超大型犬アラスカンマラミュートの魅力♪ハスキーとの違いとかかりやすい病気、飼い方まとめ

超大型犬アラスカンマラミュートの魅力♪ハスキーとの違いとかかりやすい病気、飼い方まとめ

日本ではあまり見かけることのない超大型犬、アラスカンマラミュート。大きな体にフカフカの毛皮。愛くるしい瞳・・・見た目の似ているシベリアンハスキーとの違いや、一緒に暮らすために必要なことをお伝えします!


アラスカンマラミュートの歴史

今回は、日本ではあまり見かけることのない超大型犬、アラスカンマラミュートをご紹介します。

アラスカに住むマラミュート族が一緒に暮らしていたことで、アラスカンマラミュートの名がついています。
そりを引き、また猟犬としても人間の力となり、愛され続けてきました。
長い歴史の中で人気が高まり、日本でいう秋田犬と同様に他犬種との交配が行われ、元来のマラミュートの血統が廃れてしまった時期もありましたが、血統を守る活動も行われて現在に至ります。

アラスカンマラミュートの特徴

性格と習性

見た目から、気性が荒いような印象を受けがちですが、実際にはそうではありません。
人の使われてきた犬ですから、頭がよく飼い主に対して非常に忠実です。また、仔犬にたいしても非常に愛情深く、人間の子供に対しても優しく接する犬で、本来の気質としては穏やかです。
しかし、育つ環境やかかわる人間によっては、飼い主以外の人間や見知らぬ犬などに対して高圧的な態度をとることもあるため、初めて対面する場合は気を付けましょう。
穴を掘ることが好きな犬のようで、庭に大きな穴をあけたり、散歩中に土手を掘り返したりします。
また、元来そり犬で集団で生活してきたため、寂しがりな面が見受けられます。
感情豊かで、大きな体を使って一生懸命アピールする姿は愛くるしい以外のなにものでもありません。

体格とハスキーとの違いについて

顔を見ただけでは、マラミュートとハスキーの違いはなかなか判りません。
ですが、大きさを見ると一目瞭然。個体差はありますが、マラミュートはハスキーより二回りほど大きい個体が主流です。
AMCJ(Alaskan Malamute Classic Improvement)によれば、スタンダートに忠実なマラミュートの体格について、このように述べています。
・オス 体高 63.5cm  体重 38.6kg
・メス 体高 58.4cm  体重 34.1kg
頭部は丸みを帯び、耳は小さめで広く離れてついている。角ばって短めのマズル(鼻先)で、体は筋肉質で幅広い胸板を持ち、太く短い脚、太く緩めに巻き上がった尻尾(要約)

この体重に関しては、厳格な基準はなく個体差が激しいのもマラミュートの特徴です。大きな犬になると50キロ以上になります。

また、ハスキーと見分けるときに「目」に注目してください。ハスキーは、青い目やオッドアイの個体がいますが、マラミュートは「茶色のみ」です。
毛色も、スタンダードはブラック、グレーで、顔は白い部分が優勢であり、腹、足と尻尾の先端は必ずホワイトでなければならず、単色が認められるのはホワイトのみ。
近年では、茶色系やセーブルといった色も認められるようになっています。
成犬は、スタンダードに近ければ近いほど、ハスキーというより秋田犬に似た風貌になります。

アラスカンマラミュートを迎えるには?

そもそもアラスカンマラミュートはどこで会えるの?飼いたいけれど、情報が少なすぎて不安。
アラスカンマラミュートと暮らしている立場から、いくつかお伝えいたします。

あまり見かけないけれど…現状について

現在、日本国内においてネットなどで確認できるブリーダーさんは3件(2016年)とたいへん少ないのが実情です。
もちろん、個人的に繁殖されている方もいますが、アラスカンマラミュートの登録件数は2015年度で22頭!しかいません。このうち、数頭はブリーダーさんのところに残されるでしょうし、外に出ていくマラミュートは実際にはわずかだと思われます。
ブリーダーさんの中には、完全予約での繁殖をされる方もいて、数年待ちということもあり得ますし、海外から直接迎える手もありますが、よほどのつてがないと難しいと思われます。
本気で迎えたい場合は、ブリーダーさんに連絡してまずは見学からスタートですね。
価格は30万円から、といったところでしょう。

飼育するための要件は?マンションでも飼える?

