猫は放し飼いでも大丈夫?外歩きのメリットとデメリット

猫は放し飼いでも大丈夫?外歩きのメリットとデメリット

猫を飼う時は完全室内飼いが基本だと思いますが、猫本来の生き方を尊重して屋外で自由にさせてあげたいという考え方もあります。どちらも絶対に正しいと言うことはできませんが、時代や地域に合った飼い方というものがあるはずです。今回は、猫の放し飼いのメリットとデメリットを考えましょう。


猫の放し飼いは危険がいっぱい!

猫が気ままに歩き回る姿は自由を満喫していて幸せそうに見えるかもしれませんが、外の世界は猫にとって危険がいっぱいです。

交通事故にあうかも

国道と県道で交通事故にあって死ぬ猫の数は、殺処分の数とほぼ同数だそうです。市道や私道で事故死した猫を含めればもっと多くなりますし、大怪我をしたけれど死ななかった件数も含めれば、猫が巻き込まれる交通事故はもっともっと多いことになります。

他の猫とケンカするかも

家の中での兄弟猫とのケンカでは、猫なりの一定のルールがあって怪我をしない程度にやりあっています。そんな手加減しつつのケンカは見ていて微笑ましくもありますが、一歩外に出てよその猫とケンカする時には猫ルールがありません。噛みつく時は思いっきり噛みつきますし、引っ掻く時には凶器となる鋭い爪を出します。急所を狙って攻撃されるので、かなりの怪我を負うこともあるのです。目を引っ掻かれて失明した猫と泣いている飼い主を、動物病院で見たことがあります。

ノミやダニは100%つきます

外歩きする猫はほぼ100%の確率でノミやダニを持っています。猫についたノミが家の中で大量発生して大変なことになった、という話はよく聞きますね。猫につくダニは人間にも寄生して皮膚炎を引き起こすので厄介です。

感染症のリスクが高い

猫エイズや猫白血病など、命にかかわる病気に感染することがあります。エイズや白血病は交尾やケンカでの負傷などで猫同士感染します。人間には感染しませんが、多頭飼いの場合は外歩きしない猫にまで感染するので非常に危険です。

家に戻れなくなるかも

外の世界では猫の身に何が起きるかわかりません。繁殖期のオス猫に追いかけられたり、パニックになって逃げているうちに自分の家がわからなくなって帰れなくなるということもあります。猫には帰巣本能があると言われていますが、方向音痴の子は迷い猫になってしまうのです。

妊娠してしまうかも

避妊手術をしていないメス猫が外歩きすれば、飼い主が望んでいなくても妊娠してしまいます。去勢していないオス猫の場合は、よそ様の猫ちゃんを孕ませてしまうことでしょう。捨て猫や殺処分される可哀そうな子を作らないためにも、無責任なことをしてはいけません。

猫の放し飼いは近所迷惑

猫の放し飼いはご近所迷惑になり、たびたびニュースでも取り上げられています。

糞尿被害

室内飼いの猫は基本的に飼い主から与えられたペットフードだけを食べていますね。市販されているほとんどのペットフードには体臭や糞尿のニオイを軽減する成分が配合されていますから、おしっこもウンチも比較的臭くありません。しかし外歩きする猫は屋外でいろんなものを食べますから、室内飼いの猫とは比較にならないほど糞尿のニオイがキツイのです。放し飼いの猫はよそのお宅の玄関先や庭先にそのクサイ糞尿をし放題なので、かなりご近所に迷惑をかけています。

庭荒らし

野良猫に庭を荒らされたという話もよく聞きますが、犯人は野良猫だけではありません。首輪をしている放し飼いの猫が犯人の時もあるのです。庭木で爪を研いだり、花壇や畑などの土の柔らかいところに排泄したり、鉢を倒したり、植物を食べたり、あげくの果てにゲロまでしていきますから、ご近所迷惑の極みと言えるでしょう。

猫の放し飼いのメリット

わずかながら、猫が外歩きすることによるメリットもあります。

運度不足にならない

室内飼いの猫は運動不足になりやすいので、肥満傾向にあります。動物の肥満も人間の肥満と同じく健康に有害で、骨関節炎、糖尿病、高血圧、心臓病、呼吸器系の問題、靭帯損傷、腎臓病など、深刻な事態になりかねません。外歩きする猫は運動不足にならないので太り過ぎないということが、メリットと言えばメリットでしょう。

他の猫との交友がもてる

ひとり暮らしで帰宅の遅いOLが室内で猫を一匹だけ飼っている場合など、長時間一人ぼっちにされてしまう猫は毎日かなり寂しい思いをしていでしょう。そんな時でも屋外で他の猫たちと交友をもてるなら寂しくないので、放し飼いのメリットの一つと言えるかもしれません。

まとめ

いかがだったでしょうか?猫の放し飼いのメリットとデメリットの一部を挙げてみましたが、どう考えてもデメリットが大きすぎると思われたのではないでしょうか?猫を飼う人は、しっかり管理して近隣住民に迷惑をかけないようにしなければなりませんが、放し飼いでは外での行動を管理できません。ご近所迷惑も深刻ですが、何よりも家族の一員である猫ちゃんを大きな危険にさらすことはすべきではないでしょう。この記事がこれらの点を考えるきっかけになれば嬉しく思います。

