大型犬を飼いたい!飼う前に知っておきたい大型犬の特徴5選

大型犬を飼いたい!飼う前に知っておきたい大型犬の特徴5選

伴侶として頼りになる聡明な犬、走るために生まれてきたような流線型のボディが美しい犬、豪奢な毛に覆われゆっくりとした動きで癒してくれる犬など、大型犬には小型犬とは全く違う魅力が詰まっています。そんな大型犬と楽しいドッグライフを送るために、飼う前に知っておきたい特徴を5つピックアップしてみました。


大型犬は頼りがいがあり、独特の魅力を持っていますが、飼う前に予めその特徴を知っておかなければ手に負えない存在になってしまったり、予想外の苦労を負うことになってしまいます。大型犬を飼う前に知っておきたい特徴5つを紹介します。

【ポイント1】犬種の特徴をおさえておこう

小型犬は、中~大型だった犬を家庭犬向け・愛玩犬にするべく、小さく改良していったケースが多くあります。体のサイズ以外にも、性格も愛玩犬として改良された犬種が多くいます。

しかし、大型犬は小型化という改良をされていません。闘犬として改良されたそのままの姿、荷やソリを引く犬として改良された姿、野山を駆けまわって猟をするための犬など、「人の役に立つよう、使役するために改良された姿そのまま」であるのが大型犬です。

【ジャーマン・シェパード】牧羊犬、警察犬、護衛犬、盲導犬、番犬、救助犬
【グレート・デーン】猟犬、護衛犬、番犬
【ドーベルマン】護身用番犬、警察犬、軍用犬
【ボクサー】猟犬、警備犬、警察犬、軍用犬
【バーニーズ・マウンテン・ドッグ】荷車を引く作業犬、護衛犬
【ゴールデン・レトリーバー】鳥猟犬、盲導犬、救助犬
【ラブラドール・レトリーバー】鳥猟犬、地雷探知犬、盲導犬、警察犬、介助犬
【アフガン・ハウンド】ヒョウやガゼル猟、家畜の護衛犬
【ボルゾイ】猟犬、レース犬
【グレーハウンド】猟犬、レース犬

このように、多くの大型犬が、猟、護衛、作業、レースといった特定の目的のために作出されています。狩りの本能が強かったり、護衛・番犬として能力が高かったり、走るのが非常に早い、エネルギッシュで体力が豊富など、小型犬にない特徴を持っています。

ほとんどの特徴が、その犬の本能を表しており、レース犬の場合は小動物を追う速度が驚くほど速く、人がとても追いつくことができないことを示しています。また、猟の本能が強い犬は、小動物を見つけると本能的に追いかけることがあります。

こうした特徴を把握した上で、その本能を発揮させて満足させると同時に、場所によっては抑制し、人の社会ルールに馴染むようしつける必要があります。

【ポイント2】運動第一! 毎日の散歩+αが必要

大型犬は、とにかく体力豊富でエネルギッシュ、走る速度も恐ろしく速いものです。大型犬の成犬と人が真っ向勝負したら人はとてもかないません。

運動不足になると肥満のリスクが高くなり、肥満になると関節やホルモン系の病気、ストレスからくる精神的な病気に掛かりやすくなります。

精神的な病気にかかると問題行動を起こす可能性が高くなり、場合によっては飼い主や家族に大ケガを負わせる危険もあります。

毎日、1時間以上の散歩を2回は行い、満足いくまで運動しましょう。理想を言えば、運動場付きの犬舎を与え、家にいるときも自由に動き回れるようにしてあげたいものです。

さらに、定期的にリードを外して自由に走り回れる環境も与えてあげたいですね。毎日の散歩以外にも、犬の本能を発揮できる(水鳥猟犬なら、水に飛び込んで泳ぐ、レース犬なら思う存分走る)場所を与えてあげたいものです。

ただし、犬をフリーにする場合は場所を慎重に選ぶ必要があります。必ず飼い主の元へ戻ってくるようしつけておくことは必須ですし、犬の安全や周囲の環境や動物、人に対する配慮も必要です。

こうした、犬の運動量や、特徴・本能を満たしてあげられる環境を確保できるかどうか。これが大きなポイントになります。

【ポイント3】車&体力が欠かせない

大型犬を入れるケージは非常に大きなサイズになります。動物病院に行く、ドッグランに行く、旅行に行くなど、移動の際には車が欠かせません。車も場合によってはケージが入る大きなものに買い替えなければならない可能性もあります。

ケージを移動させる力、体力が飼い主に求められます。この体力は日常的な散歩の面でも、病気や老後の介護の時に30kg前後の犬を介助する時にも必須です。

犬は飼い始めると10年以上生きます。飼い始めた時の飼い主の年齢、犬が老犬になった時のことを、犬を飼う前に考えてみてください。

現状が大型犬を飼うのに充分な環境かどうか。チェックしたいですね。

【ポイント4】しつけ教室を探しておこう

初めて犬を飼う人、ドーベルマンやシェパードと行った軍用犬にもなりうる犬の場合は、しつけ教室やトレーニング・スクールで確実なしつけを行っておく方がいいでしょう。

大型犬は成犬になると人が力で太刀打ちできません。確実に人に服従し、人の指示を聞く犬に育てておかなければ、社会問題にもなりかねません。

成犬になってからのトラブルを避けるために、確実なしつけを考えておいてください。しつけ教室やスクールが近くにあるといいですね。

【ポイント5】犬のための貯金が必要

大型犬は食べる量が多く、飼養管理に必要なスペースも広く、病気になった時の医療費も高くなります。

小型犬よりも必要な費用は高くなり、病気で入院したり手術した場合は数十万円のお金が必要になることもあります。

犬の医療費は全額を飼い主が負担します。人のような公的医療制度がないので「毎月お金を積み立てておく」「ペット保険に入る」といった対策を取り、いざ、という時にまとまったお金を出せるようにしておきましょう。

