なぜ犬に嫌われる?人間がついついやってしまう犬の苦手な5つの行動

なぜ犬に嫌われる?人間がついついやってしまう犬の苦手な5つの行動

どこに行っても犬に嫌われているみたい。友達の家でもずっと吠えられっぱなしで、名前を呼んでもそっけない素振り。ボールを投げて遊ぼうとしても警戒される。一生懸命好かれようとしているのに、犬の気持ちは全く逆方向に向いてしまうことはありませんか?今回は、私たちがついついやってしまう犬が苦手な行動についてご紹介します。


嫌われるのは理由があった

「もともと犬と愛称が悪いんだ」そう落ち込んでしまっているなら、ちょっと待ってください。あなたが犬に嫌われているのではなく、あなたの「行動」にちょっとした勘違いがあるのかも?

1.目線を合わせる=「ケンカを売る」

大人が子供と会話をする時に、腰を低くして目線を合わせるようにしている光景、よくみませんか?
背の低い子供に対して、背の高い大人が威圧感を与えないように、目線を低くして目を見つめながら話をしていますよね。

目線を合わせる、目をじっと見つめる、腰を低くして目の高さを同じにする、これらの行動は犬世界では「ガンを飛ばす」「ケンカを売っている」という意味です。

犬に安心感を与えて仲良くしたいなら、じーっとガン見してはいけません。犬の性格によっては「やる気か?」「目をそらしたらやられる!」などという敵意を抱く結果を招きかねないからです。

距離が近い遠いはさほど関係なく、「目を見つめない」ということが大事。近くにいても全体を見るような感じで接してあげれば犬は安心しますよ。

ちなみに、犬があなたの視線に対して目をそらすのは「ケンカをする気はない」「興味はない」と言った意味です。ケンカしたくない時は犬は目をそらすので、知らんぷりされたと落ち込まないように。

2.か~わいい!%$&#%$(大声)=「キンキン声嫌い」

世の中にいる犬はみんな個性的でみんなカワイイ!もちろん、そんな気持ちが押さえれず、「かわいい!」「何歳なの~」「え~抱っこした~い!」と、犬に向かって延々と話しかけてしまっている場合。犬のストレスげージはグ―ンと上ってしまいます。

確かに、犬に話しかけることは日々のコミュニケーションの中でとても重要なこと。犬は飼い主さんの声を聞くことで心が満たされるものです。大事なのはトーンと声の大きさ。

初めて会う犬と上手に接するには、優しいトーンで話しかけるのがポイントです。急に叫んだり、大きな声を出したりすると、犬はびっくりして動揺してしまいます。そうなると、犬の防衛本能が働いてしまって警戒態勢に突入!危険な人物として認識されてしまうでしょう。

3.頭を上からなでなで=「ちょっと怖いな」

ついついやってしまいがちな、犬の頭をなでる行為。人間が思うほど、犬は心地よく感じていない場合があります。確かに、頭をなでると気持ち良さそうに首をストレッチしたりしますが、基本的に飼い主さんや家族以外に頭をなでられるのは苦手と言ってよいでしょう。

犬の視界はカメレオンのように360℃ではありません。(当たり前ですが・・・)。犬は初めて会う人に視界に入らない上から触られることに不安を感じています。「ちょっと怖い」「ビックリした!」そんな風に思っているんですね。

できれば、手の甲を見せながら顎の下を優しくなでてあげると良いでしょう。顎の下は、人間が思う以上に犬が安心して触らせてくれるスポットです。少し慣れて来たら、耳の後ろをなでてあげるのも良いと思います。自分の足ではなかなかうまくかけない㊙スポットですので。

4.急な動き・ちょっかいを出す=「警戒スイッチON」

犬にもエンターテイメントが必要?面白い動きをして、犬の興味を引いてみようと思う人もいるかもしれませんね。腕をグルグル回したり、無造作にジャンプしたり、手を素早く動かしたり。

良かれと思ってしていても、これらの行動は犬にとっては不快な行動です。すぐさま「警戒スイッチON!」そんな流れになってしまうでしょう。

犬に安心感を与えたいなら、動きはゆっくりと行うようにしましょう。超スローモーションでというワケではなく、「ごく普通」にということです。目の前で急に走ったりすると、「追いかける」という犬の本能が出てしまいますので気を付けましょう。

5.無理に触ろうとする=「準備できてない」

犬とのコミュニケーションは、人間のそれと全く違うことが多いので混乱してしまいそうですね。初めて会う犬に対して、人間から歩み寄って触るという行為も、あまり歓迎されません。

人間なら自分から歩み寄って「初めまして!」と言うべきですが、犬世界では見知らぬ人に対して警戒心を抱きがち。犬から近寄ってくるのを待つというのも必要なことだと言えます。

友達の家などに遊びに行った時、しばらく犬が近寄ってくるまで待ってみましょう。気が弱くで警戒心の強い犬でも自然と足元にやってきて匂いを嗅ぎ始めます。そしたら、それが「お近づきの印」。手の甲を顔より低い位置で見せながら、ゆっくり顎の下をなでてあげましょう。

