ペットと暮らす賃貸物件の選び方

ペットと暮らす賃貸物件の選び方

近年、ペットと一緒に暮らせる賃貸物件が増え、昔と比べると物件を見つけやすくなってきました。ペットを飼っている人にとってはうれしい限りですね。ただし、ペットを飼える物件にも様々な種類があったり、物件によって条件も違ったりします。ここでは、ペットと暮らす賃貸物件の選び方を紹介します。


ペットと暮らす物件① ペット可の物件

ペットと暮らす物件を探す際に、一番多くみられるのは、ペット可の物件です。
近年ではペットブームの影響で、ペトを飼う人が本当に増えました。それに伴って、もともとはペット禁止だった物件が、ペット可に管理規約を変更するケースも出てきました。
ペット可の物件の特徴は以下の通りです。

・あくまでペット可であって、ペットのための施設ではない。
・飼育可能なペットの種類や数に決まりがある。
・敷金を1ヶ月分多く払わなければならないケースがある。
・住民全てがペットう飼うことに理解があるわけではない。

ペット可の物件では、普通の賃貸物件で、ただペットを飼うことが認められているというだけなので、必ずしもそこがペットと暮らしやすい物件とは限りません。
周りの住民も、皆がペット好きではないので、マナーをしっかり守って生活する必要があります。

ペットと暮らす物件② ペット共生住宅

こちらは、ペット可物件とは違い、ペットと暮らすことを前提に建てられた物件です。
ペットを飼っている人が多いので、周囲がペットに理解があり、飼い主さんは暮らしやすいでしょう。
ペット共生住宅の特徴は以下の通りです。

・ペットを飼っている住民が多い。
・ペットと暮らすのに便利な設備がある。
・大型犬や複数ペットの飼育が可能な場合が多い。
・家賃が高め

ペット共生住宅では、ペットと暮らすことが前提なので、ペットのための様々な設備が整っています。そしてなによりも、周囲がペットに対する理解があるということが大きいでしょう。

物件探しのポイント① 高層マンションは避けた方が無難

ペットが飼える物件には、超高層のタワーマンションも存在します。
タワーマンションといえば、窓からの眺望は素晴らしいでしょうし、部屋もおしゃれなところが多く、憧れる人もいるでしょう。
しかし、タワーマンションの高層階に住むことについてはいくつか危惧される点があります。
マンションの高層階は、実はゆっくりと横揺れしています。このことが、ペットの三半規管等の感覚器に影響を及ぼす可能性が考えられます。また、高速のエレベーターに乗せることで、昇降時の気圧の差がペットの耳に影響を与える恐れもあるのです。
さらに、猫であればベランダからの転落も危惧されます。
物件を選ぶ際には、できるだけタワーマンションの高層階というのは避けたほうが良いでしょう。

物件探しのポイント② 近くに必要な施設はあるか

ペットを飼うのであれば、近所に動物病院があったほうが安心ですし、ペット用品を置いている店もある方が便利です。
物件を選ぶ際には、必ずこの2点を事前に確認しておきましょう。
また、犬を散歩させるのに適当なコースがあるかどうかもチェックしておきたいポイントです。散歩コースにドッグカフェなどがあると、さらにペットとの暮らしが楽しいものとなりますよね。

物件探しのポイント③ 飼い主目線での部屋のチェック

ペット共生物件では、ペットと生活しやすいようにある程度の設備が整っています。
しかし、ペット可物件の場合は、もともとがペットと暮らすこと前提ではないので、ペットを飼育しやすいような設備は整っていない場合が多いでしょう。
その中で、自分がペットと暮らす際に、暮らしやすい部屋のつくりであるかどうか、危険なところはないかなど、自分の目線で一つ一つチェックし、見極める必要があります。
また、その物件で決められているルールもしっかりと把握するようにしましょう。

ペットと暮らす際のマナー

・ペットは清潔に
ペットは常に清潔な状態にしておきましょう。
ペットの臭いは近隣住民とのトラブルの原因になります。ペット可物件においては、ペット好きではない人もいるためなおさらです。
通路ですれ違うとき、エレベーターで一緒になるときなど、ペットが臭かったら嫌な思いをする人もいます。集合住宅では、自分たちだけではない、他人の目もあるということを常に意識し、周りに不快な思いをさせないように、自分のペットは清潔に保つように心がけましょう。

・ペットの躾は最低限のマナー
ペットの基本的な躾は最低限のマナーです。
集合住宅において、ペットが人に吠えかかる、飛びつく、ましてや噛み付くなんてあってはならないことです。これができていないのであれば、集合住宅に住む資格はありません。
自分で躾をすることが難しい場合には、訓練所などでプロにお願いすることもできます。
また、入居した部屋を汚さないように、トイレトレーニングもしっかりとおこなっておく必要があります。

まとめ

いかがでしたか?
ペットと暮らす物件にも種類があり、施設ごとに様々な特徴があります。選択肢が増えることは飼い主さんにとっては嬉しいことですよね。
ただし、集合住宅でペットと暮らすには、ほかの住民に迷惑がかからないように配慮することが重要です。マナーをしっかりと守って、気持ちよく生活したいものですね。

