【猫の飼い方】初めて子猫を飼う前に抑えるべきの8つのポイント

【猫の飼い方】初めて子猫を飼う前に抑えるべきの8つのポイント

猫を飼い始めたら、どのくらい費用がかかるの?迎える前にしておくべき準備は?飼い始めてから慌てることの無いようにしたいですね。必ずチェックしておきたい8つのチェックポイントをご紹介します!


目次

1.心の準備と覚悟。猫を飼うための10の条件

毛むくじゃらのかわいらしい表情で人の心を鷲掴みにする子猫。
でも、どうか気をつけて下さい。それは罠です。

家に入れたが最後、あっという間に家の主人の座をかっさらい、言うことは聞かない、思い通りにはならない。
人も室内も傷だらけになります。
もちろんお金もかかるし、病気にもなる。
猫の為に我慢しなければならないこともたくさん出てきます。

でも、飼い始めたら、途中でやめることは出来ません。

猫を迎える前に、10年後、20年後も猫がいる生活を想像をしてみてください。

以下にあげる10の条件をクリアしていないと、取り返しのつかないことになるかもしれません。

1.猫と暮らせる環境に住んでいる

もしペット不可物件にお住まいであれば、引っ越してから猫を迎えましょう。
こっそり飼うのはお互いの不幸の元です。

2.猫を飼い続ける経済的な余裕がある。

飼育費用や初期費用の他に医療費などの出費があります。

3.猫の飼育に協力をしてくれる人がいる。

出張や入院など、いざとなった時に協力してくれる家族や友人を確保しましょう。

4.転居の可能性はほとんどない。

海外に転居などの可能性があるならば、猫の飼育は諦めるのがベストです。
国内であっても、猫は環境の変化が苦手なため、出来るだけ転居のない生活が望ましいです。
「転勤でペット不可の住宅になり飼えなくなった」というのは、猫を手放す理由で多いものの一つです。

5.家族や同居人の同意がある。

今一緒に暮らす人はもちろん、将来一緒に暮らす可能性のある人のことも考えましょう。
また、同居人の誰かにネコアレルギーがあると、猫も人も辛くなりますので、アレルギーの程度にもよりますが、慎重な判断が必要です。

6.猫のために自分の時間を多少犠牲するのは当然。

特に子猫の時代は、たくさん遊び相手をする必要がありますし、愛情も必要とします。
また病気になったら病院に通ったり、介護をする時間も必要です。
猫は一方的に人間を癒す生き物ではないので、仕事や趣味などで忙しく時間の余裕がない場合は、猫がいることがストレスになり、猫も人も辛くなるでしょう。

7.猫のためなら旅行を我慢できる。

もしも、今は旅行を楽しみたいという場合は、お互いのストレスにならないよう、時期を改めることをおすすめします。

8.イタズラや邪魔は猫の魅力のうち。引っかき傷ウェルカム!

本人的にはイタズラではないですが、家の中は、猫によって一通りリフォームが行われるでしょう。
ティッシュペーパーや大切な書類は、猫は本来の目的には使用しません。
人間が見ているテレビの前や使用中のパソコンのキーボードの上は猫が大好きな場所です。
人が寝ていると、顔の上を横切って歩き、立っていれば爪研ぎ付きのキャットタワーとして扱われるでしょう。
猫は「しつけ」ができない生き物です。

9.猫のためなら嫌いな掃除や片付けも致します。

猫は好奇心旺盛です。誤飲や誤食などの事故につながるものは片付ける必要があります。
また、抜け毛もありますのでこまめな掃除も必要です。不衛生な環境は病気の原因にもなります。

10.猫の最期を看取る覚悟がある。

ペットとのお別れは辛いものです。しかし、その時期は必ずやってきます。
また、病気で辛そうな猫を看るのは、人も辛いでしょう。
最後まで変わらぬ愛情を持ってケアをし、猫が穏やかに旅立てるように見送る覚悟が必要です。

