日本におけるドッグセラピストの仕事内容・資格・就職先は?

日本におけるドッグセラピストの仕事内容・資格・就職先は?

セラピーとは治療という意味があります。では、ドッグセラピストってどんなお仕事でしょうか?まだあまり日本では聞き慣れない言葉ですが、傷ついたペットや飼い主さんの心を治療するとっても大事なお仕事なのです。将来、動物に関わるお仕事に就きたいという気持ちが少しでもある方は、こうした分野も知っておいて損はないでしょう。


ドッグセラピストって何でしょう?

精神的に傷ついていたり、子供の頃に受けたトラウマなどによって人間社会で暮らしにくくなっている犬の心を癒してあげるお仕事が、ドッグセラピストです。

日本では、ドッグトレーナーの方が一般的には知られていますね。ドッグトレーナーもこういった犬の精神的な部分のケアを担いますので、現状ではドッグセラピストと公的に分かれているわけではありません。

ドッグセラピストの資格ってあるの?

「ドッグセラピスト」という資格はありませんが、近いものでは「アニマルセラピスト」や「ペットロスケアアドバイザー」、「セラピードッグトレーナー」という認定資格は存在しますし、取得する事が出来ます。

いずれの資格も、動物についての正しい知識・ペットロスの飼い主へのカウンセリング能力などを証明する本格的な資格です。

「アニマルセラピスト」などの動物への愛情や経験、知識を活かした仕事は、欧米諸国などでは広く認知されており、ペットトリマーに次ぐ人気のお仕事ですが、日本ではまだあまり普及していないのが現状といえます。

しかし、動物に触れ合う事によって人間に様々な癒しの効果がある事については、医療現場や介護施設などでも注目されており、就職先の間口は少しずつひろがっていますので、近年では通信講座や専門学校などに通って資格取得を目指す人も少なくありません。

ドッグセラピストの仕事・求められる要素とは?

ドッグセラピスト・アニマルセラピストといっても、傷ついた動物だけではなく飼い主さんにもセラピーやカウンセリングといった事が必要になってきます。

代表的なものを挙げればペットロス症候群。

大切な家族の一員だったペットを失ってしまい、頭痛や不眠症、鬱症状などに悩まされる飼い主さんは増えています。ペットロス症候群に限った話ではないですが、こうした精神的な部分が起因して起こる身体の不調は、一人で克服するのは困難だと言われています。

ドッグセラピスト・アニマルセラピストにとって、まず大事なのは、ペットや飼い主の気持ちをを理解し寄り添ってあげる心と、セラピー・カウンセリングの正しい知識です。

ストレスやトラウマ、人間不信に陥ってしまった犬は、人間社会に適応出来なければ保健所で殺処分という運命が待っています。ペットロス症候群にかかってしまったせいで、普通に働けなくなってしまう人もたくさんいます。

そうした動物や人たちをケアして救ってあげるお仕事です。簡単ではないですし、当然責任も重大ですが、やりがいは大いに感じる事ができる魅力的な職業だといえるでしょう。

日本におけるドッグセラピストの就職先は?

介護施設・老人ホームなどの施設で職員として就職するのが多いです。介護施設や小児施設では、時々アニマルセラピーができる方などを募集している事があります。

施設の職員として就職するのですから、介護福祉の資格などを持っていればより有利になるでしょう。

アニマルセラピストという国家資格は現在のところ存在しませんので、つぶしがきかないという面は少なからずあります。将来、こうした方面に進もうと考えている場合は、まずは介護系の専門学校などで資格を取り、空いた時間にアニマルセラピストの勉強もしていくという方法が効率的ではないかと思います。

他には、NPO法人・日本アニマルセラピー協会では、定期的にアニマルセラピーの仕事やボランディア活動が出来る人材を募集しています。国立病院に訪れて、動物を通じてリハビリ患者のお手伝やケアといった活動を行っているので、こうした場所でも専門知識や経験を活かす事ができるでしょう。

他にも動物園・動物と触れ合える施設といった場所でもアニマルセラピーの知識は活かされます。

アニマルセラピストとして起業して独立してやっていけるかどうかは、今の日本では不透明な部分が多いですが、将来的にはドッグトレーナーやトリマーなどの資格と併用して活かしていく事も出来ますし、取得して損はない資格だと言えます。

ドッグ(アニマル)セラピストについてのまとめ

1.人と動物を癒す大事な仕事

傷ついた動物の心を癒し、人間社会に適用出来るようにケアしたり、トレーニングをしてあげます。また、ペットを失った事によって傷ついてしまった飼い主さんのカウンセリングや心のケアをしてあげる能力も必要とされます。

2.セラピストの資格について

将来、動物に関わる仕事に就きたいのであれば、アニマルセラピストなどの資格は取っておいて損はありませんし、動物の心のケアなどのセラピストとしての知識は必ず活かせるでしょう。

3.ドッグ(アニマル)セラピストの就職先

ドッグ(アニマル)セラピストとして独立して仕事をしている人はあまり聞きませんが、その資格や知識・経験を求める施設や企業は少なからずあります。

また、ドッグトレーナーやトリマーといった、日本でも独立しやすい仕事を目指す方でも、セラピー系の資格や知識は大いに役立つはずです。

楽天トラベル

ペットと泊まれる宿をお探しの方はこちら

楽天トラベル

外部サイトへ移動します

この記事のライター

関連する投稿


ラブラドール・レトリバーのかかりやすい病気って?

