うちの子はおかしい?犬が草をパクパク食べる理由と注意すべき点

うちの子はおかしい?犬が草をパクパク食べる理由と注意すべき点

愛犬と外を散歩中に、グイグイと草のある方へ引っ張られることはありませんか?何をするかと思いきや、草をパクパク!「草なんか食べて」と不思議に思う飼い主さんも多いと思いでしょう。今回は犬が草を食べる理由と注意すべき点をまとめてみました。


愛犬と外を散歩中に、グイグイと草のある方へ引っ張られることはありませんか?何をするかと思いきや、草をパクパク!「草なんか食べて」と不思議に思う飼い主さんも多いと思いでしょう。今回は犬が草を食べる理由と注意すべき点をまとめてみました。

草を食べる理由とは?

ただ興味本位で草を食べたりしているわけではありません。草を食べるにはちゃんとした理由があるんですよ。

毛玉などを吐き出すため

「お腹の異物を吐くために草を食べるの?」人間の感覚で考えるとビックリな行動ですよね。犬は自ら毛をなめてグルーミングをしようとしますので、どうしてもお腹に毛玉がたまりがち。草を食べてお腹の中の異物を吐き出そうとしているんです。

草の成分や強い香りが胃を刺激するので、草を食べた後しばらくすると、モゴモゴしながら半ば無理に吐こうとする光景が…。

この「吐き出し」は小型犬、中型犬、大型犬、サイズに関係なく行われる犬独特の行為、。特にダブルコートの犬種は、毛が抜ける時期に大量の毛を吸い込みがち。胃に溜まった毛玉は消化されないため、吐き出そうとしているんですね。

見るに見かねない光景ですが、犬にとっては胃の中の不快なものを取り除こうとする本能みたいなものがあるようです。

胃の調子を回復させるため

犬はお腹の調子が悪い時などに体調を改善させようとして、草を食べる傾向があります。犬にとって整腸剤と呼べるかどうかははっきりしていませんが、ドクダミ草は胃の消化・整腸に役立つとも言われているんですよ。

しかしながら、同時にひどい下痢の症状が見られたら、お腹の中に寄生虫が発生している可能性もあるので動物病院で見てもらって下さいね。虫下しを飲んで便と一緒に出てくれば症状はすっかり良くなるはずです。

特に「草を食べる+下痢」は子犬の時期に見られる傾向があるので、見逃さないようにしたいですね。

環境の変化や孤独などのストレスのため

ストレスを解消するために、犬は本当に色々なことをします。室内のコードやテーブルの足などをガジガジしたり、執拗に手足をなめたり…草をパクパク食べるのもストレスの表れだと考えられています。

人間だったら「やけ食い」とか「やけ酒」とか、何かを口にすることである程度ストレスが発散できたりしますよね。その行為にちょっとだけ似ているかもしれませんが、犬はそういうわけにはいきませんよね^^

草を食べる行為がストレスにつながっているとしたら、日頃の愛犬との生活やコミュニケーションの在り方などをちょっとだけ振り返ってみると何かが見えてくるかも?犬も人間も完全にストレスフリーになることは厳しいかもしれませんが、改善できることは積極的に行っていきたいですね。

ビタミンを補足するため

普段あまり考えないこと。それは犬は肉食ではなく魚、野菜、果物など何でも食べる「雑食」だということです。ですので、お肉ばかり好んで食べているとビタミンが不足して体の調子が悪くなってしまいます。

身体の栄養バランスを保つためにビタミンは重要不可欠!そのビタミンを補うために、草を好んで食べているとも言われています。

余談ですが、私の知っている獣医さんはこんなことも言っていました。「胸やけを改善するために、草を食べているんだよ。」

我が家のアメブル達はお肉が大好き、量も半端じゃありません(笑)。ついつい野菜や果物の量が不足しがちなってしまって、気付くと草をものすごい勢いでムシャムシャ食べている時があります^^

「草食べ」で注意してほしいこと

散歩中で草を食べる行為には理由がありました。でも、どんな草でも食べてよいということではありません。しかも、公園の草などは除草剤がまかれている可能性が高いのでとってもキケンです。

ユリ科の植物は特に注意を!

ユリ科に属する花には犬を近づけないようにして下さい。穴掘りが好きな子は球根などを掘り返して口に入れないように気を付けましょう!

ヤマユリ、チューリップ、ヒヤシンスが一般によく見かけるユリ科の植物です。これらの植物は球根だけではなく、茎、花びらに至るまで口にしてはいけません。ひどい下痢や嘔吐、皮膚炎を起こす原因となり、誤って大量に食べてしまうと死に至るケースもあります。

他にもマリーゴールドやパンジーなどの色の濃い植物にも注意して下さい。春になったらツツジやサツキなどにも気を付けて下さいね。

「食用の草」を利用しよう!

安全な草を食べてもらえるように登場したのが、「食用の草」です。ペットショップや通販などでも気軽に購入できますので、試してみても良いと思います。草が大好きな子もいますから、飼い主さんにとっては救世主的な存在です。何より安心ですよね!