2.猫を飼うためにかかる費用を考える

猫にかかる費用はどのくらい考えておく必要があるでしょうか?
実際に、どの様な支出があり、いくらくらい掛かるのか見てみましょう。
我が家のケースも含め、ご紹介します。

初期費用

初期費用としては、以下の様なものが考えられます。

●猫を迎え入れる際にかかる費用
《0円〜数十万円》

こちらは、どの様な手段で猫を迎えるかによりますね。

●最低限の生活用品
《数千円〜数万円》

トイレ、キャリーケージ、食器など、とりあえず必要なものを揃える必要があります。

●不妊去勢手術代
《20,000円〜40,000円程度》

猫を迎えたら、まだ終わっていない場合、適当な時期に必ず不妊去勢手術を行いましょう。
費用は動物病院により異なります。
不妊去勢手術そのものの費用は、オスが12,000円〜16,000円、メスが21,000〜25,000円程度になります。
その他、手術の際に必要な全身検査や、血液検査の費用が同時に数千円かかります。

我が家の場合、メス1匹の不妊手術に掛かった費用は、検査料などを含め、約34,000円でした。

●ワクチン代
《5,000円〜6,000円程度》

迎えた猫が1年以上ワクチンをしていない場合は必ず行いましょう。
こちらも動物病院により異なりますが、3種混合ワクチンで、概ね5,000円〜6,000円程度です。

我が家の場合、1匹にかかったワクチン代は、診察料を含め5,400円でした。

フード代

目安:1匹2,000円〜4,000円/月

アニコム損害保険の2015年の調査結果を見ると、ペットオーナーが猫にかけた食費は1年で36,309円(1か月で3,000円強)になっています。

ペットフードのメーカー、ロイヤルカナンの公式サイトでは、成猫用の一般的なフードが、2kgで3,402円。
こちらは体重が4〜5kgの猫が1か月で消費する量になります。

猫によっては、療法食に切り替えが必要になってくることもあります。
療法食は、一般的なフードよりも割高になると考えた方がいいでしょう。

どの様な手段で購入するか、どの様なフードを選ぶかにもよりますが、一匹につき、月に2,000円から4,000円程度を目安に考えておくとよいと思います。

日常的に消費するフード類は、毎月お届けサービスなどを利用すると、費用を押さえられますよ。

日用品費(トイレ砂、おもちゃ、爪研ぎ、キャットタワーなど)

目安:1,000円〜3,000円/月

猫砂だけなら1匹だと月に数百円くらいだと思うので、その他のものにどれだけかけるかによりますね。
おもちゃは結構すぐ壊れるし、キャットタワーも使っているとボロボロになるので、最低でも何回かは買い替えが必要になります。

多分猫に頼まれなくても色々買っちゃうと思いますが、猫に貢ぎすぎて家庭が崩壊しない様に気をつけてくださいね。

猫の予防医療費

目安:5,000円〜20,000円/年

健康な猫でも、1年に一度は動物病院に行き、ワクチン接種を行うのが望ましいです。
診てもらうことで病気の早期発見にも繋がります。
高齢になってきたら、血液検査も行った方がいいでしょう。

猫の医療費

0円〜数十万円

健康ならかかりませんが、一生全く医療費がかからないケースは稀でしょう。
高齢になると腎不全や甲状腺機能亢進症などを発症する猫はとても多いです。
また、手術や入院になると、人間の様に健康保険がありませんので非常に高額な医療費がかかります。

猫が病気になった時に、費用のために治療を躊躇しなくて済む様、医療費に充てられる経済的な余裕が必ず必要です。

我が家の場合、これまで大きな出費のあった治療の例としては下記の様なものがありました。

・歯肉炎治療(入院あり):6,8000円程度
・先天的な疾患の検査、手術、入院など:200,000円以上

その他、薬代が毎月数千円かかっています。

ペット保険料/ペット積立金

1,000円未満〜2,500円程度/月

いざとなった時のために、ペット保険に入っておくというのはとても良い方法だと思います。
保険料が1,000円以内の少額のものからあります。
また、ペット保険は予防医療(ワクチンなど)には使えないのでご注意ください。

