犬を車に乗せてドライブに出かける時の注意点?

犬を車に乗せてドライブに出かける時の注意点?

犬を病院へ連れていく時、ドライブや旅行へ連れていく時など、どのようにして車に乗せるのが良いのでしょうか。リードを外された犬が車の中を自由に座席を跳びまわっていては危険です。また、犬が窓から頭を出すことも、やはり危険ですから止めましょう。


犬とドライブ

犬用のシートベルトにもいろいろな止め方のシートベルトが売られているようになりました。

旅行やドライブで遠方へ出かける時には、高速道路を通るケースがあります。高速道路で窓を開けて顔を出すことは論外ですが、犬にもシートベルトを着けさせる、もしくは後部座席にクレートを置いて中に入っていてもらうとより安全です。クレートは、旅館やホテルで犬が寝る時にも使うことができます。

それでは、ドライブ中の、犬の注意点を見ていきましょう。

車が苦手な犬の場合

車の匂いが苦手なのか、車のエンジン音や振動が苦手なのか、車に乗ることを嫌がる犬もいるようです。ですが、動物病院へワクチンの接種に行くなど、そんな車が苦手な犬でも、どうしても車に乗せなければならない場合もあります。

車に乗ることを嫌がる子を慣れさせるために、少し離れた公園に連れて行って遊ばせてみましょう。
車は嫌でも公園に行くのは楽しい……ということで、特に体質的に車が合わないわけでもない場合、このようなやり方で車嫌いが改善することがあります。

犬用のドライブグッズ

子どものチャイルドシートにも負けないほど、近年では犬用のドライブ安全グッズは充実してきています。

ドライブボックスは、小型犬用ですが、内側にやわらかい素材の緩衝材が張り巡らされていて、揺れても安全です。また、シートベルトやセイフティハーネがあります。ハーネスは上半身を護りますので、より安全で安心です。

ソフトクレートは、クレート(3方を囲まれたケージ)の内側に緩衝材が張り付けてありますので、揺れても大丈夫です。

ドライブシートは、座席の前後にハンモックのようにくくりつけて後部座席に犬が座ります。座席が汚れないことが一番のポイントです。とくに、大型犬などに便利です。

シートベルトやクレートに慣れておく

犬の安全を考えたドライブグッズを見てきましたが、子犬の頃から、このようなシートベルトを着けることやクレートに入ることに慣れておくと、旅行などで長距離の移動をする場合でも、いつもと同じ感覚で車に乗ることができるでしょう。

人間はシートベルトを必ず着用しなければなりません。赤ちゃんから6歳まで(身長140cmまで)はチャイルドシートが義務付けられています。犬の場合は、まだ法律で義務付けられてはいませんが、車に乗っていて、同じ危険に晒される可能性があることは事実です。

人間の場合は、シートベルトやチャイルドシートを着用していないと、運転者が罰せられます。犬がシートベルトを着けていなくても罰せられるということはありませんが、とはいえ子犬を膝の上に乗せて運転した場合は、道路交通法違反になります。また、危険ですから絶対にやめましょう。

愛犬の乗り物酔いの原因と対策

犬は、平衡感覚が敏感であることから、車酔いが多く見られるといわれています。
エンジンの振動と音を聞きながら狭い空間の車に乗っていると、犬は、どこへ行くのかわかりませんからしばしば不安になります。また閉ざされた車内はいろいろな臭いが篭っています。こうしたことが重なって乗り物酔いになります。車酔いをする犬は少なくありません。

下記、車酔いを避けるポイント6つです。

1. 子犬の頃から、車に慣れさせておきましょう。ドライブが楽しいということがわかると、長いドライブも大丈夫になってくることがあります。


2. 消臭スプレーで匂いを断ってみましょう。また、高速道路では無理ですが、窓を少し開けて空気を入れるのもよいでしょう。犬の好きなヒノキの香りやペパーミント、ジンジャーの香りなど、犬用のアロマスプレーを散布してあげるのも効果があります。


