愛犬を守るための地震対策!準備リストや避難の方法について

愛犬を守るための地震対策!準備リストや避難の方法について

災害はある日突然やってきます。そんなときに、人が被災した時の支援は整っていても動物の保護は後回しになります。被災したときも愛犬が生き延びられるよう、今から用意しておきたい地震対策をご紹介いたします。


地震などの災害時に起こる愛犬トラブル

まずは非常時に最低限用意しておきたいアイテムをご紹介します。実際に災害が起きてからでは、荷物をまとめる時間がなく着の身着のまま逃げ出すことになってしまいます。

飼い主さん自身も愛犬にとっても、地震などの災害に関する備えをしておくことで、生き延びられる可能性は高くなります。非常時に使うものは一つのリュックに入れて、玄関などわかりやすい場所に置いておきましょう。

愛犬が震災に見舞われた時は次のようなトラブルが起こることが多いです。

迷子

愛犬が突然の地震に見舞われると、その振動に驚いて飛び出していってしまうこともあります。また、飼い主さんが外へ逃げようととっさに玄関を開け放ってしまい、そこから愛犬が逃げ出すケースも。

すぐに愛犬が見つければいいですが、そのままほかの建物の下敷きになってしまったり、車から轢かれてしまったりという事故も少なくありません。また、生きながらえても首輪や迷子札がついていない愛犬だと、発見されてもどこのペットなのかわからずに、結局飼い主さんと再会できないかもしれません。

飼い主のケガや死亡

とても悲しいことですが、愛犬が無事生き延びても飼い主さんが大ケガを負ったり、命を落としたりする可能性もゼロではありません。実際、大きな震災では飼い主さんが亡くなったことで、愛犬の行き場がなくなってしまったという例もたくさんあります。

震災後は自分たちの生活だけで手いっぱいで、愛犬の面倒を見てくれる人がいないかもしれません。その結果、愛犬がひもじい思いをすることもあるため、自分のケガや死亡後も愛犬の面倒を見てくれる人を探しておくことも大切です。

避難所でのトラブル

また、愛犬と無事に避難できても避難所などの避難中に、周りの人とトラブルが起こることがあります。災害後の愛犬は精神的ショックを受けており、ちょっとした物音や知らない人など、不安を感じる度合いが高くなっています。

愛犬は外でつながれていることが多いですが、飼い主さんが見ていないところで子供が手を伸ばして、噛み付かれてしまうというケースも考えられます。

飼い主さんと愛犬が離れることによるストレス

飼い主さんと愛犬が同じ避難所で生活できるとは限りません。ペット不可のところであれば、いつ倒壊してもおかしくない家に愛犬を留守番させる方法しかとれないことも。

いつも一緒にいた飼い主さんと離れ離れになるのは、愛犬にとって大きなストレスです。毎日ご飯をあげにいっても、ストレスから食欲が低下してドッグフードを食べられなくなる愛犬もいます。

災害時に備えておきたいアイテムの準備リスト

それでは、万が一の災害時に備えてどんなアイテムを用意しておけばいいのでしょうか?
愛犬用に揃えておきたいアイテムをピックアップしてみました。

水とごはん

災害の影響でライフラインが途絶えてしまうかもしれません。そんなときに一番困るのは水と食料。人のものとは別に愛犬のドッグフードと水を用意しておきましょう。

最低でも3日~1週間分の水とドッグフードと、ご飯を入れる紙皿も一緒にカバンに入れておくと便利です。また、ドッグフードは普段から食べ慣れているものを用意してあげてください。

薬や治療器具

災害時に愛犬がケガをする可能性があります。止血ができるよう包帯や清潔なガーゼ、愛犬用の常備薬も保管しておきましょう。

鑑札札や名札

名札には飼い主さんの氏名と電話番号を明記しておきましょう。また、愛犬が迷子になったときに見つけた人に把握してもらえるように、病歴やワクチンの接種の状態、年齢を記載しておくと、ケガや病気のときに適切な処置を受けられます。

