猫は多頭飼いがいい?メリットとデメリットを比較して決定すること

猫は多頭飼いがいい?メリットとデメリットを比較して決定すること

猫を一匹飼って一緒に暮らし始めると、あまりにもかわいくてもっと猫が欲しくなるという方が多いと思います。猫が増えると幸せ感は倍増しますが、難しい問題も発生します。今回は猫の多頭飼いのメリットとデメリット、注意点などを考えましょう。


猫の多頭飼いのメリット

猫が複数匹で一緒にいることは、どんな点が良いのでしょうか?

猫に寂しい思いをさせない

飼い主が家を留守にしている時、猫がひとりぼっちでポツンとしているのはかわいそうですね。他にも猫がいれば一緒に遊んでいたり寄り添って寝ているので、寂しい思いをさせていないという安心感があります。

飼い主が癒される

猫は一匹でいても超かわいいのですが、猫同士でじゃれ合ったり、グルーミングし合ったり、重なって寝ていたりすると、見ていて悶えてしまうほどかわいいものです。そんな姿に飼い主が癒されて幸せを感じるのも多頭飼いの大きなメリットでしょう。

猫に社会性が身に着く

一匹飼いで溺愛されている猫はファラオのように振る舞いますが、複数の猫がいると猫なりの社会性を身に着けます。本来なら兄弟猫と過ごして覚えるようなケンカの手加減やちょっとした我慢などができるようになり、飼いやすくなる点もメリットでしょう。

猫の多頭飼いのデメリット

猫を複数匹一緒に飼うことには、どんな問題があるのでしょうか?

飼育費用がかさむ

猫の数が多くなれば、もちろん飼育費用がそれだけ多くかかることになります。毎日の食費だけでなく、健康管理のための定期的な健康診断、ワクチン接種、病気になった時の医療費が大きいです。旅行のためにペットホテルに預けるにしても、もしものためにペット保険に加入するにしても、一匹飼いの時より費用がかかることを忘れないようにしましょう。

世話の手間がかかる

シャンプーしたり、ブラッシングしたり、爪を切ったり、耳掃除をしたり、すべてのお手入れにかかる手間が猫の数だけ倍増します。一番大変なのは、毎日の猫トイレ掃除でしょう。一匹飼いの時は一日一度で済んでいたトイレ掃除も、何度か必要になります。猫が増えれば部屋も汚れるので、普通のお掃除も回数を増やさなければ今までと同じ清潔さを保てなくなります。

健康管理が難しい

猫の数が増えると、それぞれの猫がどのくらいごはんを食べたか管理しにくくなります。おしっこの回数も、便の状態も、どの子が排泄したものかわからなければ管理できません。食べたものを吐いた猫がいたとしても、その現場を目撃しなければだれが嘔吐したか不明なので体調悪化をまねくこともあります。

猫を多頭飼いするときに注意すべきこと

猫を増やすことによって難しい問題を生じさせないようにしなければなりません。

集合住宅や賃貸住宅のルールを守る

戸建てで持ち家の場合は問題ありませんが、マンションのような集合住宅の場合はペット可の物件でも飼育数に制限があるところが多くなっています。また、戸建てでも賃貸の場合にはオーナーがダメだと言えば多頭飼いができません。猫の数を増やす前にルールを確認したほうが良いでしょう。

去勢手術や避妊手術を受ける

一緒に暮らす猫が雄同士や雌同士だったとしても、去勢手術や避妊手術を受けさせることは重要です。気の荒い猫も手術後は性格が丸くなるので、共同生活に問題が起きにくくなります。

適切な広さが必要

狭い部屋で何匹もの猫を一緒に生活させると、ストレスを与えてしまうことになります。それぞれの猫がリラックスできる自分のスペースを持てるようにしてあげましょう。

トイレを増やす

猫が二匹くらいまでならトイレが一つでも大丈夫ですが、三匹以上になるならトイレを増やしてあげましょう。猫が並んで同時におしっこしている姿もかわいいのですが、ウンチの時は別々にしたいでしょうし、あまり仲が良くない子同士だと同じトイレを使いたくなくてお部屋に粗相してしまうこともあります。

食器を分ける

大きな器にフードをたくさん入れてみんなで食べさせることはやめましょう。強い子は食べ過ぎて太ってしまうし、弱い子は十分に食べられないということになりがちです。一匹ずつ器を分けて、食事量が一定になるようにしてください。

愛情を平等に与える

当然ですが、えこひいきは絶対にしてはいけません。子猫や老猫や病気の子に手がかかるのは当然ですが、みんな健康であれば平等に手をかけて愛してあげましょう。えこひいきされている猫がいると他の猫たちは敏感にその空気を感じ取るので、嫉妬からいじめられることもあります。

まとめ

いかがだったでしょうか?猫の多頭飼いをする方が増えていますが、メリットとデメリットをよく考えて何匹まで増やせるかを決定するようにしましょう。かわいそうな捨て猫を見かけたり、里親になるよう知り合いの方に頼まれたり、飼い猫の数を増やすきっかけはいろいろありますね。わたしは多頭飼い派なので猫に囲まれた生活が幸せですが、ご自身の経済力や猫にかけられる時間も冷静に考慮して、猫も飼い主さんも幸せに生活できることを優先するようおすすめします。

