ロシアン・ブルーの特徴と性格 室内飼いにとってもオススメな理由

ロシアン・ブルーの特徴と性格 室内飼いにとってもオススメな理由

ロシアン・ブルーってどんな猫なの?ペットショップでよく見かけるけど……。ロシアン・ブルーの愛らしい姿に魅了されて、家族に迎えたいと思ったこともあるのではないでしょうか?そこで気になる、性格や特徴についてご紹介します!みなさん、知れば知るほど、ロシアン・ブルーにはまること間違いなしですよ☆


目次

ロシアン・ブルーの性格と特徴

従順でかしこく愛情豊か

 とても従順で飼い主には溢れるほどの愛情を穏やかに伝えてくれます。特に特徴的なのは、家族全員ではなく、この人だ!決めた人とより強い絆を深めていこうとするところです。『犬のような性格だ。』と表現される方も多くいますが、一方でとても気まぐれで嫉妬深い猫らしい面も持ち合わせています。

おとなしくて自立している

 ロシアン・ブルーはあまり声を発しません。おとなしくてあまり鳴かないので『ボイスレスキャット』ともいわれています。ただし、発情期は別。他の猫と同様に発情して大きな声で鳴きます。ですから、妊娠を望まない場合は、去勢、避妊手術をおすすめします。ロシアン・ブルーに限らず他のネコさん達にもいえることですが、避妊去勢手術後は、より一層穏やかな性格になりますよ。 
 
 また、自立心があり、飼い主が家を留守にしがちでも、ストレスを溜めにくい子が多いようです。成猫になってからでしたら1泊2日の短い外泊にも耐えてくれます。お水とごはんを多めに用意し、トイレはなるべく通常+1個に増やしておきましょう。ただし、個体差はありますのでお家のネコさんの様子をしっかり観察し難しそうなら外泊は控えておきましょう。
 
 我が家のベルちゃんは比較的甘ったれのようで、仕事から帰ってくると「どこにいっていのー!」とばかりに足にまとわり付いてきます。留守中にいたずらをしたりすることはないので、安心して出掛けることのできる子です。

非常に警戒心が強く、臆病者さん

 ロシアン・ブルーの飼い主さんがよく口を揃えておっしゃっているのが、とても臆病だということです。用事を済ませようと立ち上がっただけでも驚きます。よく猫はねずみを追い駆けまわすイメージをお持ちの方も多いと思いますが、ロシアン・ブルーはそんなのもってのほか。小さな虫でも怖がってしまう子が多いのです。ベルちゃんは好奇心があって、小さな虫に手を出すものの、やはり臆病者で触れることすら出来ません……。なので虫より一歩うしろを警戒しながら追いかけているのをたまに見かけます。他の子の様に、生き物をおもちゃにして遊びません。このような性質も、ロシアン・ブルーが優しい猫種だといわれている要因かもしれません。ただし、この場合、本人は優しくしているわけではなく、怖がっているだけなのですが……。

 穏やかな生活を好む為、小さな子どもがいる家庭や人の出入りが多い家庭よりも、お年寄りや静かな暮らしをしている家庭のほうがストレスをためにくいようです。来客がある時は、隠れてしまう子が多いみたいです。小さな子どもがいる家庭で飼うときは、猫が隠れることができる場所を確保してあげるとよいでしょう。
 
 例えば、キャットタワーを設置してあげるのもおすすめです。子どもが手の届かないところまで逃げることができ、猫は落ち着くことができます。

好奇心が強く遊ぶの大好き!

 好奇心があり遊ぶことは大好きです。子猫の時期はもちろん、成猫になってからもよく遊びます。飼い主さんにおもちゃを使って遊んでもらうのも好きですが、探究心もあるので1人遊びも得意です。お気に入りのぬいぐるみやボールがあれば、一匹でも転がしたりじゃれついたりして遊んでいます。自立心が強いためか、飼い主と遊びたくて誘ってきたときに応えることができなくても、悪戯したりすることもなく、こちらの用事が済むまで甲斐甲斐しく待っていてくれます。要求はそれほど強くないため、とても扱いやすい猫種なのです。

