犬の多頭飼いのメリットデメリットは?犬にとって幸せなの?

犬の多頭飼いのメリットデメリットは?犬にとって幸せなの?

飼い主さんの中には2匹目を飼いたいと考えている人もいるでしょう。しかし、先住犬と仲良くできるかなど色々な不安も多いかと思います。そこで今回は、多頭飼いをすることによるメリット、デメリットをご紹介いたします。


多頭飼いをするメリット

愛犬の遊び相手ができる

もともと犬は群れで行動する動物です。そこで、今まで一人で留守番をしたりおもちゃで遊んでいたりした愛犬も、同じ犬が仲間に加わることで遊び相手ができ寂しさが減ります。特に仕事が忙しく、家を開ける時間が長い家庭ほど、多頭飼いをした方が愛犬のストレスや寂しさを減らしてあげられるというメリットがあります。

先住犬がしつけをしてくれる

人の子供も上の兄や姉の生活を見て、トイレや挨拶を早く覚えるように、犬も先住犬の行動を見て、その家での暮らし方を学んでいってくれます。特に先住犬のしつけがきちんと住んでいれば、後から来た犬はそれを見て真似てくれるので、先住犬とくらべてトイレトレーニングの負担が少ないです。

また、家の中でしてはいけないこと、ダメなことをすると先住犬が責任を持って怒ってくれることもあり、良き先生となって後輩犬に色々なことを教えてくれますよ。

多頭飼いをするデメリット

費用がかかる

やはり多頭飼いをする最大のデメリットは、その分飼育費用がかかってしまうという点。単純にえさ代やトイレシーツ一つをとっても、毎月倍の費用が必要になります。さらに大変なのは病気をしてしまった場合。

保険に入っていたとしても、どちらかが大きな病気をしてしまった場合、治療費だけでも飼い主さんにとって大きな負担になります。もちろん片方が病気をして入院をしたとしても、他の犬たちの面倒をないがしろにはできません。

先住犬とうまくいかないことも

犬にも一頭一頭性格があり、どうしても先住犬が後輩犬と仲良くできないというケースもあります。相性が悪いと度々ケンカをするなど、飼い主さんが頭を抱えてしまうことに。

特に先住犬がある程度年齢を重ねていると、環境の変化を受け入れられず後輩犬に攻撃的になるというケースもあります。しかし、反対に後輩犬を迎えたことでシニア犬が活気づき、元気になったという例も。

特に1頭飼育されていた犬は、自分のことを人間だと思っていることが多いのだとか。そんなところに小さい子犬がやってきたら、先住犬にとって大きなストレスになってしまいます。このストレスから食欲減退、下痢や嘔吐といった体調不良を引き起こす犬もいるほどです。

後輩犬を迎え入れるときはまず先住犬の性格を把握し、相性が良さそうな犬種を選んであげることが大切です。

多頭飼いでの注意点

犬のサイズ

多頭飼いは必ずしも同じ犬種である必要はありませんが、あまりに大きさに違いがあるとケガの原因になることも。たとえば、チワワやダックスといった小型犬を飼っているのに対し、後輩犬が体重数十キロもあるような大型犬だと、たとえ遊びのつもりでも骨折させてしまったり、噛み付いてケガをさせてしまったりすることも。

特に子犬のうちは動くものに何でも興味を示し、力いっぱい噛み付いてしまいます。悪気がなくても先住犬が大ケガをするケースもあるので、できれば同程度の体重の犬種を選ぶことをおすすめいたします。

性別

多頭飼いにおいて性別はとても重要です。子犬を産ませたいと考えているのなら、もちろんオスとメスを飼うことがおすすめですが、こちらも相性があるため必ず出産に至るとは限りません。

また、反対に子犬を産ませる予定がない場合は早期の段階で去勢や避妊手術を行う必要があります。同性だとお互いが攻撃対象になり、相性が悪いとケンカをしたり仲良くなれなかったりする可能性が高いです。

しかし、先住犬がメスの場合は母性本能が働くので、子犬を迎え入れたとしてもすんなり受け入れて、かいがいしく世話を焼いてくれるというケースも少なくありません。そのため、多頭飼いをする場合は子犬を産ませたいかどうかについて考えてから、性別を選択しましょう。

先住犬のストレスケアをしよう

初めから子犬同士を多頭飼いするのならあまり問題がありませんが、もともと1頭で飼育されていた先住犬のところに、子犬を迎え入れるのは色々なストレスケアが必要です。

それまで飼い主からの愛情を100%受けてきた愛犬にとって、ライバルとなる子犬の登場はとても衝撃的で、大きなストレスを感じてしまいます。やきもちを焼いて子犬に吠えたり噛み付いたりと言った攻撃を与えることも考えられます。

特に甘えが強く飼い主にベッタリとしていた先住犬はストレスを感じやすい傾向にあり、それが原因で胃腸炎を起こしたりご飯を食べなくなったりすることも。このようなストレス症状が続くようだったら、動物病院で治療をしてもらう必要もあります。