保険料の代わりに、治療費に充てられるペット貯金として毎月1,000円や10,000円などを決めて積み立てておくという方法もいいと思いますよ。

ペットシッター、ペットホテル

こちらは全く使用しない人も多いと思いますが、2015年のアニコムの調査だと、1年でその平均は17,954円の支出でした。

光熱費

忘れがちなのが光熱費。
ペットがいなくたって勿論かかるものですが、ペットを飼い始めると、自分が外出している時間も、室温調整をする必要があります。
24時間つけっぱなしになる時期もあるので、結構バカになりません。

一ヶ月の支出の目安まとめ

アニコム損害保険が行った調査によると、2015年の1年間にアニコムペット保険加入の猫のオーナーが猫にかけた費用の平均は171,216円でした。
1か月に平均すると、約14,268円になります。

これまでにあげた費用をまとめると、初期費用を除いた、一ヶ月に猫1匹にかかる費用は、治療費の有無などによりますが、月々に平均すると4,500円〜20,000円が目安になりそうです。
多くかかってしまった場合を想定して、準備したいですね。

3.愛猫のための動物病院を探しておく

猫は環境の変化に弱い生き物です。
初めての環境に戸惑い、体調を崩してしまうこともあります。
特に、子猫は小さな赤ん坊のようなものです。免疫力が低いので、感染症にもかかりやすくなります。

すぐに動物病院にお世話になることもあるので、猫を迎える前に、近隣の病院を確認しておきましょう。

4.室内飼育が推奨される理由と、猫の脱走防止の対策

猫が家や外を出入りしていたのも、今は昔。
今の飼い方の主流は、完全室内飼育です。
なぜ、外に出さない方がいいのでしょうか?家の中だけだとかわいそう?

猫を外に出す4つのリスク

●感染症、怪我

外に出る猫は、他の猫と接触をしたり、ノミやダニを介して、感染症や寄生虫を貰いやすくなります。
中には命に関わるウィルスもあります。
ワクチンをしていれば大丈夫かというと、そうではありません。
FIV(猫エイズ)の様に、ワクチンでは防げない病気もあります。

また、猫は縄張りを持つ生き物のため、野良猫などと喧嘩をし、怪我をしたり、病気を貰ってしまうこともあります。

●交通事故

うちの近くは大丈夫、ということは絶対にありません。
私自身、これまでに交通事故にあった猫を見たのは一度や二度ではありません。

●妊娠
こちらは、不妊去勢手術をしていれば防げます。完全室内飼育であっても、万一脱走した時のことも考え、必ず手術しましょう。

●近隣とのトラブル、虐待

世の中は猫が好きな人ばかりではありません。

また、自分の家の猫が、隣の敷地で排泄をするなどで、ご近所とのトラブルの元になり、最終的には引っ越さざるを得なくなることも想定されます。

猫の脱走防止対策

上述の通り、猫を外に出すのは大変危険なことです。

マンションのベランダであれば大丈夫でしょうか?
猫は跳躍力に優れていますので、マンションの柵程度なら簡単に乗り越えてしまう危険があります。
マンションのベランダからの落下事故、柵を伝っての脱走の危険がありますので、ベランダや庭にも出さないことを推奨します。

ただ、「じゃあ、絶対外に出ないでね。」と猫に伝えるだけでは、猫が脱走をする危険がありますよね。

どの様な時に猫は逃げてしまうことがあるのでしょうか?

