犬だって寒い!?犬の寒さ対策

犬だって寒い!?犬の寒さ対策

犬も私たちと同じように寒さを感じているのでしょうか?寒い季節になると、愛犬が寒くないか気になってしまうものです。愛犬のために暖房をいれるべきなのか、散歩の時は服をきせるべきなのか迷ってしまいますよね。ここでは、犬の寒さの感じ方と、寒さ対策について紹介します。


犬も寒さを感じているの?

私たち人間が寒さを感じるように、犬も寒さを感じています。
犬は私たちよりも地面に近い位置で生活しており、お腹の毛も全身の他の部位と比べて少ないことから、体の下側の寒さを感じやすくなっています。
愛犬の実際の体感温度を知るには、愛犬の体の高さの位置に温度計を取り付けて温度をチェックしたり、愛犬と同じ高さにしゃがんで、風の具合などを確認してみると良いでしょう。
犬が快適に過ごせる室温は20度前後と言われています。
少し寒い場合には、毛布などで暖かく過ごせるようにしてあげたいですよね。
その際には、上から掛けるよりも、冷えやすいお腹の下に敷いてあげると良いでしょう。愛犬専用のベッドに寝ている場合には上から掛けてあげると良いですね。
また、室内犬の場合には湿度にも気をつけてあげましょう。室内が乾燥していると、鼻やのどの粘膜が乾いて、細菌やウイルスに感染しやすくなります。
室内の湿度は40~60%程度に保ってあげましょう。

寒さの感じ方は犬種によって様々

寒さの感じ方は犬種によって異なります。
南国原産の被毛の薄い犬種と、北国原産の厚い被毛に覆われた犬種では、寒さの感じ方が違うのは当然ですよね。
一般的に寒さに弱いのは
・小型犬
・子犬、老犬
・南国原産の犬
・チワワなど耳の大きい犬(放熱しやすいため)
・被毛がシングルコートの犬
などがあげられます。
特に小型犬は、地面からの位置が低いため、冷えを感じやすくなっています。体も小さく、体温を保ちづらいのも寒さに弱い原因です。
ペットとして人気の高い、小型犬のチワワも、とても寒がりの犬種になるので飼い主さんは気をつけてあげたいですね。

犬が寒がっている様子は?

愛犬が果たして寒いと感じているのかどうかわからないという場合には、愛犬の様子をよく観察してみましょう。犬にも寒い時のサインがあります。
例えば、体が震えていたり、小さくなっていたりするのは人間と同じでわかりやすいサインですよね。この他にも、寝床から出てこない、散歩を嫌がるといった様子があれば、それは寒さのせいかもしれません。
寒さのせいで下痢になる犬もいるので、便の状態も日頃からよく観察しておきましょう。
逆に、暑い時には舌を出してハァハァしてることが多いので、室温が高くなりすぎていないかも気をつけてあげましょう。

冬場のお手入れの注意点

寒い時期の愛犬のお手入れはどうしていますか?
体を清潔に保つためにも、定期的なシャンプーは冬場でも必要です。
ただし、洗ったあとは、すぐにドライヤーで全体を乾かしてあげるようにしましょう。
夏場のように洗いっぱなしや、半乾きの状態にしていると体が冷えてしまいます。乾かすときには、お腹の方から乾かしてあげると良いでしょう。
また、ブラッシングもできるだけ毎日行うようにしましょう。
冬になると、犬の被毛は密になり絡まりやすくなります。
毎日ブラッシングすることで血行も良くなりますし、毛の中に空気が入り、ふっくらとして保温効果も高まります。
散歩のあとなど、毎日の日課にすると良いですね。

冬場の散歩は必要?

寒い冬の時期は、散歩に行きたがらない犬もいるでしょう。
私たち飼い主の方も寒いので、ついついさぼりがちになってしまうかもしれません。
しかし、家の中ばかりいて運動不足になってしまっては愛犬の健康によくないですよね。
運動不足になると筋肉が落ちてしまい、新陳代謝が落ちるため、よけいに寒さを感じやすくなってしまいます。
冬場も適度な運動をすることで、筋肉がつくられ、代謝もあがり、寒さにも強くなってきます。
できるだけ毎日散歩に連れ出し、公園を走って遊ばせたりして、愛犬に積極的に運動をさせるようにしましょう。
どうしても寒くて散歩を嫌がったり、ブルブル震えている子には、犬用の洋服を着せてみましょう。犬用の洋服は見た目が可愛いだけでなく、愛犬を寒さから守ってくれます。
最近では本当に様々な犬の洋服が販売されていますよね。あまりにも種類が多いので迷ってしまいますが、選ぶ際には実用面を考えるようにしましょう。
実用的な服とは、愛犬の動きを邪魔しないようなタイプの服です。
ウール素材やフリースなど、一枚着せるだけで暖かく感じられるようなものが良いでしょう。冷えやすいお腹周りまでカバーしてくれるものが良いですね。
ただし、洋服を着せるのは散歩の時だけにし、室内では着せないようにしましょう。
犬にとって洋服は少なからず動きづらく感じるものですし、普段から洋服を着ていると、寒さに弱くなってしまいます。

まとめ

いかがでしたか?
犬も人間と同じように寒さを感じています。
日頃から愛犬の様子をよく観察し、寒そうなそぶりが見られたら対策をとってあげましょう。愛犬が毎日快適に暮らせる環境を整えて、気持ちよく過ごさせてあげたいものですね。

楽天トラベル

ペットと泊まれる宿をお探しの方はこちら

楽天トラベル

外部サイトへ移動します

この記事のライター

関連するキーワード


寒さ対策

関連する投稿


嗅覚は人の1000倍以上!犬の五感で見る犬の不思議世界とは?

