知っているようで意外と知らない?犬にまつわる雑学・豆知識

知っているようで意外と知らない?犬にまつわる雑学・豆知識

私たちにとってとても身近な存在の犬。家族の一員として一緒に暮らしている人も多いと思います。知っているようで知らない犬のトリビアを紹介したいと思います。


犬の知識は人間の2歳児とほぼ同じ

犬はとても賢い動物ですが、どのくらいの知能があるのでしょうか?
動物心理学者により、犬には人間の2歳児ぐらいの知能があるとの研究結果が報告されました。

研究チームによると数々の調査の結果、約250の単語やジェスチャーを覚えられ、5まで数えることや簡単な計算をすることが可能だとのことです。

【知能の高い順】
・ボーダー・コリー
・プードル
・ジャーマン・シェパード
・ゴールデン・レトレバー
・ドーベルマン
・シェットランド・シープドッグ(シェルティー)
・ラブラドール・レトレバー
・パピヨン
・ロットワイラー
・オーストラリアン・キャトル・ドッグ

【知能の低い順】
・アフガン・ハウンド
・バゼンジー
・ブルドッグ
・チャウチャウ
・ボルゾイ
・ブラッド・ハウンド
・ペキニーズ
・ビーグル
・マスチフ
・バセット・ハウンド

「犬は色盲」は迷信

犬の視覚は嗅覚や聴覚と比べるとかなり鈍く、犬は白黒しかみえていないと思っている人も多いのではないでしょうか?しかし研究の結果、犬にも多少の色の識別ができることがわかりました。

たくさんの色は識別できないものの、白色、黒色に加えて、黄色と青色も識別できるそうです。
これらの色のなかからおもちゃや洋服を選んであげると、犬はより楽しめるかもしれませんね。

犬の嗅覚は人間と比べて桁違いにすごい!

かぎ分ける匂いに得意不得意がありますが、犬の嗅覚は人間の10万〜1億倍も優れているといわれます。これは犬が人間の何倍も強く匂いを感じるというわけではなく、空気中を漂う匂い分子の濃度が薄くても嗅ぎ取ることができるということです。

鼻腔の奥にある嗅細胞で匂いを受信し、脳に送ることによって匂いが識別できますが、犬は私たちに比べて、この嗅細胞の数が桁違いに多いのです。

人間の嗅細胞が500万個程度に対し、犬種により差がありますが、犬の嗅細胞数は1億2500万個〜2億2000万個と言われています。

嗅覚がいいと言われているビーグルは2億5000万個、ブラッド・ハウンドにいたっては3億個の嗅細胞を持つと言われています。

犬の鼻は人間の指紋

私たちの指紋がひとりひとり違うことは周知のとおりです。実は犬にも個体により各々違う部位があります。

それは鼻。鼻は犬にとってとっても大切なスポット。健康のバロメーターでもあります。
この鼻の表面にある複雑なパターン、鼻のしわ。これは「鼻紋」と呼ばれ、犬それぞれで違います。

このため犬の識別に用いられることもあり、海外では鼻紋を登録することを認めるケネルクラブもあるそうです。

犬も夢を見る

愛犬が寝ているとき、足をピクピク動かしたり、唸り声をあげたりするのを見たことがありませんか?実は犬も私たちと同じように夢を見ているのです。これは科学的にも証明されています。

睡眠にはレム睡眠と呼ばれる浅い眠りで、体は休んでいるが脳は活動している状態と、ノンレム睡眠と呼ばれる深い眠りで、体も脳も休んでいる状態の2種類があります。睡眠中はこのレム睡眠とノンレム睡眠が繰り返されています。

通常夢を見るのはレム睡眠時間と言われており、犬にもレム睡眠時間があり、夢を見ていると言われています。野生で暮らしていたころは敵に襲われたりしたときに素早く行動する必要がありました。この習性が残っており、レム睡眠8割、ノンレム睡眠2割だそうです。また嗅覚が優れている犬は匂いを感じる夢をよく見ると考えられています。

愛犬が足をピクピク動かしていたら、散歩をしている夢を見ているのかもしれませんよ。

ミリタリーIDタグはドッグタグとも呼ばれる

軍隊で兵士の個人識別用に使用されるIDタグ(認識票)。
犬の鑑札をイメージさせることから、皮肉の意味を含めて、スラングで「ドッグタグ」と呼ばれています。

兵士たちに何かがあったときに身元を確認するのにとても重要となるIDタグですが、最近ではファッションとしても使用されていますよね。

雷を怖がるのは音と光だけが理由じゃない

雷が苦手な犬は多いですよね。なかには息づかいが荒くなったり、体が震えるなど「雷恐怖症」と呼ばれる症状の出るコもいます。

犬が雷を怖がるのは音や光以外にも、気圧の変化や静電気といった刺激で、体に不快感を感じていることもあるそうです。犬が怯えていたらブランケットやタオルなどで包んであげて安心させてあげましょう。また、静電気による不快感を緩和する犬用ケープも販売されているので利用するのもいいでしょう。

犬が寝る前にクルクル回るのは何故?

愛犬がベットで寝るとき、クルクル回ってから寝ませんか?

この行動は先祖から引き継がれた習性で、ペットとして家庭で飼われるようになった今も残っていると言われています。

野生に暮らしていたときは、自分で寝床を作らなくてはならず、サークルを描くことで草を倒したり、地面を平らにして心地よいベットを作っていました。クルクル回ることでヘビや虫を排除する意味もありました。また、この行為をすることで安心感を覚えるとも言われています。

犬はハグされるのが嫌い!?