・飼い主または家族が家の出入りをする際。(特に、お年寄りや小さな子どもがいる場合は注意が必要)
・窓を網戸にしておいたが、網戸を開けて脱走。
・宅配業者が来た際に玄関から。
・洗濯物を干す時に、ベランダから。
・これまで外に出たがったことがなかったので油断した。
・柵で囲んで庭まで出していたが、柵を乗り越えて逃げた。

などなどです。

それでは、どの様に防げば良いか、幾つかの例をご紹介しますので、参考になさって下さい。

●玄関の出入りがある際には、玄関に直結しない部屋にいて貰うか、猫の脱走防止用の扉を玄関前につける。
また、猫は引き戸はもちろん、ドアノブにぶら下がって器用にドアを開けるので、鍵をかけるなどの対策も必要です。

●網戸にするなら、網戸ロックをつける。網戸を爪で破く猫もいるので、網戸にしている時は、目を離さない。高いところの窓も油断禁物です。
我が家の場合は、網戸の前にはラティスをつけて防いでいます。

●宅配業者などが来る時は、別部屋に移動する。ワンルームなどの場合は、その間だけケージに入ってもらう。

●人間がベランダに出る際も、猫を別の部屋に移動するか、ケージに入ってもらう。

5.猫を迎えた初日から必要になるもの

キャリーケージ、キャリーバッグ

色々な種類がありますが、お薦めは、上からも横からも開けられるハードタイプのキャリーです。

キャリーを使用する時は、殆どの場合病院に行く時になるので、「キャリー=病院」になり、キャリーに入ることを嫌がる様になる猫も多いです。
そんな時は、上から入れたほうがスムーズに入ってくれます。

また、セミハードなど、ファスナーで開け閉めするものもありますが、猫がキャリーを嫌がった時は、ファスナーを閉めようとしている時に逃げてしまいますのですんなり入ってくれない子には、お薦めしません。

絶対にNGなキャリーは、
犬用の、顔が出せるタイプ、マジックテープで開閉するタイプ、柔らかい素材のタイプです。

猫はあっという間に逃げてしまいますし、首輪をつけて、リードでキャリーと繋いでおくことも猫の場合は危険です。

トイレ

トイレは主に3つの種類に分けられます。
まずは飼い主さんの好みで決めて、猫が気に入らなければ別のタイプに変えてみるといいでしょう。

1.ドーム型のタイプ

もっとも一般的なタイプです。
砂が周囲に飛び散りにくいのがメリットです。
ドームの出入り口にフラップ式の扉がついていることが多いですが、最初は外してあげた方が、トイレに入ってくれやすいです。
我が家ではずっと外しっぱなしです。

2.カバーのないタイプ

カバーがあると使用しない場合や、ケージの中に入れる場合はこちらがいいでしょう。
また、子猫用の小型のタイプもあります。

3.システムトイレ

専用の猫砂とシートを使い、掃除が楽なタイプ。
よく「うちの猫は使ってくれなかった」という話を聞きます…。

トイレ砂

トイレ砂にも色々な種類があります。
迎える猫がこれまで使用しているものが分かれば、まずは同じタイプを使用するとスムーズです。
主に下記の様なタイプがあります。

・ペーパーサンド(軽く、白系なので尿の色の異変にも気付きやすい。)
・鉱物系(尿が固まりやすいが、重い。)
・おから
・ウッドチップ
・システムトイレ用

猫によっては、砂の種類にこだわりを持つ子もいますので、もし猫が気に入らなく、トイレ以外で排泄してしまう場合は他の種類も試してみましょう。

皿、水入れ

皿は広めのものが、猫にとっては使いやすいです。髭が当たると猫は嫌がります。

フード

迎える猫がこれまで食べていたものが分かれば、まずは同じものを与えるのが望ましいです。
他のフードに切り替える際は、お腹を壊さない様に1週間ほどかけて、少しずつ混ぜる量を増やして切り替えます。

子猫であれば、子猫用のフードを与えましょう。
与える量は、フードのパッケージに記載があるので、それを目安にします。

猫ベッド、ケージ

猫がご自宅に慣れるまで、また、子猫のうちは安全の確保のために、最初はケージがあると便利です。
子猫の大きさによりますが、ケージは2段や3段の、上下運動できるものがいいでしょう。

また、迎えてすぐは、猫は緊張して隠れたくなるので、猫が身を隠せる場所を作る必要があります。
段ボール箱などでも大丈夫です。

猫ベッドも一応あるといいですが、毛布を入れた箱などで代用できます。
購入しても猫が気に入らない場合もあるので、ご自宅に慣れてから必要に応じて準備するのでも間に合います。

