猫あるある!なぜ、高いところから落ちても平気なの?これって本当?

猫あるある!なぜ、高いところから落ちても平気なの?これって本当?

猫は高いところが好きで落ちても綺麗に着地するイメージが強いですよね。実際に猫には驚異的な身体能力と肉球によるクッション性の高さで安全性が確保されています。ですがそれには限界というものもあります。猫はどのくらいの高さまで平気なのでしょうか?まとめましたのでご覧下さい。


猫は高いところが好きだけど、その理由は?

猫はよく木の上にいたり、塀の上で休んでいる光景を目にしますが、その理由ってあまり知らないですよね。なんでそんなに高いところが好きなのでしょうか?これにはいくつかの理由があったのです。実は、高いところは外敵に襲われにくいのですね。犬もそうですが、高いところには登りませんよね。これは自分の逃げる場所を上手に確保する手段になっているのです。野生の猫は特に多くの外敵から身を守るために常に周りを見ています。こうした中で高い位置というのは広い視野を見渡せるといった面でも絶好の場所なんですね。野良猫にとっては人も外敵。ですが高い位置なら安全な上に咄嗟に逃げることもできます。猫の生きるための本能なのですね。

高いところから万が一落ちても平気なの?

猫は動体視力がすごく、目で着地までの距離を測っていると言われています。なので、着地するときのイメージをつけているのですね。確認しながら飛び降りているので平衡感覚もつかみやすく、怪我をすることがなく着地できるというわけです。さらには人とははるかに異なる、柔軟な体とクッション代わりになる肉球があるので綺麗に着地ができるのです。体重の負担が足にかかりすぎることがなく怪我を回避しているんです。バネのような体のバランス感覚があるからこそ成せる技と言えるでしょう。

落ちる高さは2階程度が、限界?

いくら猫は高いところから落ちても平気といっても限界というものがあります。一般的に安全が確保されている高さが2階くらいの高さと言われています。3階以上になると、落ちても怪我をしなかった例もありますが足を骨折するなどの確率が高くなるのは間違いないのでむやみに安全だと決め付けるのはやめておきましょう。なので3階以上のマンションにお住まいの方は猫がベランダにいるときは気をつけていたほうがいいでしょう。怪我をする可能性は非常に高いので猫だからと安心してはいけませんよ。

7~8階から落ちても無事だった猫がいた!それには、意外な理由があった

よくSNSなどの投稿で、猫が7~8階の高さから落ちても無事だった。なんてことがありますが、果たしてそれは本当なのでしょうか?実は3階程度の高さだと死んでしまう確率は高いのですが、さらに高い7~8階だと助かるケースが増えていることが知られています。それは、落下中に十分に体勢を整えられる時間があることや空気抵抗によって落ちるスピードが減速しているなどの説があります。もしくは、木がクッションがわりになったり、下が芝生で助かったなどの偶然もあるでしょう。ですが、怪我をして足を失った猫も実際にいますので安易に平気だと決め付けるのはやめておいたほうが良さそうです。

猫の安全を考えるのが1番です

猫は他の動物に比べると、高いところから落ちても助かりやすいですが必ず怪我をしないというわけではなさそうですね。なので、面白半分に猫を高いところに置いたりするのは危険ですのでやめてあげましょう。猫は自分自身でどのくらいの高さが平気かを把握して塀などに登っています。むやみやたらに触らないであげるのも優しさかもしれませんね。

楽天トラベル

ペットと泊まれる宿をお探しの方はこちら

楽天トラベル

外部サイトへ移動します

この記事のライター

関連するキーワード


落ちる 高いところ

関連する投稿


猫と犬を同時に飼う場合のトラブル回避!愛犬に猫を紹介する時の5つの鉄則

猫と犬を同時に飼う場合のトラブル回避!愛犬に猫を紹介する時の5つの鉄則

犬のいる家庭に猫を迎えるケースは、遠い過去にはあまり聞きなれなかったものの、最近では当たり前のようになってきましたね。初対面同士であることに加え、犬と猫は違う動物同士。「大丈夫かな?」と心配する方も多いでしょう。今回は愛犬に新しい猫を紹介する時のの5つの鉄則をご紹介します。


子猫を拾ったらすべき事。緊急時の対応など動物保護施設元職員が解説

子猫を拾ったらすべき事。緊急時の対応など動物保護施設元職員が解説

捨て猫や親とはぐれた子猫を見つけてしまったら、放って置けないですよね。母猫とはぐれた子猫は3月〜6月くらいに多くなりますが、秋生まれの子猫もいます。子猫は一人では生きていけません。保護したらまず何をすべきかをまとめました。


犬や猫の抜け毛、楽ちんキレイなお掃除のコツは?

