イタリアングレーハウンドのかかりやすい病気やケガを事前に把握!!

イタリアングレーハウンドのかかりやすい病気やケガを事前に把握!!

元ペットショップ店員で現在イタグレ2頭を飼育している筆者です。イタグレのあの細~い見た目に、いろいろ感じることが多いことかと思います。よくある病気・ケガ・寿命等、実際のところどうなのか?今回はイタグレの気をつけたいところまとめてみました。


早期発見が大切!よくある病気

短毛犬種は皮膚が弱め?

イタグレは短毛犬種の中でも特に短毛です。長毛犬種は、ある程度被毛が皮膚を守ってくれますが、短毛犬種はそうはいきません。紫外線やハウスダスト・ノミダニ等が直接皮膚にとどいてしまう為か、皮膚が弱い子が多いようです。皮膚病といっても、「膿痂疹」「脱毛症」などいろいろあります。どの症状も、できるだけ初期に見つけて早めにケアをしてあげることが大切です。

緑内障

眼球の圧力があがることで、眼が赤く腫れたように見えたり、緑色に見えたりします。また、犬本人は強い痛みを感じるようになる為、頭をなでられることや顔を触られるのを嫌がるようになります。成犬よりもシニア犬がなるにつれてかかりやすい病気ですので、普段と様子が違う場合はすぐに病院へ連れて行ってあげてくださいね。

痙攣したら要注意!てんかんについて

こちらも小型犬に多い症状で、イタグレで発症している子もいるようです。突然意識が朦朧としてしまったり、身体が痙攣したり、発作を起こしてしまった場合、てんかんが考えられます。初めてみた時は驚いてしまうかもしれませんが、落ち着くまでそばにいてあげましょう。てんかんは、薬で抑えることができるので必ず病院へ連れて行ってあげてくださいね。

気を付けたいケガ

骨折

あの細長い骨格と脂肪の少なさに加え、とても活発な犬種ですので、骨折しやすい犬種かもしれません。しかし骨の弱さが「遺伝疾患」とは言われていませんし、私自身、細身の割には丈夫な犬種だと感じています。イタグレの骨折歴は、1歳未満の骨の成長期が多いようです。とても好奇心旺盛で、一番活発に動き回る時期ですので、危ないところにいないか注意してみましょう。

耳先の凍傷

イタグレはローズイヤーという少し珍しい耳の形をしています。その耳先は非常に薄く、秋ごろに触ると既にひやっとするくらいですから、真冬は非常に冷たくなっています。一番薄い部分が耳先ですので、真冬のお出かけ時には耳先をこまめ触って確認しましょう。あまり冷たい場合は、スヌードというニット帽のようなものもあるので暖かくしてあげましょう。かわいいものもあり、お洋服と合わせてコーディネートすることもできますよ!

手術時の注意点

病気や骨折してしまったとき、場合によっては手術が必要になりますが、イタグレは脂肪が少ない為、麻酔に弱い犬種と言われています。イタグレ全てが、というわけではありませんが、全身麻酔をしたあと意識が戻らなかった。ということが今までにあるようです。イタグレを飼っている方は頭の片隅には入ってる話でしょう。これから飼育予定の方も知っていて損はないと思います。手術をする際は、麻酔に詳しい獣医さんに頼むのが安心かもしれません。

イタグレの特徴

サイズと毛色

イタリアングレーハウンドは、理想体重が5キロ未満と言われています。「理想は5キロ」ですが、骨格構成は人間と同様さまざまで、2キロ~10キロまで幅広いようです。また、見た目はうっすらとあばら骨が見えるくらいが丁度いいといわれています。あばらが見えなかったり、肩周りが骨ばっていない場合は少しだけダイエットしてもいいかもしれません。

毛色は、ブルー・フォーン・シール・ブラック・レッドなどがあります。
一番多い毛色はブルーに胸元や足先・尾の先にホワイトが入ったブルー&ホワイトです。

平均寿命は?

イタグレの平均寿命は、小型犬の平均寿命とほとんど同じで14歳前後と言われています。7歳ごろからシニア犬になりますので、上記のかかりやすい病気に注意したり、肥満に注意していきましょう。また筋肉量を減らさない為に、歳をとってもできるだけドッグランに連れて行ってあげたいですね。

楽天トラベル

ペットと泊まれる宿をお探しの方はこちら

楽天トラベル

外部サイトへ移動します

この記事のライター

関連する投稿


犬と猫を一緒に飼いたい!犬と仲良くできる猫種10選!

犬と猫を一緒に飼いたい!犬と仲良くできる猫種10選!