犬に嫌われる人間の行動 まとめ

人間社会と犬社会ではマナーやしきたりが違う場合が多いですね。今まで犬が苦手だと思っていた人は、知らないうちに犬の苦手な行動をとってしまっていたかもしれません。これからは犬が安心できるように、犬目線の優しいコミュニケーションをとるように心がけていきましょう。

楽天トラベル

ペットと泊まれる宿をお探しの方はこちら

楽天トラベル

外部サイトへ移動します

この記事のライター

関連する投稿


ベンガルネコの性格、毛色、歴史など、飼い方をまとめてみた

ベンガルネコの性格、毛色、歴史など、飼い方をまとめてみた

ワイルドでセクシーな見た目のベンガル。性格も野生的なのかと思いきや、キュートで賢い猫種なんですよ。最近ではベンガル専門の猫カフェが出来たり、ペット番組でも必ず登場しちゃう人気者!そんなギャップを楽しめる可愛いベンガルちゃんのご紹介をしていきます。


ニューファンドランド犬ってどんな犬種?

ニューファンドランド犬ってどんな犬種?

水難救助犬として有名な、ニューファンドランド犬。家庭での飼育のポイントは?しつけはどうすればいい?どんな性格なの?家族として迎え入れる前に知っておきたい情報をご紹介します!


優しいまなざしと漆黒の体!ロットワイラーの魅力と知っておくべきこと

優しいまなざしと漆黒の体!ロットワイラーの魅力と知っておくべきこと

今回は、ロットワイラーについてお伝えします。世界中で警察犬や軍用犬として活躍しているこの大きな犬は、家庭犬としても十分暮らせる賢く優しい犬です。飼うにあたって知っておくべきことなどをまとめました。


猫の毛色は元はキジトラだけだった!?バラエティ豊かな猫のカラーを紹介

猫の毛色は元はキジトラだけだった!?バラエティ豊かな猫のカラーを紹介

キジトラ、サバトラ、サビ、クラシックタビー等、猫の毛色や模様には色々な呼び方がありますが、皆さん、どんな猫か想像できますか? また、元々、猫はキジトラしか居なかったと言われていることをご存知でしょうか? そんな、猫の毛色や模様に関する豆知識を紹介します。


初めての飼い方講座。デグーと暮らし始める前に知っておくべき10個のこと

初めての飼い方講座。デグーと暮らし始める前に知っておくべき10個のこと

デグーを知っていますか?デグーはチリ原産の小動物です。とても愛嬌があり、人間にもよくなつきます。大きさは私たちの手の平に乗るサイズで、毛がふさふさとした尻尾とオレンジ色の歯が特徴です。今日は、この可愛らしいデグーについてご紹介します!


最新の投稿


犬と猫を一緒に飼いたい!犬と仲良くできる猫種10選!

犬と猫を一緒に飼いたい!犬と仲良くできる猫種10選!

犬と猫が一緒に遊んでいたり、仲良く眠っている姿を見ると、心がほっこり温かくなりますよね。犬と猫を一緒に飼いたい…そうは言っても犬と猫は別の生き物。仲良く暮らしていけるのかと心配になります。そこで一般的に犬と仲良くなりやすい傾向にあると言われている猫、10種を紹介したいと思います。


一時は億越えも!チベタンマスティフの今に迫る

一時は億越えも!チベタンマスティフの今に迫る

2010年ごろ最高の景気に沸いていた中国で、大人気になっていた犬種「チベタンマスティフ」は、当時その価格は高騰して一時1億円を越える事も。そこで今回は、そんなチベタンマスティフとはどんな犬種で、現在はどんな状況になっているのかなどについて迫ってみたいと思います。


ラブラドール・レトリバーの購入前に抑えておくポイント

ラブラドール・レトリバーの購入前に抑えておくポイント

大型犬ラブラドール・レトリバーは、カナダのニューファンドランド島が原産地です。盲導犬や警察犬として有名ですが、また室内犬として一家のコンパニオンアニマルとして、つねに人気ランクが上位の犬種でもあります。日本でも人気の犬種ですが、とくに、海外では高い人気があります。


ラブラドール・レトリバーのシャンプーと被毛のお手入れ、飼い方について

ラブラドール・レトリバーのシャンプーと被毛のお手入れ、飼い方について

屋内で人間と暮らすことが多くなったこともあり、ラブラドール・レトリバーは、シャンプーをして身ぎれいにすることも家族としてのマナーの一つになりました。ラブラドール・レトリバーの被毛は短毛ですが、ダブルコートで上毛と下毛で覆われていて冬の寒さもしっかり護ってくれています。


ラブラドール・レトリバーのかかりやすい病気って?

ラブラドール・レトリバーのかかりやすい病気って?

ラブラドール・レトリバーは、心身ともにバランスのとれている丈夫な犬といわれています。とはいえ、いくつか遺伝的にかかりやすい病気もあります。股関節や耳関連などがラブラドール・レトリバーの場合、特に注意しなければならないチェックポイントです。