6.猫を飼う上で徐々に必要になるもの

爪とぎ

段ボールタイプ、カーペットタイプ、麻縄タイプなどあります。
壁紙やソファーの被害を最小限に防ぐ為にも、猫の好みに合わせて揃えてあげましょう。
最近は、インテリアに合う優れたデザインのものも販売されていて、人間の方も楽しめます。

爪切り

ペット用のものの他、人間用のものでも代用可能です。

ブラシ、くし

短毛種でも、換毛期には抜け毛があるのでブラッシングが必要です。

キャットタワー

ご存知の通り、猫は高いところが大好きです。
室内で上下運動をするためにも、あるととても喜びますし、ストレス解消になります。

おもちゃ

絶対に必要です。特に子猫は、いっぱい遊んであげてください。
獣毛のものは猫が興奮してしまうのでお薦めしません。

7.家庭内で猫がよくある事故と対策

猫が誤飲、誤食しやすいもの

誤飲や誤食の危険があるものは、猫の手の届かない所に片付けましょう。

アクセサリーなどの小さなものや、人間用の食べ物の他、紐類、糸類などは特に危険です。
紐類は猫のザラザラした舌に絡み、うまく吐き出せなくて食べてしまうことがあります。
飲み込んで内臓で絡まったりすると大変危険です。

高いところに隠しても、猫は飛び乗ってしまうので、扉や蓋のある場所に収納しましょう。

また、猫じゃらしなどのオモチャも、猫と遊ばない時には、猫の手の届かない所に収納しましょう。
持ち手の棒が刺さったり、紐に絡まったりなど、思わぬ事故の原因となります。

落下事故

子猫のうちは、登っても降りられないことが多くあります。
カーテンやキャットタワー、小さいうちは階段も危険です。

感電

特に子猫のうちはコードの様にくねくねした物には興味を覚えることがあります。
齧ってしまって感電事故にならない様、コードにカバーをつけたり、使わないときは電源を切るなどして防ぎましょう。

8.猫を迎える方法

ブリーダー

特定の品種の猫の飼育を希望するならば、ブリーダーから譲りうける方法があります。
中には悪徳業者もあるので、必ず訪れて飼育環境などを確認しましょう。

猫の里親になる

未だ年間に10万匹ほどの猫が殺処分されています。
保健所や愛護団体、個人で里親を探す人などから、行き場のない猫を里親として譲りうける方法があります。
迎えるためには条件が設けられています。
また、信頼できる相手かどうかを見極めましょう。

ペットショップ

ペットショップは、成長して商品価値が無くなる前に、商品である子猫の愛らしさを全面に出して衝動的に飼いたくなる様に仕向けています。

飼いたくなっても、冷静になり、他に猫を迎える方法を考えることをお勧めします。

まとめ

猫を飼うのって思ったより大変そうでしょうか?それとも、余裕で全て想定内だったでしょうか。
思い通りにならないことも、わがままも、全て猫の魅力ですよね。
大変なこともありますが、それ以上に、猫と暮らすと素晴らしい時間を共有することが出来ると思います。

楽天トラベル

ペットと泊まれる宿をお探しの方はこちら

楽天トラベル

外部サイトへ移動します

この記事のライター

関連するキーワード


費用 飼い方

関連する投稿


心からの供養…愛犬が亡くなった後に必要な手続きと葬儀の種類は?

心からの供養…愛犬が亡くなった後に必要な手続きと葬儀の種類は?

動物は人より年を取るのが早く、ほとんどが早くに亡くなってしまいます。家族にたくさんの癒しを与えてくれた愛犬が亡くなったら、飼い主ができる最後の感謝の気持ちを伝える方法として、虹の橋を渡れるよう心からの供養を行いましょう。今回は、愛犬が亡くなったら何をするべきか、また、葬儀の種類をご紹介いたします。


超大型犬ボルゾイ!超大型犬だけど飼いやすい。

超大型犬ボルゾイ!超大型犬だけど飼いやすい。

体が大きくてシャープなボルゾイ。とても上品で、かっこいいですよね!飼ってみたいけれど、超大型犬だから飼育できるか不安…。暴れたらどうしよう…。そんな不安などで、飼うのをためらっている方もいらっしゃると思います。そこで、ボルゾイの性格や飼育法、注意すべき病気などについてご紹介していきたいと思います!


