ちょっとおまぬけなグレートデンが大活躍!映画『サーフィンドッグ』

ちょっとおまぬけなグレートデンが大活躍!映画『サーフィンドッグ』

大きな犬は苦手という方必見!グレートデンの愛嬌たっぷりの映画『サーフィンドッグ』!コメディタッチに進んでいく映画で、とてもテンポがよくてコミカルです。出演する犬種も盛りだくさん!冬の寒い日にたくさん笑って温まりましょう。


映画『サーフィンドッグ』ってどんなお話?

コメディ映画『サーフィンドッグ』。見たことのないという方もいらっしゃるかもしれません。とても面白くて引き込まれる、素晴らしい映画です。犬ってこんな風に思ってれば面白い!こんな会話をしていたら面白い。アメリカンタッチ満載のセリフ回しに、主人公のグレートデンのおまぬけなでかわいらしい性格。魅力あふれる映画です!

主人公はグレートデン!

グレートデンが近所で飼われているという方は、決して多いわけではないと思います。チワワやダックスのように、よく散歩しているという類の犬種でもありません。超大型犬という部類になるグレートデンですが、誰かを襲うなんてもってのほか!とても賢く、優しい性格です。
大きいから怖いという方もいらっしゃるかもしれませんが、接する機会があれば少しずつでも接してみてください。グレートデンは愛嬌にあふれています!

マーマ・デュークの家族

主人公のグレートデンは「マーマ・デューク」という名前です。その家族は両親と子どもたち3人の、ごく一般的な家族構成です。アメリカのコメディ映画、とりわけ動物が出演するものは大体お父さんとペットのやり取りが多いのですが、サーフィンドッグもそれに該当します。いつもマーマ・デュークに振り回されるお父さんと、お父さんになんだかんだ連れまわされるマーマ・デュークのやり取りは必見です!

友達で兄弟分の猫「カルロス」

グレーの毛並みに青い瞳。クールそうな外見に、渋い声。マーマ・デュークが映画開始早々に「びじゅのたった一人の友達」と言っている、猫の「カルロス」。おとぼけなマーマ・デュークに比べて、カルロスはとてもしっかりしています。マーマ・デュークの頼みにも乗ってくれますが、彼がおこしてしまった事態にも冷静な判断を下します。
そして映画を観ていくとわかるのですが、案外ちゃっかりもしています。

こんなお話です!

では、『サーフィンドッグ』の映画の具体的な内容をご紹介していきます。

全体的にコメディです

全体の約8割がコメディです。もちろん考えさせられる場面もありますが、どの場面でもいつたちのやり取りで笑わせてくれます。いろいろな種類の犬がそれぞれに強い個性を放っているので、見飽きる瞬間がありません。

舞台はドッグパーク

お父さんの仕事の都合で引っ越しをし、仕事の上司が犬好きでお父さんに連れられてマーマ・デュークがドックパークに行くことから話が展開していきます。ドッグパークとは、犬の社交場です。芝生の広がる公園のような場所で、その中には色々なタイプの犬がいます。その中でも純血種と言われる血統書つきの犬たちの集団がいて、彼らの中のボスであるボスコ(デ―ベルマンに似ているボースロンという犬種)がこのドッグパークを牛耳っています。マーマ・デュークは映画では雑種という設定で、雑種は血統種からさげすまれています。

マーマ・デュークが恋するコリー犬「イゼベル」

マーマ・デュークが一目ぼれするも、イゼベルはボスコの彼女であることが早々に判明。おまぬけで闘争心ゼロのマーマ・デュークは、彼女に出会った瞬間にしょげてしまいます。
マーマ・デュークにも雑種の仲間ができますが、雑種なので血統種からの差別を受けてしまい、大きな体を小さく丸めて肩身の狭い思いをします。

才能開花!!

マーマ・デュークが無理やりお父さんに連れられて行ったビーチで、思いもかけない転機が訪れます。

不本意ながら素晴らしいサーフィンドッグに!

