犬や猫の抜け毛、楽ちんキレイなお掃除のコツは?

犬や猫の抜け毛、楽ちんキレイなお掃除のコツは?

取っても取ってもきりがない!家の色んなところにくっついている犬や猫の抜け毛に困っていませんか?お掃除の時間が少しでも楽になるような方法はあるのでしょうか。


よく抜ける時期はいつ?

犬や猫は換毛期と呼ばれる、春と秋に次の季節に合わせた毛になるために毛が抜け替わる時期があります。人間の衣替えのようなもので、春には、これまでの温かさを保つ毛から次の季節に合わせた風通しの良い毛になり、秋には、これまでの涼しさを追求した毛から保温タイプの毛になります。自分で衣替えをするなんて、なんてオシャレさんな生き物なのでしょう。

特に犬の場合は、シングルコートと呼ばれる抜け替わりのない毛の生え方(上毛しかないタイプ)と、ダブルコートという抜け替わりがある毛の生え方(上毛と下毛に分かれているタイプ)の2パターンがあり、それぞれの犬種により異なります。
抜け毛にあまり対応できそうにないという人は、抜け毛の対策が少し楽になるシングルコートの犬種を選ぶとことをおすすめします。

換毛期にはしっかりめにブラッシングを

抜け毛の季節にはスリッカーブラシやラバーブラシなどを使用して、普段よりもしっかりめにブラッシングをすると良いでしょう。
ブラッシングを嫌がる子には一度でしっかりしようとするのではなく、はじめは短時間でも良いので毎日少しずつブラッシングに慣れてもらうようにしましょう。

ブラッシングの前には、手を水で濡らし、そのまま手を拭く要領で犬や猫の体を撫でておくと、ブラッシングの時の毛の舞い上がりが少しマシになるのでおすすめです。

小型犬や猫は、ブラッシングの際に洗面台の中や衣装ケースに新聞紙などを敷いてその上でブラッシングをすると、ブラッシング終わりの毛の処理が楽になるので試してみてはいかがでしょうか。

抜け毛のお掃除、何を使っていますか?

基本はこれ!粘着テープ

犬や猫を飼っている家で必ずと言っていいほど見かけるものが、コロコロと転がす粘着テープです。大きなサイズのものもあれば、洋服用の小さなサイズのもの、フローリングにも使えるものなど種類も様々です。
各部屋では手が空いた時や気が付いた時にカーペットなどをコロコロ、玄関ではお出かけ前に洋服をコロコロ、洗濯前に洋服にコロコロして毛を取ってから洗濯機へ入れてもらう習慣を付けると便利です。

フローリングに便利なものは?

掃除機のフローリングモードでお掃除するのが一番ですが、わざわざ掃除機を毎回出すのは面倒だったりもします。
各家庭で大活躍のフローリングワイパーはペット飼い主さんの必需品。フローリングワイパーはドライタイプ、ウェットタイプがあるので、犬や猫の臭いも気になる場合には、ウェットタイプがおすすめです。

また、紙のフローリングワイパーだけでなく、素材がマイクロファイバーで出来ているものも市販されており、細かな毛までキャッチしてくれるので大変おすすめです。洗って何度も使用できるので経済的でお財布に嬉しいところもポイントです。

フローリングワイパー以外では、セーム革(主に鹿の革をなめして作ったもの)も水で濡らして使用すれば雑巾よりもきれいに毛を集めることができます。セーム革は、貴金属や時計の手入れや、スマホやカメラの手入れ、車の手入れなどに使用できるので便利です。

カーペットの抜け毛、お掃除の前に柔軟剤

カーペットのからんだ抜け毛は抜けにくく、困っている飼い主さんも沢山いるのではないでしょうか。
カーペットに掃除機をかける前には、水で薄めた洗濯柔軟剤をカーペットにスプレーしてみてください。たっぷりスプレーするのではなく、ササッと表面にかかる程度に吹きかけ、乾いたらいつも通りに掃除機をかけます。
柔軟剤がカーペットの繊維の絡まりをほどきやすくしてくれるので、いつもの掃除機よりも毛を吸いやすくしてくれます。毎回のお掃除でするには少し大変なので、来客が分かっている時や週末などのお掃除にプラスすることがおすすめです。

ゴム製品を味方につけて

掃除機を出すのが面倒くさい!という人には、車のワイパーや、滑り止めのついた軍手、キッチン用品コーナーなどで売っているゴム手袋などがおすすめです。

これらのゴム製品でカーペットをこすれば、ごっそりと犬や猫の抜け毛が取れるので初めて使う時には、ちょっとした感動があるかもしれません。
特にゴム手袋は細かな動きも出来るので、最後に毛をかきあつめる時にも便利です。ごっそりと毛を集めたら、粘着テープや掃除機で処理して終わりです。
最近ではかわいい色や柄のものも市販されているので、愛犬や愛猫のイメージに合わせて選んでみても楽しいでしょう。

他にも、ペットの毛が取りやすいサイクロンクリーナーやエチケットブラシの素材が取り付けられてある掃除機のノズル、ペットの抜け毛取り専用のエチケットブラシなど、犬や猫の抜け毛対策専用グッズなども市販されているので、色々見て回ると楽しいかもしれません。


愛犬や愛猫の抜け毛に付き合うことは飼い主さんの宿命なのかもしれません。
抜け毛対策としては、日ごろからのブラッシングやシャンプー、良質なフードなどのケアが大切です。
掃除しては抜け、抜けては掃除するの繰り返しですが、抜け毛に負けずに家もペットもキレイをキープしましょう!

