愛犬との旅行先での注意点とマナー!出かける前に調べておくのをオススメするポイント

愛犬との旅行先での注意点とマナー!出かける前に調べておくのをオススメするポイント

愛犬との旅行先で特に活用する、「宿泊施設」「レジャー施設」「ペットカフェ」などの場所での注意点・マナーについて、見落としがちな事も含めて詳しくまとめています。マナーのある飼い主さんが増えれば、ペット可の宿泊施設やレジャー施設も増える事にもなり、巡り巡って飼い主さんのプラスにもつながりますよ


犬との旅行は飼い主のマナーが最も問われます!

愛犬を連れて旅行する場合は、普通の遠出とはわけが違います。ついうっかりしがちですが、旅行先で連れていく場所には、犬や動物が苦手!という人だって当然存在する可能性がある事を忘れてはいけません。

また、愛犬がおもわぬ場所で粗相をしてしまったり、公共の場所を汚してしまっても、責任は全て飼い主にふりかかってきます。楽しい事も多いですが、通常の人間だけの旅行より苦労は間違いなく増えますので、「愛犬を同伴する」という事を必ず念頭に置いて行動をしていく必要があるでしょう。

愛犬と宿泊施設に宿泊する注意点

ホテル・宿泊施設内のルールを必ず把握する

犬と一緒に泊まれるホテルは、年々増えていっているように思えます。ただ、犬との同伴が大丈夫というだけで、犬専用のホテルではありませんから、普通の宿泊客だって当然泊まっています。そこは十分に意識しておきましょう。

まず、旅行に出かける前に、必ず泊まるホテルの事は調べておきます。小型犬のみ可とか、そういったホテル内のルールを把握しておくと良いでしょう。

宿泊施設内に到着したら、犬のトイレの場所や、犬を同伴しても大丈夫な場所を確認しておきます。ホテル内の一部に、動物を連れて入ってはいけない場所がないかどうかは知っておかなくてはいけません。

普段と違う知らない場所は犬も苦手なんです…

基本的に、宿泊施設内では、常に愛犬と一緒にいる事を心がけましょう。犬は、知らない場所や初めて行った場所では緊張して不安になってしまう子がほとんどです。また、そういった状況下では、無駄吠えしたり、きちんとトイレが出来なかったりする場合があります。

出来るだけ、愛犬と一緒に過ごし、部屋に一人でお留守番させなければいけない状況になったら、ケージに入ってもらって、なるべく早く戻ってあげて下さい。

また、そういったホテルには、他にもペットを連れて来られている宿泊客も多いですから、必ずリードをつけて目を離さないようにするなどして、トラブルにならないように心がけておきましょう。

どんな場所でもマナーを大切に!

ベッドやソファなどに犬をのせるのはマナー違反です。そこには、通常の宿泊客が寝泊まりするのだという事を忘れてはいけません。

チェックアウトの前に、部屋に抜けた毛を掃除するなどの心がけましょう。来た時と同じ状態で退出するのがマナーです。

レジャー施設での注意点

大前提として、犬を連れて入っても大丈夫な施設かどうかは必ず事前に確認しておきます。大型犬は同伴不可など、施設内のルールもありますので注意しておきます。

夏の時期は、人間と同じく熱中症にならないように気をつけます。水分補給も出来るように準備しておきましょう。

当たり前の事ですが、外でうんちやおしっこなどをしてしまったら、必ず後始末をしてください。ゴミ袋や消臭スプレー、アルコールティッシュなどは携帯しておくと本当に役に立ちます。

旅行先では、リードでつないでおく重要性を考える

ドッグランなどの許可されている場所以外では必ずリードをつけておきます。これは、飛び出し事故を防いだり、他の旅行者とのトラブルにならない事を防ぐためでもあります。

また、旅行先で犬が脱走したり、迷子になったりという話を耳にしますが、住み慣れた土地ならともかく、旅行先では、犬が自力で飼い主を探して戻ってくるというのは非常に困難ですから、ここは本当に注意が必要です。

旅行先で犬同伴が可能のカフェを探しておく

ペットカフェなど、犬との同伴が大丈夫なカフェやレストランも増えてきていますので、旅行先にこういったお店があるかどうか調べておくと良いでしょう。

店内でも基本的にリードをつけておく事。また、そういったお店の店内では、他のペットもたくさんいますから、無駄吠えや動物同士のトラブルなどならないように注意しておかなければいけません。

