心得ひとつで最高のマルチーズになる!正しい飼い方とお散歩事情

心得ひとつで最高のマルチーズになる!正しい飼い方とお散歩事情

たくさんの犬種の中からマルチーズを選んだ方は、白くてフワフワな出で立ちと、元気で明るいところ、そして抱き心地のよさに惹かれたのではないでしょうか。今回は、マルチーズと一緒に生活をする上で心得ておきたい正しい飼い方とお散歩事情をご紹介します。


マルチーズと向き合うこと=性格を知ること

マルチーズは明るくて社交的です。性格や特徴を活かして、適した方法でのびのびと育てたいですね。

元気で社交的なマルチーズ

フワフワで愛らしい姿に多くの人が心を奪われてしまうキュートなマルチーズ。性格はいたって元気!とっても社交的で人間が大好きな犬種です。人懐っこい性格なので、こちらから気を遣ってどうの…というタイプではありません。向こうからしっぽをフリフリやってきて、「遊ぼうよ!」「私はここ!」とキュートなしぐさでアピールしてきます。

頭の回転が速いことでも知られているので、しつけは比較的スムーズにいくパターンが多いようです。温厚な性格でもあるので初めてでも飼いやすい犬種でもあります。凶暴性や物に無関心といった一面は到底なく、何でも興味を示しよく遊び、よく動くのが特徴と言えるでしょう。

初めて会う人、見る人に対してはキャンキャンと吠え続けるかもしれませんが、一旦、飼い主さんが「やめ」の合図を出すと、ピタッと吠えるのをやめる自制心があるのも特徴です。

あれ?もう飽きちゃった?

そうなんです。マルチーズは何でも興味を示す好奇心旺盛なところが人気です。「興味ないわ」といった冷めたところがないので、見ていて楽しいのも飼い主さんの本音のようです!

その反面、ちょっと遊ぶと飽きてしまって、他のものに興味が移ってしまうようなところもあります。瞬間的に感情が現れて、さっと散る…といったような、飼い主さんからしてみると「あれ?もう飽きちゃった?」というような、くすっと笑える一面もあります。かと思えば、また興味が後戻りしたりと、お茶目な部分が見え隠れするところもあります。

マルチーズとの関係性を構築する

正しい飼いかたとは犬種にあった正しいしつけとも言えます。飼い主さんとの位置関係、食事のルールなどをしっかり教えて、最高のマルチーズに育てたいですね。

飼い主さんとの位置関係

明るくて元気のあるマルチーズ。活発な行動力が魅力でもありますよね。マルチーズの場合は人間になつきやすく、飼い主さんとの距離も縮まるのも早いです。だからラブリーな印象を誰もが持つワケですね!

ただし、ここで気に留めておきたいのが飼い主さんとの位置関係です。マルチーズだけに限ったことではありませんが、これは犬を飼う時のルールです。人間がある程度主導権を握るということです。(個人的には100%ではないですよね!1人遊びの時間や昼寝の時間はそうではないですから…)

主導権というのは、あくまでも人間は「与える側、命令する側」であって、犬は「受け入れる側、言う事を聞く側」ということです。

食事のしつけなら

例えば食事のしつけ。食事を与えるのは飼い主さんで、食べてよいタイミングを与えるのも飼い主さんです。食事をお皿に盛り付けまる。「待て」を教えます。食べようとしたら、鼻先をちょっとだけタップして「ダメ」と教えます。犬は鼻先が敏感な動物。触られるのはとても不快なのです。

マルチーズはしつけでも何でも教えがいがある犬種です。飲み込みが早い方なので、食事の「待て」「よし」も早い期間で覚えてしまうでしょう。食事は本能で動いてしまいがち。それを制御してから、「よし」の合図で食べることを教えることが大事です。

小型犬なので胃もそれほど大きくありません。子犬のうちは1日3回、成犬になったら1回か多くても2回で十分です。よく動くので、食べ過ぎに注意して満腹状態にしないようにするのが大事ですよ。

マルチーズの気になるお散歩の時間

マルチーズは室内で飼っている場合がほとんどなので、外に出る機会を設けたいもの。散歩はどのくらい必要なのでしょうか。

長時間のお散歩は必要なし!

おそらく、ほとんどのマルチーズは室内で活発に動き回っているでしょう。おもちゃを加えて振り回したり、ソファにジャンプしたり飛び降りたり。家族が返ってくれば、一目散にドアに駆け寄ってしっぽをフリフリ!大はしゃぎで「抱っこして!」とせがむでしょう。

室内にいる間よく遊ぶので、運動量はそれでほとんどまかなえます。お外に連れて行くのは、外の世界を学習するため、新鮮な空気をすうためといった程度で問題ありません。マルチーズの性格にもよりますが、1日1回20分程度でよいと思います。春や秋などの過ごしやすい時期は、朝と夕方に出かけてもよいですね。

まとめ 飲み込みが早いのでマルチーズはしつけもスムーズ

マルチーズは明るくて社交的です。その性格を理解したうえで楽しくしつけを行っていきましょう。食事のしつけについては「待て」「よし」を早めの段階から教えます。あくまで、飼い主さんが与える側、命令をする側です。メリハリをつけてテキパキと号令をかけてあげると、敏速に対応できる頭のよい犬種ですので、テンポよくわかりやすく教えてあげましょう。