まずは新しい子犬を迎えても、飼い主は先住犬ときちんと触れ合う時間を作ることが大切。自分のことも愛されていると実感できれば、先住犬もストレスが和らぎ後輩犬に優しくしてくれますよ。

まとめ

多頭飼いはメリットもあれば、デメリットも色々とあります。複数の犬たちと過ごすのは1頭飼いでは見られないような、素敵な経験もたくさんできます。しかし、先住犬のストレスケアや飼育費用などの問題もあるため、このようなメリットとデメリットを考えた上で慎重に選択をしましょう。

楽天トラベル

ペットと泊まれる宿をお探しの方はこちら

楽天トラベル

外部サイトへ移動します

この記事のライター

関連するキーワード


多頭飼い 幸せ

関連する投稿


大人気のミックス犬!おすすめミックスやちょっとした変わり者までご紹介!

大人気のミックス犬!おすすめミックスやちょっとした変わり者までご紹介!

お店に行くと、ほとんどと言っていいほどかわいいミックス犬たちがいますね。今や、純粋犬よりもミックス犬を探している人の方が多いのではないでしょうか?でも、実はミックス犬って無限大なんです!今回は、おすすめのミックス犬から、ちょっと変わったミックス犬まで幅広くご紹介します!


元祖ブサカワ!大人気のブルドッグその魅力と飼い主として知っておくべきこと

元祖ブサカワ!大人気のブルドッグその魅力と飼い主として知っておくべきこと

いまやアメリカで人気NO.4といわれるブルドッグ。独特の風貌と愛くるしいしぐさは、見ている人を和ませす。今回は、ブルドッグの魅力と、その陰に隠された事実についてお伝えします。


犬の選び方、もう一度考えてみませんか?

犬の選び方、もう一度考えてみませんか?

犬は、犬種によって大きく見た目が変わる動物です。同種の中でここまで大きく見た目が違う動物は他にはいないといわれています。ヒトは犬との生活の中で、好みに合わせて、特徴的な犬をいろいろと生み出してきました。しかし、それがもとでいろいろな問題も出てきてしまっています。その問題を知って、犬の選び方、もう一度考えてみませんか? 


犬の耳の形8選と耳の病気について

犬の耳の形8選と耳の病気について

犬の耳の形を三角形の立ち耳とたれ耳の2種類だけだと思っていませんか?犬の耳の形には、実はいろいろな名称があるのをご存知でしょうか?耳の形8選と耳の病気についてお伝えします。


犬のしっぽの種類、いくつ知っていますか?犬のしっぽの役割って?

犬のしっぽの種類、いくつ知っていますか?犬のしっぽの役割って?

犬種や個体差が出る犬のしっぽには、様々な形とその名前があるのはご存知でしょうか?愛犬のしっぽの名前、言えますか?


最新の投稿


アビシニアンの飼い方、性格と特徴、かかりやすい病気について

アビシニアンの飼い方、性格と特徴、かかりやすい病気について

やんちゃで人が大好きなアビシニアン!飼い主さん曰く、家庭内ストーカーにあっているとのこと!!従順で甘えん坊の性格がとっても魅力的ですよね。これを見ればかわいいストーカーさんが欲しくなること間違いなし☆


トリマーが教える!プードルのお手入れ楽々カットスタイル!

トリマーが教える!プードルのお手入れ楽々カットスタイル!

色んなトリミングスタイルが楽しめるプードル。でも最近はお手入れの手間が省けるカットに興味が出てきた。カットを長持ちさせる方法が知りたい。そんな飼い主さんのために、トリマーがおすすめするプードルのお手入れ楽々カットスタイルをご紹介します。


優しいまなざしと漆黒の体!ロットワイラーの魅力と知っておくべきこと

優しいまなざしと漆黒の体!ロットワイラーの魅力と知っておくべきこと

今回は、ロットワイラーについてお伝えします。世界中で警察犬や軍用犬として活躍しているこの大きな犬は、家庭犬としても十分暮らせる賢く優しい犬です。飼うにあたって知っておくべきことなどをまとめました。


猫の毛色は元はキジトラだけだった!?バラエティ豊かな猫のカラーを紹介

猫の毛色は元はキジトラだけだった!?バラエティ豊かな猫のカラーを紹介

キジトラ、サバトラ、サビ、クラシックタビー等、猫の毛色や模様には色々な呼び方がありますが、皆さん、どんな猫か想像できますか? また、元々、猫はキジトラしか居なかったと言われていることをご存知でしょうか? そんな、猫の毛色や模様に関する豆知識を紹介します。


短頭種ってどんな犬なの?鼻ペチヤ犬の誕生秘話や特徴まとめ

短頭種ってどんな犬なの?鼻ペチヤ犬の誕生秘話や特徴まとめ

皆さん、短頭種って聞いたことありますか?「頭が短い犬」と書きますが、実際は頭蓋骨の長さに対して鼻の長さが短い犬種のことを指すんですよ。大きな特徴としては「鼻がぺチャンコ」なこと。今回は愛嬌のある顔つきで人気のある短頭種について、誕生秘話や特徴をまとめてみました。