ペットが迷子にならないためにするべきこと!!

ペットが迷子にならないためにするべきこと!!

家族の一員でもある、ペット。そんな大切なペットが迷子にならないために、何か対策はしていますか?「うちの子に限って迷子なんて・・・」と思いたいところですが、何かがきっかけで迷子になってしまうこともあります。大切なペットが迷子にならないために・・・するべき対策をご紹介します!!


迷子の予防策・・・自宅編

インターホンや雷などの音・不審者など・・・人と同様に、動物にも苦手なものはあります。
それらの苦手なものがきっかけで、パニックに陥ってしまうことがあります。
パニックになると、いつもはしないような行動を取ってしまうことが多々あります。
そういった万一のためにどのような対策をしておくべきか、ご紹介します。

室内での対策

「室内飼育だから迷子とは無縁!」と思っている人は多いはず・・・。
室内から絶対に出ることが出来ないのであれば迷子とは無縁ですが、完全にお外に出られない対策は取っていますか?
少しでも心配な要素があるのであれば、それは迷子と無縁とは言えません。
室内から脱出する経路についてですが、犬の場合だと玄関の扉や庭・ベランダに面する窓になります。猫などの高い所も行動する動物の場合だと、犬の脱出経路以外に小窓も対策しないといけません。
では、具体的な玄関の扉・窓・小窓の対策についてご案内します。
まず始めに玄関の扉ですが、対策としては日頃から玄関には来させないようにしつけをしておくと良いでしょう。しつけだけではパニックに陥った際には完全な防止は出来ないので、更に玄関に通じる部屋の扉にはペット専用ゲートや子供の侵入防止柵を設置します。
次に窓についてですが、庭やベランダに面している窓は犬などの高い所に上ったりしないペットの場合は置き型のペット用の侵入防止柵で対策ができます。
高い所にも行動する猫などのペットの場合は、庭やベランダに面した窓や小窓には猫用脱走防止フェンスや転落防止柵を設置します。
ただペットだけのお留守番の時は、ケージに入れたり窓自体を閉めるなど徹底した対策をしておいた方が安心です。

屋外での対策

一戸建ての場合は庭やガレージなどの対策・マンションの場合はベランダの対策が必要です。
一戸建ての場合、敷地内を囲むフェンスや門・ガレージの場合も柵などがあるかと思います。
まずこれらは、ペットがすり抜けてしまわないかどうかを考えてみましょう。
すり抜けるスペースがある場合は、脱走が出来るため対策をしないといけません。
フェンス・門・ガレージの柵の下に生じる隙間の場合だと、板などのプレートや柵を追加して設置するなど対策を施します。
フェンスの間隔自体が大きい場合は、網目の細かいフェンスを設置します。
また屋外で飼育している犬の場合は、犬小屋付近を自由に行き来が出来るように紐を長めにつないでいると思います。
その紐自体の強度も重要ですが、それ以外に紐を固定させている個所自体の強度も重要になります。
また雷・強風・大雨などの悪天候の時や花火大会などの大きな音がする日は、屋外で飼育している犬が脱走するケースが多く見受けられます。
そのためこれらの状況の時は、玄関に避難させるなど対策をとる方が堅実です。

お出かけの時の迷子の予防策

一緒に色々な場所へ・・・ペットとお出かけすることを楽しんでいる人も多いはず。
外出する時、ペットが迷子にならないために何か対策はされていますか?
抱っこしていても、いきなり暴れてどこかに行ってしまったというケースもあります。
外出先で迷子になってしまったら、より一層探すのが困難になる可能性が高まります。
そうならないためにも、いくつかの対策をご紹介します。
犬や猫の場合はキャリーケースやバッグに入れている時も抱っこをしている時も、首輪やハーネスは必ず装着しておきます。
装着した首輪やハーネスには必ずペットの名前・飼い主の名前・連絡先を明記したり、それらの情報が記された迷子札を付けておきます。
また可能なら、万一の脱走に備えてリードまでつけておくとより安心です。
「そこまでしなくても、うちの子は大丈夫・・・」と思う飼い主も少なくはありません。
いつもと違う環境にいることに、ペットはとても緊張しています。
そのような環境の中だと、臆病な性格のペットは脱走しやすくなります。
臆病な性格じゃなくても急に電車の警笛などの大きな音や聞きなれない音が鳴ったら、パニックに陥ることもあります。
そのため、いつもと違う環境はより迷子になりやすいと思って用心しておいた方が得策です。

万一、迷子になってしまった時のために・・・するべき対策

犬の場合、保健所に飼育している事を申請・狂犬病の予防接種が義務付けられています。
飼育の届け出・狂犬病の予防接種をすると、もれなく保健所から鑑札が2枚自宅へ届きます。
これらの鑑札を愛犬に装着させることも、義務となっています。
残念ながら2枚の鑑札を装着させることが義務であることを、知らない人が多いのが現状です。
またこれらの鑑札が迷子の時にとても重要になることを、みなさんご存じですか?
鑑札は、飼育状況の管理のためのものと狂犬病予防接種済みを証明するものの2枚になります。
それぞれの鑑札には番号が記されていて、番号は1匹ごとに異なっています。
そしてその鑑札は、各市町村の保健所が発行・管理をしています。
つまり愛犬の首輪やハーネスに狂犬病の鑑札がついていると、保健所では愛犬と飼い主の情報を把握することができることを意味します。
飼い主の元により戻りやすくなるので、愛犬の安全のためにも万一に備えて鑑札は愛犬に装着させておきましょう。
また、犬以外のペットの場合も可能であれば首輪の装着とその首輪には連絡先などを明記するか迷子札の装着をしておくと安心です。