ただ、旅行先でこういったお店が見つからなかった場合に備えて、普段から食べ慣れているドッグフードは持って行っておくと良いでしょう。

よく調べておかないと、旅行先で近くのドッグカフェや同伴OKの飲食店を探すのはけっこう大変だったりします。

緊急時のために備えておく

出来れば、旅行先から近い範囲で救急でも対応してくれる動物病院があるかどうか調べておくと良いでしょう。愛犬に想定外のトラブルが起こる事も予想されますし、急に体調を崩してしまう事も考えられます。

万が一の事態になった時、慌てないようにしっかりと準備しておきましょう。

犬と旅行にいく前に調べておきたいまとめ

ペットを連れての旅行は、どんな行動、どんな場所へ行くにしても、ペットを中心に置いて考える必要があるのです。愛犬と旅行に出る前に、念入りに計画を立て、旅行先で起こりうる事態を想定しておかなければいけません。その為に、しっかりと調べて、下準備をしておきましょう。

何かトラブルが発生してからでは遅いですし、愛犬も飼い主さんも、嫌な思い出になってしまわないように、しっかりとプランを立てて、せっかくの旅行を思いっきり楽しんでください♪

楽天トラベル

ペットと泊まれる宿をお探しの方はこちら

楽天トラベル

外部サイトへ移動します

この記事のライター

関連する投稿


愛犬の困った噛み癖。トリミングサロンで断られないためにできること

愛犬の困った噛み癖。トリミングサロンで断られないためにできること

「次回からはお受けできません」とてもショックな言葉ですよね。噛み癖のある犬はトリミングサロンで断られてしまうこともあります。今回は、犬が咬む理由と、サロンで断られないために飼い主さんができることをご紹介したいと思います。


ペット用のフロアコーティングって?

ペット用のフロアコーティングって?

フローリングでの生活はペットに大きな負担を与えてしまうことがあります。気になるペット用フロアコーティングにはどのようなメリットがあるのでしょうか。


ペット可の賃貸物件はトラブルが付きもの?物件選びは慎重に!

ペット可の賃貸物件はトラブルが付きもの?物件選びは慎重に!

犬を飼育する人の数が増える中、ペット可の賃貸物件での隣人トラブルが多発しているようです。賃貸に住んでいてこれから犬を飼おうと思っている人や、賃貸物件への引っ越しを検討している人は要チェックです。


知っておきたい犬時間 犬の時間感覚とは

知っておきたい犬時間 犬の時間感覚とは

犬の平均寿命は私たち人間のそれよりもずっと短いものです。それゆえに、密度の濃い時間を一緒に過ごしたいものです。犬の立場から「時間」の使い方を考えてみましょう。


トリミングは何ミリが理想?トリマーが使うバリカンについて解説します!

トリミングは何ミリが理想?トリマーが使うバリカンについて解説します!

トリミングしたときの毛の長さはバリカン刃によって決まります。また、犬の体のどの部分を刈るかによっても仕上がりの印象は変わってきます。今回は、普段トリマーが使っているバリカンについて解説したいと思います。


最新の投稿


愛犬の困った噛み癖。トリミングサロンで断られないためにできること

愛犬の困った噛み癖。トリミングサロンで断られないためにできること

「次回からはお受けできません」とてもショックな言葉ですよね。噛み癖のある犬はトリミングサロンで断られてしまうこともあります。今回は、犬が咬む理由と、サロンで断られないために飼い主さんができることをご紹介したいと思います。


ビーグルってどんな犬?性格や飼い方について

ビーグルってどんな犬?性格や飼い方について

大きく垂れた耳が特徴のビーグル。スヌーピーのモデルになった犬としても有名です。ペットとしての人気も安定的に高く、これからビーグルを迎え入れようと考えている人もいるのではないでしょうか?


ペット用のフロアコーティングって?

ペット用のフロアコーティングって?

フローリングでの生活はペットに大きな負担を与えてしまうことがあります。気になるペット用フロアコーティングにはどのようなメリットがあるのでしょうか。


ペット可の賃貸物件はトラブルが付きもの?物件選びは慎重に!

ペット可の賃貸物件はトラブルが付きもの?物件選びは慎重に!

犬を飼育する人の数が増える中、ペット可の賃貸物件での隣人トラブルが多発しているようです。賃貸に住んでいてこれから犬を飼おうと思っている人や、賃貸物件への引っ越しを検討している人は要チェックです。


フクロウって飼えるの?飼い方、性格について

フクロウって飼えるの?飼い方、性格について

大きな瞳とそのたたずまいが印象的なフクロウ。その独特の容姿に魅了され、ペットとしてフクロウを飼いたいと思う人もいるのではないでしょうか?しかし、フクロウを家庭で飼育することは決して簡単ではありません。ここでは、フクロウを一般家庭でペットとして飼う際の基礎知識を紹介します。