意外と知らない?!秋田犬・紀州犬・甲斐犬の魅力や性格とは

意外と知らない?!秋田犬・紀州犬・甲斐犬の魅力や性格とは

日本犬ってどういった犬種なのか、実はあまり知られていないですよね。飼っている人が少ないため、あまり知られていませんが、個性的な性格とキリッとした表情がかわいく、海外でも人気が高いんですよね。そんな日本の犬種のなかから、秋田犬と紀州犬、甲斐犬の魅力や性格をご紹介します!


日本犬とは

古来から日本に生息する犬の総称

日本犬とは、古来から日本に生息する犬の総称です。古くは、日本のあちこちで、その地域ごとに日本犬が生息していました。その始まりは、人間が犬とともに生活をしていたと言われている縄文時代にまでさかのぼります。

現存しているのはわずか6犬種のみ

日本犬の犬種の中で、現存しているものは、わずか6犬種のみとなっています。その6犬種とは、秋田県、甲斐犬、紀州犬、柴犬、四国犬、北海道犬です。

数千年前からほとんど姿が変わっていない

日本犬の姿は、人間が犬と暮らしていたことがわかっている、縄文時代からその姿がほとんど変わっていないと言われています。ピンと立った耳、とがっていて長いマズル、くるんと巻いたしっぽなど、日本犬は古来からの犬の姿をそのまま現代に伝えています。

日本の気候に最も適した犬種

古来から日本に生息していた日本犬は、日本の湿潤温暖に最も適した犬種です。日本犬の中でも特に寒冷地原産である北海道犬は、古来からの生息地域である北海道の冬の厳しい寒さと、夏の暑さの両方への耐性が備わっています。

日本犬唯一の大型犬種 秋田犬の魅力

秋田県原産で、読み方は「あきたいぬ」

秋田犬のことを、「あきたけん」と呼んでいる方は多いのではないでしょうか。「えっ違ったの?!」と驚かれるかもしれませんが、正しい読み方は「あきたいぬ」です。音や語呂の良さが理由で、「あきたけん」として定着したようです。

秋田犬の性格

秋田犬の性格は、とにかく主人に従順で、忠誠心が厚いことが特徴です。基本は穏やか大人しいのですが、散歩中などで他の犬に出会った際、吠えたり威嚇することがあります。頭が非常によく賢いため、日常のしつけに悩むことはほとんどないでしょう。一度教えたことはきちんと覚えてくれているため、全体的にしつけしやすい犬種です。

無駄吠えはまったくしませんが、知らない人に対する警戒心は他の犬種よりもかなり強い方です。家の庭先に来た知らない人に対しては、大声で吠えて威嚇をします。番犬としてはこれ以上ないほど頼れる存在です。「家族を守らなきゃ!」という意識が強いためなので、すこし吠え声が大きくても、秋田犬らしさとして受け入れてあげられるとよいですね。

忠犬ハチ公のモデルになったのが秋田犬

忠犬ハチ公のお話は皆さんご存知かと思いますが、あのハチは実は秋田犬だったんですよ。飼い主さんを待つ健気な姿は、秋田犬そのものです。数年前にはハリウッドで忠犬ハチ公の物語が映画化されましたが、秋田犬は海外でも知名度があり、高い人気があります。

大型犬ならではのモフモフ感がかわいい

秋田犬は、豪雪地帯である秋田県原産のため、寒さへの耐性が強い犬種です。そのため、短い体毛ながら毛量がかなり多く、足の先までしっかりと毛が生えています。太くてふっくらとした足のラインや、耳の先までモフモフの毛におおわれた姿は、まるで大きなぬいぐるみのような愛らしさがあります。

媚びないところがかわいい 紀州犬の魅力

和歌山県原産の中型犬

和歌山県を原産地とする、中型の日本犬です。先祖はオオカミと交配され、広く狩猟犬として人気がありました。

紀州犬の被毛の色について、「白」というイメージが強いのは、狩猟の際にイノシシなどの野生動物と間違って銃で言ってしまわないように、被毛が白い種類を増やしたためと言われています。

紀州犬の性格

紀州犬の性格は、主順に従順なところは他の日本犬と同じですが、やや人懐っこいところがあるのが特徴です。しつけのしやすさはもちろんのこと、「ご主人様の言うことは絶対!」なため、厳しい訓練にも耐えられる心の強い犬種です。

