ベンガルネコの性格、毛色、歴史など、飼い方をまとめてみた

ベンガルネコの性格、毛色、歴史など、飼い方をまとめてみた

ワイルドでセクシーな見た目のベンガル。性格も野生的なのかと思いきや、キュートで賢い猫種なんですよ。最近ではベンガル専門の猫カフェが出来たり、ペット番組でも必ず登場しちゃう人気者!そんなギャップを楽しめる可愛いベンガルちゃんのご紹介をしていきます。


目次

ベンガルの野性味たっぷりな特徴

成長後の体重は4~8kgになり、中型~大型に分類される短毛の猫種です。
初期のアジアン・レパード(ベンガル・ヤマネコとも呼ばれる)との交配により、ベンガルは「ネコ白血病」に対して強い免疫を持っていると考えられています。

日本でも大分見かけるようになってきましたが、まだまだ珍しい猫種ですね。

幅広で大きいマズルと、大きく開いた耳

マズルは幅広で大きく、頭部はボディに比べるとやや小顔です。大きく開いた耳を持ち、やや縦長の丸みのあるクサビ型をしています。

くりくりした目元といろいろな色の目

目は大きく、アーモンド型や卵型のややつり目気味のクリクリとした目元をしています。
海外ではより野生みの強いゴールドの目の色が好まれて入るが、リンクスポイントを除き、目の色は毛色には依存せず色々な色の瞳を持つ仔が存在しています。

筋肉質でがっしりした体系と強い脚力

ボディはロング&サブスタンシャルタイプに分類され、筋肉質のがっしりした体型です。
大型ネコ科を思わせるような大きなポーが可愛くてたまりません!

しなやかなバネのある筋肉質の手足からは、卓越したジャンプ力を生み出します。
ポー(足指)はがっしりと大きいです。

写真のベンガルちゃんは、なにやら興奮気味!?背中の毛が逆立っていて、シッポもぶわっと膨らんでいますね。

美しいヒョウを思わせる毛並み

ベンガルの最大の特徴とも言える野生味に溢れた美しい豹を思わせる模様(ロゼット)が、なによりも魅力的です。現在、イエネコでロゼットを持っているのはベンガルだけだそうです。(ロゼットとは、2種類以上の色味からなるスポット、もしくはマーブル模様のことを指します。)
グリッターと呼ばれるキラキラと輝く金色の毛があり、しっとりとしたシルクやミンクのような美しいコートをしています。グリッターはあるタイプとないタイプのどちらも認められています。

またロゼットの中でも特に素晴らしいとされているのが、「ドーナツ・ロゼット」です。
「ドーナツ・ロゼット」とは、名前のようにドーナツのようなリングをしている模様のことです。
下の写真のベンガルちゃんも美しいドーナツ・ロゼットを持っていますね。

体とのバランスが取れた尻尾

身体とのバランスが取れた長さで、付け根が太くて先端は丸みを帯びています。

ベンガル猫の毛色と模様のパターン

毛色は大きく分けて、ブラウン、スノー、シルバー(&スモーク)の3種類があり、模様はスポッテッド(豹柄のブチ)とマーブル(クラシック・タビーに似た渦巻状の縞模様)の2種類があります。

スポッテッドはヒョウやジャガーのように濃淡のある斑点(ロゼット)がよく、マーブルの場合はクラシック・タビーではよいとされる楕円形の縞(ブルズ・アイ)はキャット・ショーでは欠点とされていますが、かわいいですよ。

色味に分けて紹介していきます。

ブラウン・タビー

現在最も多い毛色で、フォーン(小麦色)から濃いオレンジブラウンまで幅広くあり、濃淡の幅が広いものはトリカラーと呼ばれています。瞳の色はブルーとオッド・アイ以外のほとんどのカラーが認められていますが、海外のブリーダーには、より野生ネコに似た金色の目が好まれる傾向にあります。

スノー・タビー

象牙色にこげ茶色(シール・ブラウン)の模様があり、ユキヒョウに似ているため「スノー・ベンガル」の名がついています。シール・セピア、シール・ミンク、シール・リンクスポイントの三種類があり、シール・ミンクとシール・リンクスポイントに限りブルー系の瞳の色が認められています。