私たちにとってハグするのは愛情のしるし。しかし犬たちのなかにはハグされるのが好きではないコが多いようです。

カナダの動物心理学者コレン博士により、約8割の犬がハグをされるとストレスを感じるという研究結果が報告されました。

ハグされている犬の写真をランダムに選び調査したことろ、「耳が下がっている」「目を閉じている」など「NO」を表現している犬が81.6%もいたそうです。犬はハグをされるとパーソナルスペースを侵されたと考え、支配されているようで不快を感じ、ストレスになるようです。

犬に愛情を示したいときは、優しく声をかけてあげたり、撫でであげるほうが犬は喜ぶようです。

知っているようで知らなかった犬の雑学。皆さんはいくつ知っていましたか?

まだまだ知らない情報がたくさんあります。調べてみると興味深い情報が見つかるかもしれませんよ。

楽天トラベル

ペットと泊まれる宿をお探しの方はこちら

楽天トラベル

外部サイトへ移動します

この記事のライター

関連するキーワード


家族 雑学

関連する投稿


犬と猫を一緒に飼いたい!犬と仲良くできる猫種10選!

犬と猫を一緒に飼いたい!犬と仲良くできる猫種10選!

犬と猫が一緒に遊んでいたり、仲良く眠っている姿を見ると、心がほっこり温かくなりますよね。犬と猫を一緒に飼いたい…そうは言っても犬と猫は別の生き物。仲良く暮らしていけるのかと心配になります。そこで一般的に犬と仲良くなりやすい傾向にあると言われている猫、10種を紹介したいと思います。


ミックス犬が可愛すぎる。人気のミックス犬おすすめの種類10選

ミックス犬が可愛すぎる。人気のミックス犬おすすめの種類10選

純血種同士を組み合わせたミックス犬はご存知ですか?じわじわと人気が出てきているミックス犬について種類とそのなかでも人気のあるおすすめのミックス犬を特徴なども合わせて紹介していきたいと思います。純血種もいいですが、ミックス犬もまたかわいい魅力ありますよ!犬を飼いたいけど種類を迷ってる人は特に必見です。


マンションでも飼いやすい!ムダ吠えの少ない犬ベスト5

マンションでも飼いやすい!ムダ吠えの少ない犬ベスト5

犬を飼いたい!でもうちはマンション。一応ペットOKだけど近所とのトラブルは避けたいから、あまりうるさく吠える犬はまずい・・・日本では、マンションだけでなく一戸建てでも、隣までの距離が近いことが多い住宅事情からそう考える方も多いはず。そこで今回は、ムダ吠えの少ない、飼いやすい犬種を5つご紹介します。


大人気のミックス犬!おすすめミックスやちょっとした変わり者までご紹介!

大人気のミックス犬!おすすめミックスやちょっとした変わり者までご紹介!

お店に行くと、ほとんどと言っていいほどかわいいミックス犬たちがいますね。今や、純粋犬よりもミックス犬を探している人の方が多いのではないでしょうか?でも、実はミックス犬って無限大なんです!今回は、おすすめのミックス犬から、ちょっと変わったミックス犬まで幅広くご紹介します!


元祖ブサカワ!大人気のブルドッグその魅力と飼い主として知っておくべきこと

元祖ブサカワ!大人気のブルドッグその魅力と飼い主として知っておくべきこと

いまやアメリカで人気NO.4といわれるブルドッグ。独特の風貌と愛くるしいしぐさは、見ている人を和ませす。今回は、ブルドッグの魅力と、その陰に隠された事実についてお伝えします。


最新の投稿


犬と猫を一緒に飼いたい!犬と仲良くできる猫種10選!

犬と猫を一緒に飼いたい!犬と仲良くできる猫種10選!

犬と猫が一緒に遊んでいたり、仲良く眠っている姿を見ると、心がほっこり温かくなりますよね。犬と猫を一緒に飼いたい…そうは言っても犬と猫は別の生き物。仲良く暮らしていけるのかと心配になります。そこで一般的に犬と仲良くなりやすい傾向にあると言われている猫、10種を紹介したいと思います。


一時は億越えも!チベタンマスティフの今に迫る

一時は億越えも!チベタンマスティフの今に迫る

2010年ごろ最高の景気に沸いていた中国で、大人気になっていた犬種「チベタンマスティフ」は、当時その価格は高騰して一時1億円を越える事も。そこで今回は、そんなチベタンマスティフとはどんな犬種で、現在はどんな状況になっているのかなどについて迫ってみたいと思います。


ラブラドール・レトリバーの購入前に抑えておくポイント

ラブラドール・レトリバーの購入前に抑えておくポイント

大型犬ラブラドール・レトリバーは、カナダのニューファンドランド島が原産地です。盲導犬や警察犬として有名ですが、また室内犬として一家のコンパニオンアニマルとして、つねに人気ランクが上位の犬種でもあります。日本でも人気の犬種ですが、とくに、海外では高い人気があります。


ラブラドール・レトリバーのシャンプーと被毛のお手入れ、飼い方について

ラブラドール・レトリバーのシャンプーと被毛のお手入れ、飼い方について

屋内で人間と暮らすことが多くなったこともあり、ラブラドール・レトリバーは、シャンプーをして身ぎれいにすることも家族としてのマナーの一つになりました。ラブラドール・レトリバーの被毛は短毛ですが、ダブルコートで上毛と下毛で覆われていて冬の寒さもしっかり護ってくれています。


ラブラドール・レトリバーのかかりやすい病気って?

ラブラドール・レトリバーのかかりやすい病気って?

ラブラドール・レトリバーは、心身ともにバランスのとれている丈夫な犬といわれています。とはいえ、いくつか遺伝的にかかりやすい病気もあります。股関節や耳関連などがラブラドール・レトリバーの場合、特に注意しなければならないチェックポイントです。