猫が家出しても慌てないで!経験者が上手な探し方を伝授します

猫が家出しても慌てないで!経験者が上手な探し方を伝授します

かわいがっている飼い猫でも家出してしまうことがあります。もし猫が家出したら、事故などに遭う前に一刻も早く見つけ出してあげなければいけません。今回は家出した猫の探し方と、猫が帰ってきた時にしなければならないことを考えましょう。


猫が家出した直後

猫が家出してしまった直後には、飼い主さんは何をすべきでしょうか?

まず落ち着く

まず飼い主さんは落ち着いて、冷静にならなくてはいけません。猫が家出した直後に最悪のことを考えるのは早すぎます。猫は用心深い動物ですから、完全室内飼いで外に慣れていない猫には急に遠くに行く勇気はありません。まだ家の近くにいて見つかる可能性が高いので大丈夫です。

玄関と窓を開けておく

猫としては、ちょっと外に出てみたかっただけなのかもしれません。そんな時は、出て行ったところから戻ってくることがあります。玄関と窓を開けておいて、猫がいつでも帰って来られるようにしておきましょう。うちの猫の場合も、窓から出て行った子は窓から、ベランダから出て行った子はベランダから、玄関から出て行った子は玄関から帰ってきました。

家の近くを探す

家出した直後の猫は、家のすぐ近くにいることがとても多いです。敷地内にいたり、お隣の庭にいたりします。大きな声を出したり追いかけたりしないで、やさしく声をかけながら近づいてみましょう。意外と簡単に捕まえられます。もしお腹が空いている状態ならしめたものです。大好きなおやつや食器を見せて猫の名前を呼ぶだけで戻ってくることもあります。

猫が家出した翌日

猫が家出して一晩帰ってこなかったら心配ですね。本格的に猫探しを始めてください。

ご近所に声をかける

ご近所のお宅を訪ねて「猫が前日に家出したので見かけたら知らせてください」とお願いしましょう。完全室内飼いの猫であればご近所さんでも猫の姿を見たことがないでしょうから、家出した猫の写真に名前と特徴を書き添えてお渡しした方が良いと思います。もちろん、見つけていただいた時は菓子折などを持ってお礼に伺いましょう。

自宅から半径500mを探す

猫が家出した翌日には、家から少し離れたところまで行っているかもしれません。自宅から半径300m程度をよく探し、それでも見つからなければ半径500m程度まで探してください。広い範囲を探すよりも、家と家の間や車の下などの狭い空間をしっかり探した方が効果的です。

ごはんを玄関先に置く

家出した猫がいつも食べているごはんを、玄関先に少量置いておきましょう。出しておいたごはんを食べた形跡があれば、家出した猫が戻ってきていて近くにいるかもしれません。またお腹が空いた時に玄関に食べにくるかもしれないので、待ち伏せして捕まえることもできます。もちろんよその猫が来て食べた可能性もありますが、家出した猫が来て食べた可能性にかけましょう。

猫が家出した三日後

室内飼いの猫が三日も帰って来ないのは、帰る気が全くないか、帰れない状態なのかもしれません。何かしらの事故に遭った可能性もあります。

チラシを作る

家出した猫の写真を大きく引き伸ばして印刷し、迷い猫を探している旨のチラシを作りましょう。電信柱に貼ることは違法ですが、スーパーマーケットにお願いして入口に貼っていただいたり、町内会にお願いして掲示板に貼っていただくことができます。

警察に知らせる

地元の警察に届けましょう。警察では探してくれませんが、何か情報が入った時に知らせてくれます。

保健所と動物愛護センターに問い合わせる

迷い猫として保護されている可能性もあります。保健所と動物愛護センターに電話で問い合わせてみましょう。

自宅から半径1kmを探す

家から半径1kmというと、かなり広範囲になります。一人ではとても無理ですから、ご家族はもちろん、手伝ってくれそうなお友だちにもお願いして家出した猫を見つけましょう。

猫が無事に帰ってきたら

家出した猫が帰ってきた時に飼い主さんがしなければならないことがあります。

家出した猫が帰ってきた時に飼い主さんがしなければならないことがあります。

怪我していないか全身をチェック

家出猫が帰ってきて一安心。でも、もしかしたら外で怪我をしてしまったかもしれません。骨折でもしていたら、いつも通りに抱っこして悪化させることもあります。まずは猫の全身をチェックして、怪我がないか調べましょう。

シャンプーする

家の外ではどんな汚い場所を通ったかわかりませんし、ノミやダニをつけて帰ってきたかもしれません。怪我がなかったらすぐにシャンプーしてあげてください。

ごはんを食べさせる

室内飼いの猫が家出していた間は、何も食べていないのが普通です。消化の良いごはんと新鮮な水をあげてください。お腹ペコペコでも大量に食べると吐いてしまいますから、いつもより少なめの量で様子をみましょう。

ゆっくり休ませる

慣れない外の世界で緊張していた猫は、心身ともにクタクタです。ごはんの後はゆっくり休ませてあげましょう。

まとめ

いかがだったでしょうか?猫は家出しても、意外とすぐに帰ってきたり見つかったりするものですが、数日たっても戻ってこないこともあります。やっと見つかった猫を見て安心すると、家出してこんなに心配させたことを叱りたくなるかもしれませんね。でもそこはじっと我慢して、無事に帰ってきてくれたことを褒めてください。もしあなたの猫ちゃんが家出してしまった時には、この記事を思い出していただけたら幸いです。