優美なロシアン・ブルーの魅力

ベルベットのようなシルバーの被毛

 ロシアン・ブルーといえば、ブルーシルバーに輝く被毛です。たっぷりと弾力があり、滑らかなベルベットのような触り心地で、思わず顔を埋めてしまうのは私だけではないはず。寒い地域が発祥の猫なので、ダブルコートの持ち主なのです。ダブルコートとは、オーバーコートの下に短い柔らかな毛が生えているけ質のことを指していいます。オーバーコートの下に生えている柔らかな毛があるため、撫でたときベルベットのようなさわり心地が生まれるのです。
 
 シルバーブルーの毛色はソリッド(単色)タイプです。毛を一本拝借して観察すると、白い毛の先に少しだけ色がついているのが分かります。そのため、光り輝くような色合いが再現されているのです。

 毛色はブルーのみがロシアン・ブルーとして認められます。

吸い込まれるように美しいグリーンの瞳

 大きな丸く少しつりあがった形に明るいグリーンの瞳。これもまたロシアン・ブルーの特徴です。
目の色味もグリーンのみがロシアン・ブルーとして認められています。

ほっそりした筋肉質のしなやかなボディ

 細身のボディーで胴は少し長めです。筋肉質でしなやかさがあります。体格はフォーリン・タイプに分類されています。個体差はあるものの、他のフォーリン・タイプの子に比べてずんぐりした体格に見えますが、これはロシアン・ブルーの特徴のひとつとされるダブル・コートのためです。たっぷりとした分厚い毛に覆われているため、本来の体格よりも丸みを帯びて見えています。

微笑を浮かべるロシアンスマイル

 マズルは大きすぎず滑らかなカーブを描いており、口角が上がっているため微笑んでいるような表情をしています。いつも笑っているように見えることから、ロシアン・ブルーの口元は『ロシアン・スマイル』と言われています。

バランスのとれた長い尻尾

 付け根部分はやや太めで、先端に行くほど細くなっていきます。ボディとのバランスが取れた長い尻尾です。

スラリと長い足と小さく丸いポー

 ボディ同様、スラリと長い筋肉質の足を持っています。筋肉質ですが骨が細いためスタイルかよく見えます。
 
 ポー(足指)は丸くて小さいです。この小さな足をそろえて座っている姿が、また、かわいくてたまりません。肉球の色はあずき色や紫に近いピンク色をしています。

くさび型の顔と大きめの耳

 頭部は小さめで耳はピンッと大きく、付け根が幅が広く左右離れ気味についたくさび形をしています。被毛がたっぷりと厚いので、輪郭は丸みのある印象を与えます。
 
 鼻筋がスッと伸びており、頭を持ち上げたような印象から、『コブラ・ヘッド』とも呼ばれています。

体重は3~5Kgであまり大きくはならない

 全体的に細身であまり大きくはなりません。この点も飼いやすくお手入れしやすい猫種といえます。

ロシアン・ブルー誕生までの歴史

ロシアの北部で自然発生

 ロシアの北極圏近くにあるアークエンジェル(アルハンゲリスク)港付近で自然発生した土着猫だったと言われています。ここに生息していた猫達も美しいベルベットのようなブルーの毛並みの猫だったそうです。

1860年頃、船乗りによってイギリスに

 1860年頃、アークエンジェル港に立ち寄った商船の船乗り達によって、西ヨーロッパに持ち込まれました。イギリスに伝わると、たちまち人々から関心を集めていきます。その気品に溢れた愛らしい姿と、出身地であるアークエンジェル港の名称をとって『アーク・エンジェル(大天使)キャット』の愛称で呼ばれていました。

1875年 イギリスのキャットショーに初登場

 1875年に初めてイギリス(クリスタル・パレス)のキャット・ショーに登場しました。この時はまだ『ロシアン・ブルー』の名前ではなく、長い間の愛称として使われていた『アーク・エンジェル・キャット』として参加しました。そこから計画繁殖の試みと改良が始まります。1900年代になると北アメリカにも渡っていきます。多くのブリーダーによりスタンダードの改良が重ねられていきました。

1939年 正式に「ロシアン・ブルー」という猫種名となる

 1012年、『ロシアン・ブルー』としてキャット・ショーを主催する猫種登録団体から公認を受けます。ロシアン・ブルーを愛する多くのブリーダー達の努力が実った瞬間でもあります。

