どうして?どうなってるの?犬と猫の習性やメカニズムの不思議

どうして?どうなってるの?犬と猫の習性やメカニズムの不思議

身近な存在といっても犬と猫は私たちとは別の生き物。一緒に暮らしていると不思議に思うことがたくさんあります。犬や猫の不思議な行動、知られざる能力について紹介したいと思います。


猫がお風呂嫌いなのはどうして?

出典:https://www.livescience.com

水を手ですくったり、蛇口から出る水で遊んだりして水に抵抗のない猫もいますが、ほとんどの猫は水に浸かるのを嫌がります。犬は水遊びが好きなコが多いのにどうして猫は水に触れるのを嫌うのでしょうか?

猫の毛は脂分が少なく水を弾きにくいので、毛が濡れてしまうと乾くのに時間がかかります。濡れたままでいること、毛繕いしてきれいにした毛並みが乱れることが嫌なようです。

また、猫は地面に足をつけていないと不安を感じるので不安定な水の中を嫌うという説、猫の直接の先祖といわれるリビアヤマネコはアフリカ砂漠地帯に生息し、水のないところで過ごしていたのでそれを受け継いでいるという説もあります。

それに比べ、犬は子犬のころから家族と出かけたときや、散歩の際に水に触れる機会も多いので、水に抵抗のないコが多いようです。

猫が伸びをよくするのはどうして?

出典:https://www.livescience.com

猫はとにかく伸びをするのが好きです。ストレッチをすることで、私たちと同じように気持ちよく、血行を良くする働きがあります。

猫は1日のうち12〜16時間も眠っているといわれます。じっとしていると血圧も下がります。
伸びをすることで筋肉が収縮し、下がった血圧も元に戻り、体や脳にも血液が巡り、目が覚め、すっきりします。こうしていつでも俊敏に動けるようにするための準備体操をしているのです。また、体を伸ばすことでデトックス効果もあるといわれています。

身体面だけでなく、リラックスしているとき、気分転換をしたいときにも伸びをします。また、ジャンプに失敗したり、転んだりしたときにもバツの悪い気持ちから気分を切り替えるために伸びをすることもあるようです。

犬は南北の軸に沿って用を足す!?

出典:https://www.livescience.com

犬が催したときにグルグルと回ってから用を足すのを見たことがあると思います。これは位置確認をしているのではないかといわれています。

チェコとドイツの研究チームが37種類、70匹の犬を2年間かけて、「大の用足し」「小の用足し」「ご飯を食べる様子」「休んでいるときの様子」を観察するという調査を行った結果、地球の磁場が穏やかなとき、犬は南北の軸に沿い用を足し、東西の軸は避ける傾向があるという報告がされました。

どうして南北を選ぶのかという理由は明らかになっていないそうです。
そのほうが気分がいいのでしょうか?不思議ですね。

猫が排泄物を隠すのはどうして?

出典:https://www.livescience.com

猫は用を足した後、砂をかけて一生懸命隠そうとすることが多いですよね。
この理由としていくつかの説があります。

最も有力なのは先祖からの習性を受け継いでいるというもの。
野生に暮らしていた猫は、外敵や獲物となる小動物に自分の居場所を嗅ぎつけられないように隠していたからという説です。同じネコ科でも体が大きく外敵の少ないライオンやトラは排泄物でテリトリーを示すことはあっても埋めることはしないそうです。

他にふん尿に含まれる病原体やウイルスが蔓延しないように隠しているという説もあります。また、現代の猫に見られる習性で、野生で単独で暮らしていたときは、猫同士の序列は気にならなかったが、他の猫や人間と暮らすようになって優位問題がおこならいよう気をつかう「処世術」のようなものだという説もあります。それを示すようにリーダー格の猫は排泄物を隠さないことが多いそうです。

猫はどうして箱が好きなのか?

