ペットホテルってどんなところ?預けるときの注意点は?

ペットホテルってどんなところ?預けるときの注意点は?

仕事の出張や旅行など、長期間自宅を離れるときはペットのお世話をペットホテルにお願いしたいと考える飼い主も多いでしょう。しかし、大切な家族である愛犬をペットホテルに預けることに不安を感じる部分もあるかと思います。実際、愛犬はどんな場所で過ごすのでしょうか?また、預けるときはどんなことに気をつけれいいのかをご紹介します


ペットホテルはどんなところ?

ペットホテルは一泊から利用でき、中には週単位や月単位の宿泊コースを用意しているところもあります。また、一時預かりと言って数時間だけペットのお世話をお願いすることも可能です。

預かってもらっている最中は、飼い主に変わって愛犬を散歩させてくれます。また、ペットホテルによっては同じ敷地内のドッグランが用意されているところもあり、そこで自由に愛犬を遊ばせることもできますよ。

また、食事は普段愛犬が食べているドッグフードを持ち込む方法か、ペットホテルが用意する食事を与える方法があります。サービスが充実しているペットホテルだと、毎食専門の手作り食を提供しているところも。

さらに、最近ではペットホテル内にドッグサロンが用意されている施設もあり、トリミングやグルーミングなどのサービスを提供しているところも登場しています。単純に預かってもらえるだけでなく、このように人間用のホテルのように最上級のおもてなしを愛犬に体験してもらえますよ・

ペットホテルを選ぶときのポイント

ペットホテルの件数は年々増加していますが、どのような基準でホテル選べばいいのでしょうか?
特に注意したいペットホテルを選ぶときのポイントをご紹介します。

料金設定がわかりやすいか

まずペットホテルの料金はその施設によって違いがあります。基本的な宿泊料金の他に、別途食事代が必要になるところも。料金設定がわかりやすいかチェックして、不明瞭なところがあったら宿泊させる前に、電話などで問い合わせることをおすすめいたします。

動物取扱業の登録

ペットホテルを開業するには、経営者が動物取扱業の登録をしておく必要があります。そのため、ホームページなどで動物取扱業の登録がされているかどうかの記載をチェックしましょう。

中にはペットホテルとは謳っているものの、許可なくペット預かりを行っている業者も存在します。飼育知識のない施設に預ければ、愛犬に万が一のことが起きる可能性も考えられます。

施設内の清潔さ

ペットホテルの中に清潔に保たれているかもチェックしましょう。できれば、実際に宿泊させる前に飼い主が直接足を運んで、掃除機が行き届いているか確認することがおすすめです。

また、それが難しい場合はホームページで施設の写真を見て、愛犬が快適に過ごせそうか確認しておきたいですね。

他に宿泊している犬との接触

ペットホテルには多くの犬や猫などのペットが宿泊しています。他のペットと接触することがあれば、感染症にかかるリスクも考えられます。また、ドッグランが併設されているペットホテルなら、遊ばせている最中にきちんと監視の目があるのかも確認しておきたいですね。

スタッフの対応

電話予約をしたときの話し方や、預ける愛犬の性格や様子について、くわしく話を聞いてくれるペットホテルを選びましょう。特に食事内容や散歩の時間、病気についてなど、愛犬に関する不安なことを相談して、それに対してきちんと対応してくれるホテルを選ぶことも、飼い主が安心できるポイントです。

ペットホテルに預けるときに注意したいこと

風邪などの感染症のときは控える

最低限のマナーとして、風邪などの感染症にかかっているときはペットホテルの利用を控えましょう。他に宿泊しているペットに感染させるリスクがあり、ホテルにも迷惑がかかってしまいます。

狂犬病などの予防接種をしている

また、狂犬病予防接種を含め、各種ワクチンをきちんと接種させているのも他のペットへのマナー。ペットホテルによっては、各種ワクチン接種の証明書の提示を求めるところもあります。