遊びや運動が大好きな超大型犬ですから、飼育するにはいろいろと考えなければならないことがあります。

・飼育するスペースが確保できるか
大変大きな犬ですから、ただ休むだけのスペースでも畳1畳分以上は必要になります。
ある程度のゆとりのあるスペースが、家の中でも外でも必要になります。

・散歩に十分な時間が取れるか
一概には言えませんが、とにかく体を動かさなければ目に見えるようにストレスが溜まっていきます。
そうなると、モノをかじったり粗相をし始めたり、あるいは人間に対して不信感を抱くまでになってしまいます。これらはマラミュートに限らずどの動物にも言えますが、マラミュートは大型犬ですので、暴動が起きた時対処しきれません。
そうならないために、出来れば毎日の散歩は行いたいものです。
特に、家の中で飼う場合は、外の空気を吸わせるだけでも違いますので気を付けてあげましょう。

・経済的に余裕はあるか
動物を飼育するためにはお金がかかります。
そのコストは大きさに比例すると言っても過言ではありません。毎日のエサはもちろん、予防接種やフィラリアの薬、けがや病気で手術をする時の麻酔、すべて体重が重いほど高くなります。
また、いざ病気になって動物病院に行くにも、抱えて連れていくことは出来ません。やはり自家用車を所有していた方が安心といえます。
さらに、夏場はマラミュートにとっては大変辛い時期です。エアコンフル稼働で過ごす必要があり、電気代なども当然かかってきますので、その点留意しましょう。

・家族全員の理解が得られるか
小さな犬であれば、よほど犬嫌いでない限り、家族の中に犬を飼うことに乗り気でない人がいても何とかなります。
しかし、大型犬の場合は一人でも理解が得られていないと難しいでしょう。
家族全員がこの愛すべき大型犬に向き合い、遊び、世話をする時間をとる意思がなければ、ことアラスカンマラミュートに関しては飼育は難しいと言わざるを得ません。

しつけとお手入れについて

きちんと手入れをされたマラミュートは大変美しく、立派です。そのためにも、日々のお手入れは欠かせません。
しつけに関しても、大型犬ゆえに少しの悪ふざけが大きなトラブルになる可能性もあります。
愛犬と楽しく過ごすためのコツについてお伝えします。

フカフカの毛並みを保つために

アラスカンマラミュートは、北国の雪深い場所で生活してきました。
そのため、マイナス30度の世界でも雪に埋もれて眠ることが出来るほど、分厚い体毛に覆われています。
マラミュートの毛は、外側の少し粗目のガシガシした毛の下に、アンダーコートとよばれる綿毛のような毛が密集して生えています。これによって、寒さをしのぐことが出来るのですね。
春と秋には、換毛の季節を迎え、大量のアンダーコートが抜けます。それはもう、驚くほどの量であり、毎日ブラッシングしても追いつかないほどです。
かといって、放っておくと抜け毛が固まって何ともみっともない姿になりますし、なにより不衛生です。根気強く、日々ブラッシングして美しさを保ちましょう。
ブラッシングに慣れていないと、嫌がって逃げてしまう犬もいますので、幼いうちから慣れさせておくことも大切です。

しつけは根気よく。甘やかしは厳禁!

