初めての犬の多頭飼い・注意点やオススメの性別・犬種など

初めての犬の多頭飼い・注意点やオススメの性別・犬種など

犬好きの方なら、愛犬に囲まれた生活に憧れますよね。ただ、犬の多頭飼いって難しそう…と思ってなかなか踏み切れない人も多いと思います。この記事では、まだ多頭飼いをした事がないという飼い主さんの為に、実際に多頭飼いをする上での注意点や苦労などをまとめてみました。


2匹目を迎える前に考えて欲しい事

私も現在、2匹のミニチュア・ダックスフンドを家に迎え入れて充実した犬ライフを送っていますが、結構苦労もあったりします。多頭飼いで一番大きな問題になってくるのは、やはり経済面と世話が単純に2倍になるという事でしょう。

いくら人間にとって最高のパートナーといわれる犬でも生き物ですから、常におりこうにしていて飼い主のいう事をきいてくれるわけではないし、1匹でも悪戦苦闘しているという方には多頭飼いをあまり強くお勧めは出来ません。

一人暮らしでなくご家族の方がサポートして犬の世話を分担出来るような状況だといいのですが、すべての方がそういう状況にあてはまる訳ではないでしょう。

ただ何となくとか、犬が好きだからという理由では、後々起こるトラブルに頭を悩ませてしまう可能性があります。多頭飼いをする前に本当に2匹目を迎え入れて大丈夫なのかをよく考慮して決断して頂ければと思います。

多頭飼いでの注意点

先に飼っていた先住犬を優先する

犬は、群れの中で優先順位をつける生き物です。家族の中で、飼い主>先住犬>後住犬の順番に偉いという事を常に意識させなければいけません。

・散歩時に家を出る順番、家に入る順番
・餌を食べる順番
・頭をなでて褒めてあげる順番

こういった時、常に先住犬を優先するようにしてあげます。飼い主が、後から迎え入れた犬ばかり可愛がってしまうと、先住犬が混乱し、ストレスをためこんでしまって犬同士の争いが起こりやすくなるなどのトラブルの原因となりかねません。

多頭飼い時はケージは分ける

犬は、家の中で自分が一番落ち着ける場所を作ります。多くの場合は夜寝る時のケージになると思いますので、多頭飼い時はそれぞれ自分専用のケージで休めるようにしてあげて下さい。

ただ、2匹の犬の相性がぴったりでとても仲が良く、一つのケージに入る事を好んでいると感じた場合は、無理に引き離す必要はないでしょう。

雄・雌の組み合わせになる場合は、避妊手術などをしておくと安心

これは飼い主さんの今後の希望や方針もあると思うので、必ず避妊手術が必要というわけではありませんが、予定外に数が増える事を好まない場合は、雄x雌の組み合わせを避けるか、手術しておいた方が無難です。

また、2匹目を迎え入れるタイミングは、先住犬が若ければ若いほど良いと言われていますが、先住犬の性格などもあるので一概には言えません。一般的には、先住犬が3歳くらいまでだと早く慣れてくれるみたいですね。

喧嘩を止めるタイミング

家の中で2匹以上の犬を飼っていると、まず間違いなく喧嘩をします。ただ、犬の喧嘩の勝ち負けによって犬が自分の優先順位を意識したり、喧嘩しているように見えてコミュニケーションとしてじゃれあっている事もあるので、犬同士の喧嘩を飼い主さんが安易に止める事は好ましくありません。

犬が喧嘩を始めた場合はよく観察して、どうみても危なそう、怪我してしまいそうなぐらい激しい喧嘩に発展した場合にだけ止めるようにしておきましょう。

多頭飼いに適している性別・犬種は?

犬の多頭飼いは、性別を必ず考慮してください。一般的には、雄x雌の組み合わせが最も相性が良いとされています。ただ、上記にも書きましたが思わぬ妊娠が起こる可能性は事前に考慮しておかなければなりません。

次いで雌x雌の組み合わせが相性が良しとされています。犬は基本的には雌の方が落ち着いていて飼いやすい性格をしているものです。

雄x雄の組み合わせは少し難しいかもしれません。雄は本能的にどうしても他の犬より優位に立とうとしますし、テリトリー意識もとても強いです。一緒に飼っていると喧嘩に発展しやすいと考えられます。

どうしても雄x雄同士の組み合わせになってしまう場合は、ある程度広い家でお互いの距離が上手く保てる環境であったり、2匹の犬の体格差が出来るだけ近くないと苦労が絶えないかもしれませんね。

犬の多頭飼いで、犬種によって相性が良い、悪いという事はないとされていますが、テリア種や日本犬はあまり群れで暮す事に適さないと言われています。

パグやチワワ、ミニチュアダックスフンドなどの犬種は多頭飼いに向いているというのはよく聞きます。

基本的には、小型犬で賢くてしつけがしやすい、飼い主に従順な性格といった事が当てはまる犬種であれば、多頭飼い向いていると考えて良いでしょう。

まとめ:犬の多頭飼いをする場合は、きっちりと計画的に!