秋田犬よりは人懐っこく、知らない人にも慣れやすいですが、執拗にかまわれたり、ベタベタするのは好きではないようです。こうした、媚びない部分も紀州犬のかわいさの1つです。

強面だけど優しくて穏やか 甲斐犬の魅力

山梨県原産の中型犬

甲斐犬は、山梨県原産の中型犬で、甲斐地方の寒暖差の激しい盆地気候に強く、買う地域を選ばない犬種です。

甲斐犬の被毛は黒をベースに、特徴的な「虎毛」と呼ばれる茶色の毛が混ざった個性的な姿をしています。日本犬の中でも、特にピンととがった立ち耳をしており、シャープな顔立ちが際立ちます。

甲斐犬の性格

他の日本犬と同様、主順への強い忠誠があります。非常に賢く、中型犬であるにもかかわらず、大型犬に引けを取らない知能の高さと、物覚えの良さが特徴で、日常のしつけもスムーズです。

基本的に優しくて穏やかな性格をしており、信頼している主人であれば、「何をされても起こらない」というほど、従順に尽くしてくれます。また、人に合わせることができるため、信頼している人であれば、とことんナデナデされたり、体のどこを触られても大人しくしています。

日本犬のまとめ

日本には、古来から地域ごとの風土に適応した犬が生息しており、人間と共同生活を営んできました。そうした古くからの犬と人間とのかかわりの中で、日本犬は主人に従順で忠誠心の厚い性格を残し、それが日本犬の魅力の1つとなっています。賢く、しつけのしやすさも特徴ですので、初めて犬を飼うという方にもおすすめの犬種です。

楽天トラベル

ペットと泊まれる宿をお探しの方はこちら

楽天トラベル

外部サイトへ移動します

この記事のライター

関連するキーワード


日本犬 紀州犬 秋田犬

最新の投稿


犬と猫を一緒に飼いたい!犬と仲良くできる猫種10選!

犬と猫を一緒に飼いたい!犬と仲良くできる猫種10選!

犬と猫が一緒に遊んでいたり、仲良く眠っている姿を見ると、心がほっこり温かくなりますよね。犬と猫を一緒に飼いたい…そうは言っても犬と猫は別の生き物。仲良く暮らしていけるのかと心配になります。そこで一般的に犬と仲良くなりやすい傾向にあると言われている猫、10種を紹介したいと思います。


一時は億越えも!チベタンマスティフの今に迫る

一時は億越えも!チベタンマスティフの今に迫る

2010年ごろ最高の景気に沸いていた中国で、大人気になっていた犬種「チベタンマスティフ」は、当時その価格は高騰して一時1億円を越える事も。そこで今回は、そんなチベタンマスティフとはどんな犬種で、現在はどんな状況になっているのかなどについて迫ってみたいと思います。


ラブラドール・レトリバーの購入前に抑えておくポイント

ラブラドール・レトリバーの購入前に抑えておくポイント

大型犬ラブラドール・レトリバーは、カナダのニューファンドランド島が原産地です。盲導犬や警察犬として有名ですが、また室内犬として一家のコンパニオンアニマルとして、つねに人気ランクが上位の犬種でもあります。日本でも人気の犬種ですが、とくに、海外では高い人気があります。


ラブラドール・レトリバーのシャンプーと被毛のお手入れ、飼い方について

ラブラドール・レトリバーのシャンプーと被毛のお手入れ、飼い方について

屋内で人間と暮らすことが多くなったこともあり、ラブラドール・レトリバーは、シャンプーをして身ぎれいにすることも家族としてのマナーの一つになりました。ラブラドール・レトリバーの被毛は短毛ですが、ダブルコートで上毛と下毛で覆われていて冬の寒さもしっかり護ってくれています。


ラブラドール・レトリバーのかかりやすい病気って?

ラブラドール・レトリバーのかかりやすい病気って?

ラブラドール・レトリバーは、心身ともにバランスのとれている丈夫な犬といわれています。とはいえ、いくつか遺伝的にかかりやすい病気もあります。股関節や耳関連などがラブラドール・レトリバーの場合、特に注意しなければならないチェックポイントです。