ツヤツア感とレア感がたまらない?毛のない『ヘアレスドッグ』ベスト5

ツヤツア感とレア感がたまらない?毛のない『ヘアレスドッグ』ベスト5

犬を飼う時に「毛のある犬とない犬、どっちにしようかな~?」とは、あまり思わないもの。犬と言ったら毛があって当たり前で、毛のない犬というのはかなりレアな印象もありますよね。今回はそんなヘアレスドッグの隠れた魅力と大きな利点を挙げながら、世界のヘアレスドッグ・ベスト5をご紹介します。


アレルギーを持つ方に優しい犬種!

ヘアレスドッグは犬本来の被毛がほとんどありません。飼い主さんはブラッシングの心配もなければ、抜け毛、ノミ、ダニなどの心配もないので、アレルギーを持つ方にも優しい犬種であると言われています。毛はないけど大きな利点はある!ということで、早速ベスト5をご紹介しましょう。

1位 アメリカン・ヘアレス・テリア

遊ぶのが大好きで運動量が多いやんちゃさん。頭の回転が良く、初心者でも飼いやすい犬種として人気があります。ピンと立った大きな耳と大きな目が特徴で番犬にも向いています。

胸の筋肉が比較的発達しているので、中型犬ながらたくましい印象を受けるでしょう。皮膚の色はグレー系が多いです。

この犬種の特徴は、気温が高いと「大汗」をかくこと。何せ、汗を隠す被毛がないので一目瞭然です。そんなところは人間にも似ていますが、泳ぐのがもっぱら不得意なので、川などに連れて行く時は溺れないように注意しなければいけません。犬かきが苦手なワンちゃんもいるんですね。

2位 チャイニーズ・クレステッド

「チャイクレ」なんて呼ぶ人もいるようですね。この犬種ほど見かけにインパクトのあるヘアレス犬はいないかも。ヘアレスと言いながら、頭部、脚部、しっぽにはしっかり被毛があり、大きく薄っぺらい耳は横に広がっています。「この子は犬なの?」と思う人も多いかもしれません!

どのヘアレスドッグにも共通しますが、切り傷などを防ぐ被毛がないため、外での行動には気を付けたいところ。肌の露出が多いと色々ありますね。

性格は大人しくあまり吠えないですが、穴掘りが好きな犬種なので庭中穴だらけになる覚悟が必要です。^^

3位 ペルビアン・インカ・オーキッド

肌の色が薄いピンク色をしていて、皮膚が黒っぽいのが特徴。サイズはスモール・メディアム、ラージの3種類があり、体重はスモールで4㎏からラージで25㎏と幅広いです。ヘアレスですが、頭頂部と足先にほんの少し毛が残っています。スリムなボディに長い脚、ピンと立った耳、賢そうな顔つきが魅力的です。

性格は愛情深く遊び好き、元気のある明るい印象があります。走り回った後に汗をかいたり、ボディが汚れてしまったら濡れタオルで綺麗に拭いてあげましょう!

4位 ヘアレス・カーラ

ボリビア原産のヘアレスドッグです。「カーラ」や「ボリビアン・ヘアレス・ドッグ」とも呼ばれているボリビアの国犬です。メキシコから中南米でかけて見られる犬種で、脚の短いメディオと脚の長いグランデの2種類に分かれます。

艶のある美しい皮膚が特徴で、グレー系かブラック系が人気のカラーです。立ち姿がとってもカッコいいのが魅力的!細くて勇敢な顔立ちに惚れ込む人も多いそうですよ。

5位 ショロイェツクウィントリ

南米メキシコが原産。サイズが小・中・大と3種類あります。「ミニチュアサイズ」はファミリードッグドッグとして、「インターメディエイトサイズ」と「スタンダートサイズ」は番犬として人気があります。

この犬種には、被毛のあるものとヘアレスの2種類があります。同じ犬種でも「毛アリ」「毛ナシ」があるなんて面白いですね。皮膚の色はグレー系、ブロンド系、ブラック系と様々です。

ヘアレスのショロイェツクウィントリは四肢と尾が長く、とっても魅力的。柔らかくスムースな皮膚が美しい犬種です。胸が広めで堂々とした出で立ちが特徴。性格は用心深く大人しいです。攻撃性が低いのでペットしても最適です。

ヘアレスドッグが抱える問題

毛のないヘアレスドッグが抱える問題点を挙げてみましょう。

生まれつき歯が足りない!

ヘアレスドッグに見られる共通した健康上の問題は「歯」です。生まれつき通常の犬種より歯の数が少ないので、歯並びに問題がある場合があります。矯正をするわけには行きませんから、上手に付き合っていく必要がありますね。食事は柔らかめの方が好ましいです。

日焼け止めが必要!

