「ペットロス症候群」 その症状と心に開いた空洞の埋め方

「ペットロス症候群」 その症状と心に開いた空洞の埋め方

長い間一緒に暮らしていたペットが亡くなってしまった時、心に大きな空洞ができたように感じてしまうことがあります。 ペットを失うこととは一体どうことなのか?飼い主さんが直面する心の病気「ペットロス症候群」についてご紹介したいと思います。


ペットロス症候群を知る

ペットロス症候群はうつ病の症状に似た心の病気。愛するペットを失う事は本当に辛く苦しいことです。

そもそもペットロスとは?

ペットロスとは犬や猫などのペットを失うことです。失うというのは、「死んでしまう」「盗まれる」「脱走していなくなってしまう」などの状況を指します。犬や猫の他にも、フェレットやウサギなど、ペットとして飼っている動物全てが対象になります。

ペットロスは飼い主さんがいずれは直面する状況でもあります。犬の場合、寿命は10年から20年くらいなので、飼い主さんが最後をみとるケースがほとんどです。それ以外でも、突然事故にあったり、病気で亡くなることもあるかもしれません。

ペットロスは飼い主さんの宿命

動物を飼い始めた時は、あまりの可愛さに「この子は私より先に死んでしまう存在なんだ」とは思いもしないはずです。そんなネガティブな感情があったら毎日楽しく暮らせませんよね。でも、頭のどこかで犬の寿命は人間より短いということは認識しているはず。

ペットと一緒に生活していく上で、ペットとの別れは切っても切り離せない宿命とも言えます。受け入れがたい厄介な宿命。運命のイタズラとも言うべきかもしれません。

そして時が経ち、何らかの理由でペットを失ってしまった時、立ち上がれない程悲しみに暮れてしまい、心にぽっかりと穴があいてしまうのです。

ペットロス症候群の症状

具体的にペットロス症候群の症状をお話しします。重症になると精神疾患を伴うこともあります。

うつ病に近い症状

ペットロス症候群の症状はうつ病の症状と酷似しています。具体的には「食欲減退」「摂食障害」「倦怠感」「朝起きれない」「不眠」などが挙げられます。

ペットロス症候群の場合は、失うことで心に空洞ができてしまい精神疾患を伴うことなので、症状が悪化すると大変危険な心の病気でもあります。

普段の生活にも影響が

ペットロス症候群に陥ると、生活のあらゆる場面で支障が出てきます。例えば、「車の運転ができなくなる」「買い物に行けない」「仕事に行けない」など。こうなってくると、まともな生活ができなくなり、一緒に住んでいる家族にも影響を与えることになってしまいます。

ここで考えなければならないこと。それは、亡くなったペットが飼い主さんの失墜している姿を望んでいるかどうか?ということです。

ペットロス症候群にならないために

ペットを失うことは悲しいこと。でもペットがそれを望んでいないのなら避けなければならない症状でもあるかもしれません。

心の止まり木「虹の橋」

「虹の橋」もしかしたら、聞いたことがある人もいるかもしれません。世界中に少しずつ広まっている、原文は英語で作者不明の「散文詩」のことです。ペットロス症候群にならないためには、亡くなった愛犬の本当の気持ちや、死によって痛みや悲しみを感じていないと知ることが必要です。そして、もう一度ペットに会って2度と離れないということを信じることです。

虹の橋はペットが渡る天国への橋。人間に愛されてきたペットは、亡くなった後、この橋の手前にある美しい草原の袂で豊富な食べ物と水を手に入れます。でも、ペットはすぐこの橋を渡りません。一体なぜでしょうか?

それは、飼い主さんが亡くなった時に一緒に渡るから。その時を待っているんですね。
そして虹の橋を一緒に渡ると、もう一生離れることはないのです。


虹の橋 - ペットとの再会のお話
出典:https://petrip.moraerumall.com/articles/348

「カタチ」なくとも「ココロ」は存在する!

虹の橋を例に言えることは、ペットを亡くしても「ココロ」は存在するということです。広い意味で、人間も動物も同じなのかもしれません。カタチがなくても魂はいつも近くにいる!そう信じることで、ペットロス症候群から立ち直った人は大勢います。

自分の心にむちを打たない!

ペットロス症候群から立ち直ろうとして「落ち込んでいないで頑張らなきゃ!」と辛い気持ちを押し殺して気丈に振る舞おうとする人がいます。これはおすすめできません。感情を閉じ込めた状態で前に進もうとして、結局何倍も傷ついてしまうのは飼い主さん、あなただからです。

防ぎ込んだ気持ちは隠さず、堪えず、少しずつ誰かに話していくようにしていきましょう。どうしても、信頼する人が見つからなければ、紙とペンを用意して気持ちを綴っていくのも良い方法です。

ペットを失った絶望感に向き合うことで、心の整理が徐々にできてくると思います。間違っても悲しみを完全にかき消そうと、自分の心に鞭を打たないようにして下さいね。

ペットロス症候群の症状と回復策 まとめ

愛するペットを失うことは本当に悲しいことですが、飼い主さんの誰もが直面する宿命だということを理解しておくことが必要です。もちろん、心の準備ができていたとしても悲しみは激しく降りかかってくるでしょう。

虹の橋は個人的に心の止まり木になると思いますし、「明晰夢」でペットに再び会えることだってきます。うつ病のような症状が出る前に、気持ちを吐き出して心の整理をしていきましょう。ペットロスで悲しみを感じない人なんていませんよ。

楽天トラベル

ペットと泊まれる宿をお探しの方はこちら

楽天トラベル

外部サイトへ移動します

この記事のライター

関連するキーワード


ペット ペットロス 症状

関連する投稿


愛犬と、マナーを守って楽しくお散歩!

