犬との旅行!車移動や電車移動で注意すべきポイント

犬との旅行!車移動や電車移動で注意すべきポイント

特に初めて犬を飼った人にとっては、可愛い愛犬を連れての旅行は大きな楽しみのひとつでしょう。でも初めての旅行には不安もいっぱい!「必要な持ち物は?」「どんな事に気を付けてあげればいいの?」など、犬との旅行でのポイントをご紹介します。


犬を自動車に乗せる!わんちゃんにも快適なドライブって?

愛犬を連れての旅行では自動車での移動を選択する人が多いですよね。様々な事に対して人間以上に敏感な犬にとって、自動車での移動はストレスになってしまう事も。居心地のいい車内環境を整えて、少しでも快適なドライブをさせてあげましょう!

犬には必ずゲージなどを用意してあげる

車の揺れや、目まぐるしく変わる景色は、犬の自律神経を乱れさせてしまいます。また、犬は車の中で思っている以上にその足で力強く踏ん張っているのです。そのため、ゲージやカゴなど安定させる物は、揺れによる体への負担を和らげてくれます。近所の動物病院に行くのとは違い、旅行となれば数時間の移動になりますよね。普段から「車に乗るときにはゲージ」という癖をつけておくとスムーズでしょう。

吐いても叱らない、騒がない

万が一、車内でおう吐したり排泄など粗相してしまった場合にも叱らないでください。悪気はなく、緊張や酔いが原因と考えられますので、叱ってしまうと車が苦手になってしまう事も。大きな声で騒ぐことも叱るのと同じくらい、愛犬には精神的ショックを与えてしまうので、静かに淡々と処理をしましょう。

犬のお気に入りの毛布など入れてあげる

「どこに連れていかれるのかな」「揺れてて嫌だな」愛犬の心は不安でいっぱい。普段使っている毛布などがあれば、その匂いで愛犬も安心するでしょう。

満腹や空腹は酔いの原因に

胃が空っぽの空腹状態や、反対に満腹状態で自動車に乗せてしまうと、犬の車酔いの原因となってしまいます。お出かけ前に少量のエサを与えてあげると良いでしょう。また、普段から車酔いがひどい子をどうしても乗せる場合にはあらかじめ獣医師に相談し、酔い止め薬を処方してもらう事もひとつです。

犬と新幹線で移動する!周りへの配慮も忘れずに
自動車での移動とは違い、新幹線や電車での移動は、周りの人への気配りも大切です。犬を新幹線に乗せるときの方法もご紹介します。

犬の切符は乗る前に窓口で

まず、犬は「普通手回り品切符」が必要となります。ゲージひとつに付き一枚を、駅の窓口で購入しましょう。2016年8月時点で280円となっています。ただし、長さ70センチ以内・タテ横高さの合計が90センチ程度のケースで、犬を入れた状態で10キロ以内と規定があります。

犬はゲージで足元に、顔は出させない

犬用に席をひとつ使用する事は禁止されていますし、マナーとしても悪い印象を与えるでしょう。犬はゲージのまま、足元に置いておきましょう。新幹線に乗っている人全てが犬好きではありません。その理由は様々でしょうし、アレルギーがある方もいらっしゃる事を忘れずに。

犬と泊まれるホテルでの注意点とは

最近では犬同伴可能なホテルや旅館も増えてきて、飼い主としては旅行の選択肢も広がり嬉しい限りです。マナーを守って、飼い主も愛犬も、他の人との交流などみんなで旅行を楽しんで下さいね。

宿によって持ち物が変わる

実は宿泊施設によってルールや必須の持ち物は変わってきます。ゲージやエサは必ずご自分でご用意してくださいね、という宿がほとんどです。宿泊前にホームページなどでしっかりと確認し、小さな疑問でも解消してから泊まりに行きましょう。準備万端にしておくことで、旅行でのトラブルを防ぐ事が出来ますよ。

簡単な掃除用具を持参しよう

お部屋の中で粗相をしなかったとしても、犬の抜け毛などは防ぎようがありません。簡単にサッと拭けるウェットティッシュのような物で宿を出る前に床を拭くなど、宿への配慮があると気持ちが良いものですよね。もちろん、粗相してしまった場合にも役立ちますのでウェットティッシュや雑巾を1、2枚用意しておくと何かと便利です。最近では持ち運びに便利なミニコロコロもあり、こちらもおススメです!

長時間の留守番はさせない

犬は旅行の移動だけでも不安も感じています。ましてや自宅と違う環境の宿では不安は最高潮になっているでしょう。長時間の留守番はさせず、基本的に出かける際には必ず一緒に連れていきましょう。

犬との旅行は計画性が大事!

人間旅行であれば、行き当たりばったりも旅の醍醐味になりますが、犬との旅行ではある程度計画性も持って、犬のストレスを減らしてあげましょう。

犬と遊べるスポットを下調べする

ドッグランや犬同伴可能な牧場など、犬も楽しめるスポットは今や全国に多くあります。そういったスポットを調べる際には、移動時間やワクチン接種の証明書など必要な物は何かをあらかじめ調べて用意していきましょう。特に証明書関係の提示が必須となっている場所では、忘れて入れない!となってしまうととてもがっかりしてしまう事になりますよ。

犬も入れるカフェなども抑えておく

昼食や夕食時になってからいざその場で見つけようとしても、意外と見つからない犬同伴可のお店。お腹も空いてるし疲れてきちゃった…なんて事にならないように、周辺の犬同伴OKのお店の下調べは重要ですし、楽しみも増えます。時期によっては混雑も予想されるので、可能であれば予約をしておくと良いでしょう。

帰宅後は犬にもゆっくりお休みを

楽しかった旅行から帰ったら、人間同様、愛犬も疲れています。「えらかったね」と褒めてあげて、ゆっくりと休息を取らせてあげましょう。

妥協も楽しむ事が犬との旅行のコツ

犬が居るために入れない場所も多くあって、飼い主さんには少し残念な場合もありますよね。でもそれ以上に、犬との旅行はかけがえのない思い出となります。きっと帰ってきたときには、楽しかった思い出話で盛りあがりますよ。そうそう、たくさん写真を撮る事も忘れずに!犬との旅行を、どうぞ安全に楽しんできてくださいね。

楽天トラベル

ペットと泊まれる宿をお探しの方はこちら

楽天トラベル

外部サイトへ移動します

この記事のライター