お一人様御用達!甘えん坊な犬5選

お一人様御用達!甘えん坊な犬5選

犬には多くの品種があって孤独を愛する犬や、かまってちゃんまでその性格は様々です。そんななか、ペットに時間と手間をかけることができるお一人様には、甘えん坊な性格のワンちゃんの人気が高いのだそう。そこで今回は、多くの犬種の中からお一人様に愛されてやまない、甘えん坊な品種を5つ厳選してご紹介します。


コッソリ覗いてるのがたまらなく可愛い!「ヨークシャーテリア」

スコティッシュテリアやブル・テリアなどたくさんいるテリア種のなかで一番甘えん坊さんが多いのが、このヨークシャーテリアです。
19世紀中頃にイギリスで誕生したこの小型犬は、その美しい毛並みから「動く宝石」とも言われるますが、この犬種の魅力は、なにもその見た目だけではありません。
どんなときでもそばから離れないといった、直球の感情表現はしませんが、ちょっとした時に様子をうかがうと、飼い主のようすを影からコッソリ覗きみたりしています。
その姿についついキュンとなって呼んであげると、喜んでやって来てチャンスとばかりに甘えまくります。
時に淋しがりすぎて吠えクセがついてしまう仔もいますが、大変賢い犬種なので、しつけをしっかりすればただただ可愛い、番犬の役割もしてくれる勇敢な一面も見せてくれます。

うるうるした瞳とと華奢な体格にメロメロ「チワワ」

一時期流れていたCMで人気が沸騰したチワワは、実は北アメリカではもっと古い犬種で、12世紀から16世紀にかけて同地に君臨していた「アステカ帝国」の王族も飼っていたのだそう。
日本では1970年代からその数が増え、その飼いやすさからダックスフントに次ぐ第2位の登録頭数が確認されている、トップクラスの人気を誇る犬です。
独立心もあり、知らない人には強い警戒心を見せる反面飼い主には甘々、献身的に付き従って逆らうようなことはほとんどありません。
大きくて潤んだ瞳や、どこか守ってあげたくなるか細い体格に騙されて、幼少期に甘やかしすぎるとわがままになってしまうこともあります。
しかし、意外に体は丈夫で強靭な精神力も持っているので遠慮は無用、気にせず正しいしつけをすれば愛らしい家族の一員になって、長生きする仔も多いため、お一人様を長い間癒してくれる存在になるでしょう。

怖い見た目に似合わず実はかまってちゃん!「ボクサー」

人間の世界でも良く言われている「ギャップ萌え」。犬の世界でそれを味わおうとするなら、なんといってもこのボクサー犬がおすすめです。
元は闘犬用に開発されて、その狂暴な性格が際立っていましたが、法律で闘犬が禁止されるとその狂暴さを抜くために品種改良と、ひたすら甘やかすという手段でとにかくその闘争本能を骨抜きに。
その結果、今では完全にペット化して狂暴さはどこへやら、飼い主への愛情表現の激しさは他の犬種の比較にならないほどで、その姿を見た瞬間に飼い主に猛烈ダイブ!顔をなめまくって甘えてきます。
大きな体から独り暮らしには不向きのような感もありますが、手入れやしつけも楽で無駄吠えもしない上、飼い主には甘々でも他人から見れば、番犬としてこれほど威圧的な犬種もいないので、案外独り暮らしの女性の飼い主さんも多い犬種です。

おもちゃみたい!でもしっかりと生きてます「トイプードル」

そのくるくるとした巻き毛が特徴の、プードルのなかで品種改良によって体重3kg程度までしか成長しない小型犬種をとくに「トイプードル」と呼びます。
意外に毛も抜けにくく、活発とはいえ小さな体と鳴き声から、独り暮らしのマンションやアパートなどでも飼いやすいので人気の高い犬種です。
その性格は人懐っこくて穏やか、主人に甘えるというよりはとにかく誰にでも馴れやすく、誰彼構わず甘えたがる仔も多いのが特徴で、「私だけのワンちゃん」を求めている方のニーズには、少し合わないかも。
とはいえ、見た目のまるでぬいぐるみのような可愛さもさることながら、社交的な性格から友達などに「うちの仔自慢」をしたいお一人様におすすめのワンちゃんです。

飼い主オンリーとにかくご主人様大好き!「柴犬」

日本犬の代表格「柴犬」の甘え方は、他の犬種とは少し意味が違うものかもしれません。
彼らにとっては飼い主と同じ時間、同じ場所で過ごしていること自体が「甘えている」と感じているのでは?とすら思えます。
普段通りの散歩やエサやりをしているだけでも、全幅の信頼と愛情のこもった目で主人を見つめ、時にコッソリと撫でてほしいしぐさを見せる慎ましやかな甘え方をしてきます。
飼い主とその家族以外にはほとんど心を開かない仔が多いのは、日本犬特有の性質で、その「ご主人様第一主義」の徹底ぶりは海外にも多くのファンを作った理由の1つになっています。

まとめ

もちろん個体差はありますが、独り暮らしの方などに人気のある、甘えん坊な性格の犬種をご紹介してみました。
しかし、同じ甘えん坊でもその表現の仕方がこうも違うのは、人間の子供と同じ。
甘える姿の誘惑に負けて、甘やかし過ぎないように、ああでもないこうでもないとより良い付き合い方を模索するのも、犬を飼う醍醐味の1つではないでしょうか。

楽天トラベル

ペットと泊まれる宿をお探しの方はこちら

楽天トラベル

外部サイトへ移動します

この記事のライター

関連するキーワード


甘えん坊 性格

関連する投稿


犬と猫を一緒に飼いたい!犬と仲良くできる猫種10選!