楽天トラベル

ペットと泊まれる宿をお探しの方はこちら

楽天トラベル

外部サイトへ移動します

この記事のライター

関連するキーワード


ペット 賃貸

関連する投稿


国が違えば法律が違う。そんなバカな!アメリカのペットに関する奇妙な法律10

国が違えば法律が違う。そんなバカな!アメリカのペットに関する奇妙な法律10

普段あまり気にすることのない犬の法律。日本でも犬を健康に安全に飼うために、さまざまな法律が制定されていますよね。もちろん、世界の国々にもあるのですが、中には信じられないような法律も存在するんですよ。今回はアメリカに注目。犬や猫などのペットに関する奇妙な法律をご紹介しましょう。


憧れの珍ペット、お値段や生活など知りたいことがいっぱい!

憧れの珍ペット、お値段や生活など知りたいことがいっぱい!

珍しいペットを飼ってみたい!と思う人も少なくありません。日本で飼うことができたの?!と驚くような動物を飼っている人もいます。憧れの珍ペット、お値段や生活など気になることをチェックしてみましょう。


ペットを飼うと心と体も健康になる!ペットを飼うことでもたらされるメリット!

ペットを飼うと心と体も健康になる!ペットを飼うことでもたらされるメリット!

犬や猫をはじめペットを飼うことは、私たちにたくさんの喜びを与えてくれ、生活をより豊かなものにしてくれます。家族の大切な一員として溺愛している人も多いのではないでしょうか?ペットと触れ合うことでストレスが解消され、癒し効果もあると言われています。ペットを飼うことでどんなメリットがあるのか紹介したいと思います。


やってしまいがち?日本の犬の法律事情

やってしまいがち?日本の犬の法律事情

動物愛護管理法などペット、とりわけ犬に関する法律をご存じでしょうか?日本での犬の法律事情について調べてみました。


重病患者には最良の薬!ペットの訪問を許可する病院の挑戦

重病患者には最良の薬!ペットの訪問を許可する病院の挑戦

重病患者さんが入院をしている病棟に、何やら猫や犬の姿が?海外のある病院では、重病で苦しむ患者さんのために、愛するペットの訪問を定期的に認めているところがあります。今回はペットの訪問が許可されるようになった理由や実際どのような効果が得られているのかをまとめてみました。


最新の投稿


猫と犬を同時に飼う場合のトラブル回避!愛犬に猫を紹介する時の5つの鉄則

猫と犬を同時に飼う場合のトラブル回避!愛犬に猫を紹介する時の5つの鉄則

犬のいる家庭に猫を迎えるケースは、遠い過去にはあまり聞きなれなかったものの、最近では当たり前のようになってきましたね。初対面同士であることに加え、犬と猫は違う動物同士。「大丈夫かな?」と心配する方も多いでしょう。今回は愛犬に新しい猫を紹介する時のの5つの鉄則をご紹介します。


日本におけるドッグセラピストの仕事内容・資格・就職先は?

日本におけるドッグセラピストの仕事内容・資格・就職先は?

セラピーとは治療という意味があります。では、ドッグセラピストってどんなお仕事でしょうか?まだあまり日本では聞き慣れない言葉ですが、傷ついたペットや飼い主さんの心を治療するとっても大事なお仕事なのです。将来、動物に関わるお仕事に就きたいという気持ちが少しでもある方は、こうした分野も知っておいて損はないでしょう。


初めての犬の多頭飼い・注意点やオススメの性別・犬種など

初めての犬の多頭飼い・注意点やオススメの性別・犬種など

犬好きの方なら、愛犬に囲まれた生活に憧れますよね。ただ、犬の多頭飼いって難しそう…と思ってなかなか踏み切れない人も多いと思います。この記事では、まだ多頭飼いをした事がないという飼い主さんの為に、実際に多頭飼いをする上での注意点や苦労などをまとめてみました。


子猫を拾ったらすべき事。緊急時の対応など動物保護施設元職員が解説

子猫を拾ったらすべき事。緊急時の対応など動物保護施設元職員が解説

捨て猫や親とはぐれた子猫を見つけてしまったら、放って置けないですよね。母猫とはぐれた子猫は3月〜6月くらいに多くなりますが、秋生まれの子猫もいます。子猫は一人では生きていけません。保護したらまず何をすべきかをまとめました。


国が違えば法律が違う。そんなバカな!アメリカのペットに関する奇妙な法律10

国が違えば法律が違う。そんなバカな!アメリカのペットに関する奇妙な法律10

普段あまり気にすることのない犬の法律。日本でも犬を健康に安全に飼うために、さまざまな法律が制定されていますよね。もちろん、世界の国々にもあるのですが、中には信じられないような法律も存在するんですよ。今回はアメリカに注目。犬や猫などのペットに関する奇妙な法律をご紹介しましょう。