楽天トラベル

ペットと泊まれる宿をお探しの方はこちら

楽天トラベル

外部サイトへ移動します

この記事のライター

関連するキーワード


家出 脱走

関連する投稿


猫と犬を同時に飼う場合のトラブル回避!愛犬に猫を紹介する時の5つの鉄則

猫と犬を同時に飼う場合のトラブル回避!愛犬に猫を紹介する時の5つの鉄則

犬のいる家庭に猫を迎えるケースは、遠い過去にはあまり聞きなれなかったものの、最近では当たり前のようになってきましたね。初対面同士であることに加え、犬と猫は違う動物同士。「大丈夫かな?」と心配する方も多いでしょう。今回は愛犬に新しい猫を紹介する時のの5つの鉄則をご紹介します。


子猫を拾ったらすべき事。緊急時の対応など動物保護施設元職員が解説

子猫を拾ったらすべき事。緊急時の対応など動物保護施設元職員が解説

捨て猫や親とはぐれた子猫を見つけてしまったら、放って置けないですよね。母猫とはぐれた子猫は3月〜6月くらいに多くなりますが、秋生まれの子猫もいます。子猫は一人では生きていけません。保護したらまず何をすべきかをまとめました。


犬や猫の抜け毛、楽ちんキレイなお掃除のコツは?

犬や猫の抜け毛、楽ちんキレイなお掃除のコツは?

取っても取ってもきりがない!家の色んなところにくっついている犬や猫の抜け毛に困っていませんか?お掃除の時間が少しでも楽になるような方法はあるのでしょうか。


1匹と2匹、どちらが猫にとって幸せ?それぞれの特徴と注意点

1匹と2匹、どちらが猫にとって幸せ?それぞれの特徴と注意点

室内飼育で猫を飼う場合、2匹一緒だと大変?1匹だとかわいそう?猫にとってはどちらが幸せなのでしょうか。保護施設スタッフとして多頭飼育をしてきた経験の他、1匹から5匹までの猫と暮らした私が、それぞれの特徴や心構えをまとめました。


猫は人と暮らすことをどう思っているのか?5つの世説を検証

猫は人と暮らすことをどう思っているのか?5つの世説を検証

猫といえば、自由気ままの代名詞のような生き物。人に愛されようなんて思っていなければ、人に対して特別な愛情など持っていないのでは?・・と思われることも。本当のところはどう思っているのか、研究者の意見や研究結果をまとめました。


最新の投稿


猫と犬を同時に飼う場合のトラブル回避!愛犬に猫を紹介する時の5つの鉄則

猫と犬を同時に飼う場合のトラブル回避!愛犬に猫を紹介する時の5つの鉄則

犬のいる家庭に猫を迎えるケースは、遠い過去にはあまり聞きなれなかったものの、最近では当たり前のようになってきましたね。初対面同士であることに加え、犬と猫は違う動物同士。「大丈夫かな?」と心配する方も多いでしょう。今回は愛犬に新しい猫を紹介する時のの5つの鉄則をご紹介します。


日本におけるドッグセラピストの仕事内容・資格・就職先は?

日本におけるドッグセラピストの仕事内容・資格・就職先は?

セラピーとは治療という意味があります。では、ドッグセラピストってどんなお仕事でしょうか?まだあまり日本では聞き慣れない言葉ですが、傷ついたペットや飼い主さんの心を治療するとっても大事なお仕事なのです。将来、動物に関わるお仕事に就きたいという気持ちが少しでもある方は、こうした分野も知っておいて損はないでしょう。


初めての犬の多頭飼い・注意点やオススメの性別・犬種など

初めての犬の多頭飼い・注意点やオススメの性別・犬種など

犬好きの方なら、愛犬に囲まれた生活に憧れますよね。ただ、犬の多頭飼いって難しそう…と思ってなかなか踏み切れない人も多いと思います。この記事では、まだ多頭飼いをした事がないという飼い主さんの為に、実際に多頭飼いをする上での注意点や苦労などをまとめてみました。


子猫を拾ったらすべき事。緊急時の対応など動物保護施設元職員が解説

子猫を拾ったらすべき事。緊急時の対応など動物保護施設元職員が解説

捨て猫や親とはぐれた子猫を見つけてしまったら、放って置けないですよね。母猫とはぐれた子猫は3月〜6月くらいに多くなりますが、秋生まれの子猫もいます。子猫は一人では生きていけません。保護したらまず何をすべきかをまとめました。


国が違えば法律が違う。そんなバカな!アメリカのペットに関する奇妙な法律10

国が違えば法律が違う。そんなバカな!アメリカのペットに関する奇妙な法律10

普段あまり気にすることのない犬の法律。日本でも犬を健康に安全に飼うために、さまざまな法律が制定されていますよね。もちろん、世界の国々にもあるのですが、中には信じられないような法律も存在するんですよ。今回はアメリカに注目。犬や猫などのペットに関する奇妙な法律をご紹介しましょう。