犬と猫を一緒に飼いたい!犬と仲良くできる猫種10選!

犬と猫が一緒に遊んでいたり、仲良く眠っている姿を見ると、心がほっこり温かくなりますよね。犬と猫を一緒に飼いたい…そうは言っても犬と猫は別の生き物。仲良く暮らしていけるのかと心配になります。そこで一般的に犬と仲良くなりやすい傾向にあると言われている猫、10種を紹介したいと思います。


ミックス犬が可愛すぎる。人気のミックス犬おすすめの種類10選

ミックス犬が可愛すぎる。人気のミックス犬おすすめの種類10選

純血種同士を組み合わせたミックス犬はご存知ですか?じわじわと人気が出てきているミックス犬について種類とそのなかでも人気のあるおすすめのミックス犬を特徴なども合わせて紹介していきたいと思います。純血種もいいですが、ミックス犬もまたかわいい魅力ありますよ!犬を飼いたいけど種類を迷ってる人は特に必見です。


マンションでも飼いやすい!ムダ吠えの少ない犬ベスト5

マンションでも飼いやすい!ムダ吠えの少ない犬ベスト5

犬を飼いたい!でもうちはマンション。一応ペットOKだけど近所とのトラブルは避けたいから、あまりうるさく吠える犬はまずい・・・日本では、マンションだけでなく一戸建てでも、隣までの距離が近いことが多い住宅事情からそう考える方も多いはず。そこで今回は、ムダ吠えの少ない、飼いやすい犬種を5つご紹介します。


アビシニアンの飼い方、性格と特徴、かかりやすい病気について

アビシニアンの飼い方、性格と特徴、かかりやすい病気について

やんちゃで人が大好きなアビシニアン!飼い主さん曰く、家庭内ストーカーにあっているとのこと!!従順で甘えん坊の性格がとっても魅力的ですよね。これを見ればかわいいストーカーさんが欲しくなること間違いなし☆


大人気のミックス犬!おすすめミックスやちょっとした変わり者までご紹介!

大人気のミックス犬!おすすめミックスやちょっとした変わり者までご紹介!

お店に行くと、ほとんどと言っていいほどかわいいミックス犬たちがいますね。今や、純粋犬よりもミックス犬を探している人の方が多いのではないでしょうか?でも、実はミックス犬って無限大なんです!今回は、おすすめのミックス犬から、ちょっと変わったミックス犬まで幅広くご紹介します!


最新の投稿


犬と猫を一緒に飼いたい!犬と仲良くできる猫種10選!

犬と猫を一緒に飼いたい!犬と仲良くできる猫種10選!

犬と猫が一緒に遊んでいたり、仲良く眠っている姿を見ると、心がほっこり温かくなりますよね。犬と猫を一緒に飼いたい…そうは言っても犬と猫は別の生き物。仲良く暮らしていけるのかと心配になります。そこで一般的に犬と仲良くなりやすい傾向にあると言われている猫、10種を紹介したいと思います。


一時は億越えも!チベタンマスティフの今に迫る

一時は億越えも!チベタンマスティフの今に迫る

2010年ごろ最高の景気に沸いていた中国で、大人気になっていた犬種「チベタンマスティフ」は、当時その価格は高騰して一時1億円を越える事も。そこで今回は、そんなチベタンマスティフとはどんな犬種で、現在はどんな状況になっているのかなどについて迫ってみたいと思います。


ラブラドール・レトリバーの購入前に抑えておくポイント

ラブラドール・レトリバーの購入前に抑えておくポイント

大型犬ラブラドール・レトリバーは、カナダのニューファンドランド島が原産地です。盲導犬や警察犬として有名ですが、また室内犬として一家のコンパニオンアニマルとして、つねに人気ランクが上位の犬種でもあります。日本でも人気の犬種ですが、とくに、海外では高い人気があります。


ラブラドール・レトリバーのシャンプーと被毛のお手入れ、飼い方について

ラブラドール・レトリバーのシャンプーと被毛のお手入れ、飼い方について

屋内で人間と暮らすことが多くなったこともあり、ラブラドール・レトリバーは、シャンプーをして身ぎれいにすることも家族としてのマナーの一つになりました。ラブラドール・レトリバーの被毛は短毛ですが、ダブルコートで上毛と下毛で覆われていて冬の寒さもしっかり護ってくれています。


ラブラドール・レトリバーのかかりやすい病気って?

ラブラドール・レトリバーのかかりやすい病気って?

ラブラドール・レトリバーは、心身ともにバランスのとれている丈夫な犬といわれています。とはいえ、いくつか遺伝的にかかりやすい病気もあります。股関節や耳関連などがラブラドール・レトリバーの場合、特に注意しなければならないチェックポイントです。