第二次世界大戦後、イギリスでブリード再開

 ようやく公認を受けた『ロシアン・ブルー』に悲劇が訪れます。第二次世界大戦の勃発です。この大戦の犠牲となり、人々同様に多くの猫達もその数を減らします。ロシアン・ブルーも例外ではありませんでした。第一次世界大戦の比ではないほどに数を減らし、絶滅の危機に瀕したのです。その後、イギリスのブリーダーが繁殖活動を再開、アメリカのブリーダーも加わり頭数の回復を目指していきました。

1944年 フィンランドにてシャムとの交配

 スカンジナビア半島のブリーダー達もまた、懸命な繁殖を試みていました。数がかなり減ってしまったため、スタンダードの維持も非常に難しくなっていました。そんな中、フィンランドのブリーダーが小さめの頭部と大きな耳、そして肩へのシルエットラインを求め、シャム(ブルー・ポインテッド)との異種交配を試みました。また、毛並みとブルーの色味の美しさを求めたブリーダーは、ブリティッシュ・ショートヘアー(ブルーの毛色の種のみ)との異種交配を進めます。その結果、ロシアン・ブルーはスタンダードの姿を取り戻すことに成功します。
 
 現在、私達の目の前でかわいい姿で魅了してくれているロシアン・ブルーの血統は、このときに生まれてきた子達の血統が引き継がれていると言われています。

現在、日本でもすばらしい資質を持った子が沢山

 当初、アメリカやイギリスで人気が強く、スタンダードを守ったすばらしい子達が多かったロシアン・ブルーでしたが、シャムとの異種交配で取り込まれた遺伝子により、ブルーの毛色ではなく茶色の毛色を持つロシアン・ブルーが生まれることがありました。現在でも成長するにつれ、毛色が茶色味がかった子が出てくることがあります。これは異種交配の名残です。シャムと異種交配させた当初は出現率も高く、あきらめて他の猫種を選択するブリーダーも多かったといいます。
 
 日本でブームが起きたとき、沢山のロシアン・ブルーがアメリカから輸入されてきました。日本のブリーダー達のスタンダードへの献身的な追及によって、今では日本で生まれてくるロシアン・ブルーはかなり質が良いといわれています。

古い民話にも登場するロシアン・ブルー

 ロシアの古い民話の中にもロシアン・ブルーの祖先の猫が登場しています。

 「生まれたばかりの王女のもとに7人の妖精たちが招待されました。
妖精たちは王女に贈り物をするため、王女の眠っているゆりかごに集まりました。1人目は、『恐れを知らない勇気』を、2人目は、『忠誠心』を、3人目は『すらりと伸びた美しさ』、4人目は『優雅な身のこなし』、5人目は『シルバーとシルクとベルベット』を、6人目は『大きなエメラルドを2つ』、7人目は『世界中の友達』を持ってきていました。しかし、贈り物を授けようとしたとき、妖精たちは顔を真っ赤にして泣いている王女が本当に美しく成長するのか信じられませんでした。妖精たちはまだ幼く贈り物の経験に乏しかったのです。そこで、王女のそばで喉を鳴らして寝ていた猫に贈り物をすべてあげてしまいました。こうして生まれたのがロシアン・ブルーだそうです。」

 なんとも頼りない妖精さんたちですが、この妖精さんたちのお陰で愛らしいロシアン・ブルーが誕生したのならいいかな。贈り物がもらえなかった王女様のその後を想像するとかわいそうですが・・・・・・。

 また、『冬の妖精』なんて愛称もあるようで、何でも最初に発見されたとき、雪の上を走り回っていたそうです。猫なのに・・・・。この逸話も犬みたいと云われるゆえんかもしれませんね。

お手入れの仕方とスキンシップ

グルーミングは週1回

 短毛種ですがダブル・コートのため、グルーミングは週1回以上が理想的です。さらに、換毛期は通常より回数を増やしましょう。グルーミングは毛並みを整えるだけでなく、猫とのスキンシップでもあります。グルーミングのときに毛ツヤや体調の変化に気付けることも多いです。
 