出典:https://www.livescience.com

野生の猫は木や茂みに隠れて獲物を狙っていました。それはまた同時に外敵から狙われにくい場所でもありました。猫が隠れやすい箱に入りたがるのは先祖から受け継いでいる習性からくる本能的な理由が大きいようです。箱に入っている猫のそばを通ると、突然猫パンチされるのもハンター時代の名残でしょうか?

また猫は好奇心旺盛。何が入っているのかを確かめたい気持ちから箱に入ることも多いようです。猫は何かに触れていると落ち着くといわれており、体にフィットするぴったりサイズの箱が好きなようです。もしお気に入りのおもちゃを箱の中に入れたら、それは次に遊ぶまで安全な場所に隠しているつもりなのです。

犬は汗をかくのか?

出典:https://www.livescience.com

犬が汗だくな姿なんて見たことありませんよね…犬は汗をかくのでしょうか?
実は犬も汗をかきます。

汗をかく汗腺には2種類あります。
1つはエクリン汗腺。私たちが汗をかくときは、体中にあるエクリン汗腺から汗をかき、皮膚を濡らし体温調整をします。これに比べ、犬にはエクリン汗腺が肉球と鼻先にしかありません。これでは体を冷やすのに十分ではないため、舌を出してハァハァと息をする「パンティング」を行います。

もう1つはアポクリン汗腺。犬にもアポクリン汗腺は体中にありますが、これは体温調整の役目はあまりなく、フェロモンとして機能するもので、体臭の元になるものです。私たちが脇の下に汗をかくのもアポクリン汗腺からです。

このため犬は暑い日は空気の交換がスムーズにできず、体温を下げるのに苦労します。だから暑さが苦手なのです。

暑い夏の日は、温度調節をこまめに行い、愛犬が少しでも涼しく快適に過ごせるようにしてあげましょう。

犬が糞を食べるのはどうして?

出典:https://www.livescience.com

犬が自分の糞や他の犬の糞を食べてしまうことがあります。これは「食糞症」と呼ばれ、見ていて気分のいいものではありませんし、体に害はないのか心配にもなりますよね。

犬が糞を食べるのにはいくつか理由があります。
子犬や母犬が糞を食べてしまうことは自然な行為と言えます。子犬が初めて見るものに興味を示し、口にいれてしまうことがあります。また母犬が子犬の糞を食べるのは野生の習性が残っているからだといわれます。これは排泄物の臭いで外敵が近づかないようにするため、また巣穴を清潔に保つために行っていたことで、本能に根ざした自然な行為です。あまり心配することはありません。

しかし糖尿病やクッシング症候群など健康上の問題があるとき、また栄養不足のときにも不足している栄養素を補おうとして糞を口にすることがあります。他に、物をあさる習慣が残っている、単に退屈しているから糞を口にすることがあるともいわれています。

健康な犬の糞を食べることは体に害はないといわれていますが、病気の犬や投薬治療を受けている犬の糞を食べることで体に害を及ぼすことがあります。

時間が解決するともいわれていますが、できればやめさせたい行為ですよね。なかなかこれといった解決策はないようですが、どうしても治らないようなら獣医師に相談するのもよいでしょう。

犬と猫はどっちが賢い?

出典:https://www.livescience.com

犬と猫、ともにとても賢い動物ですが、どっちのほうがより賢いのでしょうか?

脳の重さだけを比較しても意味はありません。そこで全体重に占める脳の割合を示す脳化指数を比べてみると猫の脳は体重の0.9%を占めています。それに対し犬の脳は体重の1.2%を占めており、犬に軍配が上がります。

しかし情報処理を司る大脳皮質の神経細胞(ニューロン)の数を比べてみると、猫は3億ニューロンに対し、犬は1億6000万ニューロンと猫のほうが優れています。

また、犬猫両方にエサを取るためのゲームのパズルを与えると、猫は挑戦し続けるのに対し、犬は人間に助けを求める傾向があるといいます。しかしこれは猫はひとりで生きていくため、自分で学習しなければいけない、そして犬は群れで生活し、お互いに助け合って生きてきた、また犬は猫よりも2万年以上も前から人間と暮らしているという習慣や性質の違いで、どちらが賢いかを示すことにはなりません。

結局のところ明確な答えはなく、またその賢さにも違いがあります。
犬派、猫派で意見が分かれるところではないでしょうか。

犬が尻尾を右に振るか左に振るかでは全く別の感情を表している!?