3. 長いドライブでは、例えば、トイレ休憩を1時間ごとに取って、散歩をして新鮮な空気を吸わせます。水も大量ではなく飲ませておくとよいでしょう。


4. 乗り物酔いをするとわかっている犬の場合は、酔うと吐きますから車に乗る前には食事を控えるか、分量を減らしておきます。

5. 山道での急カーブや急ブレーキなど、荒っぽい運転は絶対にしないようにしましょう。体が揺れることは犬でも車酔いの原因になります。


6. 酔い止めの薬を与える場合は、必ず、犬のために病院で処方されたものを用いましょう。

まとめ

車やドライブが好きな犬もいれば、車が苦手な犬がいることも、車酔いをする犬もいます。
動物病院へ行く時など車に乗る機会は多いものですが、犬と一緒のドライブを楽しむためには、まず、子犬の頃から少し離れた公園などの遊べる場所に連れて行って、車に乗ると楽しいことに出会えるということに慣れさせていくようにしましょう。

また大事なことは、車の乗り方です。運転の邪魔をさせないことが鉄則ですから、そのために考えられた犬用のシートベルトやドライブボックスやクレートやシートなどのドライブグッズを利用して、犬の安全とともに、車の安全運転を心がけましょう。

楽天トラベル

ペットと泊まれる宿をお探しの方はこちら

楽天トラベル

外部サイトへ移動します

この記事のライター

関連する投稿


愛犬の困った噛み癖。トリミングサロンで断られないためにできること

愛犬の困った噛み癖。トリミングサロンで断られないためにできること

「次回からはお受けできません」とてもショックな言葉ですよね。噛み癖のある犬はトリミングサロンで断られてしまうこともあります。今回は、犬が咬む理由と、サロンで断られないために飼い主さんができることをご紹介したいと思います。


ペット用のフロアコーティングって?

ペット用のフロアコーティングって?

フローリングでの生活はペットに大きな負担を与えてしまうことがあります。気になるペット用フロアコーティングにはどのようなメリットがあるのでしょうか。


ペット可の賃貸物件はトラブルが付きもの?物件選びは慎重に!

ペット可の賃貸物件はトラブルが付きもの?物件選びは慎重に!

犬を飼育する人の数が増える中、ペット可の賃貸物件での隣人トラブルが多発しているようです。賃貸に住んでいてこれから犬を飼おうと思っている人や、賃貸物件への引っ越しを検討している人は要チェックです。


知っておきたい犬時間 犬の時間感覚とは

知っておきたい犬時間 犬の時間感覚とは

犬の平均寿命は私たち人間のそれよりもずっと短いものです。それゆえに、密度の濃い時間を一緒に過ごしたいものです。犬の立場から「時間」の使い方を考えてみましょう。


トリミングは何ミリが理想?トリマーが使うバリカンについて解説します!

トリミングは何ミリが理想?トリマーが使うバリカンについて解説します!

トリミングしたときの毛の長さはバリカン刃によって決まります。また、犬の体のどの部分を刈るかによっても仕上がりの印象は変わってきます。今回は、普段トリマーが使っているバリカンについて解説したいと思います。


最新の投稿


愛犬の困った噛み癖。トリミングサロンで断られないためにできること

愛犬の困った噛み癖。トリミングサロンで断られないためにできること

「次回からはお受けできません」とてもショックな言葉ですよね。噛み癖のある犬はトリミングサロンで断られてしまうこともあります。今回は、犬が咬む理由と、サロンで断られないために飼い主さんができることをご紹介したいと思います。


ビーグルってどんな犬?性格や飼い方について

ビーグルってどんな犬?性格や飼い方について

大きく垂れた耳が特徴のビーグル。スヌーピーのモデルになった犬としても有名です。ペットとしての人気も安定的に高く、これからビーグルを迎え入れようと考えている人もいるのではないでしょうか?


ペット用のフロアコーティングって?

ペット用のフロアコーティングって?

フローリングでの生活はペットに大きな負担を与えてしまうことがあります。気になるペット用フロアコーティングにはどのようなメリットがあるのでしょうか。


ペット可の賃貸物件はトラブルが付きもの?物件選びは慎重に!

ペット可の賃貸物件はトラブルが付きもの?物件選びは慎重に!

犬を飼育する人の数が増える中、ペット可の賃貸物件での隣人トラブルが多発しているようです。賃貸に住んでいてこれから犬を飼おうと思っている人や、賃貸物件への引っ越しを検討している人は要チェックです。


フクロウって飼えるの?飼い方、性格について

フクロウって飼えるの?飼い方、性格について

大きな瞳とそのたたずまいが印象的なフクロウ。その独特の容姿に魅了され、ペットとしてフクロウを飼いたいと思う人もいるのではないでしょうか?しかし、フクロウを家庭で飼育することは決して簡単ではありません。ここでは、フクロウを一般家庭でペットとして飼う際の基礎知識を紹介します。