介護中の老犬をシャンプーするには?ポイントをトリマーが解説。

介護中の老犬をシャンプーするには?ポイントをトリマーが解説。

忍び寄る老い。介護中の老犬でもシャンプーをしなければ汚れていきます。いつも通りのやり方を少し変えて、なるべく負担の少ない方法で洗ってあげましょう。ポイントをトリマーが解説します。


介護が必要な老犬のシャンプー

寝たきりではないけど、足取りがおぼつかない…痴呆症のような症状がみられる…目が見えなくなってきた…介護が必要な老犬でも、お手入れをしなければ汚れていきます。

汚れてきたからと、いつも通りのやり方でシャンプーしていませんか?犬にとってシャンプーは負担がかかるもの。ましてや、それが老犬ならなおさらです。

愛犬の「老い」は確実に忍び寄ってきています。なので、いつもとやり方を変えて、なるべく負担の少ない方法で洗ってあげましょう。洗い方のポイントを解説します。

老犬のシャンプーで用意するもの

リンスインシャンプー

老犬を洗うポイントは「手早く」すること。洗う手間を省くために、1回で終わらせることのできるリンスインシャンプーがおすすめです。

バスマットorバスタオル

おふろ場のタイルは、足腰の弱った老犬にとって危険な場所です。足を滑らせて関節を痛める可能性もあるので、滑りにくい素材のバスマットを用意してください。バスタオルで代用しても構いません。

ドライヤー

できれば、風量の強いドライヤーを用意しましょう。家庭用のドライヤーで乾かすと時間がかかり、犬に負担をかけてしまいます。

吸水タオル

水分を素早く吸収するタオルです。大きめのものを用意しましょう。

バスタオル

吸水タオルだけでは取りきれない水分をふき取ったり、体を保温したりするために使います。

スリッカーブラシ

くの字に曲がったハリガネがついた長方形の犬用ブラシです。

シャンプーの前に準備しておくこと

介護が必要な老犬は、持病を持っていたり、動物病院に通院していたりすることが多いと思います。心臓が悪い犬を自宅で洗うと、病気を悪化させてしまうこともあります。シャンプーをする前は必ず、かかりつけの獣医さんに確認を取りましょう。

獣医さんからOKが出たら、まずはブラッシングから始めて下さい。いきなり洗ってしまうと、抜け毛が邪魔をして洗いにくくなるばかりか、時間がかかりすぎて犬に負担をかけてしまいます。抜け毛が多いようなら、ブラッシングをする日と洗う日を分けても構いません。

作業を始める前に

老犬を洗う日は、なるべく温かい日を選びましょう。また、一人で洗うのではなく、誰かに協力してもらい、二人一組で行ってください。

そして、場所や道具を準備しておくことも大切です。お風呂場には滑り止めのバスマットを敷き、タオルを準備します。また、ドライヤーはコンセントにつないだ状態でおいておきます。洗ったあとに犬を乾かす部屋を温かくしておきましょう。

シャンプー中に気をつけること

犬がふらつかないように、体を支えながら洗いましょう。シャワーヘッド部分を犬の体に密着させると、お湯を地肌まで素早く浸透させることができます。

上半身を洗っているときは、安定させるために犬を座らせても構いません。お湯の温度は「あつすぎず・ぬるすぎず」を意識してください。犬が下を出して「ハァハァ」するようなら温度を下げ、逆に口を閉じて震えるようなら温度を上げましょう。

老犬を洗うコツは完璧を目指さないことです。汚れやすいお尻周りやお腹など、ポイントを押さえて洗い、なるべく1回で終わらせてあげましょう。

また、体が衰えた老犬は、口に水が入っても咳をして出せないことがあります。頭は洗わずにおいておくか、口や鼻周りを避けて洗ってください。

乾かすときのポイント

洗い終わったら、吸水性の高いタオルでしっかり体の水分をふき取ります。乾かす前にどれだけ水分をとれるかで、ドライヤーの時間が変わります。とくに老犬は乾かす時間を短縮したいので、しつこいぐらいに水分をふき取ってください。

水気がなくなったら、バスタオルで残りの水分をふき取り、ドライヤーを使って乾かします。犬の体を支える人と、ドライヤーで乾かす人に分かれて作業するとスムーズです。

ドライヤーの風が当たっている部分をスリッカーブラシでブラッシングしながら乾かします。まずは、内臓のあるお腹や胸から乾かしましょう。やりにくければ寝かせて乾かしても構いません。

胴体を乾かしているときは、ドライヤーが当たっていないところに乾いたバスタオルをかけておくと体を冷やさずにすみます。

寝たきりで介護している老犬は?

寝たきりの老犬を洗うのは大変です。また、全身を洗うとなるとかなりの負担をかけてしまいます。でも、いかんせん排泄物で汚れやすいのが気になるところ。犬に負担をかけずに汚れをきれいにする方法をご紹介します。

ドライシャンプー

寝たきりで介護中の老犬には、水を使わないドライシャンプーを使いましょう。粉タイプと泡タイプの2種類があります。排泄物を濡れタオルでふき取ったあとに使うと効果的です。