お散歩の長さについては、中型犬や大型犬のように長い時間必要ではありません。室内で一生懸命遊ぶことで一日の運動量はほとんどまかなえます。ですので、楽しく遊べるお気に入りのオモチャを一つ与えてあげるとよいでしょう。短時間ではあるかもしれませんが、一日何度も遊ぶようになりますよ。

楽天トラベル

ペットと泊まれる宿をお探しの方はこちら

楽天トラベル

外部サイトへ移動します

この記事のライター

関連するキーワード


マルチーズ 小型犬 室内犬

関連する投稿


褒められるのが大好き!パグの飼い方、しつけ、散歩事情の豆知識

褒められるのが大好き!パグの飼い方、しつけ、散歩事情の豆知識

ずんぐりむっくりな姿がとっても愛らしいパグ。日本国内でも人気がじわじわと上ってきている犬種です。今回は元気たっぷりのパグの飼い方としつけのポイントをご紹介します。パグの性格を理解した上でしつけを行るとスムーズに行きますよ。


知りたい!パグのかかりやすい病気やけがで気を付けること

知りたい!パグのかかりやすい病気やけがで気を付けること

小型犬の中でもガッチリ体系、勇敢でありながら穏やかな性格も持ち合わせる人気のパグ。飼い始めたらこんなこと、あんなこと、気になり始めませんか?今回はパグのかかりやすい病気、けがで気を付けることを紹介したいと思います。


個性的で飼いやすい!イタリアングレーハウンドについてご紹介!

個性的で飼いやすい!イタリアングレーハウンドについてご紹介!

足が長くて、いかにもスポーティーなイタリアングレーハウンドですが、日常生活は落ち着いていて飼いやすい犬種です。1歳と7歳のイタグレを飼っている私が、個性的な魅力をお伝えします!


ボーダーコリーってどんな犬?その特徴、飼い方やしつけについて

ボーダーコリーってどんな犬?その特徴、飼い方やしつけについて

ボーダーコリーは運動神経抜群、知能がとても高く、活発なのが魅力の犬種です。その状況判断能力の高さから牧羊犬としても大活躍。またアジリティやフリスビーなどのドッグスポーツにおいても人気の犬種です。ここではボーダーコリーの特徴、飼い方やしつけについて紹介します。


パピヨンってどんな犬?飼う前に知っておきたい特徴と性格

パピヨンってどんな犬?飼う前に知っておきたい特徴と性格

耳の飾り毛がとっても優雅でエレガントなパピヨン。昔からペットとしての人気も高いですよね。一見、気位の高そうな容姿をしているパピヨンですが、実はとっても好奇心旺盛で人懐っこい性格をしています。ここでは、パピヨンを飼う前に知っておきたい、パピヨンの特徴や性格について紹介します。


最新の投稿


犬に好かれるコツや方法。犬から嫌われない人の共通点まとめ

犬に好かれるコツや方法。犬から嫌われない人の共通点まとめ

特に意識していなくても、なぜか犬に好かれて初対面でも仲良くなれる人がいますよね。このように犬に好かれる人は、嫌われる人とどこが違うのでしょうか?今回は、犬に好かれる人に見られる共通の条件についてご紹介いたします。


サマーカットで起こり得るトラブル。きちんと知って対処しよう!

サマーカットで起こり得るトラブル。きちんと知って対処しよう!

今や当たり前となったサマーカット。トリマーとして受けることが多い注文ですが、犬にとっては必ずしも良いことばかりではありません。そこで今回は、サマーカットのメリットとデメリットを踏まえながら起こり得るリスクへの対処方法について解説したいと思います。


心からの供養…愛犬が亡くなった後に必要な手続きと葬儀の種類は?

心からの供養…愛犬が亡くなった後に必要な手続きと葬儀の種類は?

動物は人より年を取るのが早く、ほとんどが早くに亡くなってしまいます。家族にたくさんの癒しを与えてくれた愛犬が亡くなったら、飼い主ができる最後の感謝の気持ちを伝える方法として、虹の橋を渡れるよう心からの供養を行いましょう。今回は、愛犬が亡くなったら何をするべきか、また、葬儀の種類をご紹介いたします。


愛犬のブラッシングの必要性とやり方のポイントを教えます!

愛犬のブラッシングの必要性とやり方のポイントを教えます!

犬も人間のようにブラッシングって必要?「ドッグショーに出場しなかったら特に必要じゃない。」と思うかもしれませんが…必要です!その必要な理由と、ブラッシングのやり方や簡単にできちゃうポイントを紹介!初めての方でも、愛犬のブラッシングが楽しくなるはず。


立ち姿が凛々しい!ド―ベルマンってどんな犬?

立ち姿が凛々しい!ド―ベルマンってどんな犬?

真っ黒で短い毛並みのド―ベルマン!とってもかっこいいですよね!少し怖いイメージを持つ方もいらっしゃるかもしれませんが、ド―ベルマンはどのような犬種なのでしょうか?