特徴をよく知った上で飼い始めよう

大型犬は小型犬にない魅力に溢れたいい伴侶になる犬です。しかし、愛玩犬として改良されていない分、特定の目的のために改良された犬の本能を強く残しています。

この特徴を把握し、その本能を満たしたり、場合によっては抑制する術を飼い主が身につけていなければなりません。

大型犬を飼うには、お金も体力も時間もスペースも必要です。憧れだけでなく、こうしたことをしっかり把握した上で楽しく幸せなドッグライフを送ってくださいね。

楽天トラベル

ペットと泊まれる宿をお探しの方はこちら

楽天トラベル

外部サイトへ移動します

この記事のライター

関連するキーワード


大型犬 特徴 魅力

関連する投稿


立ち姿が凛々しい!ド―ベルマンってどんな犬?

立ち姿が凛々しい!ド―ベルマンってどんな犬?

真っ黒で短い毛並みのド―ベルマン!とってもかっこいいですよね!少し怖いイメージを持つ方もいらっしゃるかもしれませんが、ド―ベルマンはどのような犬種なのでしょうか?


超大型犬ボルゾイ!超大型犬だけど飼いやすい。

超大型犬ボルゾイ!超大型犬だけど飼いやすい。

体が大きくてシャープなボルゾイ。とても上品で、かっこいいですよね!飼ってみたいけれど、超大型犬だから飼育できるか不安…。暴れたらどうしよう…。そんな不安などで、飼うのをためらっている方もいらっしゃると思います。そこで、ボルゾイの性格や飼育法、注意すべき病気などについてご紹介していきたいと思います!


ラブラドール・レトリバーを飼う前に!歴史や毛色、ミックス犬を紹介!

ラブラドール・レトリバーを飼う前に!歴史や毛色、ミックス犬を紹介!

愛らしく賢い、ラブラドール・レトリバー。飼育する前に歴史や毛色の種類を知って、基本的なラブラドールの知識を身に着けてみてはいかがでしょうか?ラブラドールの成犬時の大きさや、性別での性格の違い、ラブラドールと他犬種のミックス犬に関してもご紹介したいと思います!


ミックス犬は魅力がいっぱい!人気の理由と人気の犬種!

ミックス犬は魅力がいっぱい!人気の理由と人気の犬種!

ミックス犬は純血統犬とは違う魅力にあふれています。ミックス犬を求めて買い求める方も、少なくありません。ミックス犬が選ばれる理由は?どんな種類が人気があるの?その疑問にズバリお答えします!


超小型犬から超大型犬までの大きさと犬種って?定義はあるの?

超小型犬から超大型犬までの大きさと犬種って?定義はあるの?

犬を飼うにあたって目安の一つになるのが、成犬時の大きさです。飼い主のライフスタイルに合わせた犬種を選び、その中から犬種を選ぶと言う方もいらっしゃると思います。そこで今回は超小型犬から超大型犬までの成犬時の大きさの比較と、犬種についてご紹介したいと思います!


最新の投稿


犬に好かれるコツや方法。犬から嫌われない人の共通点まとめ

犬に好かれるコツや方法。犬から嫌われない人の共通点まとめ

特に意識していなくても、なぜか犬に好かれて初対面でも仲良くなれる人がいますよね。このように犬に好かれる人は、嫌われる人とどこが違うのでしょうか?今回は、犬に好かれる人に見られる共通の条件についてご紹介いたします。


サマーカットで起こり得るトラブル。きちんと知って対処しよう!

サマーカットで起こり得るトラブル。きちんと知って対処しよう!

今や当たり前となったサマーカット。トリマーとして受けることが多い注文ですが、犬にとっては必ずしも良いことばかりではありません。そこで今回は、サマーカットのメリットとデメリットを踏まえながら起こり得るリスクへの対処方法について解説したいと思います。


心からの供養…愛犬が亡くなった後に必要な手続きと葬儀の種類は?

心からの供養…愛犬が亡くなった後に必要な手続きと葬儀の種類は?

動物は人より年を取るのが早く、ほとんどが早くに亡くなってしまいます。家族にたくさんの癒しを与えてくれた愛犬が亡くなったら、飼い主ができる最後の感謝の気持ちを伝える方法として、虹の橋を渡れるよう心からの供養を行いましょう。今回は、愛犬が亡くなったら何をするべきか、また、葬儀の種類をご紹介いたします。


愛犬のブラッシングの必要性とやり方のポイントを教えます!

愛犬のブラッシングの必要性とやり方のポイントを教えます!

犬も人間のようにブラッシングって必要?「ドッグショーに出場しなかったら特に必要じゃない。」と思うかもしれませんが…必要です!その必要な理由と、ブラッシングのやり方や簡単にできちゃうポイントを紹介!初めての方でも、愛犬のブラッシングが楽しくなるはず。


立ち姿が凛々しい!ド―ベルマンってどんな犬?

立ち姿が凛々しい!ド―ベルマンってどんな犬?

真っ黒で短い毛並みのド―ベルマン!とってもかっこいいですよね!少し怖いイメージを持つ方もいらっしゃるかもしれませんが、ド―ベルマンはどのような犬種なのでしょうか?