楽天トラベル

ペットと泊まれる宿をお探しの方はこちら

楽天トラベル

外部サイトへ移動します

この記事のライター

関連するキーワード


抜け毛

関連する投稿


犬と猫を一緒に飼いたい!犬と仲良くできる猫種10選!

犬と猫を一緒に飼いたい!犬と仲良くできる猫種10選!

犬と猫が一緒に遊んでいたり、仲良く眠っている姿を見ると、心がほっこり温かくなりますよね。犬と猫を一緒に飼いたい…そうは言っても犬と猫は別の生き物。仲良く暮らしていけるのかと心配になります。そこで一般的に犬と仲良くなりやすい傾向にあると言われている猫、10種を紹介したいと思います。


ミックス犬が可愛すぎる。人気のミックス犬おすすめの種類10選

ミックス犬が可愛すぎる。人気のミックス犬おすすめの種類10選

純血種同士を組み合わせたミックス犬はご存知ですか?じわじわと人気が出てきているミックス犬について種類とそのなかでも人気のあるおすすめのミックス犬を特徴なども合わせて紹介していきたいと思います。純血種もいいですが、ミックス犬もまたかわいい魅力ありますよ!犬を飼いたいけど種類を迷ってる人は特に必見です。


マンションでも飼いやすい!ムダ吠えの少ない犬ベスト5

マンションでも飼いやすい!ムダ吠えの少ない犬ベスト5

犬を飼いたい!でもうちはマンション。一応ペットOKだけど近所とのトラブルは避けたいから、あまりうるさく吠える犬はまずい・・・日本では、マンションだけでなく一戸建てでも、隣までの距離が近いことが多い住宅事情からそう考える方も多いはず。そこで今回は、ムダ吠えの少ない、飼いやすい犬種を5つご紹介します。


ベンガルネコの性格、毛色、歴史など、飼い方をまとめてみた

ベンガルネコの性格、毛色、歴史など、飼い方をまとめてみた

ワイルドでセクシーな見た目のベンガル。性格も野生的なのかと思いきや、キュートで賢い猫種なんですよ。最近ではベンガル専門の猫カフェが出来たり、ペット番組でも必ず登場しちゃう人気者!そんなギャップを楽しめる可愛いベンガルちゃんのご紹介をしていきます。


アビシニアンの飼い方、性格と特徴、かかりやすい病気について

アビシニアンの飼い方、性格と特徴、かかりやすい病気について

やんちゃで人が大好きなアビシニアン!飼い主さん曰く、家庭内ストーカーにあっているとのこと!!従順で甘えん坊の性格がとっても魅力的ですよね。これを見ればかわいいストーカーさんが欲しくなること間違いなし☆


最新の投稿


犬と猫を一緒に飼いたい!犬と仲良くできる猫種10選!

犬と猫を一緒に飼いたい!犬と仲良くできる猫種10選!

犬と猫が一緒に遊んでいたり、仲良く眠っている姿を見ると、心がほっこり温かくなりますよね。犬と猫を一緒に飼いたい…そうは言っても犬と猫は別の生き物。仲良く暮らしていけるのかと心配になります。そこで一般的に犬と仲良くなりやすい傾向にあると言われている猫、10種を紹介したいと思います。


一時は億越えも!チベタンマスティフの今に迫る

一時は億越えも!チベタンマスティフの今に迫る

2010年ごろ最高の景気に沸いていた中国で、大人気になっていた犬種「チベタンマスティフ」は、当時その価格は高騰して一時1億円を越える事も。そこで今回は、そんなチベタンマスティフとはどんな犬種で、現在はどんな状況になっているのかなどについて迫ってみたいと思います。


ラブラドール・レトリバーの購入前に抑えておくポイント

ラブラドール・レトリバーの購入前に抑えておくポイント

大型犬ラブラドール・レトリバーは、カナダのニューファンドランド島が原産地です。盲導犬や警察犬として有名ですが、また室内犬として一家のコンパニオンアニマルとして、つねに人気ランクが上位の犬種でもあります。日本でも人気の犬種ですが、とくに、海外では高い人気があります。


ラブラドール・レトリバーのシャンプーと被毛のお手入れ、飼い方について

ラブラドール・レトリバーのシャンプーと被毛のお手入れ、飼い方について

屋内で人間と暮らすことが多くなったこともあり、ラブラドール・レトリバーは、シャンプーをして身ぎれいにすることも家族としてのマナーの一つになりました。ラブラドール・レトリバーの被毛は短毛ですが、ダブルコートで上毛と下毛で覆われていて冬の寒さもしっかり護ってくれています。


ラブラドール・レトリバーのかかりやすい病気って?

ラブラドール・レトリバーのかかりやすい病気って?

ラブラドール・レトリバーは、心身ともにバランスのとれている丈夫な犬といわれています。とはいえ、いくつか遺伝的にかかりやすい病気もあります。股関節や耳関連などがラブラドール・レトリバーの場合、特に注意しなければならないチェックポイントです。