大きな体とハートの持ち主、メインクーンの特徴や性格について

大きな体とハートの持ち主、メインクーンの特徴や性格について

「ジェントル・ジャイアント(穏やかな巨人)」と呼ばれるメインクーン。大型の猫として知られています。ふわふわの毛が可愛いらしく、温和な性格でとても飼いやすい猫でもあります。そんなメインクーンの性格や特徴について紹介します。


飼いやすい猫?アメリカンショートヘアの魅力!性格、かかりやすい病気は?

飼いやすい猫?アメリカンショートヘアの魅力!性格、かかりやすい病気は?

「アメショ」といわれて親しまれる、丸顔に渦巻き柄で不満顔の猫。初めて猫と暮らす人にも飼いやすいアメリカンショートヘア。性格と特徴、飼う時に特に注意すること、おすすめのフード、アメショに会える猫カフェなど、アメリカンショートヘアに関することをまとめました。


気まぐれなペキニーズの性格や飼い方、お値段等を解説します!

気まぐれなペキニーズの性格や飼い方、お値段等を解説します!

「ペキニーズ」って犬の名前はよく聞いたり、テレビのペット番組なんかで見かけたことはあっても、実際の飼ってみないと、どんな性格をしてるかなんてわかりませんよね?そこでここでは、「まるで猫みたい!」という飼い主さんも多い、このペキニーズの性格や飼い方のコツ、実際の子犬のお値段相場なんかについて紹介したいと思います。


最新の投稿


秋の夜長におすすめ。犬の名演技が光る映画5選

秋の夜長におすすめ。犬の名演技が光る映画5選

肌寒くなる秋は、あたたかい家でのんびり映画鑑賞するのもいいですよね。秋の夜長に見ていただきたい、犬の名演技が光るおすすめ映画を5作品ご紹介します。


犬に好かれるコツや方法。犬から嫌われない人の共通点まとめ

犬に好かれるコツや方法。犬から嫌われない人の共通点まとめ

特に意識していなくても、なぜか犬に好かれて初対面でも仲良くなれる人がいますよね。このように犬に好かれる人は、嫌われる人とどこが違うのでしょうか?今回は、犬に好かれる人に見られる共通の条件についてご紹介いたします。


サマーカットで起こり得るトラブル。きちんと知って対処しよう!

サマーカットで起こり得るトラブル。きちんと知って対処しよう!

今や当たり前となったサマーカット。トリマーとして受けることが多い注文ですが、犬にとっては必ずしも良いことばかりではありません。そこで今回は、サマーカットのメリットとデメリットを踏まえながら起こり得るリスクへの対処方法について解説したいと思います。


心からの供養…愛犬が亡くなった後に必要な手続きと葬儀の種類は?

心からの供養…愛犬が亡くなった後に必要な手続きと葬儀の種類は?

動物は人より年を取るのが早く、ほとんどが早くに亡くなってしまいます。家族にたくさんの癒しを与えてくれた愛犬が亡くなったら、飼い主ができる最後の感謝の気持ちを伝える方法として、虹の橋を渡れるよう心からの供養を行いましょう。今回は、愛犬が亡くなったら何をするべきか、また、葬儀の種類をご紹介いたします。


愛犬のブラッシングの必要性とやり方のポイントを教えます!

愛犬のブラッシングの必要性とやり方のポイントを教えます!

犬も人間のようにブラッシングって必要?「ドッグショーに出場しなかったら特に必要じゃない。」と思うかもしれませんが…必要です!その必要な理由と、ブラッシングのやり方や簡単にできちゃうポイントを紹介!初めての方でも、愛犬のブラッシングが楽しくなるはず。