ラブリーに清潔に!パグのシャンプー、ブラッシング、肉球のお手入れについて

ラブリーに清潔に!パグのシャンプー、ブラッシング、肉球のお手入れについて

頭が体に比べて大きくて、コミカルな表情がとっても愛らしいパグ。日頃のお手入れもきっちりして、ラブリーで愛嬌のある愛犬に育てあげたいですよね。今回はパグに適したシャンプーやブラッシングの仕方、耳や肉球のお手入れ方法についてご紹介します。


パグをお風呂に入れよう!

愛犬を清潔に保つのは飼い主さんの役目。月にどれくらいお風呂に入れたらよいのか、またどのようにシャンプーをしてあげればよいかも押さえておきたいところですよね。

シャンプーの頻度は月に1〜2回

犬の中でもお風呂が大好きな犬種とそうでない犬種がいます。性格的な問題があるかもしれませんが、パグは水が苦手とされる犬種です。小型犬であり、しかも短頭種、短毛犬。シャンプーを使って自分のニオイを消してしまうことに抵抗を感じやすいかもしれません!


とは言いながら、適切にシャンプーを行ってダニなどから皮膚を守ってあげなければいけませんよね。衛生面から見ても、シャンプーはマスト!必要になってきますよね。


月に行いたいシャンプーの頻度は1回で大丈夫です。多くても2回にとどめておきましょう。「そんなに少なくていいの?」そう思う方も多いでしょう。しかしながら、あまり多いとシャンプーの成分が皮膚を傷つけてしまい、必要な皮脂が剥がれ落ちてしまう可能性があります。皮膚に炎症を伴いやすいパグは、それこそ炎症の一番の原因になりかねません。月に1度か2度で大丈夫!ゆっくり優しく洗ってあげましょう。

シャンプーの仕方・洗い方の順番

小型犬なので、お湯の温度は38度~40度位でよいでしょう。夏場の熱い時期でも水は使用せず、ぬるめのお湯を使ってあげてくださいね。シャンプーをしっかりと洗い流すためにも、一定の温度が必要です。


洗う順序としては、頭から首、前足、背中、しっぽ、お尻の順番で優しく洗ってあげましょう。お尻の部分は体の中でもよごれが気になる部分でもあります。清潔に保つためにも最後にしっかり洗ってあげて下さい。


パグの毛は短いですが、抜けた毛がシンクやお風呂場につまりやすいので、シャワーが終わったあとしっかり取り除いて下さいね。

タオルドライ&ドライヤーで仕上げ

愛犬専用のタオルでバサバサとタオルドライをしましょう。耳の部分は無理をしてタオルをグリグリと入れてふき取らず、使い捨てのガーゼと綿棒を使ってよくふき取ってあげましょう。一番汚れが出てくる部分でもありますし、湿気が残りがちな箇所でもあります。


仕上げはドライヤー!夏の間はザックリと乾かす程度で問題ありませんが、冬場の寒い時期はしっかりと乾かしてあげることが大切。「ハックション」と湯冷めをしないように、部屋も暖めておきたいですね。

パグのブラッシングを始めよう

短毛犬のパグ。ブラッシングもしっかり行って、日頃ついたホコリや抜け毛を取り除いてあげたいですね。

パグはダブルコート=換毛期がある

パグはダブルコートの犬種です。毛が短いので一見わかりにくですが、硬めの毛であるトップコートのしたに、ホワホワとした産毛のような柔らかい毛が隠れています。換毛期があるので、要らなくなった毛をしっかり取り除いてあげることが大切です。


冬の間にお世話になったフワフワのアンダーコート。春が来るとごっそり抜け落ちるので驚く人も多いかもしれません。

夏場の熱い時期に向けて衣替え!すでに抜けている毛を身にまとったままでいると、不快な思いをするかもしれませんよね。しっかりとブラシをあてて、取り除いてあげて下さいね。

パグにおすすめのブラシ!

1つあると便利なのが、小さめのスリッカーです。幅が広いので、換毛期の抜け毛に対処するには最適です。ピンの先にクッションがついているものを選ぶようにして、皮膚を保護してあげましょう。今ではアンダーコート専用のブラシも購入できるので、好みで購入して下さいね。


コームはあまり使用することはないかもしれませんが、もう1本購入するなら、気軽に使用できるラバーブラシが便利です。換毛期以外の日常のお手入れ用に役立ちますよ。

プニュプニュ肉球のお手入れ

肉球のお手入れが気になるのは夏の時期。お散歩に出かける時に、炎天下で温度の上がったアスファルトの上を歩いたりしますよね。


通常はお散歩から戻ったら足を軽く塗れたタオルで拭いてあげるだけで十分なんですよ。室内に上がる前に、刺激の強い殺菌作用のあるウェットティッシュなどで足の汚れをふき取る方も多いですが、これはおススメできません。



肉球はさまざまなな細胞が集まり、敏感に温度を感じ、物の位置を感知する大切な箇所。ざっくり拭いてあげるだけで大丈夫なんです。あまりにひび割れがひどく出血してしまっているようなら、かかりつけの獣医さんに相談をしてみて下さいね。

パグのシャンプー、ブラッシングについて まとめ

パグは1ヶ月に1~2回程度のシャンプーで十分です。シャンプーをする時は温度は38度~40度位に設定し、頭から背中、足、シッポ、お尻にかけてゆっくり洗ってあげます。タオルドライをしてからドライヤーで乾かしてあげましょう。耳の内部は湿気が溜まりやすいので、シャンプーが終わったらガーゼなどでふきとってあげます。

パグはダブルコートなので換毛期があります。冬毛が抜ける春先はブラッシングが特に必要。フワフワのアンダーコートがごっそり抜けますので、スリッカーを使ってきれいに取り除いてあげて下さい。

もちろん、日頃のブラッシングもお忘れなく!