しつけはどの犬にも大切。ですがマラミュートクラスになると、いうことを聞かないのは「手に負えない」のと同等です。
散歩の途中で他の犬に吠えかかったり、訪ねてきた人に飛びかかったり・・・
そんな時、抑えきれなかったら大変なトラブルに発展しかねません。

幼いうちから誰がリーダーであるか、主従関係をはっきりさせ、決して甘やかさない。
体が大きいので、嫌なことは全体重をかけて拒否してきます。立ち入ってはいけない場所(キッチンや客間など)も、きちんとしつけなければその場で伏せたりひっくり返ったりして動きません。
そうさせないために、根気強く「ダメなものはダメなんだ」と徹底して覚えさせましょう。
もともと頭のよい犬ですから、甘やかしさえしなければ、ちゃんということを聞きます。

かかりやすい病気について

アラスカンマラミュートに起こりやすい病気や症状、そのほか気をつけたいことをまとめました。

骨の病気(股関節形成不全、軟骨異形成症など)

マラミュートに限らず、大きな犬に起こりがちな代表的な病気として、股関節形成不全があります。
股関節の脱臼などを繰り返し、放っておくとどんどん悪化します。
この病気は、室内飼いにおおくみられ、原因としては肥満によるもの、床が動物の動きに適していない(すべる、つまずく)ことが挙げられます。
また、遺伝の問題もあり、繁殖させる側にはその配慮が求められています。

皮膚の病気

マラミュートは大変毛の量が多く、日々のブラッシングは欠かせません。
しかし、外飼いのマラミュートは泥汚れや雨水などで湿った状態のままで過ごすこともあります。
あまりにそういった状態が続くと、少しずつ皮膚炎が進行している場合があります。
毛が多いため、症状が軽いうちは気づけないこともありますが、決まった部分を舐めつづけることがあったら注意深く見てあげてください。

生活の中で気を付けるべきポイント

なんとなく、食後に軽く運動させるのがよいのではと思いがちですが、食後はなるべく安静にさせた方が良いです。
というのも、胃捻転(いねんてん)という症状になる場合があり、重篤な場合は死に至ります。
原因はさまざまで、完全に予防できるというものでもないため、大型犬と暮らす飼い主は気になるところです。
ただ、食後の運動は原因の一つと言われていますので、一回に大量に食べさせない、ドッグフードを見直すなど、出来るところは対処しておきたいですね。

また、室内で飼う場合も熱中症に気をつけましょう。実はマラミュートの死亡原因で熱中症はかなりの割合を占めます。
元気に運動していたと思ったら、急にぐったりとしてそのまま・・・という事例もあります。
暑さに弱い犬ですが遊びたい気持ちが勝ってしまい、暑いさなかでも散歩に出たがります。
外飼いの場合は直射日光のあたらない、風通しの良い場所で、室内でも常に温度管理に気をつけましょう。

心のやさしい力持ち♪素晴らしきアラスカンマラミュート!

いかがでしたか?

力強く、凛々しい姿が魅力のアラスカンマラミュートですが、どっしりとして心優しい面も持っています。
家族が言い争いをしていると、間に割って入って仲裁するようなしぐさをみせたり、人間がしていることを真似て枕を持ち出して寝たりもします。
とにかく感情豊かで飽きることがありません。子犬の時はぬいぐるみのよう、成長するにつれて、頼もしいパートナーになること間違いなしです!

楽天トラベル

ペットと泊まれる宿をお探しの方はこちら

楽天トラベル

外部サイトへ移動します

この記事のライター

関連する投稿


大きな体とハートの持ち主、メインクーンの特徴や性格について

大きな体とハートの持ち主、メインクーンの特徴や性格について

「ジェントル・ジャイアント(穏やかな巨人)」と呼ばれるメインクーン。大型の猫として知られています。ふわふわの毛が可愛いらしく、温和な性格でとても飼いやすい猫でもあります。そんなメインクーンの性格や特徴について紹介します。


飼いやすい猫?アメリカンショートヘアの魅力!性格、かかりやすい病気は?

飼いやすい猫?アメリカンショートヘアの魅力!性格、かかりやすい病気は?

