愛犬にしてあげたい!犬が喜ぶマッサージ方法

愛犬にしてあげたい!犬が喜ぶマッサージ方法

「犬のマッサージって具体的にどうすればいいの?」という方向けに、簡単にできてしつけにもなる、犬が喜ぶマッサージ方法をご紹介します。


犬のマッサージってどんなもの?

ただ犬が喜ぶ部分をなでるだけでもOK

犬のマッサージというと、「人間のマッサージとどう違うの?」「どんなふう触ればよいのかわからない」という方も多いかと思います。“マッサージ”とは言っても、単に愛犬の体をなでてあげるだけのことです。難しく考えずに、「たくさんなでてあげよう」と思っていれば、自然と犬は心地よく感じ、リラックスしてくれます。

「犬の体のどこを触れば大丈夫なの?」という方は、“いつもなでると喜ぶ部分”があるのなら、最初はそこを触ってあげれば大丈夫です。犬が喜ぶ部分は、つまり犬が触られて心地よいと感じる部分です。普段から愛犬の様子を観察している飼い主さんだからこそできることです。

犬にとって、飼い主さんを独占できる幸せな時間

犬にとってマッサージは、大好きな飼い主さんを独り占めできる幸せな時間でもあります。特に、小さいお子さんがいる家庭では、自然と子供たちの世話に追われて、愛犬とのかかわりが減ってしまうということもあるかと思います。

飼い主さんが「最近愛犬と関わる時間が減っているかも」と思い当たるときは、犬はきっと心のどこかでさみしさを感じているはずです。短い時間でもよいので、愛犬が飼い主さんを独占できる時間を作ってあげましょう。たくさん体を触ってマッサージをしてあげれば、愛犬もきっと満足してくれるはずですよ。

簡単にできる犬のマッサージ方法

“上から下へ”体全体を優しくなでる

犬のマッサージ方法で基本になるのが、“上から下へ”優しくなでることです。普段から愛犬をなでることが多いという方はよくご存じかと思いますが、頭から背中、胸からお腹にかけてなど、上から下に向かってなでてあげると、犬は心地よく感じます。人間と同じく、犬にもリンパの流れがあり、それに沿って上から下へなでてあげることで、マッサージ効果を高めることができます。

なで方の力加減は、普段なでるときと同じくらいか、少し強めでもよいでしょう。柔らかめのゴム製ブラシなどを使うと、毛並みのお手入れにもなり、一石二鳥ですよ。

体のマッサージの際に心がけていただきたいのが、“できるだけ体全体を触る”ということです。足先や鼠径部、下腹部などの犬が本来嫌がる部分は最初は難しいかもしれませんが、徐々に慣れさせながら体全体をマッサージしてあげましょう。

顔のマッサージ方法

体のマッサージに慣れてきたかなと思ったら、次は顔のマッサージをしてあげましょう。犬は人間同様、顔にもたくさんの神経が集まっており、マッサージすることによって、リラックス効果を得ることができます。また、普段あまり触ることのない場所である顔を触られることに慣れさせることもできます。

やり方は簡単です。目の間を起点として、放射状になでてあげるだけです。目の上や、口元なども、中心から外側へなでるイメージで優しくマッサージしてあげましょう。実は、犬は顔も触られると心地よさを感じられる部分のため、最初は嫌がっていても徐々に慣れてうっとりと身を任せてくれるようになりますよ。

犬のマッサージのメリット

犬のマッサージは、毎日のコミュニケーションやリラックス効果だけでなく、犬とって様々なメリットがあります。

体の冷えや血行不良を改善できる

寒さや加齢とともに、犬も肩や背中などの筋肉が凝ることがあります。人間にとってのマッサージと同じで、犬のマッサージも血行改善やリラックス効果が得られます。血行改善は病気予防の基本でもありますから、手軽にできるマッサージで健康管理をしてあげましょう。

病気やけがを早期発見できる

毎日愛犬の体に触れるということは、それだけ体の異常や不調に気付いてあげやすくなります。触ったときに痛がる部分(特に足など)は知らないうちにけがをしていることもありますから、注意深く反応を見ながらマッサージを行うようにしましょう。

体に触れられる事に慣れさせる

毎日マッサージを続けていると、自然と体に触られることに慣れてくれるようになります。触られることに慣れていると、日々のお手入れや病院・ペットサロンなどで楽になるだけでなく、犬自身が感じるストレスを軽減してあげることができます。

しつけやコミュニケーションになる

マッサージによる触れ合いは、犬にとってはもちろん、飼い主さんにとっても癒される幸せな時間です。また、マッサージ中は静かにしているよう指示をするため、主従関係をはっきりとさせる意味でも効果的で、しつけの一環にもなります。

犬のマッサージまとめ

犬にとって、マッサージとは、飼い主さんとの大事なコミュニケーションの1つです。また、体にたくさん触れることで、犬の不調や怪我に早く気づくことができるようになります。犬は、人間よりも痛みを感じにくいため、「普段を変わらない」ように見えていても、実は体に異常があったということが多くあります。毎日のマッサージは、そうした犬の健康管理の面からも大きな意味があります。

人になでられるのが大好きな犬にとって、マッサージはとても幸せな時間です。毎日の愛犬とのかかわりの中に、ぜひ取り入れてみてはいかがでしょうか。

楽天トラベル

ペットと泊まれる宿をお探しの方はこちら

楽天トラベル

外部サイトへ移動します

この記事のライター

関連するキーワード


マッサージ 喜ぶ

関連する投稿


犬と猫を一緒に飼いたい!犬と仲良くできる猫種10選!