 また、部屋に落ちる抜け毛も少なくなり、毛玉を吐くことも少なくなるので、掃除の手間が減るメリットもありますよ。

目やにとお耳掃除につめきりに

 蒸しタオルで顔を拭いてあげましょう。目元とお耳は汚れやすいので優しく丁寧に拭いてあげます。また、若い時期はあごの下も汚れがたまりやすいので、拭いてあげるといいです。
爪切りは2週間に一度くらいで十分です。

口臭はあまりないけど歯磨き

 最近、ペットショップで犬猫用の歯ブラシや口内衛生用品を見かけます。
ロシアン・ブルーは口臭が少ない子が多いですが、歯肉炎などの口内トラブルがないわけではありません。小さい頃から歯ブラシを口に近づけて遊んであげて慣らしていきましょう。
 
 専用の歯ブラシは使い勝手も工夫され良いですが、結構良いお値段です……。なので我が家の猫達には、人間の赤ちゃん用の小さな歯ブラシで代用してますよ。これなら100円から200円くらいで収まります。歯ブラシを嫌がる子にはシートタイプもあります。

ロシアン・ブルーの平均寿命と掛かりやすい病気

平均寿命は10歳から13歳と短め

 平均的な寿命ですが、他の猫種に比べて短く10歳から13歳の子が多いです。個体差があるため長生きの子は17歳から18歳まで生きた子もいます。健康に気をつけてあげることが大切です。定期的に健康診断に連れて行ってあげましょう。
 
 また、繊細で我慢強い性格の子が多く、ストレスを溜めやすいです。日常のちょっとした変化にも敏感に反応します。ストレスを与えないためには、変化を起こさせない工夫もしていきましょう。

遺伝病もなく病気にも強いが、泌尿器系の病気には要注意

 ロシアン・ブルーはシニア年齢になるに従い、眼病、膀胱炎、尿結石を発病しやすくなってきます。
頻回でおトイレを行ったり来たりしているようなら要注意です。予防するために、お水を沢山飲める工夫やトイレを我慢しなくって済むようにトイレの数を増やしてあげましょう。また、お手入れのときの健康チェックは入念に行ってあげましょう。

19.ロシアンブルー(RussianBlue)

■骨・筋肉の病気 ・特に報告を認めない

■眼の病気 ・特に報告を認めない

■歯の病気 ・特に報告を認めない

■血液の病気 ・特に報告を認めない

■皮膚の病気 ・特に報告を認めない

■心臓・循環器の病気 ・特に報告を認めない

■神経系の病気 ・特に報告を認めない

■消化器の病気 ・特に報告を認めない

■泌尿器の病気 ・尿石症
・腎不全

■内分泌の病気 ・特に報告を認めない

■腫瘍性の病気 ・特に報告を認めない

■その他の病気 ・特に報告を認めない

肥満には注意してあげよう

 ほっそりとした優美な体つきとしなやかな筋肉の備わったフォーリン・タイプの体格をしているため、ご飯の食べすぎには注意を払いましょう。特に、去勢や避妊後の猫は食欲が増え肥満になりやすい傾向にあります。手術後は避妊や去勢をした猫専用のキャット・フードや室内猫用に替えていきましょう。

ロシアン・ブルーの魅力的な特徴と性格のまとめ

 いかがでしたか?ますますロシアン・ブルーが気になってきたのではないでしょうか?
 血統書付きの子猫を家族に迎え入れるときは、是非、信頼できるペットショップやブリーダーさんからの購入をおすすめします。劣悪な環境で育った子は問題行動を起こしたり、隠れた病気を持っている可能性もあります。皆さんの目でしっかり見極めて、健康的で愛くるしいロシアン・ブルーの子猫ちゃんを迎えてくださいね。

楽天トラベル

ペットと泊まれる宿をお探しの方はこちら

楽天トラベル

外部サイトへ移動します

この記事のライター

関連する投稿


愛犬のブラッシングの必要性とやり方のポイントを教えます!

愛犬のブラッシングの必要性とやり方のポイントを教えます!