シルバー・タビー

比較的新しく公認された毛色で、品種改良に用いられたアメリカン・ショートヘアのシルバー・タビーの遺伝子に由来しています。 クリアーな銀灰色に黒い模様があり、シール・シルバー・リンクスポイント等、スノー・カラーとの組み合わせも認められています。シルバー・スノー・ベンガルは、通常のスノー・ベンガルよりも白っぽく淡い地色をしています。

スモーク・タビー

スモーク・タビーはエジプシャン・マウのスモークに似て、シルバー・タビーに薄墨を重ね塗ったような毛色をしています。公認される以前から、スモーク・ブラックの仔猫は時々生まれていましたが、ブラウン、スノー以外の毛色は欠点とされていたため、公には登場していませんでした。

見た目からは想像できない! ベンガルネコの性格

実は穏やかなペット向きな猫

ヒョウ柄で野生味溢れるワイルドな外見に反して、性格は社交的なおしゃべりさん、とても温厚です。
 
鳴き声で人とコミュニケーションをとりたがったり、時には犬のようにお客さまに愛想を振りまいたりと、大変社交的な性格も大きな特徴の1つです。

成猫になっても遊び好きで、甘えん坊だといわれています。

遊ぶの大好き!活発で好奇心も旺盛!

多くの仔はビックリするような跳躍力を見せ、どうやって登ったのか分からないような高い場所へ登ったりもします。好奇心旺盛で走り回って遊ぶことが大好きです。時には、夜の大運動会がはじまってしまうことも・・・。

猫なのに!?水遊びにも夢中に

水に濡れることも嫌がらないので、水遊びをすることもあります。
猫としては非常に珍しく、水に濡れることを嫌がらず水遊びを好む子が多いです。
お風呂にも苦労せずに入れることが出来そうです。

ベンガルの歴史は、動物愛護の思いから

毛皮のために犠牲になるアジアン・レオパード

毛皮のために密漁され数を減らしているヤマネコ

ベンガルの誕生の歴史で最初の記録に残っているものは、アメリカのアリゾナ州でジーン・サグデン婦人によるアジアン・レパードとイエネコのとの交配です。ブリーダーであった彼女は、毛皮のために密漁され数を減らしているヤマネコなどのネコ科動物の存在に胸を痛めていていました。 
そして、「毛皮を欲しがる人たちが、ヤマネコと似た被毛を持つ可愛らしいペットを飼い始めれば、毛皮に対する需要が減るかもしれない」と考えました。

彼女は、1950年代の後半に地方のペットショップでアジアン・レパード・キャットのメスを譲り受け、一般の家庭でペットとして迎えることが出来る温厚な性格のイエネコを誕生させるべく奮闘していきます。

1963年 アジアン・レパード・キャットとイエネコを交配

1963年にこのアジアン・レパード・キャットと黒いオスのイエネコとを交配しました。そして、スポットのあるメスが誕生します。

しかし、成長とともに被毛は父親と同じ黒い色に変化していってしまいました。そのメスから生まれた仔猫たちにもスポットが現れたそうですが、誕生した猫たちは、野生的な性格で、とても家庭で飼えるようなものではなかったそうです。

その後、ジーン・サグデン婦人のプライベートな理由により、一時的にこのブリード活動は中止となってしまいました。

1970年代後半 猫白血病の研究が始めらる

カルフォルニア大学のヒト遺伝学者であったウィラ-ド・センターウォール博士によってアジアン・レパードの研究が始められます。博士は、ネコ白血病の研究のため、イエネコとアジアン・レパードの交配が実験的に行い、白血病のメカニズム解明とワクチンを採取しようと努めていました。アジアン・レパードは、猫白血病に対して先天的な免疫力を持つと考えられていたのです。

この時に生まれたネコが、後のベンガルの基礎になったといわれています。

目的の違う三人が出会う

同じ時期に、アメリカのネコ愛好家エンゲラー氏は、『健康な個体を確立する』という目的で、アジアン・レパードとイエネコの交配を試みていました。

ジーン・エンゲラー婦人の志を耳にした博士は、アジアン・レパード・キャットと短毛のイエネコとを交配し、生まれた8頭の仔をジーン・エンゲラー婦人に譲りました。ヤマネコのほかに、インドやアメリカの短毛種の土着ネコ等が交配に使われたようです。