楽天トラベル

ペットと泊まれる宿をお探しの方はこちら

楽天トラベル

外部サイトへ移動します

この記事のライター

関連する投稿


ロシアン・ブルーの特徴と性格 室内飼いにとってもオススメな理由

ロシアン・ブルーの特徴と性格 室内飼いにとってもオススメな理由

ロシアン・ブルーってどんな猫なの?ペットショップでよく見かけるけど……。ロシアン・ブルーの愛らしい姿に魅了されて、家族に迎えたいと思ったこともあるのではないでしょうか?そこで気になる、性格や特徴についてご紹介します!みなさん、知れば知るほど、ロシアン・ブルーにはまること間違いなしですよ☆


都会生活にフィット?引き出しでかくれんぼする『フェレット』の魅力

都会生活にフィット?引き出しでかくれんぼする『フェレット』の魅力

愛らしい表情と小さくて丸い目、胴が長くてユニークな風貌で人気急上昇のフェレット。都会暮らしにピッタリという噂もあり、「飼ってみたい!」と思っている人は意外に多いそうです。今回はフェレットの性格、お値段、飼い方、しつけについてご紹介しましょう。


森林の妖精!大型猫ノルウェージャンフォレストキャットの魅力

森林の妖精!大型猫ノルウェージャンフォレストキャットの魅力

古くは神話にその姿が描かれ、その名の通り「ノルウェーの森林ネコ」と称される大型猫、ノルウェージャンフォレストキャットの魅力についてお伝えします。大型猫が好きな人は必見です!


ラブラドール・レトリバーのかかりやすい病気って?

ラブラドール・レトリバーのかかりやすい病気って?

ラブラドール・レトリバーは、心身ともにバランスのとれている丈夫な犬といわれています。とはいえ、いくつか遺伝的にかかりやすい病気もあります。股関節や耳関連などがラブラドール・レトリバーの場合、特に注意しなければならないチェックポイントです。


カラーによって性格が違う?トイプードルの性格と飼い方まとめ

カラーによって性格が違う?トイプードルの性格と飼い方まとめ

抜け毛や体臭が少なく、利口で飼いやすいと人気のトイプードルは、色々なカラーがあり、カットのデザイン次第でまったく異なる姿になります。長く人気犬種No.1の座に君臨し続けているトイプードルの魅力とその種類についてまとめました。


最新の投稿


大型犬人気ランキングベスト15! 意外と甘えん坊な犬種も?

大型犬人気ランキングベスト15! 意外と甘えん坊な犬種も?

大型犬の魅力は何と言ってもその存在感です。一人前の食事をして、一人前にソファに座る!そんなところも何となく許せてしまう大型犬。ペットというよりは生涯のパートナーして一緒に生活をしたいと思う方が多いようです。早速、大型犬人気ランキングと題して、ベスト15をご紹介しましょう。


大きな体とハートの持ち主、メインクーンの特徴や性格について

大きな体とハートの持ち主、メインクーンの特徴や性格について

「ジェントル・ジャイアント(穏やかな巨人)」と呼ばれるメインクーン。大型の猫として知られています。ふわふわの毛が可愛いらしく、温和な性格でとても飼いやすい猫でもあります。そんなメインクーンの性格や特徴について紹介します。


心得ひとつで最高のマルチーズになる!正しい飼い方とお散歩事情

心得ひとつで最高のマルチーズになる!正しい飼い方とお散歩事情

たくさんの犬種の中からマルチーズを選んだ方は、白くてフワフワな出で立ちと、元気で明るいところ、そして抱き心地のよさに惹かれたのではないでしょうか。今回は、マルチーズと一緒に生活をする上で心得ておきたい正しい飼い方とお散歩事情をご紹介します。


柴犬の魅力と注意すべき点、日本犬のしつけって難しいの??

柴犬の魅力と注意すべき点、日本犬のしつけって難しいの??

天然記念物にもなっている人気の絶えない柴犬さん。その魅力はさまざまです。知っておきたい柴犬の飼い方を初めて飼育する方にもわかりやすくまとめました。ペットショップに勤めていた時によく聞かれた悩みの種をお伝えします。


飼いやすい猫?アメリカンショートヘアの魅力!性格、かかりやすい病気は?

飼いやすい猫?アメリカンショートヘアの魅力!性格、かかりやすい病気は?

「アメショ」といわれて親しまれる、丸顔に渦巻き柄で不満顔の猫。初めて猫と暮らす人にも飼いやすいアメリカンショートヘア。性格と特徴、飼う時に特に注意すること、おすすめのフード、アメショに会える猫カフェなど、アメリカンショートヘアに関することをまとめました。