リードと首輪

予備のリードと首輪もバッグに入れておきましょう。いざ地震が起きた時に、とっさに普段使っている首輪やリードを持ってくる余裕がないかもしれません。

首輪にはあらかじめ名札をつけておき、震災が起きたらできるだけ早く愛犬の首につけてあげましょう。

ペットシーツとキャリーバッグ

愛犬の移動をスムーズに行えるよう、キャリーバッグもリュックの側に置いておきましょう。また、ペットシーツは愛犬だけでなく、人の簡易オムツとしても便利です。できれば3日分は持ち運べるよう、リュックやキャリーバッグの中に入れておくのがおすすめです。

万が一のときの預け先を決めておこう

飼い主さんのケガや死亡などで、愛犬と生活をともにできない可能性もあります。そんなときでも愛犬の面倒を見てくれる、親戚や友人などを見つけておくことが大切です。

また、預けた時に相手へ迷惑がかからないよう普段からトイレやおすわりなどのトレーニングを心がけ、愛犬の状況を相手にわかりやすく伝えられるよう飼育の関するメモを用意するのがおすすめ。

愛犬にとって、避難所は落ち着いて過ごせる環境でなく、大きなストレスの原因にもなります。飼い主さんが避難所生活を送ることになっても、愛犬が安心して過ごせる場所を用意しておき、いざというときに備えておきたいですね。

楽天トラベル

ペットと泊まれる宿をお探しの方はこちら

楽天トラベル

外部サイトへ移動します

この記事のライター

最新の投稿


猫と犬を同時に飼う場合のトラブル回避!愛犬に猫を紹介する時の5つの鉄則

猫と犬を同時に飼う場合のトラブル回避!愛犬に猫を紹介する時の5つの鉄則

犬のいる家庭に猫を迎えるケースは、遠い過去にはあまり聞きなれなかったものの、最近では当たり前のようになってきましたね。初対面同士であることに加え、犬と猫は違う動物同士。「大丈夫かな?」と心配する方も多いでしょう。今回は愛犬に新しい猫を紹介する時のの5つの鉄則をご紹介します。


日本におけるドッグセラピストの仕事内容・資格・就職先は?

日本におけるドッグセラピストの仕事内容・資格・就職先は?

セラピーとは治療という意味があります。では、ドッグセラピストってどんなお仕事でしょうか?まだあまり日本では聞き慣れない言葉ですが、傷ついたペットや飼い主さんの心を治療するとっても大事なお仕事なのです。将来、動物に関わるお仕事に就きたいという気持ちが少しでもある方は、こうした分野も知っておいて損はないでしょう。


初めての犬の多頭飼い・注意点やオススメの性別・犬種など

初めての犬の多頭飼い・注意点やオススメの性別・犬種など

犬好きの方なら、愛犬に囲まれた生活に憧れますよね。ただ、犬の多頭飼いって難しそう…と思ってなかなか踏み切れない人も多いと思います。この記事では、まだ多頭飼いをした事がないという飼い主さんの為に、実際に多頭飼いをする上での注意点や苦労などをまとめてみました。


子猫を拾ったらすべき事。緊急時の対応など動物保護施設元職員が解説

子猫を拾ったらすべき事。緊急時の対応など動物保護施設元職員が解説

捨て猫や親とはぐれた子猫を見つけてしまったら、放って置けないですよね。母猫とはぐれた子猫は3月〜6月くらいに多くなりますが、秋生まれの子猫もいます。子猫は一人では生きていけません。保護したらまず何をすべきかをまとめました。


国が違えば法律が違う。そんなバカな!アメリカのペットに関する奇妙な法律10

国が違えば法律が違う。そんなバカな!アメリカのペットに関する奇妙な法律10

普段あまり気にすることのない犬の法律。日本でも犬を健康に安全に飼うために、さまざまな法律が制定されていますよね。もちろん、世界の国々にもあるのですが、中には信じられないような法律も存在するんですよ。今回はアメリカに注目。犬や猫などのペットに関する奇妙な法律をご紹介しましょう。