楽天トラベル

ペットと泊まれる宿をお探しの方はこちら

楽天トラベル

外部サイトへ移動します

この記事のライター

関連するキーワード


放し飼い 室内飼い

関連する投稿


猫と犬を同時に飼う場合のトラブル回避!愛犬に猫を紹介する時の5つの鉄則

猫と犬を同時に飼う場合のトラブル回避!愛犬に猫を紹介する時の5つの鉄則

犬のいる家庭に猫を迎えるケースは、遠い過去にはあまり聞きなれなかったものの、最近では当たり前のようになってきましたね。初対面同士であることに加え、犬と猫は違う動物同士。「大丈夫かな?」と心配する方も多いでしょう。今回は愛犬に新しい猫を紹介する時のの5つの鉄則をご紹介します。


子猫を拾ったらすべき事。緊急時の対応など動物保護施設元職員が解説

子猫を拾ったらすべき事。緊急時の対応など動物保護施設元職員が解説

捨て猫や親とはぐれた子猫を見つけてしまったら、放って置けないですよね。母猫とはぐれた子猫は3月〜6月くらいに多くなりますが、秋生まれの子猫もいます。子猫は一人では生きていけません。保護したらまず何をすべきかをまとめました。


犬や猫の抜け毛、楽ちんキレイなお掃除のコツは?

犬や猫の抜け毛、楽ちんキレイなお掃除のコツは?

取っても取ってもきりがない!家の色んなところにくっついている犬や猫の抜け毛に困っていませんか?お掃除の時間が少しでも楽になるような方法はあるのでしょうか。


1匹と2匹、どちらが猫にとって幸せ?それぞれの特徴と注意点

1匹と2匹、どちらが猫にとって幸せ?それぞれの特徴と注意点

室内飼育で猫を飼う場合、2匹一緒だと大変?1匹だとかわいそう?猫にとってはどちらが幸せなのでしょうか。保護施設スタッフとして多頭飼育をしてきた経験の他、1匹から5匹までの猫と暮らした私が、それぞれの特徴や心構えをまとめました。


猫は人と暮らすことをどう思っているのか?5つの世説を検証

猫は人と暮らすことをどう思っているのか?5つの世説を検証

猫といえば、自由気ままの代名詞のような生き物。人に愛されようなんて思っていなければ、人に対して特別な愛情など持っていないのでは?・・と思われることも。本当のところはどう思っているのか、研究者の意見や研究結果をまとめました。


最新の投稿


猫と犬を同時に飼う場合のトラブル回避!愛犬に猫を紹介する時の5つの鉄則

猫と犬を同時に飼う場合のトラブル回避!愛犬に猫を紹介する時の5つの鉄則

犬のいる家庭に猫を迎えるケースは、遠い過去にはあまり聞きなれなかったものの、最近では当たり前のようになってきましたね。初対面同士であることに加え、犬と猫は違う動物同士。「大丈夫かな?」と心配する方も多いでしょう。今回は愛犬に新しい猫を紹介する時のの5つの鉄則をご紹介します。


日本におけるドッグセラピストの仕事内容・資格・就職先は?

日本におけるドッグセラピストの仕事内容・資格・就職先は?

セラピーとは治療という意味があります。では、ドッグセラピストってどんなお仕事でしょうか?まだあまり日本では聞き慣れない言葉ですが、傷ついたペットや飼い主さんの心を治療するとっても大事なお仕事なのです。将来、動物に関わるお仕事に就きたいという気持ちが少しでもある方は、こうした分野も知っておいて損はないでしょう。


初めての犬の多頭飼い・注意点やオススメの性別・犬種など

初めての犬の多頭飼い・注意点やオススメの性別・犬種など

犬好きの方なら、愛犬に囲まれた生活に憧れますよね。ただ、犬の多頭飼いって難しそう…と思ってなかなか踏み切れない人も多いと思います。この記事では、まだ多頭飼いをした事がないという飼い主さんの為に、実際に多頭飼いをする上での注意点や苦労などをまとめてみました。


子猫を拾ったらすべき事。緊急時の対応など動物保護施設元職員が解説

子猫を拾ったらすべき事。緊急時の対応など動物保護施設元職員が解説

捨て猫や親とはぐれた子猫を見つけてしまったら、放って置けないですよね。母猫とはぐれた子猫は3月〜6月くらいに多くなりますが、秋生まれの子猫もいます。子猫は一人では生きていけません。保護したらまず何をすべきかをまとめました。


国が違えば法律が違う。そんなバカな!アメリカのペットに関する奇妙な法律10

国が違えば法律が違う。そんなバカな!アメリカのペットに関する奇妙な法律10

普段あまり気にすることのない犬の法律。日本でも犬を健康に安全に飼うために、さまざまな法律が制定されていますよね。もちろん、世界の国々にもあるのですが、中には信じられないような法律も存在するんですよ。今回はアメリカに注目。犬や猫などのペットに関する奇妙な法律をご紹介しましょう。