使い方はどちらも同じで、適量を犬の体につけたあとにブラッシングして汚れを取り除きます。体に残った余分なシャンプーは、お手入れの最後にタオルでふき取りましょう。

部分浴

ウンチやおしっこで汚れてしまったら、お尻周りだけを洗う部分浴がおすすめです。犬の体が濡れないように、傾斜をつけたスノコの上に犬を寝かせて洗います。

尻尾は乾かすのに時間がかかります。とくに汚れていなければ、水に濡らさないように手で持っておきましょう。

老犬のシャンプーのポイントまとめ

老犬のシャンプーのポイントをまとめます。

・持病のある犬は獣医に確認する
・二人一組で手早く行う
・ブラッシングをしておく
・バスマットを敷く
・しっかり水分をとる

老犬を手早く洗うには、事前の準備が大切です。あらかじめお尻周りの毛を短く刈っておくと、排泄物がつきにくくなってシャンプーもスムーズに行えますよ。

楽天トラベル

ペットと泊まれる宿をお探しの方はこちら

楽天トラベル

外部サイトへ移動します

この記事のライター

関連するキーワード


介護 シャンプー

関連する投稿


猫と犬を同時に飼う場合のトラブル回避!愛犬に猫を紹介する時の5つの鉄則

猫と犬を同時に飼う場合のトラブル回避!愛犬に猫を紹介する時の5つの鉄則

犬のいる家庭に猫を迎えるケースは、遠い過去にはあまり聞きなれなかったものの、最近では当たり前のようになってきましたね。初対面同士であることに加え、犬と猫は違う動物同士。「大丈夫かな?」と心配する方も多いでしょう。今回は愛犬に新しい猫を紹介する時のの5つの鉄則をご紹介します。


犬や猫の抜け毛、楽ちんキレイなお掃除のコツは?

犬や猫の抜け毛、楽ちんキレイなお掃除のコツは?

取っても取ってもきりがない!家の色んなところにくっついている犬や猫の抜け毛に困っていませんか?お掃除の時間が少しでも楽になるような方法はあるのでしょうか。


愛犬をお風呂に入れよう。気持ちいい!清潔にして愛犬の健康を保つコツ♪

愛犬をお風呂に入れよう。気持ちいい!清潔にして愛犬の健康を保つコツ♪

犬を飼い始めで心配になることの一つに『お風呂』があります。大事な愛犬のお風呂、温度や入れ方など体の負担も考えながら上手に入れてあげたいですよね。清潔にすることは大事なことですが、注意することもたくさんあります。犬のお風呂と健康を保つコツをご紹介します。


ペットがいる飼い主への影響。犬への愛情がヒトの健康を左右する!

ペットがいる飼い主への影響。犬への愛情がヒトの健康を左右する!

ここ最近の日本は、猫ブームと言われ、猫派の人が増えているようです。もちろん単純に猫が好きという人も多いですが、「犬も猫もどちらも好きだけど、犬は散歩しないといけないから・・・」という人も多いのではないでしょうか。ちょっと待ってください。その散歩、実は私たちに大きなメリットになってるんですよ。


名前をつける時の参考に!犬の名前はみんなどうやって付けてるの?

名前をつける時の参考に!犬の名前はみんなどうやって付けてるの?

新しく家族の一員となるペットのための名前、せっかくだから気に入ったものをつけたいですよね。みんなどうやって名前を付けているのか、どんな名前がはやっているのかまとめましたので、ご紹介いたします!


最新の投稿


猫と犬を同時に飼う場合のトラブル回避!愛犬に猫を紹介する時の5つの鉄則

猫と犬を同時に飼う場合のトラブル回避!愛犬に猫を紹介する時の5つの鉄則

犬のいる家庭に猫を迎えるケースは、遠い過去にはあまり聞きなれなかったものの、最近では当たり前のようになってきましたね。初対面同士であることに加え、犬と猫は違う動物同士。「大丈夫かな?」と心配する方も多いでしょう。今回は愛犬に新しい猫を紹介する時のの5つの鉄則をご紹介します。


日本におけるドッグセラピストの仕事内容・資格・就職先は?

日本におけるドッグセラピストの仕事内容・資格・就職先は?

セラピーとは治療という意味があります。では、ドッグセラピストってどんなお仕事でしょうか?まだあまり日本では聞き慣れない言葉ですが、傷ついたペットや飼い主さんの心を治療するとっても大事なお仕事なのです。将来、動物に関わるお仕事に就きたいという気持ちが少しでもある方は、こうした分野も知っておいて損はないでしょう。


初めての犬の多頭飼い・注意点やオススメの性別・犬種など

初めての犬の多頭飼い・注意点やオススメの性別・犬種など

犬好きの方なら、愛犬に囲まれた生活に憧れますよね。ただ、犬の多頭飼いって難しそう…と思ってなかなか踏み切れない人も多いと思います。この記事では、まだ多頭飼いをした事がないという飼い主さんの為に、実際に多頭飼いをする上での注意点や苦労などをまとめてみました。


子猫を拾ったらすべき事。緊急時の対応など動物保護施設元職員が解説

子猫を拾ったらすべき事。緊急時の対応など動物保護施設元職員が解説

捨て猫や親とはぐれた子猫を見つけてしまったら、放って置けないですよね。母猫とはぐれた子猫は3月〜6月くらいに多くなりますが、秋生まれの子猫もいます。子猫は一人では生きていけません。保護したらまず何をすべきかをまとめました。


国が違えば法律が違う。そんなバカな!アメリカのペットに関する奇妙な法律10

国が違えば法律が違う。そんなバカな!アメリカのペットに関する奇妙な法律10

普段あまり気にすることのない犬の法律。日本でも犬を健康に安全に飼うために、さまざまな法律が制定されていますよね。もちろん、世界の国々にもあるのですが、中には信じられないような法律も存在するんですよ。今回はアメリカに注目。犬や猫などのペットに関する奇妙な法律をご紹介しましょう。