ラブラドール・レトリバーのかかりやすい病気って?

ラブラドール・レトリバーは、心身ともにバランスのとれている丈夫な犬といわれています。とはいえ、いくつか遺伝的にかかりやすい病気もあります。股関節や耳関連などがラブラドール・レトリバーの場合、特に注意しなければならないチェックポイントです。


カラーによって性格が違う?トイプードルの性格と飼い方まとめ

カラーによって性格が違う?トイプードルの性格と飼い方まとめ

抜け毛や体臭が少なく、利口で飼いやすいと人気のトイプードルは、色々なカラーがあり、カットのデザイン次第でまったく異なる姿になります。長く人気犬種No.1の座に君臨し続けているトイプードルの魅力とその種類についてまとめました。


肉球、しっぽ、ブラッシング、爪切り、歯磨き、シャンプー…愛犬をケアする16のポイント

肉球、しっぽ、ブラッシング、爪切り、歯磨き、シャンプー…愛犬をケアする16のポイント

定期的にサロンでカットやシャンプーしてもらっていても、毎日のお散歩やお庭での泥んこ遊び、ゴハンのときのお口の汚れなど、日常的な活動にともなうお手入れは必須です。ここでは、お散歩の後の日々のお手入れや、必要なときに行う不定期のお手入れについて、16のポイントをまとめました。


愛犬のシャンプーを自宅で実践~頻度や洗い方の手順について~

愛犬のシャンプーを自宅で実践~頻度や洗い方の手順について~

犬は汗をかかないからシャンプー不要、という考え方もありますが、毛を清潔に保つためには、定期的にシャンプーをした方がよいでしょう。シャンプーのときに暴れる、風邪を引くのが心配な場合はサロンでやってもらった方がよいかもしれませんが、短毛種の子は乾かす時間も短くて済み、経済的。洗い方の手順をご紹介します。


【初めてのサロン選び】優良トリミングサロンの探し方のコツ

【初めてのサロン選び】優良トリミングサロンの探し方のコツ

初めて犬を飼う方は、どういう基準でペットサロンを選べば良いかはよく分かりませんよね。大切な愛犬を預けるのですから、やっぱり腕の確かな信頼出来るトリマーさんにお任せしたい気持ちは誰しもが思うところでしょう。数多くあるペットサロンの中から、優良なお店やトリマーさんを探し出すコツをまとめてみました。


最新の投稿


犬と猫を一緒に飼いたい!犬と仲良くできる猫種10選!

犬と猫を一緒に飼いたい!犬と仲良くできる猫種10選!

犬と猫が一緒に遊んでいたり、仲良く眠っている姿を見ると、心がほっこり温かくなりますよね。犬と猫を一緒に飼いたい…そうは言っても犬と猫は別の生き物。仲良く暮らしていけるのかと心配になります。そこで一般的に犬と仲良くなりやすい傾向にあると言われている猫、10種を紹介したいと思います。


一時は億越えも!チベタンマスティフの今に迫る

一時は億越えも!チベタンマスティフの今に迫る

2010年ごろ最高の景気に沸いていた中国で、大人気になっていた犬種「チベタンマスティフ」は、当時その価格は高騰して一時1億円を越える事も。そこで今回は、そんなチベタンマスティフとはどんな犬種で、現在はどんな状況になっているのかなどについて迫ってみたいと思います。


ラブラドール・レトリバーの購入前に抑えておくポイント

ラブラドール・レトリバーの購入前に抑えておくポイント

大型犬ラブラドール・レトリバーは、カナダのニューファンドランド島が原産地です。盲導犬や警察犬として有名ですが、また室内犬として一家のコンパニオンアニマルとして、つねに人気ランクが上位の犬種でもあります。日本でも人気の犬種ですが、とくに、海外では高い人気があります。


ラブラドール・レトリバーのシャンプーと被毛のお手入れ、飼い方について

ラブラドール・レトリバーのシャンプーと被毛のお手入れ、飼い方について

屋内で人間と暮らすことが多くなったこともあり、ラブラドール・レトリバーは、シャンプーをして身ぎれいにすることも家族としてのマナーの一つになりました。ラブラドール・レトリバーの被毛は短毛ですが、ダブルコートで上毛と下毛で覆われていて冬の寒さもしっかり護ってくれています。


ラブラドール・レトリバーのかかりやすい病気って?

ラブラドール・レトリバーのかかりやすい病気って?

ラブラドール・レトリバーは、心身ともにバランスのとれている丈夫な犬といわれています。とはいえ、いくつか遺伝的にかかりやすい病気もあります。股関節や耳関連などがラブラドール・レトリバーの場合、特に注意しなければならないチェックポイントです。