犬と猫を一緒に飼いたい!犬と仲良くできる猫種10選!

犬と猫が一緒に遊んでいたり、仲良く眠っている姿を見ると、心がほっこり温かくなりますよね。犬と猫を一緒に飼いたい…そうは言っても犬と猫は別の生き物。仲良く暮らしていけるのかと心配になります。そこで一般的に犬と仲良くなりやすい傾向にあると言われている猫、10種を紹介したいと思います。


ミックス犬が可愛すぎる。人気のミックス犬おすすめの種類10選

ミックス犬が可愛すぎる。人気のミックス犬おすすめの種類10選

純血種同士を組み合わせたミックス犬はご存知ですか?じわじわと人気が出てきているミックス犬について種類とそのなかでも人気のあるおすすめのミックス犬を特徴なども合わせて紹介していきたいと思います。純血種もいいですが、ミックス犬もまたかわいい魅力ありますよ!犬を飼いたいけど種類を迷ってる人は特に必見です。


マンションでも飼いやすい!ムダ吠えの少ない犬ベスト5

マンションでも飼いやすい!ムダ吠えの少ない犬ベスト5

犬を飼いたい!でもうちはマンション。一応ペットOKだけど近所とのトラブルは避けたいから、あまりうるさく吠える犬はまずい・・・日本では、マンションだけでなく一戸建てでも、隣までの距離が近いことが多い住宅事情からそう考える方も多いはず。そこで今回は、ムダ吠えの少ない、飼いやすい犬種を5つご紹介します。


大人気のミックス犬!おすすめミックスやちょっとした変わり者までご紹介!

大人気のミックス犬!おすすめミックスやちょっとした変わり者までご紹介!

お店に行くと、ほとんどと言っていいほどかわいいミックス犬たちがいますね。今や、純粋犬よりもミックス犬を探している人の方が多いのではないでしょうか?でも、実はミックス犬って無限大なんです!今回は、おすすめのミックス犬から、ちょっと変わったミックス犬まで幅広くご紹介します!


元祖ブサカワ!大人気のブルドッグその魅力と飼い主として知っておくべきこと

元祖ブサカワ!大人気のブルドッグその魅力と飼い主として知っておくべきこと

いまやアメリカで人気NO.4といわれるブルドッグ。独特の風貌と愛くるしいしぐさは、見ている人を和ませす。今回は、ブルドッグの魅力と、その陰に隠された事実についてお伝えします。


最新の投稿


犬と猫を一緒に飼いたい!犬と仲良くできる猫種10選!

犬と猫を一緒に飼いたい!犬と仲良くできる猫種10選!

犬と猫が一緒に遊んでいたり、仲良く眠っている姿を見ると、心がほっこり温かくなりますよね。犬と猫を一緒に飼いたい…そうは言っても犬と猫は別の生き物。仲良く暮らしていけるのかと心配になります。そこで一般的に犬と仲良くなりやすい傾向にあると言われている猫、10種を紹介したいと思います。


一時は億越えも!チベタンマスティフの今に迫る

一時は億越えも!チベタンマスティフの今に迫る

2010年ごろ最高の景気に沸いていた中国で、大人気になっていた犬種「チベタンマスティフ」は、当時その価格は高騰して一時1億円を越える事も。そこで今回は、そんなチベタンマスティフとはどんな犬種で、現在はどんな状況になっているのかなどについて迫ってみたいと思います。


ラブラドール・レトリバーの購入前に抑えておくポイント

ラブラドール・レトリバーの購入前に抑えておくポイント

大型犬ラブラドール・レトリバーは、カナダのニューファンドランド島が原産地です。盲導犬や警察犬として有名ですが、また室内犬として一家のコンパニオンアニマルとして、つねに人気ランクが上位の犬種でもあります。日本でも人気の犬種ですが、とくに、海外では高い人気があります。


ラブラドール・レトリバーのシャンプーと被毛のお手入れ、飼い方について

ラブラドール・レトリバーのシャンプーと被毛のお手入れ、飼い方について

屋内で人間と暮らすことが多くなったこともあり、ラブラドール・レトリバーは、シャンプーをして身ぎれいにすることも家族としてのマナーの一つになりました。ラブラドール・レトリバーの被毛は短毛ですが、ダブルコートで上毛と下毛で覆われていて冬の寒さもしっかり護ってくれています。


ラブラドール・レトリバーのかかりやすい病気って?

ラブラドール・レトリバーのかかりやすい病気って?

ラブラドール・レトリバーは、心身ともにバランスのとれている丈夫な犬といわれています。とはいえ、いくつか遺伝的にかかりやすい病気もあります。股関節や耳関連などがラブラドール・レトリバーの場合、特に注意しなければならないチェックポイントです。