▼家の環境・経済面・苦労などを予め考慮する

飼い主さんには、多頭飼い出来るほどの余裕が現在の生活にあるのか、2匹以上の犬がストレスなく暮らせる家の環境なのか、多頭飼いによって生じる世話がきちんと出来るのかという事をじっくりと考えてみて決断をして欲しいと思います。

▼多頭飼い時の注意点、しつけなどを知っておく

先住犬にとっては、自分に相談される事もなく突然もう1匹家族が増えるわけですから、環境が変わるとそれはストレスになりやすいです。

2匹目に迎え入れた犬ばかりに愛情を向けず、先住犬の事も考えてしっかりと世話をしてあげて下さい。

▼2匹目の性別・犬種はよく考えて

多頭飼い時の体格差はとても重要です。特に小型犬x大型犬の組み合わせになってしまうと、喧嘩をした時に大きな怪我を負ってしまう可能性もあります。

また、性別も適当に選ばずきちんと考慮しましょう。妊娠して子犬が産まれる事を好まない場合は、多少高額の出費になったとしても避妊や去勢といった方法を取るか、性別を分けて飼う事をお勧めします。

私自身は、雌x雌のダックスフンドの組み合わせで現在飼っていますが、2匹がじゃれ合っている姿を見るのは微笑ましくて2匹目を迎え入れて良かったと心から思っています。ただ、2匹になった分、苦労する事も世話の量も当然増えますし、必ずしも多頭飼いが賛成というわけではありません。

今現在飼っている愛犬の事も考えて、本当に多頭飼いをしても大丈夫なのかをよく考えてみて欲しいと思います。

楽天トラベル

ペットと泊まれる宿をお探しの方はこちら

楽天トラベル

外部サイトへ移動します

この記事のライター

関連するキーワード


多頭飼い 飼い方 ケア

関連する投稿


ラブラドール・レトリバーのかかりやすい病気って?

ラブラドール・レトリバーのかかりやすい病気って?

ラブラドール・レトリバーは、心身ともにバランスのとれている丈夫な犬といわれています。とはいえ、いくつか遺伝的にかかりやすい病気もあります。股関節や耳関連などがラブラドール・レトリバーの場合、特に注意しなければならないチェックポイントです。


ベンガルネコの性格、毛色、歴史など、飼い方をまとめてみた

ベンガルネコの性格、毛色、歴史など、飼い方をまとめてみた

ワイルドでセクシーな見た目のベンガル。性格も野生的なのかと思いきや、キュートで賢い猫種なんですよ。最近ではベンガル専門の猫カフェが出来たり、ペット番組でも必ず登場しちゃう人気者!そんなギャップを楽しめる可愛いベンガルちゃんのご紹介をしていきます。


ニューファンドランド犬ってどんな犬種?

ニューファンドランド犬ってどんな犬種?

水難救助犬として有名な、ニューファンドランド犬。家庭での飼育のポイントは?しつけはどうすればいい?どんな性格なの?家族として迎え入れる前に知っておきたい情報をご紹介します!


カラーによって性格が違う?トイプードルの性格と飼い方まとめ

カラーによって性格が違う?トイプードルの性格と飼い方まとめ

抜け毛や体臭が少なく、利口で飼いやすいと人気のトイプードルは、色々なカラーがあり、カットのデザイン次第でまったく異なる姿になります。長く人気犬種No.1の座に君臨し続けているトイプードルの魅力とその種類についてまとめました。


優しいまなざしと漆黒の体!ロットワイラーの魅力と知っておくべきこと

優しいまなざしと漆黒の体!ロットワイラーの魅力と知っておくべきこと

今回は、ロットワイラーについてお伝えします。世界中で警察犬や軍用犬として活躍しているこの大きな犬は、家庭犬としても十分暮らせる賢く優しい犬です。飼うにあたって知っておくべきことなどをまとめました。


最新の投稿


犬と猫を一緒に飼いたい!犬と仲良くできる猫種10選!

犬と猫を一緒に飼いたい!犬と仲良くできる猫種10選!

犬と猫が一緒に遊んでいたり、仲良く眠っている姿を見ると、心がほっこり温かくなりますよね。犬と猫を一緒に飼いたい…そうは言っても犬と猫は別の生き物。仲良く暮らしていけるのかと心配になります。そこで一般的に犬と仲良くなりやすい傾向にあると言われている猫、10種を紹介したいと思います。


一時は億越えも!チベタンマスティフの今に迫る

一時は億越えも!チベタンマスティフの今に迫る

2010年ごろ最高の景気に沸いていた中国で、大人気になっていた犬種「チベタンマスティフ」は、当時その価格は高騰して一時1億円を越える事も。そこで今回は、そんなチベタンマスティフとはどんな犬種で、現在はどんな状況になっているのかなどについて迫ってみたいと思います。


ラブラドール・レトリバーの購入前に抑えておくポイント

ラブラドール・レトリバーの購入前に抑えておくポイント

大型犬ラブラドール・レトリバーは、カナダのニューファンドランド島が原産地です。盲導犬や警察犬として有名ですが、また室内犬として一家のコンパニオンアニマルとして、つねに人気ランクが上位の犬種でもあります。日本でも人気の犬種ですが、とくに、海外では高い人気があります。


ラブラドール・レトリバーのシャンプーと被毛のお手入れ、飼い方について

ラブラドール・レトリバーのシャンプーと被毛のお手入れ、飼い方について

屋内で人間と暮らすことが多くなったこともあり、ラブラドール・レトリバーは、シャンプーをして身ぎれいにすることも家族としてのマナーの一つになりました。ラブラドール・レトリバーの被毛は短毛ですが、ダブルコートで上毛と下毛で覆われていて冬の寒さもしっかり護ってくれています。


ラブラドール・レトリバーのかかりやすい病気って?

ラブラドール・レトリバーのかかりやすい病気って?

ラブラドール・レトリバーは、心身ともにバランスのとれている丈夫な犬といわれています。とはいえ、いくつか遺伝的にかかりやすい病気もあります。股関節や耳関連などがラブラドール・レトリバーの場合、特に注意しなければならないチェックポイントです。