愛犬と、マナーを守って楽しくお散歩!

犬は毎日の散歩がなによりの楽しみ。飼い主さんにとってもお散歩は、犬との暮らしの醍醐味です。そんな楽しいお散歩にもマナーがあり、愛犬の体力や性格に応じた頻度やペースがあります。ご近所トラブルや思わぬ事故に遭わないようしっかりとマナーを守り、愛犬にとっても飼い主さんにとっても、快適で健康的な散歩となるようにしましょう。


ペットロス、いつか愛犬愛猫と訪れる別れの日に備えて今できること

ペットロス、いつか愛犬愛猫と訪れる別れの日に備えて今できること

一緒に暮らしていた犬や猫の死。今までそばにいたのに今日はもういない、もう永遠に会えない、そんな辛い日が、犬や猫と暮らしているといつか必ず訪れます。まだ元気なうちにしておくべき心の準備、その日が訪れたときにペットロスをこじらせないためにどうすればよいか、まとめました。


虹の橋-ペットとの再会のお話

虹の橋-ペットとの再会のお話

虹の橋のお話とは、多くの人をペットロスから救って来た物語です。動物を愛する人、ペットロスで苦しんでいる多くの人へ見て頂きたいお話ですです。


猫のオスとメス、初めての人が飼いやすい性別はどっち?

猫のオスとメス、初めての人が飼いやすい性別はどっち?

猫の里親さんを探す保護施設で仕事をしていましたが、里親を希望する人では、オスとメスにこだわらない方が多いですが、初めて猫を飼う方では、飼いやすいと聞くから、とメスを希望される方が圧倒的に多かったです。本当にメスの方が飼いやすいのでしょうか。オス猫とメス猫の違いをまとめました。


国が違えば法律が違う。そんなバカな!アメリカのペットに関する奇妙な法律10

国が違えば法律が違う。そんなバカな!アメリカのペットに関する奇妙な法律10

普段あまり気にすることのない犬の法律。日本でも犬を健康に安全に飼うために、さまざまな法律が制定されていますよね。もちろん、世界の国々にもあるのですが、中には信じられないような法律も存在するんですよ。今回はアメリカに注目。犬や猫などのペットに関する奇妙な法律をご紹介しましょう。


最新の投稿


アビシニアンの飼い方、性格と特徴、かかりやすい病気について

アビシニアンの飼い方、性格と特徴、かかりやすい病気について

やんちゃで人が大好きなアビシニアン!飼い主さん曰く、家庭内ストーカーにあっているとのこと!!従順で甘えん坊の性格がとっても魅力的ですよね。これを見ればかわいいストーカーさんが欲しくなること間違いなし☆


トリマーが教える!プードルのお手入れ楽々カットスタイル!

トリマーが教える!プードルのお手入れ楽々カットスタイル!

色んなトリミングスタイルが楽しめるプードル。でも最近はお手入れの手間が省けるカットに興味が出てきた。カットを長持ちさせる方法が知りたい。そんな飼い主さんのために、トリマーがおすすめするプードルのお手入れ楽々カットスタイルをご紹介します。


優しいまなざしと漆黒の体!ロットワイラーの魅力と知っておくべきこと

優しいまなざしと漆黒の体!ロットワイラーの魅力と知っておくべきこと

今回は、ロットワイラーについてお伝えします。世界中で警察犬や軍用犬として活躍しているこの大きな犬は、家庭犬としても十分暮らせる賢く優しい犬です。飼うにあたって知っておくべきことなどをまとめました。


猫の毛色は元はキジトラだけだった!?バラエティ豊かな猫のカラーを紹介

猫の毛色は元はキジトラだけだった!?バラエティ豊かな猫のカラーを紹介

キジトラ、サバトラ、サビ、クラシックタビー等、猫の毛色や模様には色々な呼び方がありますが、皆さん、どんな猫か想像できますか? また、元々、猫はキジトラしか居なかったと言われていることをご存知でしょうか? そんな、猫の毛色や模様に関する豆知識を紹介します。


短頭種ってどんな犬なの?鼻ペチヤ犬の誕生秘話や特徴まとめ

短頭種ってどんな犬なの?鼻ペチヤ犬の誕生秘話や特徴まとめ

皆さん、短頭種って聞いたことありますか?「頭が短い犬」と書きますが、実際は頭蓋骨の長さに対して鼻の長さが短い犬種のことを指すんですよ。大きな特徴としては「鼻がぺチャンコ」なこと。今回は愛嬌のある顔つきで人気のある短頭種について、誕生秘話や特徴をまとめてみました。