犬と猫が一緒に遊んでいたり、仲良く眠っている姿を見ると、心がほっこり温かくなりますよね。犬と猫を一緒に飼いたい…そうは言っても犬と猫は別の生き物。仲良く暮らしていけるのかと心配になります。そこで一般的に犬と仲良くなりやすい傾向にあると言われている猫、10種を紹介したいと思います。


ミックス犬が可愛すぎる。人気のミックス犬おすすめの種類10選

ミックス犬が可愛すぎる。人気のミックス犬おすすめの種類10選

純血種同士を組み合わせたミックス犬はご存知ですか?じわじわと人気が出てきているミックス犬について種類とそのなかでも人気のあるおすすめのミックス犬を特徴なども合わせて紹介していきたいと思います。純血種もいいですが、ミックス犬もまたかわいい魅力ありますよ!犬を飼いたいけど種類を迷ってる人は特に必見です。


マンションでも飼いやすい!ムダ吠えの少ない犬ベスト5

マンションでも飼いやすい!ムダ吠えの少ない犬ベスト5

犬を飼いたい!でもうちはマンション。一応ペットOKだけど近所とのトラブルは避けたいから、あまりうるさく吠える犬はまずい・・・日本では、マンションだけでなく一戸建てでも、隣までの距離が近いことが多い住宅事情からそう考える方も多いはず。そこで今回は、ムダ吠えの少ない、飼いやすい犬種を5つご紹介します。


大人気のミックス犬!おすすめミックスやちょっとした変わり者までご紹介!

大人気のミックス犬!おすすめミックスやちょっとした変わり者までご紹介!

お店に行くと、ほとんどと言っていいほどかわいいミックス犬たちがいますね。今や、純粋犬よりもミックス犬を探している人の方が多いのではないでしょうか?でも、実はミックス犬って無限大なんです!今回は、おすすめのミックス犬から、ちょっと変わったミックス犬まで幅広くご紹介します!


元祖ブサカワ!大人気のブルドッグその魅力と飼い主として知っておくべきこと

元祖ブサカワ!大人気のブルドッグその魅力と飼い主として知っておくべきこと

いまやアメリカで人気NO.4といわれるブルドッグ。独特の風貌と愛くるしいしぐさは、見ている人を和ませす。今回は、ブルドッグの魅力と、その陰に隠された事実についてお伝えします。


最新の投稿


犬と猫を一緒に飼いたい!犬と仲良くできる猫種10選!

犬と猫を一緒に飼いたい!犬と仲良くできる猫種10選!

犬と猫が一緒に遊んでいたり、仲良く眠っている姿を見ると、心がほっこり温かくなりますよね。犬と猫を一緒に飼いたい…そうは言っても犬と猫は別の生き物。仲良く暮らしていけるのかと心配になります。そこで一般的に犬と仲良くなりやすい傾向にあると言われている猫、10種を紹介したいと思います。


一時は億越えも!チベタンマスティフの今に迫る

一時は億越えも!チベタンマスティフの今に迫る

2010年ごろ最高の景気に沸いていた中国で、大人気になっていた犬種「チベタンマスティフ」は、当時その価格は高騰して一時1億円を越える事も。そこで今回は、そんなチベタンマスティフとはどんな犬種で、現在はどんな状況になっているのかなどについて迫ってみたいと思います。


ラブラドール・レトリバーの購入前に抑えておくポイント

ラブラドール・レトリバーの購入前に抑えておくポイント

大型犬ラブラドール・レトリバーは、カナダのニューファンドランド島が原産地です。盲導犬や警察犬として有名ですが、また室内犬として一家のコンパニオンアニマルとして、つねに人気ランクが上位の犬種でもあります。日本でも人気の犬種ですが、とくに、海外では高い人気があります。


ラブラドール・レトリバーのシャンプーと被毛のお手入れ、飼い方について

ラブラドール・レトリバーのシャンプーと被毛のお手入れ、飼い方について

屋内で人間と暮らすことが多くなったこともあり、ラブラドール・レトリバーは、シャンプーをして身ぎれいにすることも家族としてのマナーの一つになりました。ラブラドール・レトリバーの被毛は短毛ですが、ダブルコートで上毛と下毛で覆われていて冬の寒さもしっかり護ってくれています。


ラブラドール・レトリバーのかかりやすい病気って?

ラブラドール・レトリバーのかかりやすい病気って?

ラブラドール・レトリバーは、心身ともにバランスのとれている丈夫な犬といわれています。とはいえ、いくつか遺伝的にかかりやすい病気もあります。股関節や耳関連などがラブラドール・レトリバーの場合、特に注意しなければならないチェックポイントです。