犬が草を食べる理由と注意点 まとめ

犬が草を食べる理由。よく考えてみると、完全に健康な犬の場合は草を食べる必要はない?ということになりますね。とは言うものの、毛玉が胃に溜まったり、ビタミンが不足したりすると、自然に草を食べることが多くなります。

犬が食べてはいけない植物もありますので、散歩中はどうかご注意を!比較的、特徴のある見分けのつく植物が多いので、これを機会に覚えておきましょう。

楽天トラベル

ペットと泊まれる宿をお探しの方はこちら

楽天トラベル

外部サイトへ移動します

この記事のライター

関連するキーワード


ストレス 散歩 食べる

関連する投稿


愛犬と、マナーを守って楽しくお散歩!

愛犬と、マナーを守って楽しくお散歩!

犬は毎日の散歩がなによりの楽しみ。飼い主さんにとってもお散歩は、犬との暮らしの醍醐味です。そんな楽しいお散歩にもマナーがあり、愛犬の体力や性格に応じた頻度やペースがあります。ご近所トラブルや思わぬ事故に遭わないようしっかりとマナーを守り、愛犬にとっても飼い主さんにとっても、快適で健康的な散歩となるようにしましょう。


ペットがいる飼い主への影響。犬への愛情がヒトの健康を左右する!

ペットがいる飼い主への影響。犬への愛情がヒトの健康を左右する!

ここ最近の日本は、猫ブームと言われ、猫派の人が増えているようです。もちろん単純に猫が好きという人も多いですが、「犬も猫もどちらも好きだけど、犬は散歩しないといけないから・・・」という人も多いのではないでしょうか。ちょっと待ってください。その散歩、実は私たちに大きなメリットになってるんですよ。


うちの猫幸せなの?愛猫のストレスチェックをしよう

うちの猫幸せなの?愛猫のストレスチェックをしよう

愛猫のいつもの行動、それは本当に性格によるものでしょうか?いつもやっていることが、実はストレス行動かもしれません。愛猫にストレスサインが出ていないかチェックしておきませんか?


愛犬の散歩、何が必要なの?距離やお勧めの時間帯は?

愛犬の散歩、何が必要なの?距離やお勧めの時間帯は?

愛犬の毎日のお散歩、どうしていますか?何をもっていっていて、どんな道を何時くらいに歩いて、どれくらいの距離を歩いていますか?ドッグランやドックフードの話題や、いたずらなどの話は花が咲くけれど、お散歩をどうしているかはなかなか話には上がってこないものです。今回はお散歩の基礎を書いていきたいと思います。


ペットを飼うと心と体も健康になる!ペットを飼うことでもたらされるメリット!

ペットを飼うと心と体も健康になる!ペットを飼うことでもたらされるメリット!

犬や猫をはじめペットを飼うことは、私たちにたくさんの喜びを与えてくれ、生活をより豊かなものにしてくれます。家族の大切な一員として溺愛している人も多いのではないでしょうか?ペットと触れ合うことでストレスが解消され、癒し効果もあると言われています。ペットを飼うことでどんなメリットがあるのか紹介したいと思います。


最新の投稿


犬と猫を一緒に飼いたい!犬と仲良くできる猫種10選!

犬と猫を一緒に飼いたい!犬と仲良くできる猫種10選!

犬と猫が一緒に遊んでいたり、仲良く眠っている姿を見ると、心がほっこり温かくなりますよね。犬と猫を一緒に飼いたい…そうは言っても犬と猫は別の生き物。仲良く暮らしていけるのかと心配になります。そこで一般的に犬と仲良くなりやすい傾向にあると言われている猫、10種を紹介したいと思います。


一時は億越えも!チベタンマスティフの今に迫る

一時は億越えも!チベタンマスティフの今に迫る

2010年ごろ最高の景気に沸いていた中国で、大人気になっていた犬種「チベタンマスティフ」は、当時その価格は高騰して一時1億円を越える事も。そこで今回は、そんなチベタンマスティフとはどんな犬種で、現在はどんな状況になっているのかなどについて迫ってみたいと思います。


ラブラドール・レトリバーの購入前に抑えておくポイント

ラブラドール・レトリバーの購入前に抑えておくポイント

大型犬ラブラドール・レトリバーは、カナダのニューファンドランド島が原産地です。盲導犬や警察犬として有名ですが、また室内犬として一家のコンパニオンアニマルとして、つねに人気ランクが上位の犬種でもあります。日本でも人気の犬種ですが、とくに、海外では高い人気があります。


ラブラドール・レトリバーのシャンプーと被毛のお手入れ、飼い方について

ラブラドール・レトリバーのシャンプーと被毛のお手入れ、飼い方について

屋内で人間と暮らすことが多くなったこともあり、ラブラドール・レトリバーは、シャンプーをして身ぎれいにすることも家族としてのマナーの一つになりました。ラブラドール・レトリバーの被毛は短毛ですが、ダブルコートで上毛と下毛で覆われていて冬の寒さもしっかり護ってくれています。


ラブラドール・レトリバーのかかりやすい病気って?

ラブラドール・レトリバーのかかりやすい病気って?

ラブラドール・レトリバーは、心身ともにバランスのとれている丈夫な犬といわれています。とはいえ、いくつか遺伝的にかかりやすい病気もあります。股関節や耳関連などがラブラドール・レトリバーの場合、特に注意しなければならないチェックポイントです。