ペットホテルを利用するときは、証明書をすぐに出せるよう用意しておきましょう。

早めの予約をしよう

ペットホテルは連休などの観光シーズンは繁忙期。そのため、出張や旅行などのスケジュールが決まり次第、早めに予約をとりましょう。ただし、宿泊させる予定日近くになって、キャンセルをすればキャンセル料が発生するところもあるので注意してください。

ペットホテルの料金相場

ペットホテルの料金は施設に寄って違いがありますが、基本的に大型犬の方が料金を高く設定しています。

・小型犬:3000~4000円
・中型犬:4000~5000円
・大型犬:5000円~
・超大型犬:6000円~

また、都心や立地の良い駅前は相場が高い傾向があります。他にもペットサロンなどが併設されたところは通常のペットホテルよりも料金が高く設定されています。

まとめ

ペットホテルに預けることで、愛犬はストレスや寂しさを感じてしまいます。そのため、ストレスをできるだけ減らせるよう、よくペットホテルを利用する家庭では、同じペットホテルで馴染みのスタッフさんを見つけることがおすすめです。

こうすることで、愛犬も自分の第2の居場所だと自覚し、飼い主が不在の間も楽しく遊べるようになります。また、初めは短時間の利用からスタートして徐々に慣らしていくことも大切です。

ぜひペットホテルを上手に利用して、信頼できるスタッフにお任せしましょう。

楽天トラベル

ペットと泊まれる宿をお探しの方はこちら

楽天トラベル

外部サイトへ移動します

この記事のライター

関連する投稿


ペット可の賃貸物件はトラブルが付きもの?物件選びは慎重に!

ペット可の賃貸物件はトラブルが付きもの?物件選びは慎重に!

犬を飼育する人の数が増える中、ペット可の賃貸物件での隣人トラブルが多発しているようです。賃貸に住んでいてこれから犬を飼おうと思っている人や、賃貸物件への引っ越しを検討している人は要チェックです。


おもしろアイデア!ペットのために飼い主が作ったアイデア15選✩

おもしろアイデア!ペットのために飼い主が作ったアイデア15選✩

大好きなペットのために何でもしてしまう飼い主の皆さん!こんなおもしろくて賢いアイデアはいかがでしょうか??





最新の投稿


愛犬の困った噛み癖。トリミングサロンで断られないためにできること

愛犬の困った噛み癖。トリミングサロンで断られないためにできること

「次回からはお受けできません」とてもショックな言葉ですよね。噛み癖のある犬はトリミングサロンで断られてしまうこともあります。今回は、犬が咬む理由と、サロンで断られないために飼い主さんができることをご紹介したいと思います。


ビーグルってどんな犬?性格や飼い方について

ビーグルってどんな犬?性格や飼い方について

大きく垂れた耳が特徴のビーグル。スヌーピーのモデルになった犬としても有名です。ペットとしての人気も安定的に高く、これからビーグルを迎え入れようと考えている人もいるのではないでしょうか?


ペット用のフロアコーティングって?

ペット用のフロアコーティングって?

フローリングでの生活はペットに大きな負担を与えてしまうことがあります。気になるペット用フロアコーティングにはどのようなメリットがあるのでしょうか。


ペット可の賃貸物件はトラブルが付きもの?物件選びは慎重に!

ペット可の賃貸物件はトラブルが付きもの?物件選びは慎重に!

犬を飼育する人の数が増える中、ペット可の賃貸物件での隣人トラブルが多発しているようです。賃貸に住んでいてこれから犬を飼おうと思っている人や、賃貸物件への引っ越しを検討している人は要チェックです。


フクロウって飼えるの?飼い方、性格について

フクロウって飼えるの?飼い方、性格について

大きな瞳とそのたたずまいが印象的なフクロウ。その独特の容姿に魅了され、ペットとしてフクロウを飼いたいと思う人もいるのではないでしょうか?しかし、フクロウを家庭で飼育することは決して簡単ではありません。ここでは、フクロウを一般家庭でペットとして飼う際の基礎知識を紹介します。