ヤマネコの絶滅を危惧したジーン・サグデン婦人の活動、遺伝子学者のウィラ-ド・センターウォール博士の研究、ネコ愛好家のエンゲラー氏の試みが、結果的に一本にまとまり、現在のベンガルという猫種の誕生させたのです。

1983年 ベンガルがTICAに登録される

ジーン・サグデン婦人は、早速、TICA(The International Cat Association世界最大の猫種登録機関)に譲り受けた仔猫たちを登録します。

1985年 キャット・ショーに初出場

ベンガルはTICA主催のキャット・ショー「ニューブリードカラークラス」として、初デビューします。会場中の猫好きたちがベンガルの持つヒョウのような美しいロゼット柄に魅了され、一躍、大スターとなります!

1987年 マーブル柄のベンガルも登場する

マーブル(渦巻き柄)のベンガルが登場し、アメリカでのベンガル人気は確固たるものになっていきました。
当時のベンガルは、まだ野性的な性質が強く残っており、イエネコの気質になるまで20年近くかかりました。その間、多くのイエネコと交配を繰り返していくことで、現在のような賢く、温厚な性格のベンガルへと変わっていったのです。

1990年 グランド・チャンピオンの名誉を受ける

TICAのキャット・ショーでグランドチャンピオンの名誉を与えられたのです!

これは、見た目の美しさだけではなく、賢さ、立ち居振る舞い、穏やかな性格まで含めて審査を受けることとなるので、この名誉は、紛れもなく、野生種との組み合わせで作られてきたベンガルが一般家庭で飼うことが出来るようになった証でもあります。

現在では、年間2万匹以上のベンガルが、世界中からTICAに血統登録されています。 日本ではようやく知られるようになってきた猫種ですが、「誕生の地」アメリカではとてもポピュラーな猫として、多くの家庭で愛されています。

ベンガルから新しい品種への試み

ベンガルの繁殖過程で、ベンガルの特徴と少し違う仔が生まれてくることもあります。
劣性遺伝子によってロングヘアのベンガル(「カシミア」と呼ぶ人もいる)が稀に生まれてくることがあり、現在、新たに個別の品種として確立しようという活動が始まっています。

外見が黒猫のようなベンガル(メラニスティックやブラック・ベンガルと呼ばれる)は、光に当たるとクロヒョウのように斑点が浮き上がって見えます。しかし数が極端に少ないため、まだ詳しいことはわかっていません。

ベンガル猫を大事な家族として迎える時の注意点

しっかりと運動が出来る環境を作ってあげる

短毛種の中でもより活発です。跳躍力に優れ運動量が多いため、十分に運動できる環境で飼うのが望ましいです。しっかりと遊ばせて運動をさせていないと、ストレスを発散さできずに、問題行動を起こす子もでてきます。

昼間、留守にしがちなら1頭よりも2頭で飼ってあげ、遊べる友達を用意してあげることも選択の一つです。

ベンガルはとても活発な猫種のため、静かな環境が好きなネコ種との同居はあまり向きません。ベンガルの活発な行動が原因で大人しい子の側が、ひどくストレスを溜めてしまうこともあるからです。先住猫との相性はとても重要なこととなってきますので、新しい家族として迎え入れるときは慎重に検討してください。

スキンシップで毛づくろい

毛並のお手入れスキンシップとして手グシを取り入れてみてください。手のひらを広げ、指先を少し丸めます。その状態で、指の腹で身体をなでてあげるととても気持ち良さそうにしてくれますよ。毛並みのお手入れ兼マッサージ兼スキンシップで猫も飼い主の気持ちも幸せで満たされます。

また、毎日触れ合うことで、身体のちょっとした変化にいち早く気付けることも。
普段は気持ち良さそうにしているのに、急に起こったりする時は触れられたところが痛むのかもしれません。
早めに獣医さんのところへ連れて行ってみましょう。

悪質なブリーダーには注意を!

