もっと出かけたい!愛猫と一緒の自由気ままなお出かけ

もっと出かけたい!愛猫と一緒の自由気ままなお出かけ

猫とのお出かけってあまり聞かないですよね。犬に比べると一緒に旅行したという話が少ない猫。気まぐれ猫たちは果たしてお出かけ出来るのでしょうか? これから愛猫と旅行したい!たくさんお出かけしたい!と考えてる飼い主さんにお役立ち情報をお届します!!


愛猫とお出かけするには?

うちの猫は外出できる?出かける前にチェック

子猫のうちにゲージやキャリーバッグ、ハーネスに慣れている猫だとお出かけはスムーズかもしれませんね。
お出かけに慣れていない猫の場合、突然お出かけに連れ出してしまうとパニックを起こして脱走し、そのまま会えなくなってしまった…そんな話を聞く事もあります。
慣れてない場合は、旅行に出かける前にゲージやキャリーバッグに入れて何度か外出をしてみましょう。そして長時間のお出掛けが可能かどうか確認しましょう。

子猫のうちからゲージやキャリーバッグ、ハーネスに慣れさせておくとお出かけのストレスを感じにくくなりますよ。

また、車酔いをしてしまう猫もいるので酔いやすい体質かチェックしておきましょう。酔いやすい猫には動物病院で薬を処方してもらったり、注射をしてもらえばある程度は防げるようですよ。

猫もお留守番できるんです!

猫のお留守番、飼い主が仕事から帰って来るまでならよくある事ですよね。飼い主が旅行に行っている間の猫のお留守番ってイメージわきますか?
猫は家につく動物と言われます、室内飼いされている猫は≪家が縄張り≫なので、住み慣れた家を離れる事を好みません。
特に今までお出かけの経験がない猫は慣れない場所で不安やストレスを感じる事の方が多いんです。

「お留守番なんてかわいそう!」「留守番なんて無理よ」と思ってしまうのは飼い主の勝手な想像なんです。

お出かけに慣れてない猫の場合、1~2日程度であれば連れて行くよりもお留守番させる方がいいんです。
慣れない事へのストレスで食欲をなくしたり体調不良を起こす原因にもなります。
留守番をさせる場合は、十分なドライフード、水、予備のトイレを用意しましょう。また、長期のお出掛けの場合は家族や友人、ペットシッターに頼み自宅でお世話してもらうのがベストです。
もしくは、ペットホテルという選択肢もありますが、出来ればお留守番をする際は猫の慣れた家がいいですね。

どうしても愛猫とのお出かけを楽しみたい!

お出かけになれてない猫

外出に慣れてない猫を連れ出すには、ゲージやキャリーバッグに入れるのはもちろんですが、ハーネスやリードを付けると安全です。また、ゲージやキャリーバッグに入れる前にインナーキャリーや洗濯ネットに入れるなど猫が逃げ出さないよう、怪我をしないように対策が必要です。
もし逃げてしまった時のために迷子札も付けておくと安心です。

ゲージやキャリーバッグ=病院など、嫌なイメージや経験があると、そのもの自体を見ただけで逃げ出す子もいます。そうでなくても素直に入ってくれないと手を焼きますよね。普段からゲージ、キャリーバッグ、リードに慣れさせておくとスムーズに出かけられます。

中にはお出かけ自体がストレスになってしまう猫もいます。そんな場合ゲージやキャリーバッグに入れただけでおしっこや便をもらしてしまう場合があります。前もって中におしっこシートや新聞紙を敷いておくのが良いでしょう。また、猫の安心するものなどを一緒に入れて安心させてあげると落ち着きやすくなります。

猫とのお出かけ前の準備

猫とのお出かけが決まったら、何日か前から猫の体調などを観察しておきましょう。また、ゲージやキャリーバッグに慣れさせるために中で食事をとらせたりしてみましょう。
さらにゲージやキャリーバッグの中に広めの空間があると神経質になってしまう猫もいます。隅っこで丸く固まってしまう猫であれば、タオルなどを入れて広い空間をなくして安心させてあげて下さい。

持ち物チェック!

猫とのお出かけに必要な持ち物の一例です。

□ゲージ又はキャリーバッグ
□リードやハーネス
□迷子札
□キャットフード
□水
□食器
□シリンジ
□携帯用トイレ
□タオル
□ビニール袋
□ウエットティッシュ
□粘着テープ
□消毒薬やバンドエイド
□消臭スプレー

愛猫とのドライブと宿泊の注意点

猫とドライブするときの車内での注意

基本的に車中ではゲージやキャリーバッグに入れて移動しましょう。直射日光に当たらない風通しのいい場所においてあげましょう。
緊張や移動のストレス、体温上昇などで猫がハァハァと息が荒くなったらエアコンをつけたりして車内の温度を下げてあげましょう。
この時、猫に直接風が当たらないように注意しましょう。真夏のお出掛けは保冷剤をまいたタオルをキャリーバッグなどの中に入れると、猫が快適に過ごせます。

・ハーネスとリードは必須
車内で猫を放す場合は、車のドアや窓を開ける時はキャリーバッグなどに必ず入れましょう。脱走などのトラブルを防げます。
また、運転者と猫だけで移動する際は車中で猫を自由にしてはいけません。アクセルペダルやブレーキのある狭い所にはまるなど注意をそがれて事故の原因になり大変危険です。もし放してあげたい場合はハーネスとリードを使い猫が動ける範囲を制限しましょう。

・猫用トイレの設置
長距離・長時間の移動は車内に猫用トイレを設置しましょう。

・水を飲ませましょう
猫は緊張してしまうと水を飲みたくても我慢してしまう事があります。水を飲んでいる様子がなければ2~3時間に1度は車を止めて休憩をとるように心がけましょう。シリンジで猫に水を飲ませると便利です。
シリンジを使って猫の口の横から水を少しずつ流し込みます。嫌がっていたら口を湿らせるだけでも大丈夫です。猫がハァハァと荒い呼吸の時、夏場の暑い時期の移動は休憩時間をとるたびにお水を飲ませてあげて下さい。

宿に泊まる

宿に着き部屋に入ったら、トイレ、爪とぎ、寝場所を用意して下さい。慣れない環境なので、隠れようと狭い所に行ったりするので部屋に慣れるまではしっかり見守ってあげましょう。
それぞれの宿泊施設によってルールがあるので、事前にしっかりチェックしてから予約を取りましょう。

愛猫と宿泊の際の注意点

・部屋から出る時は必ずリードをつなぐかキャリーバッグなどに入れましょう。

・室内やそれ以外の場所で、ゲージの中に入れておくのは大丈夫です。

・もし粗相をしてしまったら掃除をして宿の人に報告をする。

・帰宅時は部屋をきれいに掃除する。

・汚れたシートや汚物は指定の場所に始末するか、持ち帰る。

まとめ

可愛いペットとの旅はとても楽しいし、いい思い出になりますよね。
猫は住み慣れた家を好む傾向があるので、突然のお出かけ!ではなく少しづつ様子を見て慣らしていってからのお出かけが【猫思い】ですね。
もし愛猫とのお出かけを夢見ているなら、小さい時からの慣らしがスムーズなお出かけにつながります。大人になっているお出かけ未経験の猫も飼い主とのトレーニングと、飼い主の気づかいでスムーズにお出かけが出来るようになると思います。
可愛い愛猫とお互いに無理をせず、のんびり気ままなお出かけを楽しんでみて下さい!

楽天トラベル

ペットと泊まれる宿をお探しの方はこちら

楽天トラベル

外部サイトへ移動します

この記事のライター