犬も人間のようにブラッシングって必要?「ドッグショーに出場しなかったら特に必要じゃない。」と思うかもしれませんが…必要です!その必要な理由と、ブラッシングのやり方や簡単にできちゃうポイントを紹介!初めての方でも、愛犬のブラッシングが楽しくなるはず。


超大型犬ボルゾイ!超大型犬だけど飼いやすい。

超大型犬ボルゾイ!超大型犬だけど飼いやすい。

体が大きくてシャープなボルゾイ。とても上品で、かっこいいですよね!飼ってみたいけれど、超大型犬だから飼育できるか不安…。暴れたらどうしよう…。そんな不安などで、飼うのをためらっている方もいらっしゃると思います。そこで、ボルゾイの性格や飼育法、注意すべき病気などについてご紹介していきたいと思います!


大きな体とハートの持ち主、メインクーンの特徴や性格について

大きな体とハートの持ち主、メインクーンの特徴や性格について

「ジェントル・ジャイアント(穏やかな巨人)」と呼ばれるメインクーン。大型の猫として知られています。ふわふわの毛が可愛いらしく、温和な性格でとても飼いやすい猫でもあります。そんなメインクーンの性格や特徴について紹介します。


飼いやすい猫?アメリカンショートヘアの魅力!性格、かかりやすい病気は?

飼いやすい猫?アメリカンショートヘアの魅力!性格、かかりやすい病気は?

「アメショ」といわれて親しまれる、丸顔に渦巻き柄で不満顔の猫。初めて猫と暮らす人にも飼いやすいアメリカンショートヘア。性格と特徴、飼う時に特に注意すること、おすすめのフード、アメショに会える猫カフェなど、アメリカンショートヘアに関することをまとめました。


気まぐれなペキニーズの性格や飼い方、お値段等を解説します!

気まぐれなペキニーズの性格や飼い方、お値段等を解説します!

「ペキニーズ」って犬の名前はよく聞いたり、テレビのペット番組なんかで見かけたことはあっても、実際の飼ってみないと、どんな性格をしてるかなんてわかりませんよね?そこでここでは、「まるで猫みたい!」という飼い主さんも多い、このペキニーズの性格や飼い方のコツ、実際の子犬のお値段相場なんかについて紹介したいと思います。


最新の投稿


犬に好かれるコツや方法。犬から嫌われない人の共通点まとめ

犬に好かれるコツや方法。犬から嫌われない人の共通点まとめ

特に意識していなくても、なぜか犬に好かれて初対面でも仲良くなれる人がいますよね。このように犬に好かれる人は、嫌われる人とどこが違うのでしょうか?今回は、犬に好かれる人に見られる共通の条件についてご紹介いたします。


サマーカットで起こり得るトラブル。きちんと知って対処しよう!

サマーカットで起こり得るトラブル。きちんと知って対処しよう!

今や当たり前となったサマーカット。トリマーとして受けることが多い注文ですが、犬にとっては必ずしも良いことばかりではありません。そこで今回は、サマーカットのメリットとデメリットを踏まえながら起こり得るリスクへの対処方法について解説したいと思います。


心からの供養…愛犬が亡くなった後に必要な手続きと葬儀の種類は?

心からの供養…愛犬が亡くなった後に必要な手続きと葬儀の種類は?

動物は人より年を取るのが早く、ほとんどが早くに亡くなってしまいます。家族にたくさんの癒しを与えてくれた愛犬が亡くなったら、飼い主ができる最後の感謝の気持ちを伝える方法として、虹の橋を渡れるよう心からの供養を行いましょう。今回は、愛犬が亡くなったら何をするべきか、また、葬儀の種類をご紹介いたします。


愛犬のブラッシングの必要性とやり方のポイントを教えます!

愛犬のブラッシングの必要性とやり方のポイントを教えます!

犬も人間のようにブラッシングって必要?「ドッグショーに出場しなかったら特に必要じゃない。」と思うかもしれませんが…必要です!その必要な理由と、ブラッシングのやり方や簡単にできちゃうポイントを紹介!初めての方でも、愛犬のブラッシングが楽しくなるはず。


立ち姿が凛々しい!ド―ベルマンってどんな犬?

立ち姿が凛々しい!ド―ベルマンってどんな犬?

真っ黒で短い毛並みのド―ベルマン!とってもかっこいいですよね!少し怖いイメージを持つ方もいらっしゃるかもしれませんが、ド―ベルマンはどのような犬種なのでしょうか?