「アメショ」といわれて親しまれる、丸顔に渦巻き柄で不満顔の猫。初めて猫と暮らす人にも飼いやすいアメリカンショートヘア。性格と特徴、飼う時に特に注意すること、おすすめのフード、アメショに会える猫カフェなど、アメリカンショートヘアに関することをまとめました。


気まぐれなペキニーズの性格や飼い方、お値段等を解説します!

気まぐれなペキニーズの性格や飼い方、お値段等を解説します!

「ペキニーズ」って犬の名前はよく聞いたり、テレビのペット番組なんかで見かけたことはあっても、実際の飼ってみないと、どんな性格をしてるかなんてわかりませんよね?そこでここでは、「まるで猫みたい!」という飼い主さんも多い、このペキニーズの性格や飼い方のコツ、実際の子犬のお値段相場なんかについて紹介したいと思います。


ロシアン・ブルーの特徴と性格 室内飼いにとってもオススメな理由

ロシアン・ブルーの特徴と性格 室内飼いにとってもオススメな理由

ロシアン・ブルーってどんな猫なの?ペットショップでよく見かけるけど……。ロシアン・ブルーの愛らしい姿に魅了されて、家族に迎えたいと思ったこともあるのではないでしょうか?そこで気になる、性格や特徴についてご紹介します!みなさん、知れば知るほど、ロシアン・ブルーにはまること間違いなしですよ☆


ミックス犬は魅力がいっぱい!人気の理由と人気の犬種!

ミックス犬は魅力がいっぱい!人気の理由と人気の犬種!

ミックス犬は純血統犬とは違う魅力にあふれています。ミックス犬を求めて買い求める方も、少なくありません。ミックス犬が選ばれる理由は?どんな種類が人気があるの?その疑問にズバリお答えします!


最新の投稿


大型犬人気ランキングベスト15! 意外と甘えん坊な犬種も?

大型犬人気ランキングベスト15! 意外と甘えん坊な犬種も?

大型犬の魅力は何と言ってもその存在感です。一人前の食事をして、一人前にソファに座る!そんなところも何となく許せてしまう大型犬。ペットというよりは生涯のパートナーして一緒に生活をしたいと思う方が多いようです。早速、大型犬人気ランキングと題して、ベスト15をご紹介しましょう。


大きな体とハートの持ち主、メインクーンの特徴や性格について

大きな体とハートの持ち主、メインクーンの特徴や性格について

「ジェントル・ジャイアント(穏やかな巨人)」と呼ばれるメインクーン。大型の猫として知られています。ふわふわの毛が可愛いらしく、温和な性格でとても飼いやすい猫でもあります。そんなメインクーンの性格や特徴について紹介します。


心得ひとつで最高のマルチーズになる!正しい飼い方とお散歩事情

心得ひとつで最高のマルチーズになる!正しい飼い方とお散歩事情

たくさんの犬種の中からマルチーズを選んだ方は、白くてフワフワな出で立ちと、元気で明るいところ、そして抱き心地のよさに惹かれたのではないでしょうか。今回は、マルチーズと一緒に生活をする上で心得ておきたい正しい飼い方とお散歩事情をご紹介します。


柴犬の魅力と注意すべき点、日本犬のしつけって難しいの??

柴犬の魅力と注意すべき点、日本犬のしつけって難しいの??

天然記念物にもなっている人気の絶えない柴犬さん。その魅力はさまざまです。知っておきたい柴犬の飼い方を初めて飼育する方にもわかりやすくまとめました。ペットショップに勤めていた時によく聞かれた悩みの種をお伝えします。


飼いやすい猫?アメリカンショートヘアの魅力!性格、かかりやすい病気は?

飼いやすい猫?アメリカンショートヘアの魅力!性格、かかりやすい病気は?

「アメショ」といわれて親しまれる、丸顔に渦巻き柄で不満顔の猫。初めて猫と暮らす人にも飼いやすいアメリカンショートヘア。性格と特徴、飼う時に特に注意すること、おすすめのフード、アメショに会える猫カフェなど、アメリカンショートヘアに関することをまとめました。