人気種のため、乱雑な交配を行っている悪質なブリーダーもでてきています。そういうブリーダーによって生まれてきた仔からは、より遺伝的疾患が現れる確率が高くなっています。
ベンガルや他の猫種もそうですが、家族に迎え入れるときには、ご自身の目でブリーダーさんやペットショップの質をしっかり見極めてください。

ベンガルの寿命とかかりやすい病気について

ベンガルの平均寿命は14年前後ですが、中には16歳を超えて長生きしている子もいるようです。ベンガル猫は野生の血を多く引いているせいか、病気には比較的強いタイプの猫種です。 そのため、突然病気にかかって動物病院での検診の回数は、他の猫に比べ極端に少ないと思います。

とはいえ、野生のなごりでやや敏感な性質を残していますので、落ち着かない環境ではストレスを抱えてしまうことがあります。

下記はベンガルが罹りやすい病気と対処法です。参考にしてください。

皮膚炎

この猫種は皮膚病にかかりやすいです。皮膚病の原因は外部からの刺激であったり感染症が原因になることもあります。症状としては、かゆみや痛みが出たり、発疹や脱毛が見られることもあります。これにかかると、かゆいために猫がしきりに体をかいたり体をあたりにこすりつけたりします。痛みがひどくなると元気がなくなったり触られるのをいやがったりします。治療は原因に応じた処置を行いますが、早期に治療するほど負担が少なくて済みますので、日頃から猫の様子を見て異常があればすぐに獣医さんに連れて行ってあげましょう。

角膜炎

この猫種は角膜炎にかかりやすいです。角膜炎は、異物が目に入ったり、猫が目をこすって角膜に刺激が加わったり、ウイルスなどによる感染が原因で角膜に炎症が起きる病気です。これにかかると目のかゆみ、痛み、目やに、まぶたのけいれん等が起こります。症状が進行すると角膜が白濁したり、角膜潰瘍や角膜穿孔(角膜に穴が開くこと)が起こることもあります。点眼薬の投与によって治療を行いますが、角膜潰瘍に発展している場合などは手術が必要になります。感染症の予防にはワクチン接種が有効です。

ストレス性神経障害

この猫種はストレス性の神経障害にかかりやすいです。この病気ストレスがたまることによって発症します。ストレス要因としては、運動する場所がないとか、甘えたいのに飼い主が相手をしない、あるいはかまわれすぎてうっとおしい、急にトイレや餌の場所が変わった、お気に入りの物がなくなったなどさまざまです。最も多い症状が脱毛です。ストレスで、何度も同じ場所をなめて毛繕いするのでその箇所の毛が抜けてしまうのです。対処としてはストレス要因を取り除くことです。猫の様子が変わる前、何か環境の変化がなかったか思い返したり、猫がどのようなときに体をなめているかを観察して、考えられる要因を除去するようにしましょう。

病気にかかりにくいといっても、環境の変化や個体差、様々な要因で体調を崩してしまうことも…。
なんだかいつもと様子が違うかな?と感じたら、獣医さんに相談してみましょう。毎日一緒にいる飼い主さんの予感は当たることも多いですよ。

ベンガル猫の魅力についてのまとめ

いかがでしたか?こんなワイルドなベンガルちゃんがお家の家族ならみんなに自慢したくなっちゃいますね♪見た目とのギャップあるお茶目でキュートなネコさん。きっと、あなたの毎日を幸せにしてくれること間違いなしです!

楽天トラベル

ペットと泊まれる宿をお探しの方はこちら

楽天トラベル

外部サイトへ移動します

この記事のライター

関連するキーワード


ベンガル 飼い方

関連する投稿


超大型犬ボルゾイ!超大型犬だけど飼いやすい。

超大型犬ボルゾイ!超大型犬だけど飼いやすい。

体が大きくてシャープなボルゾイ。とても上品で、かっこいいですよね!飼ってみたいけれど、超大型犬だから飼育できるか不安…。暴れたらどうしよう…。そんな不安などで、飼うのをためらっている方もいらっしゃると思います。そこで、ボルゾイの性格や飼育法、注意すべき病気などについてご紹介していきたいと思います!