犬や猫の抜け毛、楽ちんキレイなお掃除のコツは?

取っても取ってもきりがない!家の色んなところにくっついている犬や猫の抜け毛に困っていませんか?お掃除の時間が少しでも楽になるような方法はあるのでしょうか。


1匹と2匹、どちらが猫にとって幸せ?それぞれの特徴と注意点

1匹と2匹、どちらが猫にとって幸せ?それぞれの特徴と注意点

室内飼育で猫を飼う場合、2匹一緒だと大変?1匹だとかわいそう?猫にとってはどちらが幸せなのでしょうか。保護施設スタッフとして多頭飼育をしてきた経験の他、1匹から5匹までの猫と暮らした私が、それぞれの特徴や心構えをまとめました。


猫は人と暮らすことをどう思っているのか?5つの世説を検証

猫は人と暮らすことをどう思っているのか?5つの世説を検証

猫といえば、自由気ままの代名詞のような生き物。人に愛されようなんて思っていなければ、人に対して特別な愛情など持っていないのでは?・・と思われることも。本当のところはどう思っているのか、研究者の意見や研究結果をまとめました。


最新の投稿


猫と犬を同時に飼う場合のトラブル回避!愛犬に猫を紹介する時の5つの鉄則

猫と犬を同時に飼う場合のトラブル回避!愛犬に猫を紹介する時の5つの鉄則

犬のいる家庭に猫を迎えるケースは、遠い過去にはあまり聞きなれなかったものの、最近では当たり前のようになってきましたね。初対面同士であることに加え、犬と猫は違う動物同士。「大丈夫かな?」と心配する方も多いでしょう。今回は愛犬に新しい猫を紹介する時のの5つの鉄則をご紹介します。


日本におけるドッグセラピストの仕事内容・資格・就職先は?

日本におけるドッグセラピストの仕事内容・資格・就職先は?

セラピーとは治療という意味があります。では、ドッグセラピストってどんなお仕事でしょうか?まだあまり日本では聞き慣れない言葉ですが、傷ついたペットや飼い主さんの心を治療するとっても大事なお仕事なのです。将来、動物に関わるお仕事に就きたいという気持ちが少しでもある方は、こうした分野も知っておいて損はないでしょう。


初めての犬の多頭飼い・注意点やオススメの性別・犬種など

初めての犬の多頭飼い・注意点やオススメの性別・犬種など

犬好きの方なら、愛犬に囲まれた生活に憧れますよね。ただ、犬の多頭飼いって難しそう…と思ってなかなか踏み切れない人も多いと思います。この記事では、まだ多頭飼いをした事がないという飼い主さんの為に、実際に多頭飼いをする上での注意点や苦労などをまとめてみました。


子猫を拾ったらすべき事。緊急時の対応など動物保護施設元職員が解説

子猫を拾ったらすべき事。緊急時の対応など動物保護施設元職員が解説

捨て猫や親とはぐれた子猫を見つけてしまったら、放って置けないですよね。母猫とはぐれた子猫は3月〜6月くらいに多くなりますが、秋生まれの子猫もいます。子猫は一人では生きていけません。保護したらまず何をすべきかをまとめました。


国が違えば法律が違う。そんなバカな!アメリカのペットに関する奇妙な法律10

国が違えば法律が違う。そんなバカな!アメリカのペットに関する奇妙な法律10

普段あまり気にすることのない犬の法律。日本でも犬を健康に安全に飼うために、さまざまな法律が制定されていますよね。もちろん、世界の国々にもあるのですが、中には信じられないような法律も存在するんですよ。今回はアメリカに注目。犬や猫などのペットに関する奇妙な法律をご紹介しましょう。