について

 ラグドール(ぬいぐるみ)の名前がピッタリのフワフワ長毛種の愛らしい猫種。最近ペットショップで見かけることも多くなりましたね。ラグドールの仔猫の可愛さに魅了されて、そのまま連れて帰りたくなってしまいますよね。今回はラグドールについてご紹介しますので、是非参考にしてください。


最新の投稿


秋の夜長におすすめ。犬の名演技が光る映画5選

秋の夜長におすすめ。犬の名演技が光る映画5選

肌寒くなる秋は、あたたかい家でのんびり映画鑑賞するのもいいですよね。秋の夜長に見ていただきたい、犬の名演技が光るおすすめ映画を5作品ご紹介します。


犬に好かれるコツや方法。犬から嫌われない人の共通点まとめ

犬に好かれるコツや方法。犬から嫌われない人の共通点まとめ

特に意識していなくても、なぜか犬に好かれて初対面でも仲良くなれる人がいますよね。このように犬に好かれる人は、嫌われる人とどこが違うのでしょうか?今回は、犬に好かれる人に見られる共通の条件についてご紹介いたします。


サマーカットで起こり得るトラブル。きちんと知って対処しよう!

サマーカットで起こり得るトラブル。きちんと知って対処しよう!

今や当たり前となったサマーカット。トリマーとして受けることが多い注文ですが、犬にとっては必ずしも良いことばかりではありません。そこで今回は、サマーカットのメリットとデメリットを踏まえながら起こり得るリスクへの対処方法について解説したいと思います。


心からの供養…愛犬が亡くなった後に必要な手続きと葬儀の種類は?

心からの供養…愛犬が亡くなった後に必要な手続きと葬儀の種類は?

動物は人より年を取るのが早く、ほとんどが早くに亡くなってしまいます。家族にたくさんの癒しを与えてくれた愛犬が亡くなったら、飼い主ができる最後の感謝の気持ちを伝える方法として、虹の橋を渡れるよう心からの供養を行いましょう。今回は、愛犬が亡くなったら何をするべきか、また、葬儀の種類をご紹介いたします。


愛犬のブラッシングの必要性とやり方のポイントを教えます!

愛犬のブラッシングの必要性とやり方のポイントを教えます!

犬も人間のようにブラッシングって必要?「ドッグショーに出場しなかったら特に必要じゃない。」と思うかもしれませんが…必要です!その必要な理由と、ブラッシングのやり方や簡単にできちゃうポイントを紹介!初めての方でも、愛犬のブラッシングが楽しくなるはず。