水着嫌いのマーマ・デュークが、ひょんなことからサーフィンに挑戦することに!そのサーフィン大会には、ドッグパークのボスであるボスコもサーフィン犬として参加しています。実はボスコはサーフィンのチャンピオン犬です。勝ち目のない戦いだとぼやきながらも、いやいやサーフィンに参加したマーマ・デューク。
それがなぜかサーフィンの大会で優勝してしまいます。

ドッグパークのボス犬に

サーフィン大会での優勝や兄弟分のカルロスの力を借りて、マーマ・デュークはドッグパークのボス犬になりました。ボスコの恋人だったイザベルはマーマ・デュークの恋人になりました。すべてがうまくいっていると思っていたマーマ・デューク。しかし最初に仲間になった雑種犬の仲間からの視線は冷たいものでした。

ボスから一転…

家族が出払っていた隙に、マーマ・デュークは派手なパーティーを自宅で開催しました。家はめちゃくちゃ、やりたい放題…。そこにボスコが現れ、カルロスがマーマ・デュークに加担したことをみんなの前で暴露され、マーマ・デュークは仲間からも恋人からも見放されてしまいます。家をめちゃくちゃにしてしまい、家族からも怒られてしまい家の中から追い出されてしまうのです。

真実の恋とは…?

一目ぼれしたイザベルは、マーマ・デュークにとって“一目ぼれの相手”。しかしその一目ぼれが真実の愛なのか…?その真相は物語の後半、ある事件がきっかけでマーマ・デュークの目が覚めていきます!臨場感のある映像は息をのむこと間違いなしです!
お父さんの気持ちと家族の気持ち、そしてマーマ・デュークの気持ち。最後は心が温かくなります。

犬種なんて関係ない!みんな違ってみんないい!!

作中では“雑種(ミックス犬)”と“血統種”の間に隔たりがありました。しかし、みんな違ってみんないい!個性を大切に、一匹一匹の性格を尊重してあげましょう!
個性的だからこそ日々楽しい!たくさんに犬種が登場していくつもの困難を乗り越えるこの映画は、それを物語っています!子どもさんでも見やすい内容なので、ぜひ冬休みに観てみてください!!

楽天トラベル

ペットと泊まれる宿をお探しの方はこちら

楽天トラベル

外部サイトへ移動します

この記事のライター

関連する投稿


セントバーナードが大活躍!映画「ベートーベン」!!

セントバーナードが大活躍!映画「ベートーベン」!!

愛嬌たっぷりの顔立ちの、セントバーナード。しかし超大型犬のため、体の大きさを見ると少し怖いと感じてしまう方もいらっしゃるかもしれません。そこで!セントバーナードが主役の映画「ベートーベン」を観ると、きっとセントバーナードへのイメージが変わります!コミカルに展開されるある一家をテーマにした映画です!


最新の投稿


犬と猫を一緒に飼いたい!犬と仲良くできる猫種10選!

犬と猫を一緒に飼いたい!犬と仲良くできる猫種10選!

犬と猫が一緒に遊んでいたり、仲良く眠っている姿を見ると、心がほっこり温かくなりますよね。犬と猫を一緒に飼いたい…そうは言っても犬と猫は別の生き物。仲良く暮らしていけるのかと心配になります。そこで一般的に犬と仲良くなりやすい傾向にあると言われている猫、10種を紹介したいと思います。


一時は億越えも!チベタンマスティフの今に迫る

一時は億越えも!チベタンマスティフの今に迫る

2010年ごろ最高の景気に沸いていた中国で、大人気になっていた犬種「チベタンマスティフ」は、当時その価格は高騰して一時1億円を越える事も。そこで今回は、そんなチベタンマスティフとはどんな犬種で、現在はどんな状況になっているのかなどについて迫ってみたいと思います。


ラブラドール・レトリバーの購入前に抑えておくポイント

ラブラドール・レトリバーの購入前に抑えておくポイント

大型犬ラブラドール・レトリバーは、カナダのニューファンドランド島が原産地です。盲導犬や警察犬として有名ですが、また室内犬として一家のコンパニオンアニマルとして、つねに人気ランクが上位の犬種でもあります。日本でも人気の犬種ですが、とくに、海外では高い人気があります。


ラブラドール・レトリバーのシャンプーと被毛のお手入れ、飼い方について

ラブラドール・レトリバーのシャンプーと被毛のお手入れ、飼い方について

屋内で人間と暮らすことが多くなったこともあり、ラブラドール・レトリバーは、シャンプーをして身ぎれいにすることも家族としてのマナーの一つになりました。ラブラドール・レトリバーの被毛は短毛ですが、ダブルコートで上毛と下毛で覆われていて冬の寒さもしっかり護ってくれています。


ラブラドール・レトリバーのかかりやすい病気って?

ラブラドール・レトリバーのかかりやすい病気って?

ラブラドール・レトリバーは、心身ともにバランスのとれている丈夫な犬といわれています。とはいえ、いくつか遺伝的にかかりやすい病気もあります。股関節や耳関連などがラブラドール・レトリバーの場合、特に注意しなければならないチェックポイントです。