まとめ

ペットは人の言葉を話せません。
そのため飼い主から離れると、容易に戻ることが出来ない事態に陥ります。
最悪の場合、飼い主の元に戻れない場合だってあります。
そんな悲しい事態にならないために・・・大切なペットとずっと幸せにすごせるように、迷子にさせない対策を徹底して行いましょう。

楽天トラベル

ペットと泊まれる宿をお探しの方はこちら

楽天トラベル

外部サイトへ移動します

この記事のライター

関連するキーワード


ペット 迷子

関連する投稿


「ペットロス症候群」 その症状と心に開いた空洞の埋め方

「ペットロス症候群」 その症状と心に開いた空洞の埋め方

長い間一緒に暮らしていたペットが亡くなってしまった時、心に大きな空洞ができたように感じてしまうことがあります。 ペットを失うこととは一体どうことなのか?飼い主さんが直面する心の病気「ペットロス症候群」についてご紹介したいと思います。


国が違えば法律が違う。そんなバカな!アメリカのペットに関する奇妙な法律10

国が違えば法律が違う。そんなバカな!アメリカのペットに関する奇妙な法律10

普段あまり気にすることのない犬の法律。日本でも犬を健康に安全に飼うために、さまざまな法律が制定されていますよね。もちろん、世界の国々にもあるのですが、中には信じられないような法律も存在するんですよ。今回はアメリカに注目。犬や猫などのペットに関する奇妙な法律をご紹介しましょう。


憧れの珍ペット、お値段や生活など知りたいことがいっぱい!

憧れの珍ペット、お値段や生活など知りたいことがいっぱい!

珍しいペットを飼ってみたい!と思う人も少なくありません。日本で飼うことができたの?!と驚くような動物を飼っている人もいます。憧れの珍ペット、お値段や生活など気になることをチェックしてみましょう。


ペットを飼うと心と体も健康になる!ペットを飼うことでもたらされるメリット!

ペットを飼うと心と体も健康になる!ペットを飼うことでもたらされるメリット!

犬や猫をはじめペットを飼うことは、私たちにたくさんの喜びを与えてくれ、生活をより豊かなものにしてくれます。家族の大切な一員として溺愛している人も多いのではないでしょうか?ペットと触れ合うことでストレスが解消され、癒し効果もあると言われています。ペットを飼うことでどんなメリットがあるのか紹介したいと思います。


やってしまいがち?日本の犬の法律事情

やってしまいがち?日本の犬の法律事情

動物愛護管理法などペット、とりわけ犬に関する法律をご存じでしょうか?日本での犬の法律事情について調べてみました。


最新の投稿


「ペットロス症候群」 その症状と心に開いた空洞の埋め方

「ペットロス症候群」 その症状と心に開いた空洞の埋め方

長い間一緒に暮らしていたペットが亡くなってしまった時、心に大きな空洞ができたように感じてしまうことがあります。 ペットを失うこととは一体どうことなのか?飼い主さんが直面する心の病気「ペットロス症候群」についてご紹介したいと思います。


嗅覚は人の1000倍以上!犬の五感で見る犬の不思議世界とは?

嗅覚は人の1000倍以上!犬の五感で見る犬の不思議世界とは?

犬が見る世界って一体どんな感じなんだろう?犬の住む世界。実は人間の住む世界とはかなり違うんですよ。今回は、犬の五感で見る犬の世界をご紹介したいと思います。


猫の習性は独特!喉鳴らし、フレーメン反応、猫パンチの意味

猫の習性は独特!喉鳴らし、フレーメン反応、猫パンチの意味

動物がある特定の状況や環境になると決まった行動パターンをとることを「習性」といいます。猫には独特の習性がありますので、それを知っていると猫と一緒に暮らす楽しさが倍増するでしょぅ。初めて猫を飼う方は特に、猫の行動パターンとその意味をよく理解しておきましょう。今回は猫特有の習性について取り上げてみます。


猫のオスとメス、初めての人が飼いやすい性別はどっち?

猫のオスとメス、初めての人が飼いやすい性別はどっち?

猫の里親さんを探す保護施設で仕事をしていましたが、里親を希望する人では、オスとメスにこだわらない方が多いですが、初めて猫を飼う方では、飼いやすいと聞くから、とメスを希望される方が圧倒的に多かったです。本当にメスの方が飼いやすいのでしょうか。オス猫とメス猫の違いをまとめました。


猫と犬を同時に飼う場合のトラブル回避!愛犬に猫を紹介する時の5つの鉄則

猫と犬を同時に飼う場合のトラブル回避!愛犬に猫を紹介する時の5つの鉄則

犬のいる家庭に猫を迎えるケースは、遠い過去にはあまり聞きなれなかったものの、最近では当たり前のようになってきましたね。初対面同士であることに加え、犬と猫は違う動物同士。「大丈夫かな?」と心配する方も多いでしょう。今回は愛犬に新しい猫を紹介する時のの5つの鉄則をご紹介します。