犬と猫はどちらが走るのが早い?カラダのつくりが関係してるの知ってた?

犬と猫はどちらが走るのが早い?カラダのつくりが関係してるの知ってた?

犬と猫が走り回っている姿を見ていて、どちらの方が速いのだろう?なんて思ったことはありませんか?何気なく見ている光景だけではわからないですよね。猫と犬はカラダのつくりも違いますので比較検討しながらどちらが速いのかを見ていきましょう。


犬と猫はそもそもカラダのつくりが違う

犬と猫って走るのがすごく速いですよね。競争させたらどちらが速いのかふと疑問に感じることってありませんか?犬は持久力が高いですが、猫は瞬発力が高いのでどちらも早そうです。犬と猫の特性について調べてみましたのでご覧下さい。

猫はチーターの親戚だから瞬発力がある

猫はチーターのように筋肉が柔らかく、背骨には柔軟性があるため高い瞬発力と跳躍力に長けています。猫のスプリンターであるエジプシャン・マウは時速50kmほどの速さを出すほどのスピード。

猫の速さの秘密は「つま先」にあった

猫は普段からつま先だけで歩いており、後ろ足の肘のように曲がっている部分がかかとになっています。つま先で歩くことにより、より速く足を地面から離しているのです。そのため、持久力はないですが瞬発力が高いのですね。

犬の速さといえば、ドッグレースのグレイハウンド!

犬種の中で群を抜いて速いのはドッグレースでも活躍しているグレイハウンドが挙げられます。時速60~70kmで走ると言われておりその速さは40kmで走る車を軽々追い抜いてしまうほど。グレイハウンドは元々うさぎなどを追いかける猟犬なので、時速60~80kmのうさぎの速さに追いつくほどの実力は持っているようですね。

一般の犬の速さはどのくらい?

犬の平均の速さも知っておきたいですよね。そこで国内のドッグレースを参考に速さを比較してみたところ、最速犬はウィペットでした。イギリスのサイトハウンドでは、最高時速が65kmとの実績もあるようです。ですが、国内ドッグレースでは、45kmほど。これは50m走での記録ですので、持久力の高い犬ですと本調子ではないかもしれません。

猫は瞬発力、犬は持久力の速さがあった

猫の瞬発力の高さでも、時速は50km。犬はドッグレースのグレイハウンドで70kmほど。一般的な50m走のドッグレースですと45kmという結果になりました。つまり、短距離走では猫は速く、長距離走ですと犬の方が速いということですね。犬種によって差はありますが、どちらも人とは比べ物にならない速さを出すということです。

楽天トラベル

ペットと泊まれる宿をお探しの方はこちら

楽天トラベル

外部サイトへ移動します

この記事のライター

関連するキーワード


走る

関連する投稿


嗅覚は人の1000倍以上!犬の五感で見る犬の不思議世界とは?

嗅覚は人の1000倍以上!犬の五感で見る犬の不思議世界とは?

犬が見る世界って一体どんな感じなんだろう?犬の住む世界。実は人間の住む世界とはかなり違うんですよ。今回は、犬の五感で見る犬の世界をご紹介したいと思います。


猫の習性は独特!喉鳴らし、フレーメン反応、猫パンチの意味

猫の習性は独特!喉鳴らし、フレーメン反応、猫パンチの意味

動物がある特定の状況や環境になると決まった行動パターンをとることを「習性」といいます。猫には独特の習性がありますので、それを知っていると猫と一緒に暮らす楽しさが倍増するでしょぅ。初めて猫を飼う方は特に、猫の行動パターンとその意味をよく理解しておきましょう。今回は猫特有の習性について取り上げてみます。


猫のオスとメス、初めての人が飼いやすい性別はどっち?

猫のオスとメス、初めての人が飼いやすい性別はどっち?

猫の里親さんを探す保護施設で仕事をしていましたが、里親を希望する人では、オスとメスにこだわらない方が多いですが、初めて猫を飼う方では、飼いやすいと聞くから、とメスを希望される方が圧倒的に多かったです。本当にメスの方が飼いやすいのでしょうか。オス猫とメス猫の違いをまとめました。


猫と犬を同時に飼う場合のトラブル回避!愛犬に猫を紹介する時の5つの鉄則

猫と犬を同時に飼う場合のトラブル回避!愛犬に猫を紹介する時の5つの鉄則

犬のいる家庭に猫を迎えるケースは、遠い過去にはあまり聞きなれなかったものの、最近では当たり前のようになってきましたね。初対面同士であることに加え、犬と猫は違う動物同士。「大丈夫かな?」と心配する方も多いでしょう。今回は愛犬に新しい猫を紹介する時のの5つの鉄則をご紹介します。


子猫を拾ったらすべき事。緊急時の対応など動物保護施設元職員が解説

子猫を拾ったらすべき事。緊急時の対応など動物保護施設元職員が解説

捨て猫や親とはぐれた子猫を見つけてしまったら、放って置けないですよね。母猫とはぐれた子猫は3月〜6月くらいに多くなりますが、秋生まれの子猫もいます。子猫は一人では生きていけません。保護したらまず何をすべきかをまとめました。


最新の投稿


「ペットロス症候群」 その症状と心に開いた空洞の埋め方

「ペットロス症候群」 その症状と心に開いた空洞の埋め方

長い間一緒に暮らしていたペットが亡くなってしまった時、心に大きな空洞ができたように感じてしまうことがあります。 ペットを失うこととは一体どうことなのか?飼い主さんが直面する心の病気「ペットロス症候群」についてご紹介したいと思います。


嗅覚は人の1000倍以上!犬の五感で見る犬の不思議世界とは?

嗅覚は人の1000倍以上!犬の五感で見る犬の不思議世界とは?

犬が見る世界って一体どんな感じなんだろう?犬の住む世界。実は人間の住む世界とはかなり違うんですよ。今回は、犬の五感で見る犬の世界をご紹介したいと思います。


猫の習性は独特!喉鳴らし、フレーメン反応、猫パンチの意味

猫の習性は独特!喉鳴らし、フレーメン反応、猫パンチの意味

動物がある特定の状況や環境になると決まった行動パターンをとることを「習性」といいます。猫には独特の習性がありますので、それを知っていると猫と一緒に暮らす楽しさが倍増するでしょぅ。初めて猫を飼う方は特に、猫の行動パターンとその意味をよく理解しておきましょう。今回は猫特有の習性について取り上げてみます。


猫のオスとメス、初めての人が飼いやすい性別はどっち?

猫のオスとメス、初めての人が飼いやすい性別はどっち?

猫の里親さんを探す保護施設で仕事をしていましたが、里親を希望する人では、オスとメスにこだわらない方が多いですが、初めて猫を飼う方では、飼いやすいと聞くから、とメスを希望される方が圧倒的に多かったです。本当にメスの方が飼いやすいのでしょうか。オス猫とメス猫の違いをまとめました。


猫と犬を同時に飼う場合のトラブル回避!愛犬に猫を紹介する時の5つの鉄則

猫と犬を同時に飼う場合のトラブル回避!愛犬に猫を紹介する時の5つの鉄則

犬のいる家庭に猫を迎えるケースは、遠い過去にはあまり聞きなれなかったものの、最近では当たり前のようになってきましたね。初対面同士であることに加え、犬と猫は違う動物同士。「大丈夫かな?」と心配する方も多いでしょう。今回は愛犬に新しい猫を紹介する時のの5つの鉄則をご紹介します。