嗅覚は人の1000倍以上!犬の五感で見る犬の不思議世界とは?

犬が見る世界って一体どんな感じなんだろう?犬の住む世界。実は人間の住む世界とはかなり違うんですよ。今回は、犬の五感で見る犬の世界をご紹介したいと思います。


猫と犬を同時に飼う場合のトラブル回避!愛犬に猫を紹介する時の5つの鉄則

猫と犬を同時に飼う場合のトラブル回避!愛犬に猫を紹介する時の5つの鉄則

犬のいる家庭に猫を迎えるケースは、遠い過去にはあまり聞きなれなかったものの、最近では当たり前のようになってきましたね。初対面同士であることに加え、犬と猫は違う動物同士。「大丈夫かな?」と心配する方も多いでしょう。今回は愛犬に新しい猫を紹介する時のの5つの鉄則をご紹介します。


犬や猫の抜け毛、楽ちんキレイなお掃除のコツは?

犬や猫の抜け毛、楽ちんキレイなお掃除のコツは?

取っても取ってもきりがない!家の色んなところにくっついている犬や猫の抜け毛に困っていませんか?お掃除の時間が少しでも楽になるような方法はあるのでしょうか。


愛犬をお風呂に入れよう。気持ちいい!清潔にして愛犬の健康を保つコツ♪

愛犬をお風呂に入れよう。気持ちいい!清潔にして愛犬の健康を保つコツ♪

犬を飼い始めで心配になることの一つに『お風呂』があります。大事な愛犬のお風呂、温度や入れ方など体の負担も考えながら上手に入れてあげたいですよね。清潔にすることは大事なことですが、注意することもたくさんあります。犬のお風呂と健康を保つコツをご紹介します。


ペットがいる飼い主への影響。犬への愛情がヒトの健康を左右する!

ペットがいる飼い主への影響。犬への愛情がヒトの健康を左右する!

ここ最近の日本は、猫ブームと言われ、猫派の人が増えているようです。もちろん単純に猫が好きという人も多いですが、「犬も猫もどちらも好きだけど、犬は散歩しないといけないから・・・」という人も多いのではないでしょうか。ちょっと待ってください。その散歩、実は私たちに大きなメリットになってるんですよ。


最新の投稿


「ペットロス症候群」 その症状と心に開いた空洞の埋め方

「ペットロス症候群」 その症状と心に開いた空洞の埋め方

長い間一緒に暮らしていたペットが亡くなってしまった時、心に大きな空洞ができたように感じてしまうことがあります。 ペットを失うこととは一体どうことなのか?飼い主さんが直面する心の病気「ペットロス症候群」についてご紹介したいと思います。


嗅覚は人の1000倍以上!犬の五感で見る犬の不思議世界とは?

嗅覚は人の1000倍以上!犬の五感で見る犬の不思議世界とは?

犬が見る世界って一体どんな感じなんだろう?犬の住む世界。実は人間の住む世界とはかなり違うんですよ。今回は、犬の五感で見る犬の世界をご紹介したいと思います。


猫の習性は独特!喉鳴らし、フレーメン反応、猫パンチの意味

猫の習性は独特!喉鳴らし、フレーメン反応、猫パンチの意味

動物がある特定の状況や環境になると決まった行動パターンをとることを「習性」といいます。猫には独特の習性がありますので、それを知っていると猫と一緒に暮らす楽しさが倍増するでしょぅ。初めて猫を飼う方は特に、猫の行動パターンとその意味をよく理解しておきましょう。今回は猫特有の習性について取り上げてみます。


猫のオスとメス、初めての人が飼いやすい性別はどっち?

猫のオスとメス、初めての人が飼いやすい性別はどっち?

猫の里親さんを探す保護施設で仕事をしていましたが、里親を希望する人では、オスとメスにこだわらない方が多いですが、初めて猫を飼う方では、飼いやすいと聞くから、とメスを希望される方が圧倒的に多かったです。本当にメスの方が飼いやすいのでしょうか。オス猫とメス猫の違いをまとめました。


猫と犬を同時に飼う場合のトラブル回避!愛犬に猫を紹介する時の5つの鉄則

猫と犬を同時に飼う場合のトラブル回避!愛犬に猫を紹介する時の5つの鉄則

犬のいる家庭に猫を迎えるケースは、遠い過去にはあまり聞きなれなかったものの、最近では当たり前のようになってきましたね。初対面同士であることに加え、犬と猫は違う動物同士。「大丈夫かな?」と心配する方も多いでしょう。今回は愛犬に新しい猫を紹介する時のの5つの鉄則をご紹介します。