出典:https://www.livescience.com

犬が尻尾を振っていたら喜んでいるとほとんどの人が思っているように、確かに犬は喜んでいるときに尻尾を振ります。しかし、ただ単に感情を表現しているだけではなく、犬同士のコミュニケーションとしても使っている可能性があるといわれています。

イタリアの研究グループが「犬は尻尾を振る方向で感情が違う」という研究論文を発表しました。それによると尻尾の動きは脳と関係しているとあります。

脳の左脳はポジティブな感情、右脳はネガティブな感情と関連しているといわれ、左脳の動きは右半身に右脳の動きは左半身にあらわれます。そのため犬が右に尻尾を振っていたら、嬉しい、幸せなどポジティブな感情、左に振っていたら警戒や不安といったネガティブな感情を持っていると考えられるそうです。

猫が食べ物の選り好みをするのはどうして?

出典:https://www.livescience.com

猫は嗜好性の高い生き物です。せっかく新発売のキャットフードを買ってきてあげたのに匂いをかいで「何これ」と顔を上げるなんてことも…

猫はにおいや味、食感よりも栄養のあることを重視しているという研究結果があります。猫はまた、新しい食べ物を警戒する傾向があるそうです。

猫は本能的にタンパク質1に対して脂肪分0.4の比率で構成される食事を好むそうです。これはエネルギー(カロリー)で計算すると1対1の割合になるそうです。猫がどうやってそれがわかるのかは謎ですが、とても興味深いことです。

しかし猫も炭水化物たっぷりのおやつに飛びつくこともあります。これは私たちがたまにジャンクフードを無性に食べたくなるのと同じかもしれませんね。

猫がいつも足から着地できるのはどうして?

出典:https://www.livescience.com

猫は高い所や逆さまに落ちたときにも空中で体勢を整え、ちゃんと足から着地します。どうしてこんなことが可能なのでしょうか?

猫は平衡感覚を司る内耳の前庭につながっている三半規管が非常に優れており、自動的に頭や体の向きを計算し、上半身を一方向へ、下半身をその逆にひねることで体勢を整え、足から着地することができるのです。

またとても柔軟な背骨の持ち主で、私たちより多くの椎骨を持っています。それが空中で回転することを可能にしているのです。

猫はこの能力を生後わずか3週間ほどで身につけることができます。
とは言っても限界はあり、2階よりも高い所から落ちると、骨折をするなど怪我をする可能性があります。

まとめ

知れば知るほど面白い犬と猫。まだまだ私たちの知らない不思議な能力が隠されているかもしれませんね。理由を知り、より深く理解することで、より楽しく充実したペットライフを送っていきましょう。

楽天トラベル

ペットと泊まれる宿をお探しの方はこちら

楽天トラベル

外部サイトへ移動します

この記事のライター

関連するキーワード


習性

関連する投稿


猫と犬を同時に飼う場合のトラブル回避!愛犬に猫を紹介する時の5つの鉄則

猫と犬を同時に飼う場合のトラブル回避!愛犬に猫を紹介する時の5つの鉄則

犬のいる家庭に猫を迎えるケースは、遠い過去にはあまり聞きなれなかったものの、最近では当たり前のようになってきましたね。初対面同士であることに加え、犬と猫は違う動物同士。「大丈夫かな?」と心配する方も多いでしょう。今回は愛犬に新しい猫を紹介する時のの5つの鉄則をご紹介します。


子猫を拾ったらすべき事。緊急時の対応など動物保護施設元職員が解説

子猫を拾ったらすべき事。緊急時の対応など動物保護施設元職員が解説

捨て猫や親とはぐれた子猫を見つけてしまったら、放って置けないですよね。母猫とはぐれた子猫は3月〜6月くらいに多くなりますが、秋生まれの子猫もいます。子猫は一人では生きていけません。保護したらまず何をすべきかをまとめました。


犬や猫の抜け毛、楽ちんキレイなお掃除のコツは?