ボディに被毛がないので皮膚が露出してします。そのため、寒さに弱く季節の変わり目や冬に時期は体調を崩しやすくなります。特に北風の強い寒い日には温かく過ごせるようなドッグウェアが必要です。

また、ヘアレスドッグは夏も過酷!日差しの強い日は日焼けにも注意しなければいけないので、日焼け止めや保湿クリームなどが必要になります。センシティブなお肌をしっかり守っていかないとなりませんね。

魅力タップリのヘアレスドッグ・ベスト5 まとめ

アレルギーをお持ちの方に優しい犬種として注目を浴びるヘアレスドッグ。犬を諦めていた方に希望の光と言えそうです!日焼け止めや保湿クリームが必要だったり、被毛のある犬とはお手入れの方法などが変わってきますが、しつけなどは「毛アリ犬」と何ら変わりはありません^^ フワフワなワンちゃんもかわいいですが、ツヤツヤなワンちゃんも魅力的ですよ。

楽天トラベル

ペットと泊まれる宿をお探しの方はこちら

楽天トラベル

外部サイトへ移動します

この記事のライター

関連する投稿


犬と猫を一緒に飼いたい!犬と仲良くできる猫種10選!

犬と猫を一緒に飼いたい!犬と仲良くできる猫種10選!

犬と猫が一緒に遊んでいたり、仲良く眠っている姿を見ると、心がほっこり温かくなりますよね。犬と猫を一緒に飼いたい…そうは言っても犬と猫は別の生き物。仲良く暮らしていけるのかと心配になります。そこで一般的に犬と仲良くなりやすい傾向にあると言われている猫、10種を紹介したいと思います。


ミックス犬が可愛すぎる。人気のミックス犬おすすめの種類10選

ミックス犬が可愛すぎる。人気のミックス犬おすすめの種類10選

純血種同士を組み合わせたミックス犬はご存知ですか?じわじわと人気が出てきているミックス犬について種類とそのなかでも人気のあるおすすめのミックス犬を特徴なども合わせて紹介していきたいと思います。純血種もいいですが、ミックス犬もまたかわいい魅力ありますよ!犬を飼いたいけど種類を迷ってる人は特に必見です。


マンションでも飼いやすい!ムダ吠えの少ない犬ベスト5

マンションでも飼いやすい!ムダ吠えの少ない犬ベスト5

犬を飼いたい!でもうちはマンション。一応ペットOKだけど近所とのトラブルは避けたいから、あまりうるさく吠える犬はまずい・・・日本では、マンションだけでなく一戸建てでも、隣までの距離が近いことが多い住宅事情からそう考える方も多いはず。そこで今回は、ムダ吠えの少ない、飼いやすい犬種を5つご紹介します。


大人気のミックス犬!おすすめミックスやちょっとした変わり者までご紹介!

大人気のミックス犬!おすすめミックスやちょっとした変わり者までご紹介!

お店に行くと、ほとんどと言っていいほどかわいいミックス犬たちがいますね。今や、純粋犬よりもミックス犬を探している人の方が多いのではないでしょうか?でも、実はミックス犬って無限大なんです!今回は、おすすめのミックス犬から、ちょっと変わったミックス犬まで幅広くご紹介します!


元祖ブサカワ!大人気のブルドッグその魅力と飼い主として知っておくべきこと

元祖ブサカワ!大人気のブルドッグその魅力と飼い主として知っておくべきこと

いまやアメリカで人気NO.4といわれるブルドッグ。独特の風貌と愛くるしいしぐさは、見ている人を和ませす。今回は、ブルドッグの魅力と、その陰に隠された事実についてお伝えします。


最新の投稿


犬と猫を一緒に飼いたい!犬と仲良くできる猫種10選!

犬と猫を一緒に飼いたい!犬と仲良くできる猫種10選!

犬と猫が一緒に遊んでいたり、仲良く眠っている姿を見ると、心がほっこり温かくなりますよね。犬と猫を一緒に飼いたい…そうは言っても犬と猫は別の生き物。仲良く暮らしていけるのかと心配になります。そこで一般的に犬と仲良くなりやすい傾向にあると言われている猫、10種を紹介したいと思います。


一時は億越えも!チベタンマスティフの今に迫る

一時は億越えも!チベタンマスティフの今に迫る

2010年ごろ最高の景気に沸いていた中国で、大人気になっていた犬種「チベタンマスティフ」は、当時その価格は高騰して一時1億円を越える事も。そこで今回は、そんなチベタンマスティフとはどんな犬種で、現在はどんな状況になっているのかなどについて迫ってみたいと思います。


ラブラドール・レトリバーの購入前に抑えておくポイント

ラブラドール・レトリバーの購入前に抑えておくポイント

大型犬ラブラドール・レトリバーは、カナダのニューファンドランド島が原産地です。盲導犬や警察犬として有名ですが、また室内犬として一家のコンパニオンアニマルとして、つねに人気ランクが上位の犬種でもあります。日本でも人気の犬種ですが、とくに、海外では高い人気があります。


ラブラドール・レトリバーのシャンプーと被毛のお手入れ、飼い方について

ラブラドール・レトリバーのシャンプーと被毛のお手入れ、飼い方について

屋内で人間と暮らすことが多くなったこともあり、ラブラドール・レトリバーは、シャンプーをして身ぎれいにすることも家族としてのマナーの一つになりました。ラブラドール・レトリバーの被毛は短毛ですが、ダブルコートで上毛と下毛で覆われていて冬の寒さもしっかり護ってくれています。


ラブラドール・レトリバーのかかりやすい病気って?

ラブラドール・レトリバーのかかりやすい病気って?

ラブラドール・レトリバーは、心身ともにバランスのとれている丈夫な犬といわれています。とはいえ、いくつか遺伝的にかかりやすい病気もあります。股関節や耳関連などがラブラドール・レトリバーの場合、特に注意しなければならないチェックポイントです。