大きな体とハートの持ち主、メインクーンの特徴や性格について

大きな体とハートの持ち主、メインクーンの特徴や性格について

「ジェントル・ジャイアント(穏やかな巨人)」と呼ばれるメインクーン。大型の猫として知られています。ふわふわの毛が可愛いらしく、温和な性格でとても飼いやすい猫でもあります。そんなメインクーンの性格や特徴について紹介します。


飼いやすい猫?アメリカンショートヘアの魅力!性格、かかりやすい病気は?

飼いやすい猫?アメリカンショートヘアの魅力!性格、かかりやすい病気は?

「アメショ」といわれて親しまれる、丸顔に渦巻き柄で不満顔の猫。初めて猫と暮らす人にも飼いやすいアメリカンショートヘア。性格と特徴、飼う時に特に注意すること、おすすめのフード、アメショに会える猫カフェなど、アメリカンショートヘアに関することをまとめました。


気まぐれなペキニーズの性格や飼い方、お値段等を解説します!

気まぐれなペキニーズの性格や飼い方、お値段等を解説します!

「ペキニーズ」って犬の名前はよく聞いたり、テレビのペット番組なんかで見かけたことはあっても、実際の飼ってみないと、どんな性格をしてるかなんてわかりませんよね?そこでここでは、「まるで猫みたい!」という飼い主さんも多い、このペキニーズの性格や飼い方のコツ、実際の子犬のお値段相場なんかについて紹介したいと思います。


ロシアン・ブルーの特徴と性格 室内飼いにとってもオススメな理由

ロシアン・ブルーの特徴と性格 室内飼いにとってもオススメな理由

ロシアン・ブルーってどんな猫なの?ペットショップでよく見かけるけど……。ロシアン・ブルーの愛らしい姿に魅了されて、家族に迎えたいと思ったこともあるのではないでしょうか?そこで気になる、性格や特徴についてご紹介します!みなさん、知れば知るほど、ロシアン・ブルーにはまること間違いなしですよ☆


最新の投稿


秋の夜長におすすめ。犬の名演技が光る映画5選

秋の夜長におすすめ。犬の名演技が光る映画5選

肌寒くなる秋は、あたたかい家でのんびり映画鑑賞するのもいいですよね。秋の夜長に見ていただきたい、犬の名演技が光るおすすめ映画を5作品ご紹介します。


犬に好かれるコツや方法。犬から嫌われない人の共通点まとめ

犬に好かれるコツや方法。犬から嫌われない人の共通点まとめ

特に意識していなくても、なぜか犬に好かれて初対面でも仲良くなれる人がいますよね。このように犬に好かれる人は、嫌われる人とどこが違うのでしょうか?今回は、犬に好かれる人に見られる共通の条件についてご紹介いたします。


サマーカットで起こり得るトラブル。きちんと知って対処しよう!

サマーカットで起こり得るトラブル。きちんと知って対処しよう!

今や当たり前となったサマーカット。トリマーとして受けることが多い注文ですが、犬にとっては必ずしも良いことばかりではありません。そこで今回は、サマーカットのメリットとデメリットを踏まえながら起こり得るリスクへの対処方法について解説したいと思います。


心からの供養…愛犬が亡くなった後に必要な手続きと葬儀の種類は?

心からの供養…愛犬が亡くなった後に必要な手続きと葬儀の種類は?

動物は人より年を取るのが早く、ほとんどが早くに亡くなってしまいます。家族にたくさんの癒しを与えてくれた愛犬が亡くなったら、飼い主ができる最後の感謝の気持ちを伝える方法として、虹の橋を渡れるよう心からの供養を行いましょう。今回は、愛犬が亡くなったら何をするべきか、また、葬儀の種類をご紹介いたします。


愛犬のブラッシングの必要性とやり方のポイントを教えます!

愛犬のブラッシングの必要性とやり方のポイントを教えます!

犬も人間のようにブラッシングって必要?「ドッグショーに出場しなかったら特に必要じゃない。」と思うかもしれませんが…必要です!その必要な理由と、ブラッシングのやり方や簡単にできちゃうポイントを紹介!初めての方でも、愛犬のブラッシングが楽しくなるはず。