犬や猫の抜け毛、楽ちんキレイなお掃除のコツは?

取っても取ってもきりがない!家の色んなところにくっついている犬や猫の抜け毛に困っていませんか?お掃除の時間が少しでも楽になるような方法はあるのでしょうか。


愛犬をお風呂に入れよう。気持ちいい!清潔にして愛犬の健康を保つコツ♪

愛犬をお風呂に入れよう。気持ちいい!清潔にして愛犬の健康を保つコツ♪

犬を飼い始めで心配になることの一つに『お風呂』があります。大事な愛犬のお風呂、温度や入れ方など体の負担も考えながら上手に入れてあげたいですよね。清潔にすることは大事なことですが、注意することもたくさんあります。犬のお風呂と健康を保つコツをご紹介します。


ペットがいる飼い主への影響。犬への愛情がヒトの健康を左右する!

ペットがいる飼い主への影響。犬への愛情がヒトの健康を左右する!

ここ最近の日本は、猫ブームと言われ、猫派の人が増えているようです。もちろん単純に猫が好きという人も多いですが、「犬も猫もどちらも好きだけど、犬は散歩しないといけないから・・・」という人も多いのではないでしょうか。ちょっと待ってください。その散歩、実は私たちに大きなメリットになってるんですよ。


最新の投稿


猫と犬を同時に飼う場合のトラブル回避!愛犬に猫を紹介する時の5つの鉄則

猫と犬を同時に飼う場合のトラブル回避!愛犬に猫を紹介する時の5つの鉄則

犬のいる家庭に猫を迎えるケースは、遠い過去にはあまり聞きなれなかったものの、最近では当たり前のようになってきましたね。初対面同士であることに加え、犬と猫は違う動物同士。「大丈夫かな?」と心配する方も多いでしょう。今回は愛犬に新しい猫を紹介する時のの5つの鉄則をご紹介します。


日本におけるドッグセラピストの仕事内容・資格・就職先は?

日本におけるドッグセラピストの仕事内容・資格・就職先は?

セラピーとは治療という意味があります。では、ドッグセラピストってどんなお仕事でしょうか?まだあまり日本では聞き慣れない言葉ですが、傷ついたペットや飼い主さんの心を治療するとっても大事なお仕事なのです。将来、動物に関わるお仕事に就きたいという気持ちが少しでもある方は、こうした分野も知っておいて損はないでしょう。


初めての犬の多頭飼い・注意点やオススメの性別・犬種など

初めての犬の多頭飼い・注意点やオススメの性別・犬種など

犬好きの方なら、愛犬に囲まれた生活に憧れますよね。ただ、犬の多頭飼いって難しそう…と思ってなかなか踏み切れない人も多いと思います。この記事では、まだ多頭飼いをした事がないという飼い主さんの為に、実際に多頭飼いをする上での注意点や苦労などをまとめてみました。


子猫を拾ったらすべき事。緊急時の対応など動物保護施設元職員が解説

子猫を拾ったらすべき事。緊急時の対応など動物保護施設元職員が解説

捨て猫や親とはぐれた子猫を見つけてしまったら、放って置けないですよね。母猫とはぐれた子猫は3月〜6月くらいに多くなりますが、秋生まれの子猫もいます。子猫は一人では生きていけません。保護したらまず何をすべきかをまとめました。


国が違えば法律が違う。そんなバカな!アメリカのペットに関する奇妙な法律10

国が違えば法律が違う。そんなバカな!アメリカのペットに関する奇妙な法律10

普段あまり気にすることのない犬の法律。日本でも犬を健康に安全に飼うために、さまざまな法律が制定されていますよね。もちろん、世界の国々にもあるのですが、中には信じられないような法律も存在するんですよ。今回はアメリカに注目。犬や猫などのペットに関する奇妙な法律をご紹介しましょう。