楽天トラベル

ペットと泊まれる宿をお探しの方はこちら

楽天トラベル

外部サイトへ移動します

この記事のライター

関連するキーワード


多頭飼い ペット可

関連する投稿


猫と犬を同時に飼う場合のトラブル回避!愛犬に猫を紹介する時の5つの鉄則

猫と犬を同時に飼う場合のトラブル回避!愛犬に猫を紹介する時の5つの鉄則

犬のいる家庭に猫を迎えるケースは、遠い過去にはあまり聞きなれなかったものの、最近では当たり前のようになってきましたね。初対面同士であることに加え、犬と猫は違う動物同士。「大丈夫かな?」と心配する方も多いでしょう。今回は愛犬に新しい猫を紹介する時のの5つの鉄則をご紹介します。


初めての犬の多頭飼い・注意点やオススメの性別・犬種など

初めての犬の多頭飼い・注意点やオススメの性別・犬種など

犬好きの方なら、愛犬に囲まれた生活に憧れますよね。ただ、犬の多頭飼いって難しそう…と思ってなかなか踏み切れない人も多いと思います。この記事では、まだ多頭飼いをした事がないという飼い主さんの為に、実際に多頭飼いをする上での注意点や苦労などをまとめてみました。


子猫を拾ったらすべき事。緊急時の対応など動物保護施設元職員が解説

子猫を拾ったらすべき事。緊急時の対応など動物保護施設元職員が解説

捨て猫や親とはぐれた子猫を見つけてしまったら、放って置けないですよね。母猫とはぐれた子猫は3月〜6月くらいに多くなりますが、秋生まれの子猫もいます。子猫は一人では生きていけません。保護したらまず何をすべきかをまとめました。


犬や猫の抜け毛、楽ちんキレイなお掃除のコツは?

犬や猫の抜け毛、楽ちんキレイなお掃除のコツは?

取っても取ってもきりがない!家の色んなところにくっついている犬や猫の抜け毛に困っていませんか?お掃除の時間が少しでも楽になるような方法はあるのでしょうか。


1匹と2匹、どちらが猫にとって幸せ?それぞれの特徴と注意点

1匹と2匹、どちらが猫にとって幸せ?それぞれの特徴と注意点

室内飼育で猫を飼う場合、2匹一緒だと大変?1匹だとかわいそう?猫にとってはどちらが幸せなのでしょうか。保護施設スタッフとして多頭飼育をしてきた経験の他、1匹から5匹までの猫と暮らした私が、それぞれの特徴や心構えをまとめました。


最新の投稿


猫と犬を同時に飼う場合のトラブル回避!愛犬に猫を紹介する時の5つの鉄則

猫と犬を同時に飼う場合のトラブル回避!愛犬に猫を紹介する時の5つの鉄則

犬のいる家庭に猫を迎えるケースは、遠い過去にはあまり聞きなれなかったものの、最近では当たり前のようになってきましたね。初対面同士であることに加え、犬と猫は違う動物同士。「大丈夫かな?」と心配する方も多いでしょう。今回は愛犬に新しい猫を紹介する時のの5つの鉄則をご紹介します。


日本におけるドッグセラピストの仕事内容・資格・就職先は?

日本におけるドッグセラピストの仕事内容・資格・就職先は?

セラピーとは治療という意味があります。では、ドッグセラピストってどんなお仕事でしょうか?まだあまり日本では聞き慣れない言葉ですが、傷ついたペットや飼い主さんの心を治療するとっても大事なお仕事なのです。将来、動物に関わるお仕事に就きたいという気持ちが少しでもある方は、こうした分野も知っておいて損はないでしょう。


初めての犬の多頭飼い・注意点やオススメの性別・犬種など

初めての犬の多頭飼い・注意点やオススメの性別・犬種など

犬好きの方なら、愛犬に囲まれた生活に憧れますよね。ただ、犬の多頭飼いって難しそう…と思ってなかなか踏み切れない人も多いと思います。この記事では、まだ多頭飼いをした事がないという飼い主さんの為に、実際に多頭飼いをする上での注意点や苦労などをまとめてみました。


子猫を拾ったらすべき事。緊急時の対応など動物保護施設元職員が解説

子猫を拾ったらすべき事。緊急時の対応など動物保護施設元職員が解説

捨て猫や親とはぐれた子猫を見つけてしまったら、放って置けないですよね。母猫とはぐれた子猫は3月〜6月くらいに多くなりますが、秋生まれの子猫もいます。子猫は一人では生きていけません。保護したらまず何をすべきかをまとめました。


国が違えば法律が違う。そんなバカな!アメリカのペットに関する奇妙な法律10

国が違えば法律が違う。そんなバカな!アメリカのペットに関する奇妙な法律10

普段あまり気にすることのない犬の法律。日本でも犬を健康に安全に飼うために、さまざまな法律が制定されていますよね。もちろん、世界の国々にもあるのですが、中には信じられないような法律も存在するんですよ。今回はアメリカに注目。犬や猫などのペットに関する奇妙な法律をご紹介しましょう。